« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

選手権予選2回戦【野洲×八日市】

日曜日から始まった高校サッカー選手権滋賀県予選。

今日は2回戦が行われ、草津東、野洲といったシード校も登場しました。

野洲ファンの私としては、とっても見に行きたかった試合なのですが、残念ながら仕事があり、足を運ぶことができませんでした。

その代り特派員(^^)に行ってきてもらったので、それをもとに簡単に試合について書きたいと思います。

***********************************

今日のスタメンは次の通り。

  9(梅村崇) 11(松田)
20(北川) 19(月城) 7(梅村徹)
  10(卯田)  6(竹本)
5(星)   2(染川)  3(佐藤大)
       17(冨永)

前半の交代:ナシ

 

試合は序盤から圧倒的な野洲ペース。

左サイドの北川くんを経由していいチャンスが連続して作れていました。

先制は前半の4分。CKを染川くんがヘッドで合わせて1-0。

追加点は前半10分。北川くんからのパスを受けた梅村崇くんが決めて、2-0。

前半14分には3点め。松田くんの面白い足技から、バイタルエリアで細かくパスをつないで、月城のパスを受けた梅村徹くんがシュート。これが決まります。

前半19分には松田くんのミドルシュートが決まり、4-0。

前半26分には梅村崇くんの強引なドリブルからのシュートがポストに当たり、跳ね返ってきたところを月城くんが詰めて、5-0。

前半28には、竹本くん~梅村崇くん~と縦につないで、最後は松田くんの強烈なシュート。これが決まり、6-0。

前半32分には梅村崇くんからのパスを中央で受けた北川くんがドリブル&シュート!これも決まり、7-0。

前半36分には卯田くん?のシュートが決まり8-0。

で、このままのスコアで前半終了。

 

スコアもかなり開きがありますが、内容ではもっと圧倒していたそうです。
GKの冨永くんがボールに触る機会もほとんどなかったとか。
前半30分にビルドアップしなおすためにGKにボールを戻したのが初めてのボールタッチだったと聞いています。

 

後半は大きくメンバーを代えて臨みます。

後半のメンバーは次の通りです。
後半の最初から攻撃の選手を代えてきました。

 

   8(久岡) 21(片岡)
12(森下) 23(三村) 7(梅村徹)
   6(竹本) 10(卯田)
5(星)   2(染川)  3(佐藤大)
      17(冨永)

交代:

後半15分 7(梅村徹)→16(村松)
後半20分 6(竹本)→15(八田)

 

後半も圧倒的な野洲ペースなのは変わらず。

後半2分には卯田くんを起点に三村くんがゴール近くでパスを受け、最後は三村くんのパスにスライディングで片岡くんが合わせてゴール!これで9-0。

後半12分には相手のパスミスでボールが三村くんのところに転がってきて…そのボールを拾った三村くんがドリブル&シュート。これで10-0に。

後半14分には竹本くんを起点に左サイドの森下くんを経由して、ゴール前の梅村徹くんへ。梅村徹くんが三村くんにマイナスのショートパスを送って、これを三村くんがしっかり決めて11-0。

後半15分には、片岡くんがドリブルで相手守備の間を縫ってゴール前まで運び、そのままシュート。これが決まって12-0に。

後半17分には、左サイドの村松くんからのクロスに片岡くんがドンピシャのタイミングでヘッドで合わせて13-0。

後半20分には三村くんのシュートで14-0。

後半31分には、森下くんがハーフウェイライン付近でボールを奪って、ドリブルで独走。そのままシュートまで決めて、15-0。

そして、最後のゴールは後半40分。三村くんがドリブルで切り込みかけてシュート。

 

結局、16-0のスコアで試合は終了しました。

 

*******************************

次の試合(3回戦)は土曜日に行われます。

相手は八普。

かなり個人的に楽しみなカードです。

場所が野洲高グランドというのが、見づらさという点で残念ではありますが。

2009年10月25日 (日)

TM 野洲vs近大和歌山

ここしばらく、すっかり放置してしまっているこのブログ。

見に立ち寄ってくださっている方には申し訳ない…。

まぁ、選手権予選が始まるまではTMの詳細を書くのは控えようと決めたので、書くことがないというのが正直なところで^_^;。

結果だけ載せてそれが独り歩きするのも本意とするところではないのですが、書き残しておきます。

 

え~っと、確か先週の日曜日にあった岐阜工との練習試合のことも書いてなかったっけ(-_-;)。

岐阜工との試合はAが0-0のスコアレスドロー。

その前の週辺りから内容が良くなってきたように思うのですが、それと比較するとちょっと苦しいめな展開。

まぁ、結構、危ない場面もあったけれど、無失点に抑えられたことはよい材料かな。

ちなみに、この後に行われたサブ戦は8-0の勝利でした。

 

で、今日の近大和歌山との練習試合は、先制して追いつかれ、逆転されて追いついて、最後突き放して3-2で勝利。

スコア的には僅差だけれど、内容はまずまずかなぁといった印象。

3得点は流れの中で相手を崩してのもの。(もっと決定機はあったので、しっかり決めるところでは決めなければ…というのはありますが)

失点は2つともセットプレーから。(これも課題と言えば課題でしょうね)

 

選手権予選も直前になり、適度な緊張感も出てきていい感じですね。

他チームと比べるとゲーム中の選手同士の声かけが少ない野洲ですが、ここにきて選手の声もよく聞こえてくるようになってきました。

3年生にとっては最後の大会になる…このことが選手の意識を高くしているんでしょうね。

こういうチームの変化、選手の成長を見られるのが、これまた楽しいんです。

ぜひぜひこのチームで全国に進出し、さらに成長した姿を見たいものです。

2009年10月12日 (月)

TM 野洲vs神戸科技

今日も野洲高グランドに行ってきました。

この3連休通いづめ(-_-;)。

でも、通う価値のある三日間だったと思います。

今日の練習試合の相手は神戸科技。

今年の関西では間違いなくトップクラスのチームだと思います。

 

試合の方は、前半は野洲ペースで2-0で折り返し、後半科技ペースで2点返され2-2で終了。

 

前半はかなり面白い展開でした。

人とボールが面白いくらいに動くサッカー。

できれば、前半のうちにもう1,2点はとっておきたかったところ。

 

後半には科技の逆襲に合い、科技の迫力ある攻撃に感心させられることが多々。

自ら科技の攻撃に火をつけてしまった感がなきにしもあらず…だけど、よく2失点で済んだなぁというのが率直なところ。

でも、劣勢の中でも決定的なチャンスはあって、勝ち越せる可能性もあったわけで。

まぁ、引き分けは妥当な結果かなと思います。

 

練習試合としては確かな手ごたえと課題がはっきりと見えたよい試合だったんじゃないでしょうか。

  

  

その後に行われたAサブの試合は意外にも9-0と一方的な展開に。

2009年10月11日 (日)

TM 野洲vs広島観音

今日の練習試合の相手は広島観音。

ちょっと遅刻したので最初の15分くらい見逃したのだけれど、その時にはすでに1-0で野洲がリードしていたみたいです。

前半25分くらいに追加点が入って2-0で折り返し。

前半はどちらかと言えば野洲ペース。何度かいい崩しからの決定機がありました。

後半は広島観音ペース。

後半3分に1点差に追いつくと、ここが勝負どころとばかりにプレッシャーを強めてきました。

自分たちで1試合通してのペース配分を作れる…完成度の高いチームですね。

ただ、押しこまれながらもちゃんと野洲も決定機を作っていたところが、ここ数カ月とは違うところ。

最終的には相手のシュートがクロスバーをたたく幸運も手伝って、2-1で勝利。

昨日、今日と見ていると、チーム状態は上向きかな?

守備でのねばりと攻撃のイメージの一致が少しずつ見られるようになってきました。

まぁ、野洲というチーム、蓋をあけるまでわからないところがあるので、楽観はできませんが^_^;

 

この後は、野洲Aサブ×富山工の試合があり、前後半でメンバー総入れ替え。

前半は4-0、後半は1-0でした。

 

最後に野洲1年生×富山工の試合があったのですが、残念ながら用事があって前半3-0のところで野洲高グランドをあとにしました。

2009年10月10日 (土)

今日の野洲高グランド

先週に予告した通り、今日から選手権予選までは観戦した練習試合の詳細は載せないことにします。

今日は朝から滋賀FCと練習試合。

40分×3本。それぞれメンバーは総入れ替え。

1本めが2-0。

2本めは2-4。

3本めは0-2でした。

滋賀FCの西崎くんは相変わらず上手かったです。
彼一人にやられたゴールが数本あったように思います。

 

で、次は玉野光南と練習試合。

Aチームの面々はすでに全員滋賀FCと40分試合した後でしたが、玉野光南と40分ハーフのこの試合、前後半ずっと出ている選手も半数いました。

この試合は3-2だったと思います。スコアは1点差でしたが、内容は先週にくらべると上向きかな?決定機も結構作れていたし、守備陣の気迫も伝わってくる試合でした。

 

その後、Bチームの試合が前後半であって。これは多分0-4。

 

最後に野洲の1年生×セゾンFCの試合がありました。

かなり見ごたえのある試合でした。

野洲が先制してセゾンが同点にし、野洲が突き放すもセゾンが時間ギリギリで同点に追いつくと言う…^_^;。

2009年10月 4日 (日)

関西リーグ(U‐15)サンライズリーグ残留決定!

見に行ってはいませんが、今日(10/4)はサンライズリーグの最終戦でした。

このリーグに参戦しているセゾンFCの残留なるかどうかのとっても大事な試合がサンガタウンでありました。

試合はヴィッセル神戸JYと対戦して2-2の引き分け。

この後に行われた試合で高田FCが宇治FCに引き分けたため、勝ち点1の差で6位を確保。残留が決定しました!

素直に嬉しいです。

10チーム中、半数以上がJクラブの下部組織。

10位は自動降格。

7位~9位が入れ替え戦に回らなければならないという厳しい条件の中、よく残留してくれたなぁ。

ちなみに最終順位は次の通りです。

 

1位 セレッソ大阪西U-15(勝ち点24)

2位 ガンバ大阪JY(勝ち点22)

3位 ヴィッセル神戸JY(勝ち点19)

4位 京都サンガU-15(勝ち点18)

5位 セレッソ大阪U-15(勝ち点14)

6位 セゾンFC(勝ち点11)

7位 ディアブロッサ高田FC(勝ち点10)

8位 宇治FC(勝ち点7)

9位 岩出FCアズール(勝ち点3)

10位 FCライオス(勝ち点3)

*****************************

そして、この世代の大会で忘れてはいけない大事な試合がもう1つ。

高円宮杯全日本ユース(U-15)大会。

滋賀大会は現在ベスト4まで出そろったところのようです。
(FC SETA、FC湖東、Mi-o、FOSTA?)

滋賀大会の準決勝は10/10 第1試合は10:00~  第2試合は11:30~ (ビッグレイクB)

決勝は10/11 17:30~ (ビッグレイクB) で行われます。

この後に続く高円宮杯近畿大会は11/3(火)~15(日)まで行われます。

サンライズリーグに属しているセゾンFCはすでに出場権を持っており、今回リーグ戦で6位だったためシード権も獲得したようです。

でも!全国大会に出場できるのは上位4チームのみ???

かなり狭き門ですが…頑張ってほしいです。

 

TM 野洲vs暁

今日も野洲高グランドに行ってきました。

今日の相手は暁。毎年こことは練習試合をしている気がします。

 

この試合のメンバーは次の通り。

   48(松田)   26(梅村崇)   
44(梅村崇) 61(山口)  73(布施)        
   49(卯田)   61(竹本)    
 37(星)  69(染川)  31(春日)   
        50(冨永)

交代:

前半17分 31(春日)→47(竹内) 

後半5分 73(布施)→38(佐藤拓)  61(山口)→45(久岡)

後半32分 44(梅村徹)→54(村松)

 

今日も序盤はボールが落ち着かない状態。

相手の攻撃がめちゃくちゃ鋭いわけではないけれど、ジワジワと押し込まれるような展開でスタート。

そして開始5分で失点。

このところ序盤での失点率がかなり高い気がします。

試合を落ち着かせるまでに時間がかかりすぎ、その間に失点してしまうという流れの悪さ(;O;)。

10分過ぎあたりから試合は落ち着いてきて、何度か決定的なチャンスが訪れたものの、相手の集中した守備とクロスバーに弾かれて得点ならず。

そうこうしているうちに前半終了間際に2失点目。
野洲の攻めの際にポストプレーで味方に預けるはずのボールが、転がりどころが悪く相手にとって絶妙のスルーパスになってしまい…そこから浴びたシュートは一旦弾いたものの、そのこぼれを拾われスーパーミドルシュートを決められてしまいました。

 

後半はだいたい野洲のペースで試合は進んでいたと思うのですが、なかなか得点を奪えず(>_<)。

逆に時々ヒヤリとするシーンも。

後半32分に何度かゴール前でシュートを弾かれたの後、最後は梅村崇くんが決めて1-2と1点差にせまったものの時すでに遅しという感じ。

結局、このままのスコアで試合は終了。

 

う~ん…何とも悩みどころの多い…

歌を忘れたカナリヤのような…

閉塞感たっぷりの試合でした。

クロスバーを3回も叩いたこと、GKまでかわしながら決められなかったこと…といった決定力の課題ももちろんありますが、それ以上に気になるのは流れの悪さ。

流れの悪さがミスを呼び、そのミスによってさらに流れが悪くなるという悪循環。

 

野洲を見だしてから今年で4年目になりますが、選手権予選前は少なからずそれに近い雰囲気になっているような気がします。

まぁ、いろいろな試みがあるためだと思いますが。

今年の選手権予選は例年以上にスリリングな試合を見せてくれそうな予感が…^_^;。

*******************************

これから選手権予選までにどれくらい今抱えている課題を克服できるか?

楽しみではあるけれど、同時に不安でもあり…

ま、一ファンとしては見守りモードでいるしかないのですが。

そうそう、選手権予選も近づいてきたので、今年も試合レポを予選が始まるまでの間、お休みしようと思います。

もし、どうしても知りたいという方は、メールでも送ってみてください。

お答えできる範囲内でお返事したいと思います。

ではでは。

2009年10月 3日 (土)

TM 野洲vs一条

今日も野洲高グランドに行ったわけですが…

着いた時には野洲のAサブ×セゾンの試合をやってました。

この試合の野洲のメンバーは…こんな感じだったかな?

 

  34(村田)   34(北川)   
43(平山) 27(岩井)  32(中川)        
   60(月城)   62(前田)    
54(村松)  39(神農)  45(山本)   
        50(冨永)

 

セゾンとの試合は結構いい勝負になっていて見ていて面白い。

個人的にセゾンFCのファンでもあるので、この組み合わせは自分にとって夢のような対戦で(まぁ、頻繁に見るチャンスはあるのですが)、ワクワクするのですが、ちょっと複雑な気分も…

面白いゲームを楽しみつつも、ちょっとの差でもいいから野洲に勝ってほしいなぁなんて気持ちもあったりして。

で、この試合の勝敗は全部は見ていないのでわかりませんが、終了間際に村松くんのグランダーのアーリークロスに村田くんが飛び込んで合わせたのが決まったところは見られました。

後半もあるかな?と思ったのですが、この試合はここで終了。

*******************************

その後、【野洲×一条】の練習試合。

この試合のメンバーは次の通り。

   48(松田)   26(梅村崇)   
44(梅村崇) 61(山口)  36(森下)        
   49(卯田)   61(竹本)    
 37(星)  69(染川)  77(佐藤大)   
        50(冨永)

交代:

後半0分 36(森下)→38(佐藤)  61(山口)→73(布施)

後半13分 73(布施)→57(八田)

後半25分 44(梅村徹)→72(片岡)

 

試合はいきなり立ち上がりに攻め込まれ、電光石火の失点(>_<)。
これで0-1。

その後もしばらくは一条のペースで、なかなかハーフラインさえ越せない状態がしばらく続いて…相手シュートがバーに当たったシーンもあったし^_^;。

一条のプレスはそれほどきつくは見えなかった(最近見た中では九国大附属のプレスがすごかった)けれど、ボールを奪ってからの攻撃の仕掛けが早いのが一条の持ち味かなぁ…と思いました。

それも、ボールを奪ってロングで一気にDFラインの裏を狙うというよりは、ワンタッチパスとオーバーラップを織り交ぜてスピーディーに攻め上がってくるって感じ。
見ていて結構爽快です。

個人的な感想ですが、一条は個々の選手の判断がよいというよりは、型がもうすでに完成していて迷いがないというか…そんなイメージのプレーぶり。

それに対して野洲は完成度はまだまだ…のような^_^;。

まだ、考えながら探りながらプレーしているシーンがあって、レシーバーの足が止まっている時には、恰好のパスカットの標的になってました(>_<)。

話を試合の展開に戻すと…試合は10分過ぎ辺りからは落ち着いてきて、序盤ほど一条の一方的なペースではなくなって…ピンチもあるけどちょっとチャンスもあるという展開に。

結局、前半は0-1のまま折り返し。

後半も序盤は互角か少し一条が押し気味に試合を進めていたと思います。

でも、後半22分に松田くんのFKで同点に追いついてからは野洲ペースに。

25分には左サイドを起点に攻め上がり、シュートがポストに跳ね返ったところを八田くんが詰めて2-1の逆転に成功。

試合はこのまま2-1で終了。

全体的な内容で言うと一条の方が良かったと思うのですが、まぁ、サッカーにはこんなことも多々ありです。

野洲にとっては山積みの課題の中にも少しの光明が見出せた試合かなぁと思います。

まだまだのところと、連動した動きが見られたところと。

今はまだまだと思う部分の方が多いのですが。

*******************************

 

続いて行われたサブ戦は…

   72(片岡)   64(美濃部)      
38(佐藤)  61(山口)  73(布施)        
   57(八田)   35(横江)    
47(竹内)  51(中野)  31(春日)   
        33(松原)

交代:

後半0分 38(佐藤)→54(村松)

  

この試合も開始早々に相手にPKを与えてしまい、これを決められ0-1のスタート。

でも流れ的には野洲ペース。
相手もサブで強さに違いがあるとは言え、このチームの方が連動したプレー、動きながら相手を崩すことができていたかも^_^;。

試合は美濃部くんの技アリの抜け出し(相手の股を抜くパスで抜け出し)ドリブル&シュート。一旦はポストに弾かれたものの、自分で蹴りなおしてこれを決め、1-1に。

前半終了間際には八田くんのパスを受けた片岡くんが決めて逆転。

2-1で折り返し。

後半はどちらにもチャンスありの展開だったけれど、終盤に連続して一条がゴールして2-3で試合終了。

 

で、その次に行われたのはまた別のメンバーでのサブ戦。

この試合のメンバーは、朝一番でセゾンと試合していたメンバーとほぼ同じ。

この試合の途中で用事があって帰ったので結果はわかりません。

久々のブログ更新

やっと週末です。

2週間ほどのご無沙汰?

実は先週末も野洲高グランドには観戦に行っていたのですが、体調がイマイチだったり、仕事が忙しかったりでブログを書きそびれていました。

 

ざざっと先週の練習試合について振り返ると…

 

9/26(土)は久御山とやって2-3。

内容的には出だし押されていたものの野洲が先制してちょっといいリズムになりかけたところでミスから同点にされ、流れ的には互角の展開の中、勝ちこされて、でもまた同点に追いつき、試合終了間際に勝ちこされるという展開だったような…。

Aサブの試合は多分1-1の引き分けで終わったように記憶しています。

この後の1年生の試合はなかなか面白かったかな。

  

で、翌9/27(日)は高知工と練習試合。こことはちょっと力の差があってワンサイドゲームになってました。
多分、レギュラーチームが前半に出て5-0。
後半にメンバーを総替えにして3点追加し、8-0で終了。

点差だけで見ると大味な感じがしますが、ベンチからの声を聞きながらの観戦はなかなか面白かったです。
単に勝てばいい、ゴールすればOKというのではなく、しっかり動きながら相手を崩すということを丁寧に指導されているように思いました。

 

そして、今日、10/3(土)も練習試合観戦に出かけていましたが、後ほど余裕があれば簡単に振り返ろうと思います。

ではまた!

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ