« 1年生大会グループリーグ1日目 | トップページ | 1年生大会決勝トーナメント »

2009年8月23日 (日)

1年生大会グループリーグ2日目

『1年生大会での野洲の連覇が止まる』

 

何とも気が重い日記になりそうで、なかなか書き出せませんでした。

今日行われた1年生大会の2日目。

第一試合は【野洲A×米原】。

野洲Aのスタメンは次の通り。

26番はセゾン出身の選手ですね。セゾン時代から見覚えはあるけれど名前がわからない選手です。

 

     46(米田)  61(山口)
43(平山)  54(玉城)  73(布施)
   26(  )  35(横江)
45(山本)  42(  )  60(村川)
        44(  )

 

試合は開始10分で山口くんが先制して以降は、ほぼハーフコートゲーム。

ポゼッションの高さだけでなく、決定的なシーンも数多く作っていたように思いますが…

肝心のゴールが結構遠かったです。

何度ポストやクロスバーに当たったことか!

後半に1点を追加したところで大きくメンバーチェンジ。

 

  29  33
28  41  48
  75  55
45  68  56
    44

 

試合のスコアは2-0のまま終了。

この試合、前にも書いたようにポゼッションでも決定機でも相手を圧倒していたものの、そのわりにはゴールが少ない試合でした。

連続してポストやクロスバーに当たって跳ね返ってきた時には「またか!」とばかりに観客からも笑いが漏れていましたが、後々にこれが笑いごとでは済まない事態につながってしまいました。

『得点が取れるところでしっかり取っておく』

グループリーグでは得失点差勝負になる場合だってあるので、この試合も非常に大きな意味を持つ試合だったと思います。

******************************

 

次に行われた【野洲B×八幡】は、開始早々に八幡に先制され、前半のうちに追いつき1-1で前半を折り返し。

後半は野洲Bのペースで試合を進めるものの、八幡にワンチャンスを生かされ1-2に。

そこから野洲Bもねばり、終了間際に2-2に追いつき、引き分けで終了。

力が拮抗した面白い試合でした。

******************************

 

そして迎えた第三試合【野洲A×U-15トレセン】。

ここまで全勝同士の戦いで、両チームにとって負けられない試合でした。

U‐15トレセンに何となく見覚えのある顔が並んでいるのは、きっとセゾンFCの選手が多いせいでしょう。(今年はジュニアユース世代のチームはセゾン以外あまり見られていないので)

そして、昨日はいなかったと思うけれど、この試合にはU-15日本代表の高野登志基選手の姿もナショナルトレセンの望月嶺臣選手の姿もありました。
(高野くんは8/25からの日本代表マレーシア遠征のメンバーにも選出されていますね)

この試合、両チームの技術の高さや判断の速さ等が素晴らしく、1年生大会としてはめちゃくちゃハイレベルな試合だったと思います。

一つのミスも許されない緊張感の高い中試合が進み、やや野洲Aがペースを握り始めた時間帯に野洲Aが先制。これで1-0。

ホッとしたのもつかの間、バイタルエリアで望月くんにドリで侵入され野洲Aの守備網の中央を切り裂かれその流れからシュートを浴びます。これが決まり、1-1の同点に。

後半も両チームとも集中力が途切れず、チャンスとピンチが交互にやってくる展開。

試合の終了間際には野洲Aの惜しいシーンもあったけれど、ゴールは決まらず1-1のまま試合終了。

互いに負けられない試合は、引き分けに終わりました。

 

この時点で全試合を消化した野洲Aに対してあと1試合(八幡戦)を残しているトレセン。

力関係から予想するとトレセンが有利…トレセンが勝てば勝ち点では並び、勝負は得失点に持ち込まれてしまいます。

そして、本日最終の試合でトレセンが八幡に4-0で勝ち、得失点で野洲Aを上回り、Hグループ1位通過を決めました。

******************************

 

1年生大会での野洲の連覇がストップしました。

う~ん・・・選手たちの歓喜の表情をビッグレイクで見たかったのですが、今年は残念ながら見られなくなってしまいました。

選手たちの落胆した様子が今も思い出されます。

今年の野洲も十分優勝が狙える強さを備えていただけに、本当に残念(>_<)。

  

でも!1年生の彼らにとっては野洲でのサッカーはまだ始まったばかり。

ここから巻き返すための十分な時間があります。

彼らの今後に期待したいです。

  

そして、U-15トレセン。

今年の中3世代は半端なく強いです。

このまま1年生大会を優勝するのでは…と、個人的には思っているのですが、どうですかね?

 

« 1年生大会グループリーグ1日目 | トップページ | 1年生大会決勝トーナメント »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

1年生大会二日目を観戦し、野洲高を応援していました。
米原高校戦が終了した時点で、何かパッとしない気持ちになりました。
内容と比例して結果が出ていない…。
ん〜、もしかして…と変な考えが頭をよぎりましたが、まあこの選手たちなら大丈夫deliciousと、そんな考えを吹き飛ばしていました。
が、嫌な考えが当たり結果は引き分け。その時点で自力1位がなくなった訳で…。ガクッと肩を落とす選手たちを見て何とも言葉にならない気持ちでした。
しかし今大会の経験は、この選手たちに1試合1試合の大事さを十分に考えさせた大会になったと思います。この経験を生かし、今後野洲高サッカーを勝利へと導き、盛り上げて行って欲しいですsmile
私も今以上に応援して行きたいと思いますscissors

ちなみに…
26(大西くん)、42(平田くん)、44(細川くん)で、おっしゃる通り大西くんはセゾン出身ですよhappy01
3人とも国体メンバーに負けないくらい注目できる選手ですね!wink

毎年巧い子が入って来るが、伝統やプライドが?野洲に入ったら今までの先輩を背負う覚悟が全くない。高校野球を見習ってほしいんやけど。君達が負けたんじゃなく野洲が負けたんだと

やはり県トレが優勝しましたね。過去にこんなことがあったか?気を引き締めて下さい高校生!

>スタートラインさま

私も米原戦の途中から嫌な感じはしてました。
U-15トレセンがかなり強いことはわかっていましたから。
今回は残念な結果に終わってしまいましたが、この経験も無駄にしないでさらに上を目指していって欲しいです。


選手の名前を教えていただきありがとうございます。
国体選抜の選手はかろうじて覚えましたが、それ以外の選手については知る手がかりが全くなくて^_^;。
とてもありがたいですm(__)m。

>滋賀サッカーさま

滋賀サッカーさまは実際にこの日の試合をご覧になりましたか?
見られた上でそうおっしゃっているのなら…ちょっと私とは受け止め方が違うようです。

選手たちは決して気を抜いた試合はしていませんでした。
決定力の課題はあると感じましたが、それを精神論とすりかえようとは私は思いません。

選手たちは1年生大会の連覇が、自分たちの代で止まってしまったこと、先輩たちが成し遂げてきたことを自分たちは成し遂げられなかったことを痛いくらいに受け止めていると思います。

永遠に勝ち続けることはできないものです。
たとえ伝統を受け継ぐ気概があったとしても。

問題は負けた後、どう頑張れるかだと思います。
そういう意味で今後の彼らに期待します。

>観戦者さま

今年の県トレは強いですね。
予想はしていた(優勝するのは野洲か県トレだと思っていた)けれど、本当にしちゃった…って感じです。

頑張れ高校生!
…っていうのは私も思いました。

先輩達に私生活で迷惑をかけ、大会で結果を出せず、じゃ笑えんのですよ。一挙手一投足を注目されてる事を自覚してほしい 毎年巧いんだから毎年全国制覇狙えるんだから!

うーん…試合に出て頑張ってる選手達、決して注目されてることを自覚してない訳じゃないと思うし、むぅさんが言ってるように勝ち続けることの方が奇跡だと思う。結果ももちろん大事だけど試合や練習を見てると選手達の心意気はすごく伝わってくる。そして負けても勝ってもまた野洲の試合を見たくなる。少なくとも私はそうです。

>滋賀サッカーさま

>一挙手一投足を注目されてる事を自覚してほしい

これには同感です。
何かある度に思っちゃいます^_^;。

ですが、結果を残せなかったこととは分けて考えたいと思います。

それに…「先輩たちに私生活で迷惑をかけ」と書かれていますが、春先の例の件のことをさしておられるなら、今の1年生を責めるのは筋違いかと思います。
何しろ入学してくる前のことなんですから。


それとも、滋賀サッカーさまはもっと大きなスパンと視野で捉えておっしゃっているのでしょうか?

全国制覇という結果を残したのは84回の選手権大会のみ。
それ以降は全国制覇という結果は残していません。
優勝した先輩たちに対して私生活でも迷惑をかけ、結果も残せず…と、優勝以降のチームを毎年怒ってらっしゃるのですか?


もうこの件についてはスルーしようと思ったのですが、ついつい書いてしまいました。すみません。
これで終わりにします。

>ままさま

コメントありがとうございます。
勝っても負けてもまた見たくなる…その気持ちわかります。
そんな甘いことを言っていてはダメだ~なんて怒られそうですけどね^_^;
でも、私は単なるファンなので…ま、いいかってことで(^^ゞ。

今回の1年生大会は惜しくもタイトルを逃してしまいましたが、今年の1年生にもかなりいい選手が揃っているなぁ…というのが率直な感想です。
まだまだ楽しませてくれそうですね。

野洲は1年生大会のAB分けは潮入くんの時はオランダ遠征組がAチーム
国体選抜メンバー中心がBチームでわけ、卯田くんの時はドイツ遠征組がAチーム、残留組がBチームです。昨年はちょっと実力でわけたかな?今年はABをそんなに実力で分けてはいません。Bチームにセゾン時代中心選手も多数いました。参考までに
連覇といっても青木くんの時は勝っていないし、ただ過去6年間で5回優勝してますよ。

1年生大会を見て間違いなく今年の1年生では野洲が飛び抜けているでしょう。4試合で得点が少ないのは問題というより課題でしょうね。ただ優勝を逃したことが今後の野洲サッカーに大きく影響するとは思いません。
というのは1年生は今回優勝を逃したことで心もサッカーも益々強くなるでしょう。

皆さん忘れてませんか?
全国優勝した年代も最後の選手権まで県内のタイトルを取ってませんよ!
違いましたっけ?

 全国V組(青木、平原等)の1年生大会は優勝していますよ。ただ後半、降雨ため草東と両校優勝です。
 1年生大会については各高校ともあまり重要視はしていませんし、当時決勝でも監督、コーチは同行していません。「勝つに越したことはないが…」(監督談)という程度のものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/31079055

この記事へのトラックバック一覧です: 1年生大会グループリーグ2日目:

« 1年生大会グループリーグ1日目 | トップページ | 1年生大会決勝トーナメント »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ