« プリンスリーグ第三節【野洲×京都サンガ】 | トップページ | 関西社会人リーグ【滋賀FC×FC京都BAMB1993】 »

2009年4月29日 (水)

プリンスリーグ第四節【野洲×滝川第二】

今日もプリンスリーグに行ってきました。

まずは今日の野洲のスタメンから。

 

     23(美濃部)  9(梅村崇)  
   10(卯田)       7(梅村徹)        
     8(松田)     6(竹本)        
4(森下) 18(春日)  12(星)  2(染川)  
          20(松原)

交代:

後半10分 23(美濃部)→11(久岡)  4(森下)→3(村松)

後半37分 20(松原)→1(鳥家)

後半    7(梅村徹)→14(佐藤)

   

今日は中野くんが累積警告で出場停止でしたが、星くんが戻ってきて上記のような4バックに。

そして、ボランチは3月末のTMで負傷し離脱していた竹本くんが久々に復帰。プリンスリーグ初出場です。

 

試合の内容としては…野洲の試合の入りはまずまずだったと思います。

ただ、野洲がペースを握りかけるも、あまりシュートまで持ち込めてなかった感じで、時々逆襲を受ける…そんな展開。

そして、ちょっと流れがまったりしてきたなぁ…と感じた時間帯に痛恨の失点(>_<)。
前半43分。0-1。
まぁ、打たれたのがロングシュートで、崩された感はないんだけど。失点した時間帯がちょっと嫌な時間帯だったかな。

結局、前半は0-1のまま終了。

 

後半は立ち上がり、互角だけれどやや滝二の方がペースを握っていたかも。

GKと一対一の場面を作られ、松原くんがギリギリでブロックしたシーンもありました。

この流れを断ち切るためか、今日はいつもと比べると早めに選手交代を仕掛けてきました。

一気に2枚替え。前節はボランチに入った久岡くんをトップに。そして前節、トップに入った村松くんを左サイドバックに置く布陣。

試合の方は後半30分過ぎに大ピンチがあった後は、淡々とした雰囲気になってきて、ゴールが遠く感じられました。

このまま時間だけが経って、0-1のまま敗戦が濃厚かと思われた終盤、試合の行方を示す針は右へ左へと大きく振れることになります。

口火を切ったのは、村松くんのロングシュート。
これは惜しくも相手GKに弾きだされてしまいますが、そこで得たCK(キッカーは梅村崇くん)を久岡くんがゴール前中央でヘッドで合わせてゴール!
これで1-1の同点に追いつきます。

そして、その4分後に卯田くん~村松くん…とつないで、村松くんがあげたクロスに合わせたのが、またしても久岡くん。
GKの前に叩きつけるような強烈なダイレクトボレーでした。
これで2-1と、この試合、はじめてリードを奪います。

余談ですが、このチーム、ゴールが決まった時に大喜びするところが微笑ましいです。
この久岡くんのダイレクトボレーが決まった後も、みんなが祝福にやってきて…卯田くんが後ろからとびついておんぶされていたのが、かなり笑えました(^^)。

野洲ファンとしては「このまま試合を終わらせてくれ」って感じだったのですが、後半38分に失点。これで2-2の同点に。

さらにこの時のプレーで負傷したのか、GKの松原くんが交代(;O;)。
急きょ、鳥家くんがゴールマウスを守ることに。

残り7分をどう使うか複雑なところ。
勝ちも負けも引き分けもありうる展開。

そして…試合の行方を示す針は最後には野洲に振れることに。

ドリブルでバイタルエリアまで侵入した卯田くんがボールをすくい上げるようにして相手DFの頭上を越えるパスを久岡くんに出します。
(普通に言えばループパスなんですが、卯田くんのはすくい上げるという表現の方がはまる感じです)。
そしてゴール前でそのボールを受けた久岡くんもループシュート。

このシュートは惜しくも決まりませんでしたが、そこで得たCKが得点に結びつきます。

ファーサイドで染川くんがヘッドで折り返し、そこにとび込んだのは春日くんだったと思います。

これで3-2と突き放しに成功。

ロスタイムには相手のセンタリングがクロスバーをかすめる危ないシーンもありましたが、そのまま守りきり、試合終了。

******************************

今日の試合、勝ちはしましたが負けてもおかしくない試合でした。(まぁ、これまでもそんな試合が続いていますが)

ここまでの粘り強い戦い方を見ていると、3月までとはまるっきり違うチームに見えます。
きっと伸び盛りなんでしょうね。

残り3戦は、Jクラブユースの強豪ばかり。

かなり苦しい試合になると思いますが、どんな試合になったとしても自分たちの成長の糧としていってくれるんではないかと思います。

 

******************************

  

時間が前後しますが、1試合目の【一条×神戸科技】の試合も観戦しました。

途中までかなり拮抗した試合で、見ていて面白かったです。

二部リーグでは科技が独走しているようですが、力的には一条もそれほど差がないように見えました。

3-2でリードしていた後半20分までは、どちらかと言えば一条のゲームだったかもしれません。

あの退場+PKでの同点弾がなければ…。

同点にされてから、一人少ない一条が底力を見せて一旦は4-3と突き放しに成功しましたが、直後に再び同点にされてからは力尽きた感じ。

一つのプレーの重みみたいなものを感じさせられる試合、ついついタラレバを言いたくなる試合でした。

サッカーは怖いスポーツです^_^;。

« プリンスリーグ第三節【野洲×京都サンガ】 | トップページ | 関西社会人リーグ【滋賀FC×FC京都BAMB1993】 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

こんにばんは。今日も楽しい試合でしたね。卯田くんのおんぶ、面白いというかいい雰囲気が出ていましたね。今の野洲の雰囲気を端的に表していたと思います。卯田キャプはいいキャプテンだな、とシミジミ思います。プレーの面ではループの連続をはじめ「野洲ならでは」のプレーが散見されましたね。ほんとうにいいチームへと成長する予感がしてきました。DFもいい選手が揃っています。大きくて速いCB系の選手と高速のドリブルと精確なクロスをあげらるSB系と。GKは鳥家くんも松原くんもいいですね。昨年もそうでしたが選手層が厚くて「見たい選手が11人じゃあ収まらない」とゆぅ悩みが、、。

お目当て選手の出場 良かったです。怪我だったんですね。落下点にいち早く動きシュートできるレベルの高い久岡クンやパスの質がやはりレベルの高い竹本クン。初めてセクシーさが見れました。次が楽しみです

>さざなみさま

今回も楽しませてくれました。
ここまで奈良育英戦をのぞいて楽な試合は1試合もないんですが、どれも「見にきてよかった」と心から思える試合ですね。

1年生の時から周囲の期待が高かったこのチーム。
これからどんな風にばけていくのか楽しみです。

何気にけが人がいたり、カードがたまってきてたり…で、やりくりに悩みそう。
そうそう、カードと言えば…滝二戦でカードを提示しようとした主審に手を合わせていた春日くん。ひそかにツボにはまってしまいました(^^)。

>滋賀サッカーさま

このチーム、ツボにはまると、とんでもなく面白い攻撃が繰り出されますね(^^)。
セゾンテイストの強いチームですが、セゾン以外の選手もいい味を出してます。
これからが楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/29359230

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ第四節【野洲×滝川第二】:

« プリンスリーグ第三節【野洲×京都サンガ】 | トップページ | 関西社会人リーグ【滋賀FC×FC京都BAMB1993】 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ