« インターハイ予選準々決勝【野洲×綾羽】 | トップページ | インターハイ予選決勝【野洲×草津東】 »

2009年6月 5日 (金)

インターハイ予選準決勝【野洲×八幡商業】

今日は雨が結構まとまって降りました。

そんな悪天候の中でしたがビッグレイクに行ってきました。

まずは1試合目の【野洲×八幡商業】から。

 

スタメンはこちら。

  9(梅村崇)    23(美濃部) 
12(森下)   10(卯田)   7(梅村徹)        
    6(竹本)     8(松田)        
  4(中野)  5(星)   2(染川)  
         1(鳥家)

交代:

後半12分 7(梅村徹)→14(佐藤拓哉)

後半21分 23(美濃部)→11(久岡)

後半26分 12(森下)→3(村松)

後半31分 9(梅村崇)→19(北川)

 

試合は野洲ペースでスタート。

先制点も早い時間帯で入ります。

前半4分 左CK。梅村崇くんの蹴ったボールを梅村徹くんがヘッドで決めます。(兄弟でアシスト&ゴールですね(^^))

追加点は前半16分。松田くんの相手の逆をつくパスを受けた卯田くんがワンタッチで前線の美濃部くんへ。
美濃部くんの放ったグランダーのシュートは相手GKの逆を突くような軌道(少しカーブを描いてました)でゴールネットに吸い込まれていきました。

前半の決定的なピンチは1回。前半の21分に相手にうまくパスをつながれ、守備が後手に回り、シュートを打たれてしまいます。
このシュートはゴール右に15㎝位外れてくれて命拾い^_^;。

あと、部分的にではあるけど、逆襲を受けて1対3の数的不利を作られバイタルエリアまで侵入を許すシーンも…シュートまでは打たれなかったけれど、あれは危なかったな。

…と、ピンチはあったものの全体的には野洲のペースで、決定的なシーンは多々。特に梅村崇くんや森下くんのシュートは惜しかったです。

前半は2-0から得点は動かず終了。

 

後半は…やはり野洲ペースでスタート。

後半5分にバイタルエリアまで攻め込んで一旦相手ボールになりかけたところを染川くん?がカットし、そこを起点に梅村崇くんにパスが通り、シュート!余裕を持って流し込んだ感じで、これで3-0に。

後半20分に4点目。
得点者は卯田くん…かな?展開が細かくてよくわかりませんでした(>_<)。

後半24分に5点目。
Pエリアのすぐ外で卯田くんがファールを受けてFKを獲得。
左斜め45度くらいからのFKを梅村崇くんが直接決めます。
このところの梅村崇くんのFKでのゴールの決定率には驚きます。
2回に1回(もしかしてそれ以上?)は決まってるような…。この時も何となく決まるような気がしました。
ここまで決まるとスゴイ。野洲にとって大きな武器ですね。

結局、試合は5-0のまま

 

守りでは何度かヒヤリとする場面はありましたが、概ね完勝と言える試合だったかな…と思います。

実は…今年のチームはシュートまでの軌跡を追うのが大変です。

昨年なら個々の選手の個性が強烈で、「きっとこの選手ならこういうプレーを選択するだろう」という予測がたったのですが、今年のチームは予測が立て辛いです。

今年のチームは全員が相手の裏をかくプレーを仕掛けてきます。意表をつくプレーが連続すると、スタンドで見ていても「え~っと…どういう軌跡でシュートまでいったんだっけ?」ということが多々あります。

ぽか~んとしている間にゴールが決まった!なんてことも。

不思議なチームです。

******************************

 

今日は欲張って2試合目の【草津東×膳所】も観戦しました。

個人的にはどちらも好きなチームなので、両方を応援しながらの観戦となりました。

試合は開始早々に動きます。

開始1分。草津東のFKを膳所のGKが一旦弾き返したものの、草津東の選手に詰められてゴール。

その後、中盤でつないで攻める膳所も大きなチャンスを何度となくつかみますが、最後のフィニッシュだけが決まらず。

逆にクサヒガはカウンターから着々と得点を追加。

こうなるとスーパーゴールも決まるんですね~。7番の吉田実成都くんのゴールにはスタンドの観客もどよめいていました。

結局、クサヒガは前半だけで5得点を奪い、5-0で前半を終了。

内容的にはそんな差がつくような展開じゃなかったんですけどね~。

まぁ、これもサッカーです。

後半はクサヒガは無理をせず攻め込まれた時には6~7人くらい戻ってゴール前を固めて、ボールを奪ったらカウンター。かなり徹底してました。

膳所も前半からとばしていたせいか少しずつ運動量の落ちてきて…(;O;)。

最終的には前半スコアのまま試合は終了。

この試合、膳所の丁寧につなぐサッカーに対してクサヒガのカウンターがハマった試合だったと思います。

膳所も前半のチャンスに何点か入っていたら展開も変わったと思うのですが、フィニッシュの精度とゴール前でのあとひと工夫が欲しかったところですね。

途中のGKの負傷交代も気の毒でした。ひどいケガでないことを願います。

 

対するクサヒガ。堅守速攻のクサヒガ復活!?を思わせる試合内容でした。
ここ数年、中盤でつないで崩すサッカーを模索していた感のあるクサヒガでしたが、今日は迷いのない戦いっぷり。

ボールを奪うと素早く縦へ。
自陣深い位置では、少しでも危険であれば迷いなくサイドに蹴りだして逃げる。
個人的に好きか嫌いかは置いておいて、間違いなく勝てるチームに変身してきている感じです。

 

明日の決勝は【野洲×草津東】(11:00 湖南市民グランド)

残るべくして残った2チームという感じです。

蹴り合いになれば野洲にとっては歩が悪い。

野洲は野洲のサッカーをやるしかないです。

当然、クサヒガも野洲対策をしてくるでしょうが、その対策をも無効にするような【相手の裏を取るサッカー】ができるかどうか。

焦点はそのあたりになるのではないでしょうか。

 

« インターハイ予選準々決勝【野洲×綾羽】 | トップページ | インターハイ予選決勝【野洲×草津東】 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。雨がひどかったですね。僕はお尻が濡れてしまって試合終了のホイッスルのあと、早々と退散しました。合羽を持っていくべきでした。

>昨年なら個々の選手の個性が強烈で、「きっとこの選手ならこういうプレーを選択するだろう」という予測がたったのですが、今年のチームは予測が立て辛いです。

ここ同感です。
不思議なチームで興味がつきません。
この試合をみて「実は今年のチームのが本命かも、、」なんてあらぬことを考えてました。今後に期待です。振り返って考えるに、昨年のチームは総体の段階であるていど「完成品」だったような。。
ま素人の邪推ですね。

>さざなみさま

>この試合をみて「実は今年のチームのが本命かも、、」なんてあらぬことを考えてました。

その時々にいる選手によって多少サッカーの中身が変わるのは当然ですが、「昨年のチームと今年のチームではどちらがより野洲らしいと思うか?」と聞かれると、もしかして「今年のチーム」と答えるかもしれません^_^;。
どちらが強いかは、最後まで見てみないとわからないです。おっしゃる通り、今年のチームはまだまだ成長の途上にありますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/29968911

この記事へのトラックバック一覧です: インターハイ予選準決勝【野洲×八幡商業】:

« インターハイ予選準々決勝【野洲×綾羽】 | トップページ | インターハイ予選決勝【野洲×草津東】 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ