« 関西学生サッカー第9節【びわ大vs大院大】 | トップページ | インターハイ滋賀県予選 »

2007年5月21日 (月)

関西学生サッカー2部順位決定戦

【びわ大vs大院大】の試合が終わった後、引き続き2部の順位決定戦が行われました。

Aブロック優勝の同志社大とBブロック代表の大教大との対戦。この試合、勝てば1部に自動昇格、負ければ入れ替え戦に進むというもの。

同志社は楠神くんと荒堀くんがスタメン出場。楠神くんは中盤右サイド、荒堀くんは左サイドバック??

試合の方は開始早々にセットプレーから同志社が先制すると、その5分後くらいに中央の浮きだまのパスに抜け出した同志社の選手がキーパーよりも先に触って流し込み2-0でリード。

あまりにも早い時間帯にあっけなく先制点と追加点が入ったので、楽な試合になるかと思ったら、とんでもなかったです。

同志社は足元への細かめのパスが多めだったように感じました。展開が小さくなりがちでしたが、その中で荒堀くんは後ろからロングパスを何本も送ってました。後ろの選手の中で一番蹴れる選手ということなのかもしれません。あきらかにチームの中でそういう役割を受け持っていた感じでした。(去年の野洲でいうと田中雄大くんみたいな感じ?)。私としては思い切ったオーバーラップも見たかったのですが、試合が早い段階で2-0となったため、リスクをおかしてあがることは控えていたのかもしれません。

楠神くんは・・・ボールを持っている時は流石!のプレー。上手くて面白くて美しい。これで、チームのために無駄走りができたら鬼に金棒だろうになぁ・・・なんて勝手な感想を持ちました。

試合の方に話を戻します(^^ゞ。前半は膠着したまま2-0で折り返し。後半の8分に同志社大の選手の強烈なミドルシュートが決まり3-0。欲しかった追加点です。が、この2,3分後から試合は急転。中盤でボールを奪われ逆襲を受け、Pエリアを入ってすぐの辺りで何とか止めたものの、ファールと判定されレッドカードが出されてしまいます(>_<)。もちろん、PK。

そしてこのPKを一旦はキーパーが止めたものの、やり直しで今度はきっちりと決められて3-1。Photo_11

その後は一人少なく、しかも動きが今ひとつ不足気味な同志社に対して、大教大が攻めまくります。ギリギリのところでの捨て身のタックルと大教大のシュートの精度のなさに助けられ何とかそこからの失点は免れ3-1で終了。同志社は勝ちはしたもののかなり課題の多い戦い方だったと思います。まぁ、この試合は内容よりも勝つことに意味がある試合ではありましたが。

とりあえず・・・

同志社のみなさん昇格おめでとうございます!

1部での活躍を期待しています。

« 関西学生サッカー第9節【びわ大vs大院大】 | トップページ | インターハイ滋賀県予選 »

大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/6501369

この記事へのトラックバック一覧です: 関西学生サッカー2部順位決定戦:

« 関西学生サッカー第9節【びわ大vs大院大】 | トップページ | インターハイ滋賀県予選 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ