« 近畿大会組み合わせ | トップページ | エルゴラの記事【野洲×ガンバ大阪ユース】 »

2009年6月14日 (日)

プリンスリーグ第6節【野洲×ガンバ大阪ユース】

涙のインハイ予選決勝から1週間。

まさかこんな楽しい気分でブログの記事を書くことになるとは思ってもみませんでした。

初夏を思わせるようなきつい日差しの中で行われた第6節。

相手はガンバ大阪。

インハイの時のような戦い方で臨めば、相当きつい試合になるだろうと思っていたのですが…。

感想は後でゆっくり書くとして、まずはスタメンから。

  23(美濃部)     9(梅村崇) 
4(森下)   10(卯田)   7(梅村徹)        
    8(松田)    6(竹本)    
  2(染川)  12(星)   5(佐藤)  
         1(鳥家)

交代:

後半15分 4(森下)→3(村松)

後半20分 23(美濃部)→11(久岡)

後半33分 5(佐藤)→16(中野)

 

立ち上がりは野洲も悪くはなかったけれど、ややガンバのペースだったかも。

開始直後とその3分後位にガンバの速い攻めから危ない場面があったけれど、鳥家くんのナイスセーブで何とか失点を阻止。

前半5分には野洲にも決定的なチャンスが。

梅村崇くんが卯田くんにボールを一旦預けて、右サイドの前のスペースに飛び出してシュート。これはゴール上のバーにあたってゴールならず。

ですが、この辺りから徐々に野洲がガンバを押し込み始めます。

前線からの守備も良く効いていて、梅村崇くんや美濃部くんが相手のキックの瞬間に詰めて、足に当たりマイボールになるシーンも数回。

そんな野洲ペースの中、先制点が決まります。

前半18分。ボールを奪うと素早く攻撃へ。卯田くんがガンバの守備ラインを見ながら、狙いすましたタイミングとコースのスルーパスを梅村崇くんに通します。

うまく抜け出した梅村崇くんが相手GKと一対一になり、落ち付いてシュート。これが決まり1-0に。

追加点はその8分後。

佐藤くんが相手のパスをカットして梅村崇くんに絶妙のロングパスを通します。
梅村崇くんが右サイドをドリブルで駆け上がり、角度が全くない位置からシュート?
このボールが何と枠の中へ。ガンバの選手がヘッドでクリアしようとしますが、ヘッドに当たってボールはゴールネットの天井に突き刺さりました。
これで2-0。

その後にも梅村崇くんに決定的なチャンスが訪れたので、ハットトリックのチャンスもあったのですが、これは惜しくもタイミングが合わず。

竹本くんのミドルシュートとそこまでの形も良かったです。

2点先取してからは完全に野洲のペース。ポゼッションがものすごく高かった気がします。

「何本パスをつなぐんや~?」って突っ込みたくなるくらいつなぎまくって、なかなかガンバボールにならない。これには驚きました。

その間も何度か決定機があって、すごくいい流れだったと思います。

前半の残り5分くらいになってから、ややガンバのペースになりましたが、何とか踏みとどまって、完全に流れを相手に渡さないで前半を2-0のまま終了。

 

後半は、始まってすぐはガンバペースで進みました。
野洲にミスも出てCKを与えるなど、ちょっと嫌な流れになりかけた感じでしたが、鳥家くんがCKからの相手のドンピシャのヘッドをスーパーセーブで防ぐと、再び流れは徐々に野洲に戻ってきました。

前半以上に相手を押し込んでいたと思います。
私の見ている位置からは野洲のベンチ&テントが視野を遮って、野洲が攻めているところはほとんど見えませんでした。なので後半は見えない中での観戦(笑)。

鳥家くんの声掛けだけが流れを知る手がかりでした^_^;。

そんな中なので、後半19分の卯田くんのゴールは全く見えませんでした。でもこれでとりあえずスコアは3-0。

その後も野洲のチャンスはいっぱいありました。
ガンバのシュートがクロスバーをかすったシーンは危なかったと言えば危なかったけれど、それが気にならないくらいのチャンスの山。

終盤、さすがに野洲の選手も疲れが出てきて、流れが途切れた時に腰に手をやる選手や足がつりそうな選手もいたけれど、それ以上に疲れていたのはガンバの選手だったようです。

最後の最後に松田くんがドリブルで駆け上がっていく様子、竹本くんが全速力でフォローに走る様子、後ろの選手が「無失点で!」と声を掛け合いながら身体を張る様子は、見ていて涙ものでした。

最終的に流れを手放すことなく3-0のまま試合終了。

 

******************************

野洲ファンの私にとってはものすごく楽しい試合でした。

こんな試合ができるなら、なぜ先週のインハイ予選に…と、ついつい言ってしまいそうになりますが、それは言わないことにします。

先週の負けがこのガンバ戦につながったのかもしれないので。

これで2位浮上?

ヴィッセルが勝つ限り、野洲の自力での1位はありませんが…行って欲しいですね…高円宮杯。

この不思議なチームが、この先どうなっていくのか?

今年もまた目が離せません。

私はいつ野洲ファンを卒業できるんでしょうかねぇ^_^;。

***************************

今日は早めに出てクサヒガ×科技の試合も見るつもりだったのですが、道に迷って10分弱遅刻。

着いた時にはクサヒガが2-0でリードしていました。

でも、私たちが見だしてからは、ずっと科技のペースだったように思います。

20分にスーパーミドルを決められて1点差に詰め寄られると、40分には同点弾を浴びて2-2で折り返し。

後半早々にセットプレーから失点して、そこから連続失点。

完全に集中力が切れてました。

最後に意地の1点を返したものの3-6で試合は終了。

インハイの時に堅守速攻のクサヒガ復活と書きましたが、自力に勝る相手に対して90分集中を切らさずに守り抜くのはまだきついのかもしれません。

インハイに向けて、徐々に力を蓄えていってほしいものです。

« 近畿大会組み合わせ | トップページ | エルゴラの記事【野洲×ガンバ大阪ユース】 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

私も今日見ました。野洲の完勝でしたね。私はちょうどセンターライン付近で見ていましたので、ほとんど見えました。しかし、あのパス回しはすごかったですね。おそらく、勝っていたし、時間を消費する意味もあったのでしょうね。それにしても野洲のコーチの要求は厳しいですね。来週も見たいですが、仕事が入っていて見られません。残念です。また、レポートお願いします。

まだ興奮覚めません!昨日は野洲のベンチ裏にいました。
山本監督、岩谷コーチの指示を選手になったつもりで聞いてましたw
しかし、ガンバ相手に完璧な試合でしたね☆前半から人とボールが連動し、ポゼッションも圧倒的でしたね!
シンキングスピードも玉離れも早く、相手に的を絞らせてなかったです。
特にボランチの松田君は視野が広く、左右への展開力が見事でした!松田君、卯田君に入るとボール取られないし、安心して見れますね。
あと、梅村兄弟、大活躍でしたね!2点目の崇君のゴール前での切り返しは落ち着いてましたね。徹君は前半、目の前で見ることができ、何度も勝負して、相手の左サイドを切り裂いてました!
次節はセレッソ戦。昨日、会場のアスパ五色を調べたらなんと淡路島の洲本でした(驚)でもレンタカー借りて、見に行きます!
ヴィッセルの結果に委ねられますが、なんとか一位通過してほしいですね!

いや~ガンバに勝利すごいですね!野洲サッカーブログなのに恐縮ですが…ガンバで滋賀出身の望月選手は出場していたのでしょうか?(他ブログで関選手は出場していないのは知ることができました)また出場していたのならばパフォーマンスはどんな感じだったのでしょうか?私も野洲ファンですがやはり滋賀県人としては気になるところです。むぅさんならびに観戦された方々よかったら教えて下さい。

>maeさま

確かにあの試合、完勝と呼べる勝ち方でしたね。
公式記録によるとシュートは両チームとも12本ずつなんですけどね^_^;。
実際に試合を見た者にとっては、衝撃を受けるほどのボールキープ率でした。
相手にやりたいことをほとんどさせずに勝った感じがします。

野洲のコーチの要求…押している試合の中でも、厳しい注文が出てましたね。
ベンチから少し離れたところから観戦していたのでハーフタイムの話なんかは聞こえてこなかったのですが、ゆっくりこっそり聞いてみたいものです(^^)。

>ピルロさま

野洲ファンにとっては、とっても楽しい試合でした。
こういう試合の時には選手一人ひとりの活躍を書きたくなりますよね。
ピルロさまが名前を出された選手はもちろんのこと、他の選手のことも書きたくてうずうず(^^)。

ハーフタイムの監督とコーチの話もお聞きになったんですね。
ちょっと羨ましいです。

最終節のセレッソ戦でもいい試合が見られるといいですね。

>まっちょさま

あっ、ここは特に野洲サッカーブログってわけではないですよ^_^;。
ブログを始めて2年半。途中からサッカー観戦ブログにすることは決めましたが、一応野洲に限らず何でもアリですので。
ただ、一番好きなのは野洲なのでついつい記事が偏っているだけです。

で、ご質問の件ですが、望月選手はスタメンで出てましたよ。
国体滋賀選抜の時には望月選手のプレーも見ていたので、すぐにわかりました。
試合では…野洲のボール回しに対してガンバの守備が後手後手になっていたこともあって、望月選手も無駄に走らされて疲れて、余裕がない感じでした。
思い切りのいいミドルシュートはあったけれど、全体的には持ち味である視野の広いプレーはあまり見られなかったように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/30111909

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ第6節【野洲×ガンバ大阪ユース】:

» プリンスリーグ ガンバに快勝! [こちょうのゆめ]
2009年6月14日(日) 万博ガンバ人工芝 13:30キックオフ 野洲高校3:0ガンバ大阪 前半2:0 後半1:0 得点者 1点目 梅村崇選手 アシスト卯田選手 動画はこちら 2点目 梅村崇選手 アシスト竹本選手 動画はこちら 3点目 卯田選手  アシスト美濃部選手 動画はこち... [続きを読む]

« 近畿大会組み合わせ | トップページ | エルゴラの記事【野洲×ガンバ大阪ユース】 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ