« 今日の野洲高グランド | トップページ | 本日のYASU CUP 日程変更 »

2009年9月20日 (日)

9/20の野洲高グランド

昨日に続いて今日も野洲高グランドに行ってきました。

まず最初に行われた試合は【野洲×国見】。

この試合のスタメンはつぎの通りだったと思います。

  26(梅村崇)   48(松田)   
36(森下) 61(山口)  73(布施)        
   35(横江)   49(卯田)    
37(星)  69(染川)  77(佐藤大)   
       50(冨永)

交代:

後半0分 35(横江)→61(竹本)

後半途中 36(森下)→38(佐藤拓)  61(山口)→45(久岡)  50(冨永)→33(松原)

       73(布施)→44(梅村徹)  48(松田)→64(美濃部)

スタメンの顔ぶれやポジションを見るとかなり新鮮な印象を受けました。

GKの冨永くんもそうだし、1年生が3人も起用されているのも新鮮と言えば新鮮。

3バックの位置も染川くんと星くんが変わっていたり、ボランチが卯田くん+横江くんのペアだったり。

試合の出だしはやや国見ペースでボールが少し落ち着かない感じで、嫌な場所でボールを失う場面も多めでしたが、何とかスコアレスで前半を終了。

新たなメンバー、新たなポジション、新たな組み合わせということで、まだ互いの意図をつかみきれず、動き出しが遅かったり、チグハグだったり…というのはあったと思います。

それにしても、この時期、どこのチームも一度にいくつもの新しい試みにトライするものなんでしょうかね?

余談ですが、野洲以外の違うチームの成長の経過みたいなものも見てみたいなと、昨年あたりから思うようになりました。

 

話を試合内容に戻します。

後半はやや野洲ペースで、後半20分、左サイドに入った佐藤くんのドリブルでの上がりから中央の梅村崇くんにパスが通り、梅村崇くんが強烈なシュート。
これが決まって1-0。

その後さらに野洲に追加点。
左サイドで大きなサイドチェンジのパスを受けた美濃部くんが、ドリブルでバイタルエリアに侵入し、一旦ゴール前の久岡くん?にボールを預けて、さらに相手陣内深くにダッシュ。
久岡くん?が美濃部くんの動きをよく見てワンタッチで優しいパスを出したところで勝負アリ。
完璧に相手の守備網を崩してあとは美濃部くんがゴールに流し込むだけといった感じのゴールでした。
これで2-0。

後半は野洲ペースのまま終了。

後半、佐藤くんのドリブル、美濃部くんの運動量の豊富さが目を引きました。

課題も多いけれど、よいところも見られた試合だったと思います。

 

次の試合は【四中工×浦添】でしたが、ちょうどお昼になったので、昼食をとるため野洲高グランドをいったん離れました。

 

で、次に見た試合は【野洲(1年生)×浦添】(40分×1本)。

この試合、野洲にはパンツやソックスの色の違う選手が何人か混じってました。多分、練習参加していた中3生だったんじゃないかと思います。

ユニを練習参加の選手に貸しているため、野洲の選手、特に途中交代で出てきた選手は自分の番号のユニを着ていないことが多く、選手判別はとってもつきにくい状態でした。

 

 54(練習生?) 48(練習生?)
66(   )  50(   )  28(黄瀬)
   26(大西)    67(   )
55(   )  42(平田)  60(村川)
        44(細川)

交代:18分

 54(練習生?) 48(   )
46(米田)  52(谷野)  33(田中)
   75(   )    63(玉城)
55(   )  26(   )  60(村川)
        44(細川)

この試合はわりと互角な展開でしたが、真ん中あたりの選手交代からは一気に野洲のスピードがアップしてきたように感じました。

スコアは1-0で野洲の勝利。(多分、練習参加していた選手が最後押し込んだゴールだと思います)

終了間際に決定的なシュートを打たれてしまいますが、GKが神技でセーブ。

見ていて面白い試合でした。

できれば前後半でやってほしかったと思えるほど。

 

そして次に観戦したのが【国見×四中工】。

両チームとも2試合目ということで少しお疲れモードな前半。

いい意味でも悪い意味でも互角。

やや国見ペースだったように見えましたがシュートまでつながる場面はそれほど多くはなかったように思います。

…というように結構単調な試合に見えましたが…後半、一気に四中工の動きがよくなり、ゴールに迫る場面も増えてきました。

そして終盤に四中工に先制点が入ります。

四中工は手を緩めることなく、ここからさらに攻撃的にシフトアップした矢先に…ドリブルで国見の選手に侵入され、同点ゴールを浴びます。

四中工の選手の気迫も素晴らしいけれど、国見の選手の粘りもスゴイ。

残りの10分はかなり見どころの多い試合となりました。

結局、両チームとも一歩もひかずといった感じで1-1で試合は終了しました。

そして最後に観戦したのが【野洲Aサブ×浦添】

スタメンはこちら。

 

   43(平山)   72(片岡)      
54(村松)  27(岩井)  34(村田)        
   57(八田)   62(前田)    
45(山本)  51(中野)  31(春日)   
        35(鳥家)
  

交代:

後半0分 27(岩井)→44(三村)  62(前田)→60(月城)

※後半交代+ポジションの変更があったので、改めてメンバーを書きならべます。

 

試合は前半は両チームともボールがおさまらずややバタバタした感じでしたが、やや野洲の方がチャンスは作っていたかな…って感じで…。

前半の終了間際に左サイドの村田くんからのクロスを片岡くん?が合わせて1-0で折り返し。

後半は一気に野洲のスピードがアップしたように感じました。

岩谷コーチも「だいぶ良くなってきたから」と言われてました。

そしてほどなく野洲に2点目が入ります。

バイタルエリアで何人かの選手のスピーディーなパス交換があって、最後は村松くん?のクロスに北川くん?がヘッドで合わせたように見えました。(かなり不確かです^_^;)

後半途中には大幅にメンバーチェンジがあって、次のようなメンバーになってました。

  

  43(平山)     34(北川)   
54(村松)  44(三村)  72(片岡)        
   32(中川)   60(月城)    
52(藤原)  51(中野)  39(神農)   
        35(鳥家)

終盤に逆襲を許し1点返されますが、2-1で試合は終了。

******************************

今日はいっぱい試合を見たので、さすがに疲れました。

このまますぐに寝ちゃいます。誤字脱字のチェックもしないで寝てしまいそうです。ゴメンナサイm(__)m。

明日はYASU CUP 予選リーグ。

とても楽しみです。

« 今日の野洲高グランド | トップページ | 本日のYASU CUP 日程変更 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/31456232

この記事へのトラックバック一覧です: 9/20の野洲高グランド:

« 今日の野洲高グランド | トップページ | 本日のYASU CUP 日程変更 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ