« TM 野洲vs東海大浦安 野洲vs加納 | トップページ | J2 C大阪×栃木SC »

2009年3月21日 (土)

TM 野洲vs帝京可児

今日も野洲高グランドに行ってきました。

今日は午後から用事があったので午前中のみ観戦。

珍しく早く到着したので、アップから見られました。

ボールを使ったアップの後は、トップの選手たちは試合に備えて準備。

サブ戦に出る選手たちは出番が午後のため、この時間は追い込んで身体を酷使してました。

10分間のインターバル走。かなりしんどそうでした(>_<)。

*******************************

【野洲×帝京可児】

今日の対戦相手は帝京可児。

スタメンはこちら。

     44(梅村徹)  45(久岡)    
    49(卯田)     26(梅村崇)        
     61(竹本)   48(松田)            
54(村松) 69(染川) 37(星) 36(森下)  
          35(鳥家) 

試合の出だしは可児の選手の出足の良さにボールがなかなか落ち着かなかったけれど、次第に野洲のペースに。

森下くんから梅村崇くんに何度もいい形でパスが通ってました。

先制は野洲。開始5分くらい。

森下くん~梅村崇くん~卯田くん?と素早く縦にパスをつないで、卯田くんのクロスはゴール前の久岡くんへ…と思ったら、久岡くんに届く前に可児の選手がクリアしようとして…。
でもそのボールはきれいにゴールに吸い込まれていってしまいました。
多分、オウンゴールだったと思います。

先制してからも可児のプレスは結構きつくて2,3人が素早く寄せてくるのですが、ギリギリのところで野洲の選手がパスを通していきます。

そして隙あらば村松くんや松田くんが大きなサイドチェンジのパスを使ってリズムを変えてました。

2点目もそのサイドチェンジのパスを受けた梅村崇くんがドリブルで持ち上がってセンタリング。
このボールがゴール前に詰めていた卯田くんのヘッドにぴったり合い、気持のいいゴール(^^)。

その後は野洲、可児ともにピンチもアリ、チャンスもアリといった展開。

野洲が攻勢に出ている時には大きなサイドチェンジ+中央での細かいパス回しでの崩しが多く見られました。

中盤での細かい崩しは、今年のチームの持ち味なのでしょうね。
あまりにも細かいのと、密集地帯でもまわしまくるのと、ボールの扱い方が独特なのとで、ボールの行方を追ったり、次を予測したりするのが難しいです。

野洲の前半のピンチはDFラインの裏に抜け出られたのも1,2回はあった気がするけれど、それよりは相手の速いドリブルで押し込まれて…というピンチの方が印象的でした。
DFがギリギリで止めたり、鳥家くんが一対一のところをファインセーブしたり。

結局、ゴール前の攻防は結構あったけれど、スコアは2-0のまま前半を折り返し。

 

後半の立ち上がりはまずまずの流れだったと思うのですが、早い段階で失点。後半5分のことでした。

可児の前線へのパスに対してオフサイドフラッグが上がっていたのですが、審判は流してプレーは続行。可児の右サイドからきれいにパスをつながれ失点(>_<)。

そこからは帝京可児のペース。

野洲にも時折チャンスが訪れるものの、決定機の質と量では可児の方が上回ってました。

その流れ通り、後半12分には同点弾を決められてしまいます。

その後、逆転弾も浴びます。

前半は中盤で紙一重、ギリギリでマイボールにできていた展開が、後半は一転してギリギリでマイボールにできない展開が続きます。

マイボールになっても、動き出しが前半ほど良くないためか、パスミスになることが多かったです。
ロングパスも動きの落ちた中では味方につながりにくく、みすみす相手ボールになってしまうことがしばしば。

そして相手ボールになった時に歯止めがかけられない展開。

手数をかけて攻めに行った後、ボールを奪われると恰好のカウンターの餌食に。

鳥家くんの連続ファインセーブとかがなかったら、少なくともこの時間帯に2失点くらいはしていたと思います。

かなり苦しい時間帯が長かったのですが、後半34分に松田くんを起点に攻め、最後は梅村徹くんが押し込んで同点に追い付きます。

その後、試合終了までは野洲のペースになりましたが、そのまま3-3のスコアで試合は終了。

*******************************

70分間の短い試合時間の間に野洲のよいところ、悪いところがしっかり出てました。

前半に比べて後半はちょっと苦しい展開になることが多いようですね。

まぁ、これからの成長を楽しみにしようと思います。

« TM 野洲vs東海大浦安 野洲vs加納 | トップページ | J2 C大阪×栃木SC »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

22日野洲1-1初芝24日国見25日青森山田26日FC東京と強豪との対戦で大きく成長してほしいですがね~

>滋賀サッカーさま

いつも情報、ありがとうございます。
昨日は初橋とやったんですね。
1-1ですか~。どんな内容だったのでしょう?
24日には国見とやるのですか?

25日からはマリノスカップですね。
かなりハードなスケジュールですが、強豪チームとの対戦で力をつけていってくれたらいいなぁ…と思います。

初芝や鹿実他 僅差の結果ですが内容は崩して決められる時に決めないから苦い結果に終わってます。84大会メンバー以来メンバーをこれほど固定して戦っていや仕上げてる指導者の何かを感じます。マリノスカップの結果で叩かれんだろうなぁ

>滋賀サッカーさま

今はなかなか結果がついてこない時期ですよね。
こういう時期にマリノスカップほどグレードの高い大会に出るということで、心配される気持ちもわかります。

でも結果がついてこないながらも、時々ものすごい鮮やかな崩しのシーンが見られたりする…うまくいっている時の選手間の同調性はかなり高いものがある気がします。1試合を通してゲームを作ることはまだできていませんが。
そんなチームがこれからどうなっていくのか興味津津です。
多分、結果がついてこないうちは叩かれるでしょうが、結果だけではわからない何かを見つけてブログで伝えられたらいいかなぁ…と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/28735638

この記事へのトラックバック一覧です: TM 野洲vs帝京可児:

« TM 野洲vs東海大浦安 野洲vs加納 | トップページ | J2 C大阪×栃木SC »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ