« 09チームの最後の試合 | トップページ | TM 野洲×暁 »

2010年1月14日 (木)

09チームに感謝をこめて

野洲ファンになってからちょうど4年になりますが、最初の頃は公式戦と余所である練習試合くらいしか見に行く機会がありませんでした。

あっ、偶然ビッグレイクで見かけたりっていうのはあったけど。


野洲高グランドに足を運ぶようになってグッと見る機会が増え…そんな頃に入学してきたのが今の3年生の選手たちでした。
つまり今の3年生たちは、3年間通しで見たはじめての学年なんです。

それだけに今までとはまた違った思い入れがあります。

P1010680_convert_20100114030319.jpg
<入学前、練習に参加する卯田くん>



バイタルエリアでショートパスを回して回して回して回して…

シュートをいつになったら打つねん^_^;

と突っ込みたくなるようなチームでした。

P1030643_convert_20100114030432.jpg
<1年生大会>



どういう風に進化していくんだろう?
このチームは…

と、ワクワクしたものです。


3年生になってからは山あり谷あり。

いろんな出来事もあったし、チームの状態もジェットコースター状態。

実は絶不調の試合もいっぱい見ました。

3月のマリノスカップとか、8月の宮スタカップとか(-_-;)。

いい試合ももちろんあって…プリンスリーグのガンバ戦とか思い出深いです。



でもまぁ、最終的に…このチームは完成しないまま終わった感じもします。

最後の試合をああいう状態で迎えてしまったということが残念です。

もっともっと見ていたかったのですが。


09チームは不思議なチームでした。

ここ一番で勝てないところもあったけれど、逆に信じられないほどの粘りを何度も見せてくれました。

どこが…と言葉で上手く言い表せないけれど、ものすごく好きなチームでした。



クルクル回りながらも、意表をついたタイミングで思いがけない方向に出てくる卯田くんのパス。

梅村ツインズがピッチの上で自分の意図を指差しや身振りで伝えあっている姿。(双子だけどお互いに厳しい注文を出し合っていた気がします。)

強気の松田くんのドリブル。(きっと気持ちの強い選手なんだろうなぁ…なんて思ってました。)

ひらりと優雅に見える竹本くんの切り返し。

「ここは絶対に抜けさせない」という強い気持ちが伝わってくる染川くんのプレー。

ゴール前を広くカバーしながら大きな声で味方を鼓舞する鳥家くんの声。

他にも書きだしたらキリがないほど、いっぱい忘れたくない姿があります。


本当に大好きだったなぁ。



彼らももう引退。

もう野洲高グランドで彼らの姿を見られないのかと思うと、今でも淋しい気持ちでいっぱいになります。

大学でサッカーを続ける選手もいるでしょうし、辞めてしまう選手もいるでしょう。

確かに言えるのは…もう彼らが揃って野洲のユニを着ることはないということ。



サッカーを続ける選手は…チームを引っ張る最高学年という重荷をおろし、1年生に。

サッカーのスタイルは随分変わるので戸惑うことも多いと思いますが頑張ってほしいです。



今後の活躍を期待しています。



書きだすといくらでもダラダラと書けちゃうわけですが、キリがないのでここら辺りでしめくくりたいと思います。


たくさんのワクワクした気持ちをくれた09の野洲に感謝の気持ちを込めて



心から…ありがとう!

« 09チームの最後の試合 | トップページ | TM 野洲×暁 »

野洲高校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/37176310

この記事へのトラックバック一覧です: 09チームに感謝をこめて:

« 09チームの最後の試合 | トップページ | TM 野洲×暁 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ