« 3/24 TM~野洲高校グランドにて | トップページ | 3/25 TM~野洲高校グランドにて »

2007年3月25日 (日)

日本代表vsペルー代表~海外移籍について思うこと

この試合、前半は爆睡していたために半分くらいしか見ていないのですが、久々に面白い試合でした。

オシムジャパンの試合で面白いと思ったのはこれがはじめてなので(ちなみにジーコジャパンでは面白いと思ったのはほとんどない)、また時間がある時にじっくり見てみようと思います。

全体の印象としては・・・個々の素材の良さがよく出ていた試合という感じ。気持ちも前面に出ていましたし。

中でも海外組と呼ばれる中村俊輔と高原は流石だったかな。ボールが彼らを経由することで落ち着いたし、周りの選手の良さをひきだしていたと思います。連携としてはまだまだこれからってところがあるんですが、それを差し引いても日本代表ならいきなり合わせてもこれくらいやれるんだよっていうところを見せてもらえました。

日本の中心選手が海外に移籍をするケースが増え、海外組と国内組の融合が課題と頻繁に言われるようになったけれど、個人的にはこれまではそんな苦労してまで海外組を融合する価値を感じませんでした。

というのも、日本を出たはいいけど移籍先で出番が回ってこず、出場機会を求めてレベルの高いとは言えないリーグに流れていく・・・本人にとっては厳しい環境に身を置いてサッカーができる喜びや充実感はあるんだろうけれど、そんな選手をわざわざ呼んで一からチーム作りをするなんてナンセンス。日本代表の戦力といった狭い意味で考えると、中心選手が次々と試合勘をなくしたり、伸び悩んでしまう状況は歓迎できるものではありませんでした。

海外移籍することがアガリではない。高いレベルの戦いに出続けることこそに価値があるのだと、中村と高原の姿を見て改めて思いました。特に高原はジュビロで何度も見ていたので、さらに強く鋭くなったプレーを見てそんなことを感じました。

試合の終盤には初招集の若手も続々と使われました。

藤本、矢野、家長、水野・・・どの選手ものびのびとやっている感じでした。そういった使い方ができたのも、この試合の良かったところですね。

« 3/24 TM~野洲高校グランドにて | トップページ | 3/25 TM~野洲高校グランドにて »

A代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/5808006

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表vsペルー代表~海外移籍について思うこと:

« 3/24 TM~野洲高校グランドにて | トップページ | 3/25 TM~野洲高校グランドにて »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ