« 楠神選手、Jリーグ特別指定選手へ | トップページ | TM 野洲vs帝京可児 »

2009年3月20日 (金)

TM 野洲vs東海大浦安 野洲vs加納

今日は久々に野洲高グランドに行ってきました。(久々と言っても12日ぶりなんですけどね(^^ゞ)

この三連休、野洲主催で合同練習会?をやってるようです。

今日も、駐車場に何台かバスが停まってました。

今日、姿を見たのは…加納(岐阜?)、東海大浦安、大阪朝鮮、甲西だったと思います。(見落としていたらゴメンナサイm(__)m)

本当は隣のクレーコートでもB戦をやってて、そっちも気になったのですが、一応人工芝コートの試合の方に専念(>_<)。

   

時間系列に沿って書くと…まず11:00からのサブ戦【野洲×加納】を観戦。

その後の【東海大浦安×甲西】を前半だけ見て、用事があったので一旦家に帰り、3時半から【野洲×東海大浦安】を見に野洲高グランドへ…というあわただしい流れ。

近いからできることですね^_^;。

ありがたいことです。

*******************************

【野洲×加納】

 スタメンについては次の通り。

 

     64(美濃部)  54(  )    
    57(八田)     60(月城)   
     27(  )       62(前田)              
48(武田) 51(中野) 39(神農) 31(春日)  
         50(冨永?)

交代:

後半0分:64(美濃部)→34(北川)  57(八田)→38(佐藤)  

       31(春日)→65(夏原)  50(冨永?)→29(西岡?)

 

試合の方はわりとゆったりしたペースで進行。

前半の終了間際に右サイドから細かくパスをつないで、最後はゴール前中央にいた選手がほとんどフリーでシュート。決めたのは八田くんだったと思います。

あれだけ相手を引きつけてのパスが連続すると、決定的なシーンになります。

これで1-0になり、そのまま前半を折り返し。

 

後半は大きくメンバーチェンジをしてスタート。

27番の選手(誰でしょう?)や佐藤くんあたりから、いいパスがたくさん出ていたように思います。(※実は54番の選手も気になりつつ、不明のまま^_^;)

両サイドバックの選手の攻撃参加も目立ってました。

試合は野洲が押してはいたけれどゴールは奪えず、結局1-0のまま終了しました。

 

*****************************  

【野洲×東海大浦安】

この試合のスタメンはこちら。

  

     60(梅村徹)  26(梅村崇)    
    49(卯田)     45(久岡)        
     48(松田)       61(竹本)              
54(村松) 69(染川) 37(星) 36(森下)  
          35(鳥家) 

  

交代:

後半0分 54(村松)→31(春日)

後半8分 49(卯田)→57(八田)

後半26分 69(染川)→51(中野)

 

試合展開としては全体的に野洲ペースで進行。

前半10分?に村松くんの大きなサイドチェンジのパスに梅村崇くんがいいタイミングでとびだして受け、右サイドライン際をドリブルで上がり、ゴール前中央まで上がってきていた久岡くんにパス。
そのパスを受けた久岡くんが落ち着いて決めて1-0。

村松くんはFC SETAの時代はFWだったので、前に置いておくと怖い選手なのは知っているけれど、あのサイドチェンジのパスを見ると、サイドバックに置いておきたい気持ちもわかりますね(^^)。

試合の中で、GKの鳥家くんがマイボールになった時、「視野を広く!!」って声掛けをしていることが多かったのですが、このゴールはその言葉通りの大きな展開から生まれたゴールだったと思います。

セゾン出身の選手が多いせいか、細かく繋ぎ出したら、どこまでも細かく繋げてしまうところがあるので、こういう視野を広くもった攻撃ができると、攻撃に変化がついて、さらに細かいパスも生きてくるような気がします。

時間はメモしていませんが、ほどなく野洲に2点目が入ります。

左に流れていた久岡くんを起点に中央で細かいパスを経由して、最後は梅村徹くん?がゴール前に抜け出しシュート。これも完全に相手を崩してのゴールでした。

前半の20分過ぎには少し嫌な時間帯があり、相手にシュートまで打たれるも、ゴールの枠の外。

流れが相手に傾きかけたところだったのですが、野洲に追加点。

センターサークル付近で久岡くんがボールカットに成功。
久岡くんは卯田くんにショートパスでつなぎ、卯田くんから左に開いていた梅村崇くんへパス。
このボールを受けた梅村崇くんがドリブルで上がり、左45度からシュート。
これもしっかり決まり3-0。

その後もいい形はいっぱい作り続けたもののゴールはなかなか決まらず…だったのですが、前半のうちに4点目が入ります。

右サイドに流れていた梅村徹くん?からグランダーのクロスが入り、ゴール前に詰めていた久岡くんが相手DFに寄せられながらも、強さを発揮してシュートまでもっていき、それが決まります。
これで4-0。

 

後半も野洲のペースで試合が進み、クロスに対してあと数センチあれば触れたのに…っていうシーンが数回。

クロスに触れたものの、点で合わせたボールがゴールマウスを外れていったのが数回。

ゴールネットを揺らしたもののオフサイドの判定だったのが2回。

梅村崇くん?のクロスバー直撃のシュートっていうのもありました。

竹本くんのミドルシュートもいいシュートでした。(竹本くんのミドルシュートって珍しい気がする)

…と、いいシーンはたくさんあったのですが得点は決まらず、最後は鳥家くんのナイスセーブで試合終了。
(Pエリアぎりぎりのところに出た相手のパスに対して勇気を持って前に出ていきセーブ。走り込んでくる相手に対してこういうクロスプレーは判断も難しいし、かなり勇気のいるプレーだと思います。)

この試合、前線の梅村崇くんと徹くんがサイドに流れて、中央に久岡くんが詰めているシーンが結構ありました。

このところ久岡くんの強さが目を引くようになってきてます。これは楽しみです。

あと、強さ…というと松田くんの強さも特筆すべきものがありますね(^^)。   

全体としては…目立った守備のミスもほとんどなかったのもいい材料だと思います。

« 楠神選手、Jリーグ特別指定選手へ | トップページ | TM 野洲vs帝京可児 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

今は久岡がトップです、あと戸田、佐藤、卯田がトップ下で揃えぱ完璧なんですがね~!

〉滋賀サッカーさま

今日、久々に遅刻しないで試合を見られたので、スタート時にポジション確認ができました(^^)。
ゲームが始まってしまうと前の四人はかなり流動的に動き回るのでわからないんですよ~^_^;

久岡くん、おっしゃる通り前線にいました。昨年はボランチで起用されることが多かったけれど、前めのポジションの方が久岡くんの良さが生きるように思います(^O^)。

戸田くん、佐藤くんがレギュラーに入ってくるようになれば、また新たな魅力のあるチームになりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/28719460

この記事へのトラックバック一覧です: TM 野洲vs東海大浦安 野洲vs加納:

« 楠神選手、Jリーグ特別指定選手へ | トップページ | TM 野洲vs帝京可児 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ