« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

TM 野洲×TOJITSU 滋賀 FC

昨日はサッカー観戦はお休み。

ルネス学園甲賀とやったようですが、見ていないので詳細はわかりません。


今日はTOJITSU SHIGA FC との練習試合。
このチーム名、聞きなれないチームですが、この2月に滋賀FC(関西リーグ)とFC TOJITSU SHIGA(滋賀県リーグ) が合併してできたチーム。

選手の顔ぶれも随分変わりました。
チームの中心だった前川選手はJFLのMI-Oに移籍。
他にも多くの選手が退団してしまったようです。

西崎選手と奥田選手と岩田選手はいましたが…

あっ、選手権優勝メンバーの上田選手が新加入していたんですね。
今のところわかるのはその4人くらいでした。


で、今日の野洲ですが相変わらずの学年別編成チーム。

今日は40分?×4本といった変則ゲーム。

1本目と3本目に2年生チームが登場し、2本目と4本目に1年生チームが登場。

朝のうちは雨が降っていたため水を含んだ人工芝ピッチでの練習試合となりました。


**********************************

おいおい書くつもりが今(火曜日)になってしまいました。

ちょっと今仕事がたてこんでいて(^^ゞ。


このままでは週末まで放置しそうなので遅ればせながらですが書きます。



まず1本目。

メンバーはオール2年生でこんな感じ。


   64(美濃部)  27(岩井)
  65(44 三村)    38(佐藤)
   32 (中川)   62(前田)
54(村松) 57(47 竹内) 36(奥田) 39(神農)         
        33(松原)


やっぱり今日もちょっと遅刻して、グランドに着いた時には野洲が1-0でリードしていたようです。
(佐藤くんのゴール)

私が見ている中では、ピンチもあり(クロスバーに当たったミドルシュートとかも浴びていた)、チャンスもありといった内容。

結局、1-0で野洲がリードしたまま1本目を終了。




続いて行われた2本目はこんなメンバー。

GKの冨永くん以外はオール1年生。


     46(米田)   48(加藤)
    61(山口)     73(布施)
     35(横江)   54(玉城)
66(香川) 45(山本) 67(河北) 55(中村)  
         50(冨永)


速いテンポのパス回しで両チームとも面白い展開。

先制したのは開始から9分。
山口くんのグランダーのCKにニアで合わせたのは河北くん?
なかなか鮮やかなゴールでした。

でも、その1分後に中央を崩されてGKと一対一の場面を作られ失点。
これで1-1。

その後滋賀FCの岩田選手にループシュートを決められ1-2。

この後には野洲にビッグチャンスが数回あったけれど生かせず…でしたが、31分に中村くんが相手のパスをカットして、山口くん~加藤くん~山口くんとつないで、最後にボールを受けた布施くんがドリブルで相手GKもかわしてゴール。
これで2-2。

…と、ここまではかなり互角の展開でしたが、終盤に2失点して、2-4で終了。




3本目はGKは1年生。フィールドプレーヤーはオール2年生のチーム。

   64(美濃部)   27(岩井)
  32(三村)      38(佐藤)
   32(中川)    62(前田)
52(藤原) 57(竹内) 63(松田) 31(田附)
        51(杉田)

交代:
27(岩井)→54(村松)


この試合は先制したのは滋賀FC。
中盤でパスカットした西崎くんがそのまま自分でゴール前まで運んでシュート。
これが決まり0-1。

でも試合の流れ的には悪くなく、チャンスが多いのは野洲の方だったかな。

ほどなく野洲が1-1に追いつきます。
中川くんが相手ボールをカットして、藤原くんへ。
藤原くんが前線の美濃部くんに絶妙のスルーパス。
美濃部くんがしっかり決めて。

25分には逆転。
村松くんのパスを左サイドで受けた佐藤くんがドリブル&クロス。
これに美濃部くんがゴール前で合わせて2-1。

35分には村松くんのパスを右サイドで受けた佐藤くんがドリブル&クロス。
これに三村くんがゴール前で合わせて3-1。

終了間際には三村くんのゴール前を左から右へ流れながらのドリブルからゴール前の村松くんにボールが渡り、村松くんがこれを決めて4-1に。

この直後に試合は終了。




4本目はオール1年生。


   46(米田)   63(円乗)
      61(山口)
68(河島?)       57(廣城)
   35(横江)   54(玉城)
45(山本) 42(平田) 55(中村)
      44(細川)

交代:
45(山本)→67(河北)
35(横江)→73(布施)


この試合は流れ的には悪いわけではなかったけれど、何故か失点が先行。
0-3まで離された後、米田くんのゴールで1点返したものの、追い上げもここまで。

結局1-3で終了しました。

2010年2月22日 (月)

TM 野洲×洛北

日曜日は洛北との試合。

洛北は京都の新人戦の優勝チーム。
プリンスリーグの京都代表?
試合の最中に監督さんらしき方が、ベンチから「プリンスリーグは45分やから…」と言われていたので。


今日もまた遅刻して到着したわけですが、着いて早々に失点してました。

メンバーは次のような感じでした。


     40(高田)  64(美濃部)
   44(三村)      38(佐藤)
     32(中川)   62(前田)
54(村松) 47(竹内) 36(奥田) 39(神農)
         33(松原)


前半7分の失点以降も野洲の方はちょっとチグハグな感じがしました。

パスを回していても、ジワジワと相手に寄せられて苦しくなり、さらに苦しい状態の味方にパスを送ってしまうという悪循環(>_<)。

全体がうまく展開しなくなってくると、個人での突破もうまくいかず…

前半は0-1のまま終了。



後半もチグハグさはありつつ…試合は進み…

チャンスもあったけれど、ピンチもあり。

後半28分には「何であれが決まらないの?」というくらいの決定的なチャンスが連続してあったけれど決まらず。

その直後にスコーンとカウンターを決められ失点。
これで0-2。

後半36分にも失点して0-3。

試合終了間際に三村くんのゴールで1点返して終了。


後半はいい形も作れていたけれど、決めるべきところで決めないとこんな感じになっちゃいますね。
まぁ、試合全体を見たら、スコア通りの試合という感じもしましたが。



次に行われた試合は、1年生と2年生のミックスのチーム×洛北。

どうやら、今日は1年生の国体組がいなかったみたいで、そのためにミックスになったようです。


      63(円乗)  48(加藤)
   57(廣城?)      27(岩井)
     75(山田)   50(下村)
66(香川) 63(松田) 67(河北?) 55(中村)
         50(冨永)


この試合は野洲のペースで試合が進みました。

開始5分に廣城くんからのパスを受けた加藤くんが決めて1-0。

前半25分に加藤くんか円乗くんが決めて2-0。

その2分後にバイタルエリアできれいにパスをつないで最後は円乗くんが決めて3-0。


後半はメンバーを変えて…



      63(円乗)  48(加藤)
   57(廣城?)      75(練習生?)
     50(下村)    26(大西)
66(香川) 63(松田) 67(河北?) 52(藤原)
         44(細川)


後半も野洲ペースのまま試合は進んだけれど、追加点はなく、3-0のまま試合は終了。



この後も試合はあったわけですが、ここで観戦終了し野洲高グランドをあとにしました。

2010年2月21日 (日)

TM 野洲×久御山

今週末も野洲高グランドに行ってました。

ブログのアップが遅れましたが…まずは土曜日に行われた久御山との練習試合を振り返ります。


個人的には久御山は結構好きなチームです。

足元の技術が高くて、ちょっと野洲に似ているチームだと思います。

良く言えば、ちょっとくだけた雰囲気…数年前までの野洲により近いかな。


…と、前置きは置いといて。

早速、試合について振り返ります。



やっぱりこの日も遅刻しちゃって、着いたのは前半の20分近く。

すでにその時には1-0で野洲がリードしていたようです。(得点者は佐藤くん)


試合に出ていたメンバーはこんな感じ!?
オール2年生です。


      64(美濃部) 40(高田)
    44(三村)     38(佐藤)
     62(前田)   32(中川)
54(村松) 47(竹内) 36(奥田) 39(神農)
         33(松原)


交代:
後半0分 33(松原)→50(冨永)
後半16分 44(三村)→27(岩井) 39(神農)→52(藤原) 36(奥田)→63(松田)


私が見始めてからはチャンスもあったけれど、ピンチも結構あって…流れはあまり良くない感じ。

中盤で良くない形でボールを失ったり、苦しまぎれのパスでどんどん窮地に追い込まれたり。

前半は何とか1-0で終了。


後半も流れ的には同じで、チャンスもあるけどピンチも多めな感じ。

でも、そんな中で次のゴールをあげたのは野洲。
佐藤くんから右サイドに流れた美濃部くんにつないで、美濃部くんがゴールラインギリギリで折り返して、そのボールに中央で合わせたのが岩井くん。
美濃部くんのねばりのある走りで奪った追加点という感じのゴールでした。

この得点で流れを引き戻し、2-0のまま終了。



続いて行われた試合。
こちらは野洲はオール1年生で。


   48(加藤) 46(米田)
      61(山口)
 66(香川)     57(廣城?)
   35(横江) 54(玉城)
45(山本) 67(河北?) 55(中村)
      51(杉田)

交代:
後半0分 51(杉田)→44(細川)
後半3分 57(廣城?)→63(円乗)
後半9分 66(香川)→50(下村) 46(米田)→60(村川)


試合は野洲ペースで進み…気持ちのよいテンポでパスがつながります。

そして前半の15分に野洲が先制。
山口くんが右に流れてボールを受け、中央にクロス。
最後は米田くんが決めて1-0。

その4分後に香川くんからパスを受けた玉城くんが決めて2-0。

前半は野洲ペースのまま2-0で終了。


後半も大きく流れは変わらず…

加藤くんのスーパーなループシュートが決まり、
試合終盤にも中村くんからのクロスを加藤くんがボレーで決めて、4-0で試合終了。

野洲の1年生チームは完勝でした。



その後、セゾンFCの3年生と久御山の試合があって…
前半だけ見て帰りました。

試合はセゾンFCのペースで、ポゼッションではかなり差があった気がします。

前半は3-0でした。

2010年2月14日 (日)

コパ・エスペランサ 決勝トーナメント

今日は体調不良のため観戦には行けませんでしたが、野洲高校1年生チーム、見事に優勝を飾ったそうです。

準決勝は神戸科技と対戦して、4-3? 5-3?

決勝はヴィッセル神戸ユースと対戦して4-2で勝ったようです。


おめでとうございます(^^)。




見に行きたかったな…

無理だったけど…(>_<)

2010年2月13日 (土)

コパ・エスペランサ【野洲×玉野光南】【野洲×サンフレッチェ広島ユース】

例年、この時期に行われているコパ・エスペランサ。
大会の意義・目的は知りつつも、一度見てみたいと思っていた大会です。

で、本当についに行ってしまいました^_^;。
野洲は今年はオール1年生でこの大会に臨んでいます。
Bチームの…というよりは、Aチーム生き残りをかけた戦いといった感じ。


ユース年代の参加校およびグループ分けは次の通り。


釜本邦茂杯(U-18の部)
Aグループ  ヴィッセル神戸ユース ・静岡学園高校・東福岡高校・広島観音高校
Bグループ  関西学院高校・高知高校・昌平高校・初芝橋本高校
Cグループ  エストレラ姫路ユース・四日市中央工業・FCライオスユース・米子北高校
Dグループ  野洲高校・サンフレッチェ広島ユース・滝川第二高校・玉野光南高校
Eグループ  科学技術高校・広島皆実高校・滝川高校・奈良育英高校


とりあえず野洲の試合があるということだけがわかって、全貌がわかったのは家に戻ってからでした。




今日の野洲の相手は1試合めが玉野光南と。
場所は滝二グランド。

もちろん滝川第二高校も初めて行きましたよ。
高円宮杯の優勝記念モニュメントがあったり、受付の近くのガラス張りの一室に数え切れないほどのトロフィーが飾られてたり・・・さすが名門校。歴史の重みを感じました。


前置きはこのくらいにして…肝心の試合について。

朝、7時半には出発するはずが、起きたら何と8時ちょうど。
完全に遅刻のはずが、前の試合の終了が遅れていて何とか間に合いました。



   48(加藤) 46(米田)
      61(山口)
47(小川)     54(玉城)
  35(横江) 50(下村)
45(山本) 60(村川) 55(中村)
      51(杉田)


交代:
前半23分 50(下村)→63(円乗)

 
前半はあまりいい形が作れず…相手の寄せの速さや当たりの強さよりは、クレーコート特有のボールの弾み方に戸惑ったり、軸足が滑ってキックがぶれたりといった様子が多くみられました。

そのうちサイドでドリブル突破を許し、そこからのグランダーのクロスに合わされ失点。
前半の終了間際にもCKから失点し、0-2で折り返し。



後半はちょっとポジションチェンジしてました。


  46(米田)  63(円乗)
      61(山口)
47(小川)     48(加藤)
  35(横江)  54(玉城)
45(山本) 60(村川) 55(中村)
      51(杉田)

交代:
後半8分 47(小川)→66(香川)
後半27分 48(加藤)→57(廣城)


試合は…後半のまだ早い時間帯に野洲が1点を返します。
山口くんから円乗くんにパスが通って…円乗くんがしっかり決めて1-2に。

この1点で大きく流れが野洲に傾いて…後半19分に右サイドからのアーリークロスに円乗くんがヘッドで合わせてゴール。これで2-2。

その後は大ピンチもあったけど、チャンスも結構作れていて、後半26分についに逆転に成功。

これが何とも面白いゴールで(^^)。
ゴール前を浮き球で3,4本つないで、最後に決めたのが山口くん。
蹴鞠を見ているみたいで不思議な崩し。
みんな動きながらワンタッチで器用に浮き球をつないでました。

結局、これが決勝点となり3-2で逆転勝利。




この日の野洲の2試合めはサンフレッチェユースと。
場所はフレスカグランド。

余談ですが…グランドに到着するまでの道は細いし穴ボコボコだし…初めて行く者にとっては結構な難所でした。
カーナビにない道を進まなくてはいけませんでしたから。


試合のメンバーは次の通り。


  48(加藤)  46(米田)
      61(山口)
68(  )      57(廣城)
  54(玉城)  50(下村)
42(平田) 67(河北) 66(香川)  
      44(細川)


試合は序盤から野洲の寄せの速さが上回って、前半2分に先制。
米田くんの高い位置でのボールカットから、最後は山口くんが決めて1-0。

米田くんはかなりのスピード系の選手ですね。
あのスピードで寄せてこられたら、相手も結構あせると思います。

この後も野洲のペースで進みますが、得点したのはサンフレユース。前半11分。これで1-1。

前半23分に野洲が突き放しにかかります。
右サイドをドリブルで駆け上がった香川くん?からのクロス。
一旦はクロスバーに当たって、その跳ね返りをファーサイドにいた米田くんがシュート。
これを相手GKが何とか弾くも、最後は加藤くんが詰めてゴール。
これで2-1に。

その3分後には相手DFラインの裏のスペースに出たロングパスに米田くんが追いつき、ゴール前にフリーで走りこんでいた廣城?くんにパス。
廣城くんが落ち着いて流し込んでゴール。これで3-1。

その2分後には廣城くんのクロスに米田くんが合わせて4-1。

そのスコアのまま前半を折り返し。



後半のメンバーは次の通り。

    48(加藤)  46(米田)
       61(山口)
66(香川)       57(廣城)
    35(横江)  54(玉城)
42(平田) 67(河北) 55(中村)
       44(細川)

交代:
後半10分 46(米田)→63(円乗)


試合はやや野洲ペースで進みますが、後半12分に失点。
ゴール前で何度もチェックにいって、防げたかに見えたのですが、結局蹴りこまれてしまいました。

そしてその嫌な雰囲気のまま2分後にさらにCKから失点。あっと言う間に4-3の1点差に。

運動量も心なしか落ちてきたようだし、このままではさらに失点もありそうな雰囲気だったのですが、失点から1分後のゴールで嫌な雰囲気を払しょく。
中盤の守備のねばりから、ボールを奪い返し、最後に決めたのは円乗くん。
これで5-3。

そして試合終盤にきれいに山口くんにボールが渡り、山口くんが落ち着いてこれを決め6-3で終了。




オール1年生で臨んだ今日の2試合。
なかなか楽しい試合を見せてもらいました。

昨年からAチームにいた選手はもちろん、それ以外の選手のスキルもかなり高いものがあります。
そして何よりモチベーションの高さが伝わってきました。





今日の初日の結果…
準決勝の組み合わせは次の通りになったみたいです。

ヴィッセル神戸ユース×四中工
野洲×科学技術

2010年2月12日 (金)

TM 野洲×愛工大名電

昨日の練習試合のこと、昨日の夜のうちに書こうと思っていたけれど、どうも冷たい雨の中での観戦で風邪をひいてしまったみたいで…
PCに向かうことなくトロトロ眠ってました。

で、1日遅れですが今から書きます。


イマイチ、ポジションがはっきりしないので、間違っていたらゴメンナサイ。
はじめに謝っておきます。

1試合めはオール2年生のチーム。



      64(美濃部) 65(夏原)
    38(佐藤)     44(三村)
     32(中川)   62(前田)
39(神農) 47(竹内) 36(奥田) 31(田附)
         33(松原)

交代:
前半15分 65(夏原)→27(岩井)
後半0分  33(松原)→50(冨永) 39(神農)→54(村松)
後半10分 64(美濃部)→34(村田) 44(三村)→26(井ノ口) 62(前田)→49(谷元) 36(奥田)→63(松田)
後半28分 47(竹内)→39(神農)



試合は野洲ペースで進み、前半20分に佐藤くん~美濃部くんとつないで、オーバーラップした佐藤くんがボールを受けてドリブルで切れ込んで、GKまでかわしてシュート。
シュートがそのまま決まったのかな。
ゴール前に美濃部くんもしっかり詰めていたし、いい形だったと思います。

追加点はその5分後。
佐藤くんから、左サイドを駆け上がってきた神農くんにパス。
神農くんのクロスに中央で美濃部くんと岩井くんがGKと競って、こぼれたボールを最後は岩井くんが押し込んでゴール。

終了間際には3点め。
縦に速い攻撃で抜け出した美濃部くんがバイタルエリアまで持ち込んで左45度の角度からシュート。

前半は3-0で折り返し。



後半は途中からボールが落ち着かなくなって、1点返されて…村松くんの個人技で1点追加するも、その後2失点。
最後は4-3でギリギリ逃げ切った感じでした。

試合後、PK戦の練習もして、2年生チームの試合は終了。




2試合めはオール1年生チーム。
名前のわからない選手もいるので…そこのところはすみません。


<前半メンバー>

   48(加藤)  46(米田)
47(小川?) 61(山口) 54(玉城)
   50(下村?) 35(横江)
45(山本) 60(村川) 55(中村)
      51(杉田)


<後半メンバー>

   33(田中) 63(円乗?)
57(廣城?) 61(山口) 59(三田?)
   54(玉城) 35(横江)
45(山本) 55(中村) 66(香川?)
       44(細川)


この試合は前半から野洲のペースではあったけれど、そのわりにはシュートまでなかなかいけないというもどかしさも^_^;。
でも終わってみると7-2の大差がついた試合でした。

得点経過は
前半13分 野洲のゴール 得点者 54(玉城)
 山口くんの絶妙のパスがスペースに出て、抜け出た玉城くんが落ち着いて決めました。これで1-0。

前半16分 名電のゴール これで1-1。

前半17分 野洲のゴール 得点者 46(米田)
 バイタルエリアでボールを受けた加藤くんがシュート。相手GKが何とかはじいたものの、こぼれ球をゴール前に詰めていた米田くんがシュート。これが決まり2-1。

前半24分 野洲のゴール 得点者 48(加藤)
 右サイドの中村くん~米田くんとつないでバイタルエリアに侵入。米田くんがドリブル&グランダーのクロスを入れ、最後は加藤くんがしっかり決めました。

前半は3-1で終了。



後半16分 名電のゴール これで3-2に。

後半22分 野洲のゴール 得点者 63(円乗?) これで4-2に。

後半25分 野洲のゴール 得点者 59(三田?) これで5-2に。
 香川?くんのボールカットから中央をパスでつないで崩してシュート。

後半30分 野洲のゴール オウンゴール これで6-2に。

後半35分 野洲のゴール 得点者 33(田中) これで7-2。
 左サイドをワンタッチ、ツータッチで素早くパスをつないで崩し、最後はフリーの田中くんがしっかり決めて。

試合は7-2のまま終了。



野洲高グランドでは、この後も練習試合をするみたいでしたが、あまりの寒さに耐えかねてここで観戦を断念。




それにしても…相変わらずチームは学年別編成です。

これまでずっと1年生チームに入ってゴールマウスを守ってきた冨永くんまで2年生チームに合流。
これで完全な学年別チームになりました。

持ち味の違うこの2チーム。
これからどうしていくのでしょうか?
どこかの時点で融合するのでしょうか?

2010年2月 7日 (日)

ミズノカップin広島【野洲×サンフレッチェ広島】

昨日のうちにアップするつもりが、ついつい眠りこけて遅くなってしまいました。

「しばらく野洲のサッカーを見ていない」

という禁断症状に負けて行ってきました。

ミズノカップ広島。


ミズノカップ広島に行くのは実は3回目。

春先のこの時期の試合観戦も大好きなんです。

まだ新チームがスタートして間もない時期なんで、良い勝ち方をすれば自信になるし、負けても一からやりなおせばいい…


過去2回のミズノカップ広島は、単身で全日程観戦したんですが、今回は2人旅。

1日目だけの観戦でした。


新幹線で広島駅に着いて、そこからレンタカー。

すぐに会場である修道大に向かえばよかったんですが、お昼ごはんに牡蠣尽くしをいただき…試合に遅刻してしまいました(>_<)。





サンフレのスケジュールには1:30開始と書いてあったのに…どうも1:00には始まっていたっぽい。


で、前半も半分以上経過した辺りから観戦。

そこまでのスコアを聞いたところ、2-0で勝ってるとのこと。

(ちょっと…というか、かなりビックリ^_^;)

先制は美濃部くんのゴール。
追加点は混戦の中からのシュートで得点者は誰だかわからなかったそうです。

前半は2-0のまま終了。




後半も前半と同じメンバーでスタートしたみたい。

ちなみに後半のメンバーは、


     64(美濃部) 65(夏原)
   44(三村)       38(佐藤)
     62(前田)   32(中川)
47(竹内) 36(奥田) 52(藤原) 39(神農)
         33(松原)

こんな感じ?
緑のネット越しでめちゃめちゃ見づらい中での観戦だったので、間違っていたらゴメンナサイ。


メンバーはオール2年生。

新人戦準々決勝で敗退して以降、初めて野洲のサッカーを見るんですが…まだ、学年区切りのチームでやっているんだ^_^;。

この先どうしていくんでしょうね?

新人戦で2年生チームで出場していた村松くん、高田くんは不在。
怪我かな?

【野洲×サンフレッチェユース】1試合め


話を試合のことに戻すと…

後半の立ち上がりは、結構サンフレッチェに攻め込まれているように見えました。

ギリギリのところでの粘りのある守備で何とか失点を防いでいる感じでしたが、ゴール前で大きく左右に振られてマークがついていけず、とうとう失点。これで2-1。

この後もサンフレッチェのペースで試合が進みます。

ドリブルでの鋭い切り返しにつられてしまう場面も多々。
さすがJクラブユースの選手ですね。
足元の上手さはかなりのものでした。

後半の真ん中近くまではいつ同点にされてもおかしくない雰囲気はあったのですが、何とか踏ん張って流れを引き戻すことに成功。

野洲もチャンスらしい場面が作れるようになってきて…ついに追加点を奪うことに成功。
右サイドを奥田くんがドリブルで上がって、中央へパス。
そのボールを受けた選手が落ち着いてシュート。
多分、決めたのは三村くんだったかな。

さらにその後、CKから奥田くんのヘディングシュートが決まり、4-1に。

ここからは完全に野洲のペースだった気がするけれど、ゴール前の競り合いで夏原くんが傷んで、その間にサンフレッチェの逆襲をうけて4-2に。

急きょ、65(夏原)→48(加藤)の交代。


後半ロスタイムに野洲の選手がオフサイドぎりぎりで抜け出して(誰だったか見逃した)、三村くんにパス。これを受けた三村くんがしっかり決めて5-2となったところで試合終了。



あっ、サンフレッチェに勝っちゃったよ^_^;

予想外の展開にビックリ。

新人戦の県大会の準々決勝で負けたチームが、なぜJクラブユースに勝てるんだ!?
…と、突っ込みたくなるような展開。

この2年生チーム、派手さはないけれど気持ちでガッツリいくのが持ち味って気がします。
新人戦のあの試合は、あまりにも浮足立ってましたから。
持ち味を出す以前の問題だと感じました。

これから、このチームがどう育っていくのか楽しみにしておきます。

あ、その前にいつまで学年区切りのチームを継続するのか…ですね。
ホント、どうするんでしょう?





1試合めの余韻に浸る間もなく、続いて【野洲×サンフレッチェユース】の試合が行われました。

今回のミズノカップは参加チームが少ないようですね。

同じカードが連続で組まれるとは!


野洲にとっても相手にとっても2試合めのこの試合。

野洲は1年生中心のチームで戦いました。

野洲は2チーム作れないくらいのギリギリの人数での遠征だったらしく、足りないポジションには1試合目に出た2年生が入ってました。


   46(米田)  48(加藤)
      61(山口)
47(  )       54(玉城)
   35(横江)  32(中川)
45(山本) 60(村川) 55(中村)
      50(冨永)

交代:
後半0分 32(中川)→47(竹内)


【野洲×サンフレッチェユース】2試合め



この試合は序盤は互角の展開で進みましたが、先制したのはサンフレッチェユース。

序盤は広島の方が連携がいいように見えました。

野洲は攻め込む場面も、単独での仕掛けが多かったように感じました。


野洲にも広島にも決定的なチャンスがあったけれど決まらず…の流れで、0-1のまま前半を折り返し。




後半も互角の展開でしたが、野洲が早い時間帯に同点に追いつきます。
相手GKのキックミスを拾って、ワンタッチでの速いパスをつないで最後は加藤くんのループシュート。

このあたりから野洲の連携もグッとよくなってきて、細かいパスが繋がりだします。

特に山口くんが絡むと面白い攻撃になりますね。


試合は時間とともに野洲のペースになってきて…米田くんが数本、加藤くん、山口くんたちも決定的なチャンスをつかむが決め切れないという展開が続きます。

が、試合も終盤に差し掛かると相手の集中力も切れてきたのか、野洲が高い位置でボールを奪えるようになってきて…

山口くんがゴール前で粘ってシュートし、2-1と逆転に成功すると、その1分後に米田くんが追加点を奪い、そのまた1分後に玉城くんがループシュートを決めるという、ゴールラッシュに。

相手にも決定的なチャンスを作られはしたけれど、結局スコアは動かず4-1で終了。



この1年生を中心としたチーム、2年生とはまた違った味のあるチームです。

細かいパスが繋がりだすと、かなりワクワクするゴール前での仕掛けを見せてくれます。

今回は参加していない布施くん、平山くん辺りが入ったら…さらに面白くなりそうな感じです。

あと、後半出場の竹内くんはさすがでしたね~。
気迫とか力強さが際立ってました。



*****************************************



2日めも見たいなぁ…という思いを残しながら広島から帰ってきました。

帰ってきてみたらビックリ。

滋賀は大雪でした。


広島は暖かかったです。
カイロもネックウォーマーも、ひざ掛けもいらないほどでしたから。 

2010年2月 2日 (火)

先週末のサッカー観戦

ちょっと遅くなったけれど、先週末のサッカー観戦について書きたいと思います。

1/30(土)は新人戦の決勝を見にビッグレイクに行きました。

野洲高グランドで練習試合か何かをやっていたら、そちらに行ったかもしれないけれど、野洲高グランドでは岩谷カップが開催されていたので。

話それますが、名前を冠したカップ戦があるなんてすごいですね。
岩谷コーチ。
いや、セゾンの岩谷監督。

話を戻すと…まぁ、野洲は見られないということで、新人戦の決着を最後まで見届けることにした…って感じですかね。


ビッグレイクではウィンターカップも行われていて、駐車場は満車状態。

車を置くのにちょっと手間取って、Bコートのスタンドに座るのと同時くらいに試合開始。


あっ、書き忘れた(^^ゞ

決勝のカードは【八幡×守山】です。

試合開始から10分くらいは、パスをつないで流れを自分たちの方に持ってこようとする八幡に対して、時々守山がカウンターで押し返すような展開。

どちらかと言えば八幡の方が攻めてる印象でしたが、15分あたりからは守山が立て続けにチャンスを迎え、八幡がしのぐ展開に。

う~ん、八幡の動きだし、あまり良くなかったですね。
野洲高戦が一番いいパフォーマンスができてたように思います。

八幡は結構、気持ちにムラがあるチームかもしれません。
何となくの印象ですが。

ただ、守山の時間帯を何とかしのぎ切ると、また流れは八幡に傾いて…

前半26分に八幡が先制。
左サイドをドリブルで切り込んでクロス。これに11番の選手がピンポイントのヘッドで合わせてゴール。

この先制点で余裕がでたのか、八幡の動きが良くなり…
先制点から数分後に追加点。
今度は右サイドからのクロスに叩きつけるようなヘッドでゴール。

前半終了間際には守山にもチャンスがあったけれど、これはゴールに結びつかず。



後半も八幡ペース。
後半6分にヘディングで前線のスペースにパス。
これに合わせて上手く相手DFの裏に抜け出た八幡の9番の選手が相手GKの位置をよく見てループシュート。

3点目が入ってからは完全に流れは八幡へ。
かなり余裕のあるプレーぶりでした。
ミスしても笑いが出るくらい。

試合終盤に近付くと、優勝も目の前。
それで完ぺきに油断していたのだと思いますが、隙をついて守山が反撃して1点返します。


でもまぁ、守山の反撃もここまで。
八幡が余裕を残して逃げ切り、初優勝を飾りました。


八幡高校、優勝おめでとう!!
でも!
う~ん…試合の面白さから言うと、【八幡×綾羽】の方が上だったなぁ。



速い動きだしとパスワークで相手を崩す八幡
チームでの組み立てに個人の力がうまくマッチした綾羽

固い守りの守山と草津東


新人戦の4強はこんな印象でした。


きっとインターハイ予選もこれらのチームが有力なのではないかと思います。

あっ、もちろん、野洲にも期待です。
勝負はこれから。
まだ始まったばかりですから。


***********************************

1/31(日)はウィンターカップを見に行こうかとも思ったのですが、場所が城山中ということで断念(>_<)。



野洲のサッカーをもう1週間以上見ていない…

すでに禁断症状が出てます^_^;。
困ったもんです。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ