« ミズノユースフェスティバルin大阪 日程 | トップページ | 一年生大会 »

2007年8月21日 (火)

国体 近畿ブロック大会【滋賀選抜vs奈良選抜】

試合から随分時間が経ったのになかなか記事が書けませんでした。実質お盆休みが終わってしまい、物理的に書く時間が減ったこともありますが、思った以上に凹んだこともあるかな。

結局、3日間橿原まで通ってしまいましたから(__)。

試合をざっと振り返るとこんな感じ。

スタメンは・・・

      11(上坂)   14(梅村崇)     
          10(潮入)         
   15(梅村徹)          8(松田悠)
       6(松田康)   7(福原)
     4(中野)  3(星)   5(佐藤)

           1(横江)

交代:

  15(梅村)→13(卯田)    11(上坂)→17(久岡)

  5(佐藤)→18(高階)

  14(梅村)→9(吉田)

  4(中野)→16(関)

試合の展開としては、出だしは互角。相手の流れの時もあるし、こちらの流れの時もあるという感じでした。そして試合が動いたのは前半の終わりかけ・・・奈良選抜のペースに傾きかけていた頃でした。Pエリア内でファールをおかし、PKの判定。これをキッチリ決められてしまい0-1のビハインドで折り返し。

滋賀選抜は選手を交代させ流れを引き寄せようとしますが、ペースがつかめないままきれいに崩され2失点目。そこからはリスクをおかして攻めに行く滋賀選抜vs相手の隙を狙う奈良選抜といった様相の展開へ。滋賀選抜はリスクをおかして攻めなければいけない展開だったのは確かですが、ここまでの連戦の疲れと集中切れのためかリスキーすぎる状態に陥ってました。そこに拍車をかけるかのような暑さ。

暑さは両チームともに同条件ですが、劣勢のチームにほど重くのしかかるのは確かなようです。近畿ブロック大会の試合はほぼ全試合見たのですが、1日目の【奈良選抜vs和歌山選抜】の和歌山、2日目の【兵庫選抜vs奈良選抜】の奈良・・・ともに途中ワンサイドゲームを強いられています。多分、力的にはそこまでの差はないと思うのですが、一旦はまり込むと抜け出られない蟻地獄の巣穴にはまるような・・・そんな感じ。Photo_12

ここまで大阪選抜や京都選抜を相手に蟻地獄の巣穴に足を踏み入れることなく、流れを引き戻し接戦を演じてきた滋賀選抜でしたが、最後にはとうとうはまってしまいました(;O;)。

0-5のビハインドから潮入くんのゴールで1点返して試合は終了。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この敗戦により、残念ながら全国大会には進めませんでした(T_T)。選抜なので負けたら解散の宿命のチーム。もう見られないのかと思うとさびしいです。

潮入くん、横江くん、福原くんといった2年生はさすがのプレーでした。自分たちがひっぱるんだ!という気持ちは強く伝わってきました。高階くんはケガで万全ではなかったようで、本人にしたら残念だったでしょうね。

野洲の1年生たちは・・・これまでの公式戦に出ている卯田くん、久岡くん、中野くん以外は初めて見る選手だったのですが、かなり今後が楽しみです。今後、試合で姿を見るようになったら、その時には「おぉ、○○くんが出てきたな」なんて嬉しく思うんでしょうね。

そして・・・野洲以外の草津東、ガンバ、滋賀学園といった他チームの選手のことも少しわかったのが今回の収穫です。それぞれの選手がどんな風に育っていくのかも楽しみにしたいと思います。  

« ミズノユースフェスティバルin大阪 日程 | トップページ | 一年生大会 »

国体」カテゴリの記事

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/7617142

この記事へのトラックバック一覧です: 国体 近畿ブロック大会【滋賀選抜vs奈良選抜】:

« ミズノユースフェスティバルin大阪 日程 | トップページ | 一年生大会 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ