« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

TM 野洲vs近大和歌山

今日の練習試合の相手は近大和歌山。

各地域の代表が決まっていく中、負ければ当然新チームに移行していくわけで…旧チームとして残っているところの方が圧倒的に少ないという状況。

練習試合も互いに限られた中から組むことになります。

近大和歌山はいわばお馴染さんって感じがします。きっとこの組み合わせでTMが組まれるだろうと思ってました。

和歌山は初芝橋本と近大和歌山の2強というイメージがありますが、ここ数年は近大和歌山の方が結果を出している感じですね。

*******************************

さっそく今日の試合について簡単に振り返っておきます。

序盤は両チームとも素早い寄せでスペースを与えない、緊迫した展開でしたが、徐々に野洲ペースに。

開始14分にCKからのドンピシャのヘディングシュートが決まり、野洲が先制します。これで1-0。

試合は野洲が押し気味のまま1-0で折り返し。

後半も野洲が押し気味に試合を進め、後半7分に中央を崩して2-0。

後半10分にはバイタルエリアまでドリブルで持ち込み、そこからパスを通してきっちり決め3-0。

その後、左スペースへのパスが通り、そこからドリブル&シュートが決まり4-0。

他にも決定的なチャンスが何本かあったけれど、決め切れず4-0のまま終了。

2本目は3-0(前半1-0、後半2-0)でした。

 

選手権本番までちょうど1カ月。

両チームとも適度にピリピリした感じが伝わってきて、気合いが入っているのが伝わってきました。

ベンチからも厳しい指示の声がとぶとぶ^_^;。

次々に注文が出され、ピッチの選手も練習試合ながら緊張感を持ってプレーしているようでした。

2009年11月24日 (火)

全国高校サッカー選手権大会 組み合わせ

第88回全国高校サッカー選手権大会公式HP

全国大会組み合わせ

 

今日行われた組み合わせ抽選会で、野洲の初戦の相手が決まりました。

正確に言えばチームまでは決定してませんが。

山梨県代表(山梨学院or日本航空)と31日に対戦。

相手は強いんだろうか?

もし勝ったら、次に対戦するのは…

と、いろいろ思いめぐらせる…こんな権利があるのも全国でたった48校なんですよね。

幸せなことです。

各都道府県を勝ち上がった48校なので、特別強いところは確かにあるけれど、確実に勝てるところなんてほとんどないと思います。

残りの1カ月でいかに勝てる確立を上げる準備ができるか。

大事な大事な1カ月です。

 

今年も昨年に引き続き、強風の市原臨海には行かなくていいらしい。

卯田キャプテン、ありがとう(^^)。

駒場はこれまで行ったことがないスタジアムなので楽しみです。

2009年11月22日 (日)

TM 野洲vs一条

今日は奈良の一条高校との練習試合。

今年の一条はかなりいいチームで、前回の練習試合で対戦した時は完成度にかなり差がありました。

野洲のチーム状態もここ1カ月ちょっとの間でかなり変わってきているので、今の野洲の出来上がり具合を見るには最高の相手の一つではないかと思います。

まぁ、出来上がり具合と言っても、まだまだ選手の完全固定までには至っていないみたいで、いろんな選手にチャンスがあるっぽい。

成長途中という感じ。

これからさらに強いチームになるか、完成を見ないままグダッてしまうかはこの1カ月にかかっているんでしょうね。

 

で、肝心の練習試合の内容についてですが…このブログも選手権本番前モードに再びシフトチェンジ。

詳細について(特に起用メンバーやけが人情報)は触れないで話を進めたいと思っています。

今日の試合、両チームともインフルエンザによる影響が多少あったようです。

野洲の主力組にも何人かお休みがありました。

今年は新型インフルエンザの流行によって例年以上にチーム作りが難しくなってくるかもしれませんね。

とりあえず、今かかった選手は、選手権本番では新型インフルエンザの影響はないわけで、一斉に主力を欠かないで済む…と、前向きに考えることにします^_^;。

*********************************

前置きが長くなりました。

今日の練習試合、結果から書くと、3-2で野洲の勝ちでした。

前半は1-0。

前半40分に野洲の右サイドを起点に中央で合わせてゴール。

最少得点差のスコアではありますが、内容はほぼ一方的な野洲ペースの展開。

直接FKをクロスバーに当てたシーンは仕方ないとしても、GKと一対一の場面はしっかり決めて、せめて2-0くらいで終わりたかったところ。

後半も最初の20分はやや野洲ペース。

後半20分にFWが左サイドに流れて起点を作り、そこからのクロスに中央で合わせてゴール。これで2-0に。

でもまぁ、やられっぱなしでは終わらないところが一条の強いところ。

一条の右サイドを起点にした攻撃でゴール前、点で合わされゴールを許し、2-1とすると…そこからは撃ち合いの展開に。

野洲が中央を縦にパスをつないで抜け出し1点追加し、突き放したかと思ったら…

その数分後には一条の分厚い攻撃を受けてゴールを許し、3-2に。

そこからはチャンスもありピンチもありの展開。

試合終了前には超決定的な場面が2回野洲に訪れましたが決め切れず、3-2のまま試合は終了。

 

やっぱりサッカーは決めるべき時に決めなきゃいけない競技ですね^_^;。

前半のGKとの一対一と後半のロスタイムの一対一以上のチャンスは決めなきゃいけない得点機でした。

そうしたらもっと違う展開になっていたと思います。

次の試合は30分×3本?ちょっと変則的な試合でした。

1本目が2-2。

2本目が2-0。

3本目が1-0。

2009年11月19日 (木)

エルゴラの記事

高校サッカー滋賀県大会決勝から少し日が経ちましたが…

エルゴラの記事を紹介。

P1110676_6

P1110678

2009年11月14日 (土)

選手権予選決勝【野洲×守山】

高校選手権滋賀県大会決勝

野洲 4-1 守山

  

野洲高校、優勝おめでとう!

「次」につながった…

このチームの成長をまだ見られるのがうれしいです。

 

*******************************

昨日から今日の朝にかけて降った雨でピッチは水を含んだ状態。

所どころボールが止まるポイントがあって、プレーしている選手にとってはやりにくかったと思います。

観戦する側としては、お昼前から天気も回復し、青空も見える中での観戦で快適でしたが。

 

では、そろそろ今日の試合について振り返りたいと思います。

この試合のメンバーは次の通りです。

 

  25(布施)  9(梅村)
11(松田) 23(三村) 7(梅村徹)
  10(卯田)  19(月城)
5(星)   2(染川)  3(佐藤)
       1(鳥家)

交代:

後半0分 23(三村)→8(久岡)

後半24分 25(布施)→16(村松)

 

試合開始すぐに野洲に決定的なチャンス。

梅村崇くんの蹴ったFKにゴール前で合わせたのは松田くん。これは惜しくもクロスバー直撃^_^;。

その後も野洲が押し込み気味に試合を進めますが、守山のかたい守備にゴールをこじ開けることができないまま試合が進みます。

ここまでは守山の思うツボの展開だったかも。

でも、前半26分に守山のゴールを割ることに成功。
バイタルエリアまで持ち込んだ後の松田くんのまた抜きパスが効いてました。そのパスに走りこんで合わせたのが、初スタメンの1年生、布施くん。これをしっかり決めて1-0。
(布施くんは1年生とは思えない落ち着きでした)

その後もいくつかのピンチもあったけれど、野洲が押し気味に試合を進めて1-0のまま前半終了。

まぁ、前半を終えて1-0というのは守山の思い通りの試合だったのかもしれませんが。

 

そして後半。立ち上がり、攻勢に出たのは守山。出足を速くしてシュートまでつなげる場面が何度か見られました。

徐々に試合は落ち着いてきて互角の展開に。

それにしても…守山の攻撃的な守備は素晴らしかったですね。

テレビでも言われてましたが、「相手よりも先に触る」という気持ちのこもったディフェンスを見せてくれました。

後半の中盤過ぎからはこう着状態になりましたが、後半28分に野洲に追加点。
久岡くんの優しいパスに走りこんで合わせたのが梅村崇くん。これで2-0に。

2点目が入ってからは完全に野洲ペース。

守山の粘りのある守備は相変わらずでしたが、足がつりかけている選手が何人か見られ、疲労が先に出たのは守山の方だったようです。

村松くんの思い切ったシュートがポストに弾き返されるシーンもありました。

後半30分には波状攻撃から一旦はボールがゴールラインを割ったかに見えましたが、ギリギリで村松くんが追いついて折り返し、ゴール前フリーの状態の梅村徹くんに渡り、ヘディングシュートをきっちり決めて3-0。

後半38分にはPエリアでのファールのジャッジを受けてPKを与えてしまい、これを決められ3-1に。

でもロスタイムに前がかりに出てくる守山の裏のスペースに抜け出し、フリーの梅村徹くんから、これまたフリーの松田くんにパス。これを松田くんが落ち着いて決めて4-1に。

結局、4-1のまま試合は終了。

****************************

あぁ、勝ってよかった。

勝ち方はどうであれ。次があるというのが素晴らしい(^^)。

全体的に今日は崩してゴールを決めようという意識が強かった気がしました。

もう少し早いタイミングでシュートを打てた場面も多かったと思うのですが。

1点を争うような試合の時には、この辺りは課題となってくる気がします。試合終盤の失点も含めて。

全国大会まで1カ月半。

野洲のもうひとバケに期待したいと思います。

2009年11月 8日 (日)

“Boys be ambitious”~全国大会へ

今日は高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権大会の関西大会を見に行ってきました。

この大会、滋賀からはサンライズリーグ所属のセゾンFCと県代表のFC SETAが出場。

FC SETAは初戦、明和中学校に勝ったものの、昨日第1シードのセレッソ大阪西に負けて敗退。
セゾンFCは第4シードでこの大会に臨み、昨日の初戦ではFCライオスに6-1で勝利。今日の試合に勝てば24チーム中上位4位までに入り、全国大会出場権を獲得できるというところまでこぎ付けてました。

********************************

【セゾンFC×京都紫光SC】

12:00キックオフのこの試合、ぽかぽか陽気の中で行われました。

試合は時間の経過とともに徐々にセゾンFCが高いポゼッションで相手を押し込みはじめます。

かなり遠くて、しかも死角があったのでよく見えませんでしたが、セゾンFCが手数をかけて相手ゴールに迫り、時折、相手によってカットされたボールが自陣に戻ってくるといった感じで、全く危なげない戦いぶりに見えたのですが、意外にも京都紫光SCが先制します。

前半21分。自陣でのビルドアップのパスだったと思うのですが、連携が合わず相手に渡ってしまい、その流れからゴールを許して0-1に。

そこから数分間は紫光に押し込まれてピンチもありましたが、それをしのぐと再び流れを引き寄せることに成功。

前半終了間際にCKの崩れから望月くん?の強烈なミドルシュートが決まり同点に追い付きます。

後半もセゾンFCペースで試合は進み、望月くん?から11番の選手にきれいにパスが通り、11番がしっかり決めて逆転。2-1に。

その後も高野くんや望月くんあたりを中心に大きなチャンスを作りますが、なかなか決まらず…(>_<)。

後半の33分に11番?の選手のシュートが決まり、3-1として、そのままのスコアで試合は終了。

見事、勝利して全国大会の切符を手にしました。

********************************

いいものを見せてもらいました(^^)。

このチーム、上手いだけじゃない。上手くて強いチームだと思いました。

ひとつのプレーが終わっても、同時進行で次のプレーが始まっている。

マイボールと相手ボールとの境目がないかのように状況に応じたプレーがさりげなく瞬時になされる、その適応力の高さ。

攻守の切り替えの速さ、判断の速さと途切れない集中力。

密集地帯でも前を向いて仕掛けようとする気持ちの強さ。

自分にもチームメイトにも妥協しない。高い理想と目標を持ったチームだと思いました。

全国大会ではまたさらに強いチームとの対戦もあると思いますが、今以上に強くな って帰ってきてくれるのでは…と期待しています。

まだ関西大会の試合は残っていますが、ひとまず全国大会進出おめでとうございます。

2009年11月 7日 (土)

選手権予選準決勝【野洲×綾羽】

いよいよ選手権予選も準決勝。

皇子山までたどり着きました。

1試合めの【守山×滋賀学園】から観戦。

序盤は滋賀学園のペースだったけれど、それをしのいだ守山が徐々に流れをつかみ、やや守山ペースで試合は進み…でも最後のところではお互い譲らずといった感じで面白い試合でした。

私にとってメインは野洲の試合ではあるんですが、ひきしまった試合だとついつい真剣に見てエネルギーを無駄に使ってしまうという…^_^;

この試合もはじめは守山を応援していたけど、気が付いたら両方応援してました。

80分間はスコアレスドローで延長戦突入。

延長前半で守山が先制して、その後滋賀学園に退場者が出て勝負アリといった感じ。

試合終了間際にも守山が追加点を決めて2-0で勝利。

 

********************************

2試合めの【野洲×綾羽】。

出場メンバーは次の通り。

  11(松田)  9(梅村崇) 
20(北川) 22(山口) 7(梅村徹)
   6(竹本)  10(卯田)  
5(星)   2(染川)  3(佐藤大)
       1(鳥家)  

交代:

後半16分 20(北川)→8(久岡)
後半19分 6(竹本)→15(八田)
後半23分 22(山口)→23(三村)
後半35分 5(星)→13(春日)

 

試合は互角の出だし。

野洲も悪くはなかったけれど、それ以上に綾羽の寄せがしっかりできていた感じでした。

両チームとも中盤でのボールの奪い合いが激しく、攻守の切り替えが早くて面白い展開でした。

先制は野洲。前半6分、染川くんの右サイドへのパスを受けた梅村徹くんがドリブルで中に切れ込んで、Pエリアで倒されてPK獲得。

(全体的にファールに対するジャッジは厳しいめでしたね。判定基準にブレはなかったけれど^_^;)

このPKを松田くんが決めて1-0。

この後もほぼ互角の展開が続き…野洲にもチャンスがあったけれど、綾羽にも決定的な形を作られかけました。鳥家くんの判断のいいとび出しがなければ危なかったです(>_<)。

両チームともほどよく緊張感を保ったまま試合は進み…

追加点は前半26分。右サイドに流れていた竹本くんからの縦のパスを受けた梅村崇くんが右サイドをドリブルで駆け上がり中央へクロスボールを上げて、これに松田くんがとび込んで合わせて2-0に。

2点めが入った辺りから少しずつ野洲のペースになってきて…でも綾羽の集中力も切れず…時々ピンチもあり^_^;。

そんな拮抗した展開の中、前半終了間際に野洲に追加点。

梅村崇くんがドリブルでPエリアに持ち込んだところを相手DFがスライディングでカットしたところ、手に当たってしまい…PK獲得。

これを松田くんがしっかり決めて3-0。

前半の終了間際にもう一度決定的なチャンスがあり、ゴールネットを揺らしたけれど、これはオフサイドでノーゴール。

前半は3-0のまま終了。

  

後半も綾羽の集中力は途切れず苦労させられましたが、後半6分に野洲に追加点。

梅村崇くんの粘りのキープから、卯田くん~北川くん~梅村崇くん?とつないで…梅村崇くんが柔らかいクロスを上げて、これにヘッドで合わせたのが梅村徹くん。

シュート自体は山なりの軌道を描いたのですが、とんだ所がよかったです。クロスバーぎりぎりの高さで、相手GKは防ぎきれず。これでスコアは4-0に。

その後、相手シュートがクロスバーを叩くという決定的ピンチもあったけれど…追加点はまたまた野洲に入ります。

後半14分、卯田くん~梅村徹くん~梅村崇くんとつないで…梅村崇くんがPエリア内で倒されてPK獲得。(相手DFは2枚目のイエローカードで退場(>_<))

このPKを梅村崇くんが決めて、5-0。

さらに後半17分にもCKから星くんのヘディングシュートが決まり6-0に。

ここからは完全に野洲ペースで試合が進み、決定的なチャンスが訪れますが決め切れず(>_<)。

逆に後半終了間際に失点。FKからゴール前をヘッドで折り返されて、守備が振られ、スライディングシュートを許してしまいました。

そして6-1で試合は終了。

*****************************

点差は6-1と開きましたが、途中までの内容はそれほど開いていなかったよな…^_^;。

綾羽もここ数年でいい選手をそろえて強いチームになってきたなという印象。

もしPKを取ってもらってなかったら、もっと苦しい展開になっていたと思います。

個人的には綾羽の1年生のドリブラー、甲斐くんを見てみたかったです。(今大会は出ていないようですが)

 

そして野洲サイドでは鳥家くんを中心にした守備陣と梅村兄弟の活躍が印象的でした。

特に鳥家くんの広いエリアをカバーする守備にかなり助けられましたね。梅村徹くんも攻守に効きまくってました。

 

次はいよいよ決勝。相手は守山。今回の綾羽同様、無失点でここまで勝ち上がってきたチーム。

相手のねばり強い守備をどうやって崩すか?

面白い試合に試合になりそうです。

まぁ、本音を言えば…内容は確かに面白いにこしたことはないけれど、たとえ内容が悪かったとしても、とにかく勝って次につながりますように…なんですけどね^_^;。

まだ、今年のチームを見続けたいので。

2009年11月 4日 (水)

選手権予選準々決勝【野洲×守山北】

本当は昨日のうちにアップしようと思っていたのですが、記事を保存する際になぜか全部消えてしまって…さすがにすぐに書き直す気力がなくて今日になってしまいました。

  

火曜日はとっても寒い日でした。

そんな中、ビッグレイクで【甲西×滋賀学園】と【野洲×守山北】の2試合を観戦。

 

まずは【甲西×滋賀学園】の試合。

これまでに何度か甲西のサッカーは見たことがあって、結構気に入っていたので、どちらかと言えばやや甲西応援モードで観戦してました。

前半はほぼ互角で0-0のまま終了。

わりとのんびりと見ていられた前半でしたが、後半は一転、劇的な展開に。

まず甲西が先制してペースをつかむと、追加点も入れて2-0とします。

2-0のまま後半も半分を過ぎ、相変わらず甲西ペースが続いていたので、このまま試合は終了するかと思われたのですが…

滋賀学園が1点を返すと、そこからは互角の展開に。

そして「それが決まってしまうのか?」と言いたくなるような滋賀学園のミラクルなシュートがゴール右隅に決まって2-2とすると、そこからは一気に滋賀学園の勢いが増して…まさかの逆転弾。

そして2-3で試合終了。

滋賀学園が準決勝にコマを進めました。

 

甲西は8割くらいまで勝利をつかみかけていたんですけどね。

「サッカーは最後までわからない」

これを地でいったような試合でした。

いい試合を見せてくれた両チームに心からの拍手を送りたいです。

 

********************************

第2試合の【野洲×守山北】。

野洲のメンバーは次の通りでした。

  

  11(松田)  9(梅村崇) 
20(北川) 19(月城) 7(梅村徹)
   6(竹本)  10(卯田)  
5(星)   2(染川)  3(佐藤大)
       1(鳥家)

交代:

後半16分 20(北川)→16(村松)  19(月城)→23(三村)

後半38分 23(三村)→8(久岡)

 

スタメンについては前2試合とほぼ同じですが、この試合ではGKに鳥家くんが起用されました。

  

試合は意外な幕開けとなりました。

何と開始0分で野洲が先制。

キックオフからサイドに展開して、そこからのクロスは一旦は跳ね返されますが、バイタルエリアでセカンドボールを拾った卯田くんからループ気味に絶妙なパスが相手DFの裏のスペースに通され…それに反応した松田くんが相手DFと競り合いながらも巧く身体を入れてシュート! 
これが決まり1-0に。

その後も野洲のいい感じの攻撃が続いたので、この試合も大量得点が望めるかと思ったのですが…そんな甘い考えはすぐに捨てました。

守山北はいいチームです。

そう簡単にスペースを与えてはくれませんでしたし、最後のところでの粘りもすごかったです。

また、この試合での野洲の選手、気合いがかえって空回りしているのか、何でもないところでミスが出てヒヤリとさせられることも数回^_^;。

そんな重苦しい雰囲気の中、待望の追加点が前半21分に入ります。

梅村徹くんがドリブルで駆け上がり、右に流れていた松田くんへ受け渡し。
松田くんから柔らかいパスが相手DFラインの裏のスペースに送られ、これにタイミング良く飛び出した梅村崇くんがキーパーのすぐ手前で触りゴール!
これで2-0。

その後、野洲に決定的なチャンスが何度か訪れますが、決まらず2-0のまま前半を終了。

 

後半もやや野洲ペースで試合は進み、決定的なチャンスと時々ヒヤリとする場面とが混ぜ合わさったような時間帯が続きます。

そして後半22分にゴール前で左右に振られて崩され1点返されると、心理的には一気に余裕のない状態に。

ここまでにあった決定的なチャンスをあと1,2本決めておいたら、もっと楽な展開になったと思うんですがねぇ…(>_<)。

ここからはシュートの撃ち合いとなり、次にどちらがゴールしてもおかしくない雰囲気になってしまいました。

個人的には1試合目の【甲西×滋賀学園】の試合のことが頭によぎりました^_^;。

サッカーは心理ゲームでもありますから。

でも…結局は最悪の事態にはならず、2-1のままタイムアップ。

  

多分、試合全体を振り返ると、決定機の数とかでは圧倒的に野洲の方が多かったと思うけれど、後半の残り20分間はかなりヒヤヒヤで危なかったです。

おまけに後半は強い逆風になり、これも心理的に負の作用を手伝ってしまった気がします。(前半は風はほとんどなかったのに…)

野洲は精神的に追い詰められ、守山北は限界を超えた走りで肉体的に追い詰められ(後半、守山北は足がつる選手続出)…まぁ、ある意味死闘と言える試合だったかもしれません。

********************************* 

厳しい試合をらしくない中でも勝ち切ったことは大きな収穫かなぁ…と思います。

いよいよ次は準決勝です。皇子山までやっと辿り着きました。

ホント、野洲は厳しいトーナメントのブロックに入ったなぁと思います。

次の対戦相手は綾羽ですからね^_^;。

 

一方、優勝候補の一角、草津東は守山にまさかのスコアレスドローの末のPK戦負け。

夏場の好調さを聞いていただけに、ここで敗退してしまうのはもったいなさすぎるチームです。

09年度の草津東はここで解散となりますが、次年度にどんなチームで登場するか楽しみです。

2009年11月 1日 (日)

選手権予選3回戦【野洲×八幡】

本当は昨日のうちにUPしておきたかったのですが、いろいろ用事があって今になってしまいました。

それと…試合が行われた野洲高グランド…何度もこれまでに書きましたが、見にくすぎです(>_<)。

前後半で場所を移動して観戦したのですが、遠かったり、死角になったり…で、得点者が曖昧。

【こちょうのゆめ】さんの動画やmixiのマイミクさんのを確認してからと思っていたのですが、前半の動画はまだUPされていないし、マイミクさんのとは微妙に違ったりする^_^;。

なので、昨日の試合の得点者やアシストは、まったく自信がないままに書いてますので、間違っていたらすみませんm(__)m。(先に謝っておきます)

 

***********************************

まずは昨日の試合。ざっと流れを振り返りたいと思います。

スタメン、交代選手は次の通り。基本は前の八日市戦と同じです。

 

   11(松田)  9(梅村崇) 
20(北川) 19(月城) 7(梅村徹)
   6(竹本)  10(卯田)  
5(星)   2(染川)  3(佐藤大)
       17(冨永)

交代:

後半0分 7(梅村徹)→25(布施)  20(北川)→21(片岡)

後半9分 19(月城)→23(三村)

後半18分 9(梅村崇)→14(岩井)

後半21分 17(冨永)→1(鳥家)

後半26分 3(佐藤)→4(中野)

  

試合は序盤から野洲ペース。前線から中盤にかけての守備が効いていました。

いい位置でボールを奪って素早く攻撃。前半はほとんど八幡のよいところを出させない展開でした。

そして内容通り、得点も早い時間帯から動きました。

先制点は開始4分。

松田くんのパスを受けて、ゴールを決めたのは、梅村徹くんかなぁ?と思うのですが、ちょっと自信なし(>_<)。これで1-0になって…→得点者は梅村崇くんだったようです。梅村徹くんのシュート性のグランダーのボールに最後ゴール前で梅村崇くんが合わせてゴール!

追加点は前半8分。松田くんのパスをゴール前で受けた梅村崇くんがしっかり決めて2-0。

そして、13分には松田くんの高い位置でのパスカット&絶妙のパス。これを受けた梅村崇くんがドリブルで相手GKもかわしてゴール。これで3-0。

その後も野洲ペースで試合は進み…(竹本くんのミドルシュートがクロスバーに当たったのとかもあった)…26分には北川くんのミドルシュート。これを相手GKがかろうじてパンチングで防いだものの、そこに松田くんが詰めて押し込み、4-0。

28分には左サイドの北川くんからのパスを受けて梅村崇くんがPエリアに侵入したところを倒されてPK獲得。これを松田くんがしっかり決めて5-0に。

30分過ぎくらいからゴールラッシュも落ち着いて5-0のまま前半を終了しました。

後半に入っても野洲が押し気味に試合を進めたものの、最初の10分ほどはややこう着状態。

でも10分過ぎからまた野洲が決定的なチャンスを作り出して…

卯田くんの楽しいドリブル突破から片岡くんのクロスバーに当たったシュートとか、見せ場は多々。

そして後半15分、後半の交代の関係でポジションを左サイドに移していた松田くんのドリブル突破から、マイナスのやさしいパスがゴール前の三村くんにわたり、これを三村くんが落ち着いて決めて、6-0に。

ここから再びゴールラッシュ。

後半17分には、梅村崇くんがドリブルで相手守備網を切り裂いて、ゴール前にやさしいパス。このボールはゴール前の片岡くんにはわずかに合わなかったけれど、外から走りこんできた布施くんが蹴りこんで7-0に。

後半22分にはCKから染川くんのヘディングシュートが決まり、8-0。

後半23分には松田くんが左サイドをドリブルで駆け上がり、ゴールラインぎりぎりのところを切れ込んでそのままシュート。これが決まり9-0。

後半24分には再び松田くんの左サイド突破からゴール前に。ゴール前でボールを受けた三村くんがしっかり決めて10-0。

他にも惜しいシーンはあったけれど、スコアはこのまま終了。

*********************************

面白い試合でした。

八幡はいい形でボールを持った時には「おぉっ!」と思わせるつなぎを見せてくれました。

ただ、野洲の守備がいい形でボールを運ぶことをほとんど許さなかったというのが率直な感想です。

特に前線から中盤にかけての守備でほとんど相手の攻撃を鎮圧させていたように思います。

多分、八幡が守備を固めて放り込むタイプのチームだったら、これほどスコアは開かなかったのではないでしょうか。

これこそ相手あってのゲーム…という気がします。

そして攻守の切り替えの速さ、判断の速さでも八幡を圧倒していました。

高い位置でボールを奪い、素早く攻撃に転じて、相手の守備が整う前に決定的なドリブル&パスで崩す。最後のシュートは軽く流し込むだけというゴールも多かったです。

後半は個の力を見せつけた感じのゴールが多かったかな。

松田くんの突破は圧巻でしたね(^^)。

わずか3週間ほど前までは、とんでもなく重苦しいチーム状態に見えて、「これは打倒草津東どころか、そこまで行きつくのも一苦労しそう」と心配していたのですが、まずはひとバケ!?

高校生チームは波が激しいというか、何というか^_^;。

次は準々決勝。守山北と火曜日に対戦します。

勝負ごとなので楽観視はしていませんが、とても楽しみではあります。

できればチーム状態が急降下していませんように…^_^;。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ