« 1年生大会決勝トーナメント | トップページ | 連休中の予定 »

2009年9月 6日 (日)

TM 野洲vs京都橘

しばらくぶりのブログです。

今日は野洲高グランドに練習試合を見に行ってきました。

スタメンはこんな感じだったと思います。

   48(松田)   26(梅村崇)      
38(佐藤拓) 49(卯田)  73(布施)        
   61(竹本)   45(久岡)    
31(春日)   37(星)  77(佐藤大)   
         35 (鳥家)

交代:

後半0分 31(春日)→69(染川)  45(久岡)→35(横江)  

後半9分 73(布施)→44(梅村徹)

後半29分 38(佐藤拓)→54(村松)

 

試合は前半開始早々にいきなり失点し、0-1でのスタート。

その後は互角の展開がしばらく続きました。

野洲は部分的にはいくつかのいいプレーが垣間見られるものの、連動性はいま一つといった感じで、ポジションが重なってしまっていたり、カバーリングが遅れたりといった様子もチラホラ。

このあたりは、新たな組み合わせでプレーしているので仕方ないのかもしれませんが。

決定的なチャンスはいくつかあったけれど、相手GKの正面だったり、ナイスセーブにあったりで決め切れず。

逆に嫌なボールの失い方をして相手に簡単に数的不利を作られ、鳥家くんがギリギリのところで身体をはって止める場面も結構ありました。

次の得点がどちらに入っても不思議ではない展開だったのですが、前半のうちに野洲が1‐1に追いつきます。

卯田くんからの絶妙のスルーパスを受けて決めたのは松田くんだったかな?

1-1で折り返した後半、最初の10分ほどは流れがどちらに傾くかわからない状態。

かなりのピンチもあったけれど、そこをしのぐと野洲が逆転のゴールを決めます。

バイタルエリアで松田くんのヒールパスを卯田くんがいい形で受けると、そこからは完全な野洲の得点パターン。
卯田くんのパスに上手く反応した梅村崇くんが豪快にけり込んで2-1に。

逆転してからは野洲のペースで、バイタルエリアでいい形でパスが回り、シュートまで持ち込める場面が増えてきました。

後半の30分過ぎには交代で入った村松くんが高い位置で相手のパスをカットして、そこからドリブルで駆け上がり、最後はGKもかわしてシュート。これで3-1。

そしてロスタイムには横江くんのインターセプトから松田くん、卯田くんとつないで、そこからグランダーのクロス。そのボールがゴール前に走り込んできた村松くんに合って4-1に。

試合は4-1で終了。

 

*******************************

次の試合は…

メンバーはこんな感じだったと思います。

  

  64(美濃部)   72(片岡)      
36(森下)  44(三村)  54(村松)        
   62(前田)    57(八田)    
45(山本)  51(中野)  52(藤原)   
        50(冨永)

 

試合はどちらかと言えば野洲のペースだったように思いますが、先制したのは京都橘。

ただ、失点後も流れ的には野洲の方がいい感じで、八田くん、森下くんあたりが中心になって上手くゲームを作っていたように思います。

そして前半21分に強めのクロスに三村くん?が詰めて1-1の同点に。

その後、森下くん、三村くんとつないで最後は美濃部くんのシュート。これが決まり2-1に。

前半は2‐1のまま終了。

後半は大幅にメンバーを代えてスタート。

 

   34(北川)   61(山口)      
43(平山)  27(岩井)  34(村田)        
   35(横江)   60(月城)    
47(竹内)  39(神農)  32(中川)   
        50(冨永)

 

試合はどちらかと言えば野洲ペースでスタート。

北川くんが右サイドをすごいスピードで駆け上がって中央にグランダーのクロス。
これに山口くんが走り込んで合わせてゴール。これで3-1に。

この後も北川くんが相手守備の裏のスペースに上手くとび出し、ドリブルで独走。
GKと一対一になるもののシュートを打ちきれず。

で、この決定的なチャンスの後に訪れたピンチで失点し3-2に。

この辺りからゲームは点の取り合いになってきて…

次に得点したのは野洲。山口くんが抜け出して落ち着いてシュート。これで4-2。

でも、終盤に連続失点して4-4で試合は終了。

 

*******************************

選手権予選までにはまだ少し間があるけれど、それに向けてのチーム作りの前段階の時期といった感じなのでしょうか。

これまでと同じようでちょっと違う選手起用。

そのためかいつもとは少し違う雰囲気のチームになってました。

上にも書いたようにバランスや連携面では微妙なところもあったように思いますが、まだまだこれからのチーム。
残された時間でどんなチームに仕上がっていくのか楽しみに待つことにします(^^)。

« 1年生大会決勝トーナメント | トップページ | 連休中の予定 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/31259231

この記事へのトラックバック一覧です: TM 野洲vs京都橘:

« 1年生大会決勝トーナメント | トップページ | 連休中の予定 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ