« TM 野洲vs済美学園 | トップページ | TM 野洲vs神戸科技 »

2007年12月14日 (金)

レッズvsACミラン

昨日は久々にテレビでサッカー中継をまともに見ました。
クラブワールドカップ、浦和レッズ vs ACミラン。

この舞台に日本のチームが立ち、レッズサポがスタジアムをレッズのカラーで埋め全力でサポートする様子を見て感慨深いものがありました。
今まで日本のチームはこの場に立ったことがないわけですから。

試合の方は1-0でミランの勝ち。
欲を言えば、魅惑のゴールをもっとたくさん見たかったのだけれど…。

浦和レッズはよく戦ったと思います。
1失点しかしなかったこと。
多くのシュートを放ち、いくつかの決定機を作ったこと。
日本のチームもこんな戦いができるようになったんだなぁ…なんて思いました。
一人ひとりの選手も頑張ってたし、いいプレーもありました。

でも…同時に世界との距離も感じました。
一人ひとりの強さだったり、上手さだったり。
強烈な個が集まり同じ絵をかく…世界の一流のクラブチームの凄さをちょっぴり感じました。
まぁセリエAのチームのサッカーよりも、もっとワクワクするタイプの
サッカーの方が好みではありますが。

レッズの話に戻すと…レッズはホントよく戦ったと思います。
まだ、3位決定戦があるのか~。
何か、これで終わってもいいくらい力を使いきった感じなんだけど…。
モチベーションの維持は結構難しいだろうな。
あと、負傷や疲労も心配だし。
日曜日の試合どころか、来シーズンにまで影響しそうなほど、肉体的にも精神的にもギリギリの状態で戦っているように思うんですけど…どうなんでしょう?

« TM 野洲vs済美学園 | トップページ | TM 野洲vs神戸科技 »

Jリーグ」カテゴリの記事

コメント

ミランのチームとしてはイタリアらしく個々の能力で打開するサッカーでしたね。カカはやっぱり絵になりますね。
しかし本当にブラジル人は色々なタイプがいますね。
チームが勝つために今一番必要な選手はカカみたいなプレーヤーだと思いますが、魅せるプレーヤーはやはりロナウジーニュでしょうね。でも本当にブラジル人は世界でどのチームでも主力で活躍しています。今の日本がブラジルに勝つ時代は何十年後あるのでしょうか?考えさせられます。

>野洲っこさま

世界の一流チームで活躍するブラジル人は本当に多いですね。
次々にいい選手が出現してきます。

歩くことと同じくらいサッカーをすることが自然に人の生活に溶け込んでいるのかもしれない…ブラジルに行ったこともない私ですが、そんなイメージを持っています。

いかにボールを上手く操るか?
いかに相手の裏をかいてゴールに近づくか?

このサッカーで一番大事で面白い要素が、きっと何世代にもわたってしっかりと引き継がれているんでしょうね。

日本は…まだ始まったばかり。
ちゃんとよい方向に向かっているんでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/9394592

この記事へのトラックバック一覧です: レッズvsACミラン:

« TM 野洲vs済美学園 | トップページ | TM 野洲vs神戸科技 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ