« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月23日 (土)

TM 野洲vs和歌山北

今日、野洲高Gで行われたTMに行ってきました。

相手は和歌山北。

和歌山と言えば・・・近大和歌山とか初芝橋本とかがパッと頭に浮かびますが、和歌山北というチームはどんなチームなんでしょうね?

*******************************

今日のスタメンはこんな感じでした。

       65(坂本)  58(福原) 
    35(藤野)         67(潮入)
      55(中川)    40(冨田)
 34(福本) 75(松原) 32(西口) 49(荒尾)
          56(横江) 

交代:  

後半0分 55(中川)→57(林)   35(藤野)→74(松永)   75(松原)→71(端山)  49(荒尾)→46(上田)  

後半14分 67(潮入)→31(中野)

   

展開としては・・・前半7分に坂本くんが先制点をあげると、その後はゴールラッシュ。

前半は7-0、後半は6-0・・・トータル13-0の勝利。

ちなみに、得点者は坂本×5 福原×4 中野×2 荒尾×1 松永×1 でした。

得点差もすごいけれど、決定機の数もすごかったです。しっかり数えてはいないけれど、余裕で20回くらいはあったと思います。決定機20-0くらいの試合。

ボールのキープ率も圧倒。

前後半70分は、ほとんどハーフコートゲーム状態で進みました。

う~ん・・・かなりの力の開きがあった感じです。

一対一、連携、判断の速さ、動きの質・量等々、全てにおいて野洲の方が数段上でした。

*******************************

2試合目は

          72(片岡) 
     48(松田)     49(卯田)
  36(森下)          44(梅村徹)
     61(竹本)     45(久岡)
   31(春日)  37(星)  37(高階)
          47(山本)

この試合は途中から強風でボールも結構流されていた感じです。

まぁ、1試合目からかなりの強風ではあったのですが、2試合目は半端なくすごかったです。

途中、野球部のグランドと隔ててあるネットが風にあおられて倒れるわ、砂煙が巻き上がって真っ白になるわ・・・で結構大変なコンディションでした。

特にこの砂煙がコンタクトレンズを使っている私にはつらすぎ(>_<)。

たびたび砂が目に入って泣いてました。

多分、この試合は5-1くらいだったんじゃないかと思います。

****************************

3試合目は用事があって途中で帰ったのですがスタメンはこんな感じでした。

        47 
     46    60
  54          34
     56    30
   38   39   41
        29

       

とりあえず

いろいろお騒がせしましたが・・・初心に帰ってみようかと思います。

あっ、ブログをやめるとかじゃなく、初心に帰って気楽な気持ちで書くという意味です。

面白い試合に出会うと、忘れてしまうのがもったいないので、今後も自分用のメモとして書きとめていきます。

これから後、本当に凹みきったらmixiへの移行も考えると思いますが、とりあえずブログを継続させていきます。

よろしければまたのぞきにきてください。

2008年2月20日 (水)

ブログの進む方向

サッカーの試合観戦をした時に自分用のメモとか、その時に思ったことを書き留めるために始めたこのブログ。
ここのところいろいろあって、このままの路線で続けていくかどうか思案中です。

試合のレポを書くのを止める・しばらく休む・mixiに移行させる…そんなことも考えています。
もちろん今まで通り継続させるというのも選択肢のひとつですが。

*******************************

【2/21追記】

こういうのはよく考えて書くもんですね。

書いたこと自体を後悔してたりして。

2008年2月17日 (日)

TM 野洲vs玉野光南

今日も野洲のTMを見に行ってきました。

今日のTMの相手は玉野光南(岡山)です。

2,3分遅れて到着したのですが、試合開始自体が遅めだったようで、ちょうど開始のホイッスルが鳴ったところから見ることができました。

今日のスタメンはこんな感じ。

       

      58(福原)   65(坂本) 

    35(藤野)       67(潮入)
   
      55(中川)    40(冨田)

49(荒尾) 75(松原) 32(西口) 48(松田)

          56(横江)

交代:

前半21分 48(松田)→71(端山)

後半0分 35(藤野)→74(松永)

後半25分 67(潮入)→64(込山)   58(福原)→35(藤野)

後半31分 35(藤野)→31(中野)

 

今日はちょっと両サイドバックの顔ぶれが新鮮(^^)。

荒尾くんのサイドバックは前にも見たことがあったけど、松田くんのは初めてかも。

 

出だしはほぼ互角。互いにチャンスがあるものの得点には結びつかないといった展開。

そんな中、先制したのは野洲。前半の12分。

CKからの流れで、一旦は弾かれたものの、そのボールをCKのキッカーだった冨田くんが拾い2次攻撃。多分、冨田くんから藤野くんに渡ってそこからクロス。中央で待っていた坂本くんがヘッドで合わせてゴール。これで1-0。

その後は野洲がじわじわと主導権を握りはじめ、ゴール前で細かいパスをつないで追加点。58~40?~67・・・ときて、最後に決めたのは福原くんだったかな?これで2-0。

このあたりからはすっかり野洲のペース。さらにP1010221 追加点が決まります。

DFラインを斜めに切り裂くように駆け上がる坂本くんに対して、潮入くんから完璧なパスが送られます。パスの方向、スピード等、申し分なし(^^)。受け手にとことんやさしいパスでした。そのパスを受けた坂本くんがドリブルでゴール前まで持ち込みシュート。これがきまり3-0。

前半38分にPエリアとハーフラインの間くらいの位置でボールを奪われ、その流れから失点(>_<)。これで3-1。

でも、全体の流れはまだ野洲にあって、この前後も面白いプレーや決定的なチャンスがいくつもありました。潮入くんから坂本くんに渡って、坂本くんのクロスから、藤野くんの決定的なシュートがあったり、中川くんのスルーパスから坂本くんが抜け出し、GKと一対一になったり・・・。

で、前半終了間際の前半ロスタイム(ちなみに45分ハーフの試合でした)に潮入くんが複数の相手に囲まれながらもねばってドリブルで抜け出し、坂本くんにパス。そのパスを受けた坂本くんがゴールネットの上側を揺らす豪快なシュートを決めます。そして4-1としたところで前半終了。

 

後半も野洲のペースでスタート。

中盤の選手(誰か見逃してしまいました)からスルーパスが出て、相手DFラインの裏に上手く抜け出した松永くんがドリブルで独走。GKと一対一の場面も落ち着いてシュート!これが決まり5-1となります。

その後も面白いシーン満載(^^)。

ただ、残り20分を切ったあたりから怪しい雰囲気に。横江くんの活躍の場面も急に目立ってきました。そして後半36分に嫌な位置でボールを失い、そこからの流れで失点。これで5-2となります。

結局、このままスコアは動かず試合終了。

*****************************

今日の試合もかなり楽しかったです。

相手の玉野光南もどちらかと言えば、中盤をコンパクトにしてつないでいくサッカーのようでしたが、野洲の選手の判断が速くて少ないタッチ数でパスを回すもんだから、プレスの的を絞り切れない感じでした.。 

序盤は互角だったものの、対応しきれず玉野光南の選手が取り残される場面が増えていきます。

一度遅れだすと、修正するのは難しい。

野洲の選手を一旦自由にさせてしまうと、次のパスの受け手にはさらに楽にプレーされ、その次のパスの受け手にはさらに・・・。

ゴール前での決定的な形が多くなるのも当然ですね(^^)。

でも・・・判断が遅れて流れが停滞すると逆襲を受けてしまいました。2失点はそんな感じのやられ方。この辺りの修正は必要かな。あと、運動量が多く要求される戦い方なので、終盤がちょっとキツイっていうのはありそう。

****************************

次に行われた試合についても簡単に触れておきます。

この試合のメンバーは多分こんな感じでした。

     45(久岡)   72(片岡) 
          49(卯田)
  48(松田)          44(梅村徹)
       57(林)    61(竹本)
   69(染川)  37(星)  37(高階)
          47(山本)

 

交代:後半 48(松田)→31(中野)

 

結構序盤は押され気味な感じで、開始3分くらいで失点。0-1。

開始15分で同点に追い付きます。片岡くんのドリブルから最後は久岡くん!?これで1-1。

でもそのすぐ後に失点。1-2。

その後は野洲のペースになってチャンスはあるもののなかなか得点できない時間帯が続きます。前半は1-2のまま終了。

後半6分に卯田くんのスルーパスから最後は中野くんの思い切りのいいシュートが決まり同点に追い付きます。

後半11分には逆転。梅村くんが作ったチャンスからCKをもらって、CKにヘッドで合わせて得点。これで3-2に。

途中また押し込まれ出しますが、終了間際に追加点が入ります。久岡くんがドリブルで相手を何度もかわしてゴール右に走り込んでいた梅村くんにパス。梅村くんから中央に折り返して最後は片岡くんが走り込んでシュート。これが決まり4-2。

試合は4-2で終了しました。

2008年2月11日 (月)

ミズノユースカップ決勝【野洲vs国見】

ミズノユースカップが終わりました。

諸事情により遠方への観戦はもうできないかもしれないから・・・ということで思い切って行ったわけですが・・・行って良かったです。

今、こたつに入ってこれを書いているのですが、ものすごい睡魔に襲われています。

早く書いてしまわないと明日から仕事に追われて伸ばしのばしになってしまいそうなので、勢いで書いてしまおうかと思っているのですが、何せ強烈に眠たいので、かけた分だけその都度少しずつアップしていきます。

ではでは・・・

え~と・・・あっ、決勝の前に三位決定戦がありました。

【日大藤沢vsセレッソ大阪U-18】。

サッカーのチームでピンク色のユニのチームってめずらしいけれど、この試合はピンク同士の決戦となりました。

前半はまぁ互角!?

後半はセレッソのペースで何度か惜しいチャンスがあって、逆に日大藤沢の方は段々と攻撃の形が作れなくなってきていたので、セレッソの先制点は時間の問題だと思ったのですが・・・「サッカーってなかなか点数入んないなぁ」ってな展開。

そのまま80分はスコアレスドローで終了。

で、PK戦。日大藤沢は全員決めたのに対してセレッソは最後の5人目がキーパーに止められてしまいました。

日大藤沢は試合では押されながらもPK戦で勝利。

そう言えば、昨日もサンフレッチェ広島ユースに対してPK戦勝利していたなぁ。

PKに自信あり!?全員めちゃめちゃ落ち着いてる感じでした。

これで3位日大藤沢、4位セレッソ大阪U-18が決定。

****************************

で、次の試合は決勝。もちろん【野洲vs国見】。

野洲のスタメンはこんな感じでした。

 

     74(松永)    65(坂本) 

   35(藤野)        67(潮入)
   
    55(中川)     40(冨田)

34(福本) 71(端山) 32(西口) 46(上田)

         56(横江)

交代:

後半14分 55(中川)→49(荒尾)   74(松永)→58(福原)

後半27分 35(藤野)→31(中野)

 

試合の方は・・・何と開始2分で失点(>_<)。

国見の攻撃でハイボールが前線に入って、それを長身のFW(多分23番)が受けて足元に落としてシュート!これを決められ0-1。

まぁ、開始早々だし、まだ時間はあるので大丈夫!と、思っていたのですが、前半の11分にさらに失点。ゴール前での混戦の中、運悪く国見の選手の前にボールが転がり…(;O;)。

開始11分で2失点・・・。Photo_3

う~ん。

でも、その2分後の野洲の攻撃で潮入くんから坂本くんへパスが通り、そこから松永くんへ。このゴール前でのパス回しに国見の選手はついていけてませんでした。パスを受けた松永くんがゴールに向かってドリブルをしかけたところで国見のDFがファールで止めたためPK獲得。ファールした選手はレッドカードで一発退場となりました。

ここで獲得したPKを松永くんが決めて1-2と1点差に迫ります。

そこからしばらくは野洲の時間帯。潮入くん、藤野くんの2列目がめちゃめちゃ良かったです。昨年は潮入くんの動きを封じられると攻め手がグッと少なくなってしまって苦しい展開を強いられたけれど、今年はどこからでも仕掛けられるイメージがあります。

サイドバックの上田くん、福本くんも最後までやりきれる(攻撃しきれる)選手ですし。

本当に面白いドリブルとパスが満載でした。

まぁ、時々ポカッと抜けてる時もありますけど(^^ゞ。

それにハイボールになるとやはり不利。

野洲が中盤を支配しているせいもあったとは思いますが、国見はボールを奪うとほとんどロングキックという選択をしてました。まぁ、あれだけ高さのあるFWがいたら狙いたくもなるか…(>_<)。

でも、全体としては野洲ペースで、追いつくのも時間の問題と思われた前半終了間際にまさかの展開が待ち受けていました。

相手GKのキックの際、多分終了間際ということもあってかなかなか蹴らずに時間をかけているのを見て「え?蹴らないの?じゃぁ」とばかりに近寄ってプレッシャーをかけに行く潮入くん・・・それ見てちょっと嫌な予感はしたんですよ~。

やりすぎるとキックを阻止したと判断してカード出す審判がいるから。潮入くんはすでに前にイエローカードを1枚もらっていた(その1枚目のイエローカードも「何で?」って感じだった)ので、できるなら違う人が行った方がいいよって思った矢先・・・ホントにイエローカードを出されてしまいました(>_<)。

本当なら、審判は潮入くんがプレッシャーをかけに行く前に相手GKに対して時間をかけすぎていることを注意しなければいけなかったと思うのですが・・・それくらい長い間(ま)があったので。

すっごくもったいない退場でした(>_<)。

これでフィールドは9人対9人。人数のアドバンテージはなくなりました。しかも潮入くんの退場ですから大きな痛手であることは確か。

そんなバタバタした落ち着かない状況の中でしたが、終了前の1プレーで同点に追い付きます。

ゴール左でボールを受けた坂本くんがシュート!これで2-2。同点になったところで前半終了のホイッスルが鳴りました。

後半の立ち上がりは野洲ペース。みんな積極的に仕掛けていきます。

積極的な仕掛けのドリブル+2タッチ以内でのパスでのつなぎ。このところの野洲の戦い方はこれが結構徹底されているように思います。

とりわけ藤野くんのドリブルがめちゃめちゃ効いていました。パスもよかったし。

でも、20分を過ぎたあたりから少し嫌な展開に。セットプレーからの展開で思い切りシュートを打たれたシーンもあったし。

で、後半の27分にとうとう失点(>_<)。FKを直接決められてしまいました。これで2-3。GKのほぼ正面ではあったけれど、ぶち抜かれたという表現がピッタリなFKでした。多分壁で見えなかった上にいきなり強烈なのがきたもんだから止められなかったんだろうな。

失点の2分後に細かいつなぎから決定的なチャンスを作るものの、惜しくも坂本くんのシュートはポストの左に逸れてしまいました。

結局、スコアは2-3のまま試合終了。残念ながら決勝では国見に敗れてしまいました。

******************************

残念(-.-)。

何が残念って・・・優勝を逃してしまったこともだけれど、それ以上に潮入くんの退場が残念でした。あのサッカーをもっともっと長い時間見ていたかったので。

野洲ファンの欲目を抜きにしても・・・楽しいサッカー。

多分、普段サッカーをあまり見ない人が見ても楽しいサッカーだと思います。

かなりおススメです。

そして一度見たら、きっともう一度見たくなると思いますよ(^^)。

******************************

試合後の表彰式。Photo_4

各チームから選ばれる優秀選手は藤野友貴くんでした。

相手を嘲笑うかのようなキレのあるドリブル・・・魅せてもらいました。

納得の選出です(^^)v。

Photo_5

2008年2月10日 (日)

ミズノユースカップ【野洲vs境】

ミズノユースカップの1日目第三試合に行われたカードがこれ。

どのチームも今日は2試合やるので、2
それぞれどんなメンバーで臨むのかが注目だったのですが…。

てっきり、1試合目にレギュラーメンバーが出てきたので、
まるっきりメンバーを変えて臨むのかと思っていましたが、
何と2試合連続出場の選手も多かったです。
って言うか、広島に来ているのはオール2年生だったみたいです。
全員でも17、8名ってところのようです。

2試合目のスタメンはこんな感じ。


     74(松永)  58(福原)

  31(中野)         70(宮崎)
   
    40(冨田)     49(荒尾)

34(福本) 32(西口) 71(端山) 46(上田)

         56(横江)


交代:
後半8分 31(中野)→35(藤野) 58(福原)→65(坂本)
後半11分 49(荒尾)→55(中川)


前半はややゆっくりめの展開。
いいプレーもあってチャンスもあるけど決定的な場面まではいききらない感じ。
ピンチもちょこっとあったけれど、無失点に抑え、0-0で前半を終了。

後半の立ち上がりは、わりと深い位置で嫌なボールの失い方をするシーンが続いて、
ちょっぴりピンチ。
相手のシュートの精度の低さと横江くんのセーブに助けられた感じ。

が、後半の途中からは圧倒的な野洲ペースに。
坂本くんが前でボールを落ち着けてくれることで、リズムがよくなった感じです。
藤野くんのドリブルもめちゃめちゃ効いてました。

先制点は後半13分。藤野くんからボールを受けた中川くんがミドルシュート。
GKが弾いたところを坂本くんが再びシュート。
これで1-0。

追加点は後半17分。込山くん、松永くんが絡んで、
最後は坂本くんのボレーシュートだったかな。
これで2-0。

後半21分には3点目。
右のサイドライン沿いでうまくパスを受けて坂本くんが抜け出し、クロス。
ファーサイドまで上がってきた藤野くんが角度のないところからミドルシュート。
これがGKの届かないところに決まります。

スコアは、多分、3-0で終了したと思います。
この試合も面白いシーンが結構ありました。
***************************
1日目を終えて4-2、3-0で勝利した野洲が1位通過。
もう一方のグループは国見が1位通過したようで、
決勝は野洲vs国見というカードになりました。

ミズノユースカップ【野洲vs日章学園】

今、広島にいます。



**************************

今日は朝そこそこ早く出たんだけど、試合には遅刻^_^;。
遅刻の理由は2つ。
1つは昨日の雪で新幹線が遅れたため。
昨日の雪は関東、東海、近畿は結構影響大きかったみたい。
でも、兵庫を過ぎたら全く雪なんてなかったけどね。

そしてあと1つは…レンタカーのナビに広島広域公園の遠い方の駐車場に案内されたため。
昨年も来ているので、すぐに「ここは違う」「競技場からは遠い」ということがわかったのですが、

どこをどう行けばいいかわからず彷徨ってしまいました。
時間に余裕があったら何でもないことだったんですけどね。

結局…その遠い駐車場に車を置いて、広域公園の案内地図を確認。
進むべき方向だけ確認して、その方向を自分の足でひたすら直進しました。
はっきり言って道は無視です。

公園内の道は曲がりくねったのどかな曲線を描いてましたが、

そんなのどかさにつきあっていられません(>_<)。
道なき道をひたすら直進。
芝生の急斜面を下り、ビッグアーチのフェンスと山の隙間を縫うようにひたすら走りました。

広島まで来てなにやってるんや?
って、感じです。

で、5分ほど遅刻して到着。
後で聞いたら、開始して間もなく失点したそうで、その失点は全く見ていません。
それと逆光+遠いのとでかなり見づらい中での観戦でしたので、

間違いがあるかもしれません。間違っていたらごめんなさいm(__)m。→先にあやまっとこ。
 

前置きがずいぶん長くなりましたが、試合についての話にやっと入ります。

本日の1試合目のスタメンはこんな感じでした。

      
      65(坂本) 74(松永)

  64(潮入)         35(藤野)
   
    55(中川)     40(冨田)

34(福本) 75(松原) 32(西口) 46(上田)

         56(横江)
 


交代:

後半0分 46(上田)→49(荒尾)
後半22分 64(潮入)→74(込山)

※番号は通常とは少し違ってました。


で、試合の展開ですが…さっきも書いたように、私が見ていない早い時間帯に失点。

これで0-1。

私が見だしてからは、わりと互角の展開かなぁ…って感じだったのですが、

前半の10分に同点に追いつきます。
ゴール前の細かいつなぎから、ゴール正面の坂本くんに渡り、

その坂本くんが背後の選手に絶妙のパス。

最後に決めたのは松永くんか?と思ったのですが、後で聞いたら潮入くんのゴールだったそうです。

このゴールで1-1。

この後、しばらくは野洲のペースで試合は進みます。
オフサイドになったけど、潮入くんから坂本くんへの

めちゃめちゃいいスルーパスがあったり、

松永くんの素晴らしいドリブルがあったり。
惜しいシュートも何本かありました。

が、前半の20分あたりからピンチの場面が目立ってきます。

わりと深い位置でボールをカットされてギリギリ防ぐといったシーンもあり、

立て続けにゴール近くでセットプレーを与えてしまいます。

そんな嫌な流れの中、前半28分にとうとう失点。

CKをファーサイドにいた選手にヘッドで折り返され、

中央に待ち受けていた選手に渡り、ヘッドで押し込まれてしまいました<(_ _)>。

これで1-2。

 


後半は互角の立ち上がりでしたが、得点したのは野洲でした。

中央での細かい崩しからの得点。

ワンタッチ、ツータッチでのショートパスが面白いように繋がって、最後は潮入くんがシュート!これで2-2。

その後少し嫌な時間帯があったものの、守りきると、そこからは再び野洲の時間帯。

後半13分に右サイドの藤野くんの突破からパスをつないで中央の坂本くんへ。

その坂本くんがヒールで潮入くんに流すと、日章のDFは誰もついてこられませんでした。
う~ん、完璧な崩しだったんですけどね~。

潮入くんのシュートはGKに止められてしまいました(>_<)。 Photo_2

でも、その後も野洲のペースで試合は進み、後半17分には勝ち越し点が野洲に入ります。

藤野くんから潮入くんにパスが入り、潮入くんから中央を切り裂くスルーパスが坂本くんに通り、そのパスを受けた坂本くんが、DFをかわしてシュート。
少し遠目からのシュートでしたが、さすが坂本くん、うまく決めました。

パスを出した潮入くんもすごくいいプレーだったと思います。

終了間際にはさらに追加点。

坂本くんがスルーパスを受けてシュート。

これが決まり4-2。スコアはこのまま終了。


***************************

結構、嫌な時間帯もあったけれど、後半の途中から完全に野洲の試合になった感じです。
決定的なシーン、結構あったなぁ。

早いパス回しや鋭いドリブルで相手の守備を混乱状態に陥れてました。

かなり面白かったです。  

2008年2月 9日 (土)

今日も雪。

このところずっと、週末になると雪が降ってる気がします。
今日はビッグレイクにウィンターカップを見に行こうと思ってたのに、一試合終わったところで雪のため延期になったそうです。
先週、セゾンAの試合を見逃したので、今日こそは…と、思ったのですが…(>_<)。

これだけ雪が続いて日程がずれ込むと、運営する人は大変だろうなぁ。

ミズノカップ in 広島(日程)

2月10日(日)

第一試合(10:00~)
 広島観音vs国見高校(広域公園補助)
 野洲高校vs日章学園(広域公園第一球技場)

 

第二試合(11:20~)
 サンフレッチェ広島ユースvs日大藤沢高校(広域公園補助)
 境高校vsセレッソ大阪U-18(広域公園第一球技場)

 

第三試合(14:00~)
 広島観音vs日大藤沢高校(広域公園第一球技場)
 野洲高校vs境高校(広域公園補助)

 

第四試合(15:20~)
 国見高校vsサンフレッチェ広島ユース(広域公園第一球技場)
 日章学園vsセレッソ大阪U-18(広域公園補助)

      

2月11日(月) 広域公園第一球技場
  

 三位決定戦(9:30~)
 決勝戦 (11:00~)

 ***************************** 

結局、参加校はサンフレユース、観音、日章学園、境、セレッソユース、日大藤沢、国見、野洲の8チームのようです。

サンフレッチェ、観音、野洲、日章学園、境は昨年に引き続きですね(^^)。

2008年2月 5日 (火)

ミズノユースカップの予定

今週末の広島遠征に関する情報を探してきました。

サンフレッチェ広島関係の情報

2月9日(土)
練習試合
vs 野洲高校 13:00(吉田)
vs セレッソ大阪 16:00(吉田)

2月10日(日)
ミズノカップ
vs 日大藤沢高校 10:20(広域公園補助)
vs 国見高校 14:20(広域公園第一球技場)

2月11日(月) 
ミズノカップ
3位決定戦 9:30(第一)
決勝戦 11:00(第一)

 

広島観音関係の情報

2月10日(日)
 広島観音VS国見高校 10:00(広域公園補助)
 広島観音VS日大藤沢 14:00(広域公園第一球技場)
11日(月)
 三位決定戦 9:30(第一)
 決勝戦 11:00(第一)

**************************

全容があまりわかりませんが・・・参加するチームは・・・広島観音とサンフレッチェ広島と国見と日大藤沢???それ以外は今のところ不明です。セレッソは参加するのかな?

見ていると、どうも広島観音とサンフレッチェユースと日大藤沢と国見とは別組で予選リーグを戦うっぽい。

それにしても・・・よくよく見ていると、サンフレッチェユースのスケジュールと広島観音のスケジュール、微妙に時間はずれているし、ありえない被り方をしているし・・・どちらが本当なのよ!って感じです。

最後に・・・広島広域公園補助と第一球技場で実施ということは・・・今年はビッグアーチは使用しないみたいですね。(昨年は野洲の試合は全てビッグアーチであったのですが)

行かれる方はご確認を!

 

広島広域公園の概要

広島広域公園へのアクセス

2008年2月 3日 (日)

TM 野洲vs名古屋グランパスU-18

今日は野洲のTMを見にちょっとだけ遠出をしてきました。

朝から家の方は雪が降っていて、ちゃんと到着できるか心配だったのですが、一番積っていたのは東近江のあたりで、多賀あたりを越えるとほとんど雪は見かけませんでした。

で、順調に高速も走れてTM開始の50分前には目的地であるトヨタスポーツセンターに到着。駐車場がいっぱいあって、どこに車を置いて、どこから練習場に上がるのが近いのか・・・と周辺を散策。

それにしても・・・さすがトヨタ。立派なスポーツセンターです。

同じ敷地内にプールや球技場なんかもあるし、サッカー場も第一、第二とある。

第2練習場にも人工芝一面、天然芝一面と二面のピッチ。見事なもんです。

あいにくの天気(豊田は雨でした)だったので、ごくごく周辺を散策するだけでやめておきましたが、機会があればまた行ってみたいもんです。

*********************************

まぁ、そんなふうにウロウロしていたら時間になって試合開始。

今日のスタメンはこんな感じだったと思います。

        65(坂本) 67(潮入)        

             35(藤野)     58(福原)          

              55(中川)  40(冨田)     

     49(荒尾) 75(松原) 32(西口) 46(上田)         

                        56(横江)

交代:35(藤野)→44(梅村徹)

 

試合は出だしから野洲がかなり押し気味に進めます。福原くんや藤野くんが加わってテンポの良いパス回しでゴールに迫ります。ゴール前でパスを受けた潮入くんのシュートはポストに阻まれます。惜しい!U18

でも、今日はめちゃめちゃいい立ち上がりです。みんな気合十分な感じで、攻守の切り替えも速いし、特に球際でのねばりがスゴイ。

冨田くんから坂本くんへパスを通して決定的っていうシーンもありました。

野洲ペースで進み、いくつかの決定機が訪れたもののなかなかゴールが決まらずという展開でしたが、前半24分についに先制。多分、潮入くんと福原くんが絡んで、最後に決めたのは坂本くんだったと思います。これで1-0。

その後も野洲ペースでいくつかの決定機を作るものの、追加点はならず。1-0のまま折り返します。

前半はかなり楽しい展開でした。ただ、こんな高いテンション、速いペースで後半もつのかどうか心配でしたけどね。

で、後半ですが・・・後半も結構楽しい立ち上がりでした。

そして欲しかった追加点も入ります。

冨田くんのCKから、多分坂本くんがボレーシュートを決めたんじゃないかと思うんですが・・・間違っていたらごめんなさい<m(__)m>。ともあれ、これで2-0。

ここまでは、野洲のいいところがいっぱい出た試合でした。うん、このまま終われば完勝と言える内容だったんですけどね。

試合の流れが大きく変わったのは後半15分。自陣の深い位置でボールを奪われ、グラの22番がゴール前までドリブルで持ち込みGK(横江くん)と一対一。22番のシュートを横江くんが一旦は弾くものの押し込まれて失点。これで2-1。

でも、このプレーの中か直後にグランパスの選手が何かをやったらしく、何と一発レッドで退場になりました。

ただ、相手が一人少なくなったとはいえ、野洲にとっては嫌な流れは続き、少し押し込まれ気味な展開になってきます。追い討ちをかけるように後半20分過ぎに、ここまで大活躍だった藤野くんが傷んで交代。

そこから15分間くらいグランパスの時間帯が続き、ワンタッチでいいようにパスを回され出す等、かなりいやな展開になってきたんですけどね・・・でも、終盤に入り巻き返しに成功(^^)v。

後半35分に潮入くんのループシュート!・・・は、外れてしまいましたが、終了間際にバイタルエリアでの細かいつなぎを経て最後は潮入くん。ゴールに向いたまま右方向にドリブルで流れてシュートコースを作ってシュート!見事にGKの届かないコースを転がってゴールネットを揺らしました。いいシュートでした(^^)v。これで3-1。

この後はまた野洲が元気を取り戻して、野洲ペースのまま終了。

******************************

う~ん、いいものを見せてもらいました。行ってよかった(^^)。

試合運びとしては、立ち上がりから全力でいくので、どうしても後半はしんどくなってしまいます。できれば、前半のうちにあと2点ほど取れていたら、グッと楽になって試合をコントロールしやすかったと思うのですが・・・。

Jクラブユースとの対戦で『試合をコントロールする』なんて文言を使うことになるとは・・・。

まぁ、今回はそれだけ良かったということで・・・(^^ゞ。

春からのプリンスリーグ・・・今年はAリーグなので、半端なく強い相手との対戦ばかりです。当然厳しい試合が続くと思いますが、そこでもまれてしっかり力をつけていって欲しいと思います。

印象に残ったのは・・・全員。気持ちの入ったプレーに拍手です。

あえて挙げるとしたら藤野くんかな。

キレキレのドリブル復活ですね(^^)。帰りに寄ったモスでも、たまたま試合を見に来ていた子が来店してて、その子がお父さんと「野洲、強かった。35番のドリブルはすごかった」と話しているのが聞こえてきました。やっぱり藤野くんのドリブルはインパクトがあるんですね。

あと、潮入くんは・・・ワンタッチでの速いパスだけじゃなく、自分で打開しようと仕掛けているシーンも結構あったかな。プレーの幅がより広くなれば選択肢も増えて面白いことになりそうです。

福原くん、上田くんの苦しい時間帯での粘り強い守備は光ってました。ずいぶん助けられたんじゃないかなぁ。

あと・・・挙げだしたらキリがないくらい書けちゃうわけですがこの辺で終わっときます。(^^ゞ。

******************************

2試合目はこんな感じのメンバーだったと思います。

2試合目は35分×3本だったみたいです。

     

     72(片岡)   31(中野?)               

                      49(卯田)        

       36(森下)        44(梅村と)       

               64(込山)  57(林)   

        69(染川)  37(星)  71(端山)          

                       47(山本)

交代:

2本目0分 71(端山)→37(高階)

2本目22分 31(中野?)→70(宮崎)

3本目0分 69(染川)→71(端山)

 

この2試合目も面白かったです。密集地帯でのボール回しなんかを見ていると、めちゃめちゃ一人ひとりの技術が高いことがわかります。

そしてよい意味でもそうでない意味でも見ているものの予測を裏切ることが多いチームですね(^^)。

試合展開は立ち上がりから互角の展開が続きますが、先制したのは野洲。決めたのは片岡くんだったのかな。

その後、中野くん?のポスト直撃のシュートなんかがあり、野洲ペースで1本目を終了。

2本目も野洲ペースが続き、中野くん?が追加点となるゴール。31番、元気なドリブラーって感じでいいですね(^^)。

ただ、2本目の真ん中近くから怪しい展開に。自陣の深い位置で相手にボールを奪われ立て続けに2失点(>_<)。あぁ、もったいない・・・。

2本目の終盤はかなり押しこまれてましたがそのまま抑え切り終了。

3本目はまた野洲のペースになりチャンスをたくさん作りましたが結局ゴールは生まれず、3本のトータルでは2-2で終了したと思います。

35本×3は相当きつかったでしょうね。

特に梅村徹くんなんか、1試合目の途中から藤野くんと交代して出ているのだから、トータルすると120分以上出ていたのでは・・・(>_<)。それでも最後まで走り切り、右ワイドでしっかり起点になっていたと思います。途中から目が釘付けになってましたよ~。見た目以上にタフな選手ですね。

******************************

   

TM 野洲vs佐川急便

え~っと、昨日もいろいろとサッカーを見たのだけれど、観戦が終わってからあれこれ用事があったのでブログに書けず。

とりあえず、この土日に見たことについて書いときます。

そのうちの一つはこれ。

野洲vs佐川急便のTM。

佐川のHPにも載っていなかったので、あまり書かない方がいいのかな?・・・なんて思いつつ・・・ちょっぴり触れておきます。

開始時間がわからなかったので、行った時には前半の真ん中過ぎたあたりでした。

その時点で3失点していたそうです。(1点はセットプレーで失点。あとは中央をきれいにぶち抜かれたそう。あれ?もう1点はどんな失点だったんだろう?)

で、前半はピンチとちょっぴりチャンスとがあったけれど、0-3のまま終了。

ちなみにスタメンはこんな感じ。

         

         65(坂本)             

                          67(潮入)        

             58(福原)     35(藤野)          

             55(中川)    40(冨田)     

     34(福本) 75(松原) 32(西口) 46(上田)         

                        56(横江)

 

交代 後半6分 46(上田)→49(荒尾)

    後半20分 75(松原)→37(星)

 

後半もちょっといい形は作るもののカウンターから2失点。

0-5で終了。

******************************

スコア的にはわりと差がついたけれど、なかなか興味深い試合でした。

この時期にいっぱい自分たちに足りないところが見つかるのはいいことだと思います。

相手は昨年JFL1位のチーム。J入りの意志はないようですが、力的にはJに最も近いアマチュアチームだと思います。文句なく強い。

その相手に正面からぶつかって・・・結構やられました。

身体の強さやキックの強さももちろんあるけれど、何よりも大人のサッカーの余裕みたいなものを感じました。

ペース配分や試合の流れの作り方なんかも上手い。余裕を持って守る時間帯、積極的に攻めに出る時間帯をコントロールしている感じでした。前半にたたみかけて3得点。後半は無理せず、相手が攻めに来るところをねらってカウンター・・・と、かなり効率よく戦っている印象を受けました。「いい時間帯に得点する」ことが意図的にできているというか・・・そんな感じ。

そんな強い相手との試合でしたが、野洲のいい形もあったと思います。

潮入くんからのパスで藤野くんがスペースに抜け出しゴールにせまったシーンとかもあったし。

でも、ここぞ!というところではなかなかやりたいようにはさせてくれませんでした。

『ミスを減らすこと』(やっぱり強い相手だと、ミスは失点につながる可能性大です。)

『バイタルエリアでの最後の仕掛けのアイデアや判断の速さ、強さ、精度なんかをさらに向上させること』

なんかが必要なのかな・・・なんて素人なりにいろいろ思ったりして(^^ゞ。

********************************

2試合目は40分1本勝負

      72(片岡)   45(久岡)               

                       49(卯田)        

       36(森下)        44(梅村と)       

               61(竹本)  57(林)   

        69(染川)  37(星)  71(端山)          

                       47(山本)

交代:36(森下)→31(中野?)    71(端山)→37(高階)

この試合は0-0で終了。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ