« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

昨日(火曜)の試合

昨日は仕事で試合を見に行けていないのですが、観戦した人の話によると

野洲Aが淵野辺に1-3。
滋賀トレセンが長崎日大に5-5だったそうです

2010年3月30日 (火)

TM 野洲×神村学園

昨日の試合も少し覗いてきました。

いつも通り?到着がちょっと遅れてしまったんですが。


野洲のスタメンはここ数日と同じでした。


     64(美濃部)  54(村松)  
    38(佐藤)     24(武田)
     22(望月)   23(松田)
35(横江) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)


交代:
前半21分 54(村松)→61(山口)
前半39分 61(山口)→73(布施)


私が見始めたのは開始10分過ぎくらいで、その時にはどちらかと言えば神村学園の方が押しているようでした。

そんな中、前半14分に神村学園の右サイドからの突破を許し、そこから素速くクロスを上げられ、Pエリア内での競り合いで相手を倒してしまいPKに。
こえを決められ0-1。

その後もどちらかと言えば神村学園ペース。


でも、前半25分に美濃部くんのフォアチェックで相手GKからボールを奪って、そのままシュートし同点に追いつくと、流れは徐々に野洲に傾いていきます。

この時間、中盤、前線、サイドバックと、攻守に野洲の選手が動きまわり、パスが面白いようにつながります。

中盤の選手のワンタッチでのパス交換からスルーパスやサイドのオープンスペースへのパスがどんどん出てきてワクワクの展開。

前半33分には望月くんのスルーパスを受けた美濃部くんがシュート。
これが決まり逆転に成功。

この後も野洲のペースで、時々カウンターを受けますが、1本だけ松原くんが横っとびでファインセーブしたn以外は決定機は作らせず、2-1のまま前半を終了。



後半も野洲のペースで、布施くんから美濃部くんにパスが渡ってシュート、とか、中村くん~佐藤くん~布施くんと渡ってシュートとか、次々に惜しい場面が訪れます。

そして野洲の追加点は後半36分。
中盤での武田くんのカットから、望月くん~美濃部くんにボールが渡り、美濃部くんがPエリア内で倒されPK獲得。
このPKを望月くんが蹴って3-1に。

さらに試合終盤にダメ押しの4点目。
ボランチの松田くんから前線の布施くんにボールが繋がり、布施くんは素早く美濃部くんへ。
美濃部くんのシュートは一旦相手GKに当たってはね返るも、そのボールを拾って再びシュート。
これが決まり4-1。

試合は結局このままのスコアで終了。



かなり楽しい試合でした。
う~ん…新1年生…すごいかも^_^;。




次の試合は、野洲の新1年生×神村学園B。

神村学園の方も1年生だったのかな?
そこのところは不明。

チャンスもあり、ピンチもあり…で、流れ的には互角かなぁ…と思いましたが、野洲の方が決めるところをキッチリ決めて2-0で勝ちました。



この日はさらにもう1試合、Aチームの試合を見るつもりだったのですが、招待チームの到着が遅れたため時間が繰り上げになり見そびれてしまいました(>_<)。 

2010年3月28日 (日)

TM 野洲×桂 野洲×保善

今日は野洲高グランド(^^ゞ。

用事があっていつも以上に遅刻をしたので、到着した時には前半の真ん中過ぎだったみたいです。
すでに3-0で、椅子に座った瞬間に4点めが入ったみたいです。


野洲のメンバーはこちら。


      61(山口)  48(加藤)
    46(米田)      73(布施)
     32(中川)    54(玉城)
66(香川) 45(山本) 36(奥田) 43(平山)
         50(冨永)

交代:
後半0分 32(中川)→63(松田) 73(布施)→44(三村) 36(奥田)→42(平田) 43(平山)→52(藤原)



私が見だしてからもいいリズムで試合が進み、6-0までリードを広げたあと、CKから失点して6-1に。

でも野洲ペースなのは変わらず、2点追加して8-1で前半を折り返し。



後半開始してすぐに1点追加したものの、徐々にミスが出始め、後半16分に失点。
これで8-2に。

わりと互角な時間帯もありつつも、野洲が残りじかんのうちにむ2,3点決めて、試合終了。



この後行われたのが保善高校との試合。

保善高校って聞いたことがないのですが、選手全員背が高くて身体がしっかりしてて、野洲とはかなり体格差があったように思います。
守りのしっかりしたチームでしたね。
あと、長身の選手のヘッドに当てて、周りの選手がDFラインの裏に飛び出してくるシーンも何度かありました。


この試合の野洲のメンバーはこちら。


     64(美濃部)  54(村松)
    24(武田)     38(佐藤)
     22(望月)   23(松田)
35(横江) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)

交代:
後半7分 54(村松)→73(布施)



試合は徐々に野洲ペースになっていって、開始5分に横江くんからのパスを受けた美濃部くんが技ありシュート。
これが決まり1-0。

前半12分には佐藤くんのシュートが決まり、2-0。

前半18分にはまた美濃部くんのシュートが決まり3-0。



後半7分には村松くんが傷んで布施くんに交代。

後半19分には望月くんが起点になり、パスをつないで最後は布施くんのゴール。
これで4-0。

その1分後に松田くん~望月くん~佐藤くんとつないで、最後はまた布施くんのゴール。

その後もいい形で攻めるものの、ゴールは決まらず5-0で試合終了。




この後、野洲B×保善Bの試合。
野洲はオール1年生だったみたい。

雨が降ってきたので途中で帰ったのですが、この中にもいい選手がいそうですね(^^)。

それにしても…野洲に水色ユニがあったのにはビックリしました。

2010年3月27日 (土)

TM 野洲×名古屋グランパス

今日はトヨタスポーツセンターまで行ってきました。

トヨタスポーツセンターではジュニア世代のカップ戦をやっていたみたいで、駐車場が結構いっぱいでした。

今日はユースではなく、トップ&サテライトとの試合ということで、グランパスの練習場の方もかなり人が入ってました。
練習見学のスペースやファンサービスをする通路なんかがあって、色紙やサイン帳、レプリカユニ持参のファンがぞろぞろ。
今までユースとやったのは何度も見たけど、プロとユースとでは別世界なのだと実感しました。


…と、前置きはこの辺にして…

試合の話に入ります。


今日の野洲のスタメンはこんな感じでした。


     64(美濃部)  54(村松)
   24(武田)       38(佐藤)
     22(望月)   23(松田)
35(横江) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)

交代:
前半38分 55(中村)→43(平山)



グランパスのスタメンは…
フォーメーションが今一つわからないけれど…こんな感じ?


   17(巻) 9(ブルザノビッチ) 10(小川)
      8(マギヌン)   7(中村)
           20(ダニルソン)
38(三都主) 5(増川) 3(千代反田) 2(竹内)
          21(西村)


楢崎や玉田、闘莉王といった代表組こそいないけれど、普通に試合に出てるメンバーだと思うんですけど…^_^;
そんな相手との試合って、めったにやれるもんじゃないです。


試合は序盤野洲の集中した守備で最初の10分を無失点で乗り切りますが、前半11分に失点。
相手の抜け出すスピードはやはり速い!
余裕で中央にパスを通され、どフリーで決められました。これで0-1。

その後もピンチは結構あったけれど、松原くんのセーブが光ってました。

前半の真ん中あたりは野洲もいい形を作れるようになって、村松くんからのパスを受けた美濃部くんの惜しいシュート(ギリギリゴール右にそれた)や佐藤くん~横江くん~村松くんとつないで、村松くんの惜しいクロス?シュート?がゴール前を横切ったり…っていうのもありました。

でも前半33分に相手スローインから混戦になって、結局最後は相手ボールになって押し込まれて失点。これで0-2。

そしてその1分後に相手クロスからのゴール前での競り合いでPエリア内で相手を倒してしまいPK。
これを三都主が決めて0-3。

そして前半ロスタイムにも失点して0-4で折り返し。




後半はこんな感じでメンバーチェンジ。


     61(山口)   73(布施)
   24(武田)       22(望月)
     54(玉城)   23(松田)
35(横江) 47(竹内) 67(河北) 43(平山)
         33(松原)

交代:
後半20分 24(武田)→54(村松) 54(玉城)→38(佐藤)
後半39分 23(松田)→32(中川)
後半43分 67(河北)→45(山本)



ついでに名古屋のメンバーはこんな感じでした。
※フォメはめちゃくちゃです。^_^;


    17(巻) 25(金崎) 14(吉村)
     8(マギヌン)   7(中村)
          20(ダニルソン)
6(阿部) 27(花井) 3(千代反田) 2(竹内)
          50(高木)

交代:
後半25分     →22(橋本)
         →29(久場)
         →26(新井)


後半は野洲がかなり疲れてきたのもあるけれど、きれいに抜け出されて…とか、ゴール前で美しくパスを回されて失点を重ねていき、後半20分の時点で0-7。

でもそこからまた形が作れるようになってきて、後半28分には1点を返すことに成功。
望月くんから右のオープンスペースに開いた佐藤くんにスルーパスが通り、佐藤くんのクロスにゴール前で合わせたのは山口くんでした。
これで1-7。

ここからはまたグランパスの怒涛の攻めが始まって…最終的には1-11で終了。




大差のついたゲームでしたが、かなり楽しい試合でした。
予想ではもっと苦しい試合になると思っていたんですけどね。

全体の守備の頑張りと、松原くんの神セーブも見られたし。
松原くんの神がかり的なセーブに観客席がどよめくシーンも結構ありました。

そして意外だったのは思った以上に攻撃の形も作れていたこと。
中盤の望月くん、松田くん、武田くんの1年生トリオ+佐藤くんの細かいタッチでのパス交換はかなり魅力的だと思いました。
絶妙の距離感と常に数人が動き出してボールをもらいに顔を出すのが小気味良かったですね。
さらにフランス遠征組の高野くん、水野くんも加わったら、これまで以上にチーム内の競争は激しいものになりそうです^_^;。


最後に当然と言えば当然なのですが、名古屋グランパスは強かったです。
「速さと高さと強さ」
さすがプロ。
完全に裏をとったかに見えたナイスパスでも通らなかったり、足元の競り合いでどうしても勝てなかったり。
いいタイミングで抜け出されると、ある程度動きを読んでいてもDFが置いていかれるし…(>_<)。

プロを目指そうと思っている選手にはいい刺激になったんじゃないかと思います。


2010年3月26日 (金)

ミズノカップU-18 高知 2010

例年セレッソの公式HPに載るのですが、毎年UPされるのはギリギリなのでまだ詳細がわかりません。

とりあえず、グルグルと回ってきて情報をいただいてきました。



ミズノカップIN高知2010   4/2(金)~4(日)

Aグループ
セレッソ大阪ユース、明徳義塾、日章学園、名東

Bグループ
京都ユース、徳島ユース、境、日本航空

Cグループ
愛媛ユース、広島観音、野洲、高知中央

Dグループ
香川西、神村学園、玉野光南、興国



えーっと…最初の2日間でグループリーグを行うってことでいいのかな?

野洲はCグループ。

どうも4/3(土)に高知県香南市野市ふれあい広場で

10:00 愛媛FC×野洲
13:20 広島観音×野洲

の試合があるらしい。


…ってことは、4/2(金)が高知中央×野洲でいいのかな?

第38回モンテギュー国際大会

第38回モンテギュー国際大会にセゾンFCの水野くんと高野くんが選出されていますね。

3月31日(水)18:00 対 ガボン代表(Venansault)
4月1日(木)19:00 対 ウクライナ代表(St Gilles Croix De Vie)
4月3日(土)15:00 対 イングランド代表(St Gilles Croix De Vie)
4月4日(日)時間未定 トレーニングマッチ予定(Montaigu)
4月5日(月)順位決定戦(Montaigu)

春休み中に野洲高グランドで見られないのは残念ですが、強豪チームとの対戦で一回り大きく成長して帰ってきてもらいたいです。

2010年3月24日 (水)

2010 プリンスリーグ関西

関西サッカー協会ではまだ予定は発表になっていませんが…
滋賀県サッカー協会のスケジュールから抜粋。※野洲の試合分のみ



4月11日(日)14:00
野洲×滝川二 (堺NTC)


4月18日(日)13:30
野洲×京都橘 (ビッグレイクC)


4月24日(土)
野洲×神戸科技(ビッグレイクC)



4月29日(木)11:00
野洲×ヴィッセル神戸 (ビッグレイクC)


5月2日(日)13:30
野洲×大阪桐蔭 (長居第2)


6月13日(日)13:00
野洲×京都サンガ (奈良フットボールセンター)


6月19日(土)13:30
野洲×セレッソ大阪 (堺NTC)


*******************************


7月4日(日)
関西プリンスリ-グ アスパ五色

7月11日(日)
関西プリンスリ-グ 万博大阪

7月17日(土)
関西プリンスリ-グ 堺NTC

2010年3月23日 (火)

刈谷フェス 野洲×静岡学園 野洲×浜名

この3連休、何かと忙しかったのですが、やりくりして刈谷フェスに1日だけ観戦に行きました。

行ったのは刈谷フェスの2日め。日曜日の試合。

この日、天気は良かったのですが風が半端な風ではなく、やっている選手たちはちょっと気の毒だったかも。



まずは野洲×静岡学園の試合から振り返ります。  

場所は刈谷ウェーブスタジアム。

この試合のメンバーはこちら。

 
     61(山口)   54(村松)
    73(布施)     38(佐藤)
     35(横江)   54(玉城)
43(平山) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)

交代:
後半0分 54(玉城)→23(松田) 54(村松)→24(武田) 38(佐藤)→25(高野)


試合は徐々に静学ペースに。

その流れの通り、先制したのは静学。
野洲の自陣でのパス回しで、プレスをかけられ段々追い込まれて奪われ、そこから繋がれて失点。

さらにFKから低空ヘッドを決められて0-2。

その後、佐藤くんを起点にして野洲がチャンスを作るも決め切れず。

そして静学の3点目は再びFKから。
クロスバーに当たって、一旦助かったように見えたけれど、結局ヘッドで押し込まれ失点。

前半は0-3で折り返し。


後半野洲は頭から一気に3枚替え。
しかも代わって出たのは全員新1年生。

ボランチの松田くんは、なかなかのファイターで、気持ちのこもったプレーを見せてくれました。

武田くんも上手い選手だと思いました。

高野くんは足元ももちろん上手いけれど、フリーランニングの質も高いなぁと思いました。
山口くんにボールが渡る前のタイミングで前線のスペースにダッシュしていったのは、ちょっとおもしろかったです。山口くんもそれに気づいてボールを送ろうとしていたし。
残念ながら届かなかったのだけれど。

3人とも身体はまだまだ華奢で当たられると負けてしまうこともあるけれど、今後が楽しみですね。


で、試合のことに話を戻すと…

後半の野洲は、細かくパスでつないでボールを運んで行くサッカーという感じでした。

いいテンポでパスがつながる場面もあったけれど、さすがに相手は静学。
チャンスの質では静学の方が上でした。

結局、後半にも1失点して0-4で試合終了。





そして午後から行われた野洲×浜名ですが…

この試合、行われたのはグリーングランド人工芝。

砂嵐の中、セットプレーではボールが止まらないでコロコロと転がっていくし、風にあおられて小砂利が飛んでくるし(>_<)。

もう顔をあげてまともに見ていられない状態でした。


なので、記録がいつも以上に不十分ですが…


     64(美濃部)   48(加藤)
   44(三村)        46(米田)
     63(松田)    62(前田)
52(藤原) 45(山本) 36(奥田) 66(香川) 
          50(冨永)


交代:
後半0分 36(奥田)→42(平田)
後半22分 62(前田)→54(玉城)


この試合、前半は風上から攻めた野洲ですが、どちらかと言えば押し込まれ気味な立ち上がり。

でも、加藤くん?のスーパーミドルがクロスバーに当たって跳ね返ったり…とチャンスもあって、徐々に互角の展開になってきてました。

先制したのは前半30分。
三村くんのいいパスを受けた美濃部くんが上手く走りこんでシュート。
これが決まり1-0。

前半は1-0のまま折り返し。



でも後半は風下に回ったこともあってか劣勢になり、4失点。

結局この試合は1-4で終了したように思います。

2010年3月16日 (火)

TM 野洲×大阪朝鮮

やっと日曜日の試合をアップできる~♪

日曜日は大阪朝鮮との練習試合。
この日は久々の晴天。風もなくぽかぽか陽気でした。

前日は学年別チームでしたが、この日は学年混合の試合。

メンバーはこんな感じでした。



    64(美濃部)   54(村松)
   38(佐藤)      44(三村)
    35(横江)    54(玉城)
66(香川) 47(竹内) 67(河北) 52(藤原)
         33(松原)


交代:
前半14分 52(藤原)→55(中村)
前半30分 35(横江)→32(中川)
後半17分 64(美濃部)→73(布施)
後半20分 66(香川)→52(藤原)



う~ん、実はまたこの日も遅刻しちゃったんだけど、試合が遅めのスタートだったので、見逃した部分はほとんどなかったみたいです。

序盤は大阪朝鮮が押し込むシーンがやや多めだったような気がするけれど、先制したのは野洲。
前半の23分に玉城くんを起点に左サイドに展開。
一旦は相手ボールになりかけたものの、マイボールになり、村松くんが左斜め45度からグランダーのシュート。
これが決まり1-0。

後半は野洲ペースで試合が進んでました。
特に佐藤くんがボールを持つとドリブルの速いことと言ったら…相手も味方もぶっちぎり^_^;。
ドリブルをしている佐藤くんを追い越す選手がもっと出てきたら、かなり面白い攻撃が繰り出せそうな感じです。

佐藤くん~三村くん~村松くん~美濃部くんの連携もまずまず。

そして玉城くんの展開力もなかなか魅力的でしたね。


後半33分にはカウンターが決まり2-0に。
中盤から素早く出されたボールに反応して、相手DFライン裏に抜け出した布施くんが、GKとの一対一を落ち着いて決めました(実際には相手GKは、手に当ててはじき出しに成功したように見えたのですが、ボールはゴールネットを揺らしました)。


終盤に相手に決定的な形を作られたものの、相手のヘディングシュートはそれていき無失点で試合終了。


大阪朝鮮は守備のしっかりしたチームという印象ですね。
時間を少しでもかけるとたちまち2人くらいで囲みにやってきます。
こういう相手とやる時には、判断の速さはもちろんのこと、トラップの正確さなんかも要求されそうです。
ボールのおさまりが悪いと、すぐにやられてしまいますから。

また、身体のしっかりした選手が多いのも印象的でした。
村松くん辺りが当たっても倒れません^_^;。
これはもう伝統ですかね?





大阪朝鮮との2試合め。
メンバーは次のような感じでした。


    61(山口)   48(加藤)
   46(米田)     57(廣城)
    63(松田)   43(平山)
27(岩井) 42(平田) 36(奥田) 52(藤原)
        50(冨永)


試合はやや野洲ペースでスタート。

前半11分に岩井くんのスルーパスを受けて抜け出した山口くんが、GKとの一対一の場面を落ち着いて決めて1-0。

その後も惜しいチャンスがあって…

前半30分には追加点。
左サイドからのクロスにドンピシャのタイミングで加藤くんがヘッドで合わせて2-0。



後半には大幅にメンバーチェンジ。


    61(山口)   63(円乗)
   67(廣城)     46(米田)
    63(松田)   43(平山)
68(河島) 45(山本) 36(奥田) 31(田附)
         44(細川)

交代:
後半5分 57(廣城)→65(夏原)


試合はやっぱり野洲ペースではあったけれど、後半18分に失点。
中央を抜かれて、GKと一対一の場面を作られてしまいました。これで2-1。

でも失点の1分後に野洲にゴールが生まれます。
このゴール、ハッキリ見られてません(>_<)。
円乗くんのゴールかな?

結局、この試合は3-1で終了。




日曜日の試合は、交代が目まぐるしくて、いろいろな選手の組み合わせを試している感じでした。
プリンスリーグが開幕する頃には、どんなメンバーになっていることやら…

2010年3月15日 (月)

TM 野洲×一条 野洲×帝京可児

土曜日の試合のことを今さらながらですが書きます。

このところ書くのが遅くなってすみません(>_<)。



この日の天候は微妙な感じで、家を出る時にちょうど雨が降り出して…一条戦の1試合めの前半まではしっかり降っていて、その後曇り…という天気。


この日もやっぱり試合には遅刻して、始ってから15分は経っていたみたいです。



で、この試合のメンバーは…


    54(村松)  64(美濃部)
  38(佐藤)      44(三村)
    32(中川)  63(松田)
52(藤原) 47(竹内) 36(奥田) 39(神農)
        33(松原)

交代:
後半38(佐藤)→27(岩井)


…と、先週、学年ミックスになっていたのに、再びオール2年生のチームになってました。



試合は互角な感じでやや一条の方が形はできているかな…といった印象の序盤でしたが、先制したのは野洲。

得点者は美濃部くん。
どんなゴールだったかは…忘れちゃいました。
雨だったのと、いつものメモ帳を忘れちゃったのとで^_^;。
ともあれ、これで1-0。

この後、野洲のペースになったけれど、危ない場面もあって気の抜けない展開が続きます。


が、追加点もやはり野洲。
前半21分。
中央の佐藤くんから右に流れた村松くんにパスが通り、村松くんがドリ~右斜め45度からのシュート。
これが決まって2-0。

この後一条らしくないミスもあって、バックパスがあやうくゴールしちゃうところでした。

流れは追加点でさらに野洲寄りになっていたのだけれど、前半終了間際に自陣深い位置でボールを奪われ失点(>_<)。
これで2-1になって前半終了。



後半はいきなり村松くんの面白い突破があったりと、野洲ペースの立ち上がり。

後半3分には野洲に追加点。
右サイドのスローインから神農くんのクロスにつながって、ゴール前ドンピシャのヘッドを決めたのは美濃部くんでした。

この3分後には中盤の選手(松田くんかな?)の強烈なシュートがクロスバーをたたく場面も。


…といい雰囲気で試合は進んでいたのですが、後半8分にCKからヘッドでつながれ、最後ヘディングシュートを決められて失点。これで3-2。


でも、この後もどちらかと言えば野洲のペースで試合は進み、3-2で試合は終了。





そして引き続き行われた、一条との2試合めですが…

何とこれも2年生主体のチーム。1年生が数人入ってはいますが。

そして、1試合目にフル出場していた選手も結構出ていました。


    65(夏原)  63(円乗)
  44(三村)      57(廣城)
    43(平山)  32(中川)
27(岩井) 68(河島?) 36(奥田) 31(田附)
        50(冨永)


この試合はどちらかと言えば一条ペース。
DFラインの裏に抜け出されてGKの冨永くんと一対一になって何とか足に当てて出す大ピンチのシーンもありました。

前半は0-0?


後半になりメンバーは大幅に入れ替えがあって…


    63(円乗)   65(夏原)
  57(廣城)       64(美濃部)
    63(松田)   43(平山)
27(岩井) 68(河島?) 47(竹内) 31(田附)
         50(冨永)


先制したのが野洲で円乗くんのゴール。

でも同点弾と逆転弾を決められて1-2に。

この劣勢の試合をひっくり返したのは美濃部くんでした。

残り10分のところから美濃部くんの3連続得点。

美濃部くんが夏原くんとのワンツーで抜け出して…とか、円乗くんとのワンツーで抜け出して…っていうのが印象的でした。
美濃部くん、調子が上向き?

結局、この試合も4-2で勝ちました。




そしてこの日の3試合め。帝京可児戦。

この試合はオール1年生で臨みました。


メンバーはこんな感じでした。


    61(山口)  48(加藤)
   46(米田)    73(布施)
    54(玉城)  35(横江)
66(香川) 42(平田) 67(河北) 55(中村)
        44(細川)


この試合、序盤は大ピンチの連続で、GKの細川くんがギリギリで防ぐ場面が目立っていました。

でも、野洲が速い展開で徐々にポゼッションを高めていって主導権を握り始めます。
ただ、ボールをバイタルエリアまでは運べるものの、完全に崩しきるところまではいかせてもらえませんでした。

それにしても…帝京可児もAチームだったようで、攻守の切り替えが速くて見ていて面白いサッカーでした。

前半は0-0のまま折り返しますが、後半に波状攻撃を受け、とうとう失点。
これで0-1。

その後、野洲も大チャンスを迎えますが決め切れず、逆にカウンターを決められ追加点を許し0-2に。

結局、このまま0-2で試合は終了しました。


負けはしたけれど、かなり締まった試合で面白かったです。
お互いに攻守の切り替えが速く、集中力を切らすことなく戦えていたのではないかと思います。 

2010年3月 7日 (日)

TM 野洲×梅村学園三重高 野洲×Athpegas FC

土曜日に続いて雨の野洲高グランドに行ってきました。

相変わらず雨雲は分厚いけれど、土曜日ほど雨脚は強くなくて、ピッチ上の水のはけ具合もまずまずといったところでした。

最初に行われたのは、梅村学園三重高校との試合。
昨年も野洲高グランドで見たことあるなぁ。
ユニの胸のところに梅の花をかたどったエンブレムがあって、ちょっとカワイイ(^^)。

この三重高校、今年はプリンスリーグ東海2部に参加するらしい。

ちなみにプリンスリーグ東海2部のチームの顔ぶれはこんな感じ。

県立藤枝東高等学校(1部9位)
磐田東高等学校(1部10位)
県立岐阜工業高校(3位)
加藤学園暁秀高等学校(4位)
岡崎城西高等学校(愛知県リーグ1位)
飛龍高等学校(静岡県リーグ1位)
三重高等学校(三重県リーグ1位)
帝京大学可児高等学校(岐阜県リーグ1位)

う~ん、2部とはいえ、なかなか強敵ぞろいだわ。


野洲グランドで行われた練習試合に話を戻します。


この試合の野洲のメンバーは次の通りです。
(ポジションは自信がありませんのであしからず)

   
     61(山口)   64(美濃部)
    73(布施)     38(佐藤)
     32(中川)   35(横江)
66(香川) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)

交代:
後半10分 64(美濃部)→54(村松)
後半 分 66(香川)→45(山本)


前半はなかなか思い通りの試合をさせてもらえなかった感じで、しきりとベンチから速さを要求する掛け声がとんでました。

判断の速さ、タイミングの速さ、ボールの速さなどなど。

徐々にかみ合いだして、前半31分に先制。
最終ラインの河北くんから縦にパスが出て、山口くんを経由して最後は佐藤くんがシュートコースを探しながらドリブル&シュート。これが決まりました。

前半は拮抗した流れのまま1-0で折り返し。


三重高校は前に見た時よりも強い印象を持ちました。
まぁ、県リーグ1位のチームですからね。


後半は開始3分で相手のスーパーミドルシュートが決まり同点になります。

一旦嫌な流れになりかけますが、後半21分にゴール前の密集の隙間を通すようなコースに村松くんの重いシュートが決まります。これで2-1。

後半28分には相手陣内の深い位置で村松くんが相手ボールをかっさらい、後ろに相手DFを3人ほどひきつれながらも、そのままシュート。これが決まり3-1。

このあと佐藤くんのスーパーミドルが相手ゴールに突き刺さり4-1。

ここら辺りから、相手の運動量も落ち始め、一気に野洲が攻勢に出て…

村松くんが相手に3人くらいつかれながらも前線にスルーパスを出すと、抜け出した山口くんがGKが触るギリギリ前にちょこんと触ってシュート。これが決まり5-1。

最後の締めくくりに、中村くん、村松くんのワンツーで右サイドを突破し、中村くんがグランダーのクロス。
これを何人かがゴール前でスルーして、最後に決めたのはファーに詰めていた佐藤くんだったと思います。
これで6-1。

この後にも惜しいシーンがあったけれど、これは決まらず6-1のまま試合は終了。


この試合、6-1と大差がつきはしたものの、力差はそれほどないように感じました。
野洲もまだチーム作りがはじまったばかりという印象です。
ただ、いい展開が見え出すとどんどんいいリズムになって面白い流れからのゴールも見ることができました。
まだまだ強くなる可能性を感じました。

山口くん、佐藤くんあたりが本領発揮となったら…面白いチームになりそうです。




そしてもう1試合はAthpegas FCとの試合。

Athpegas FCってよくは知らなかったのですが、奈良の社会人チームらしいです。
でも、ググってみたらジュニア・ジュニアユースのチームは出てきたけれど…社会人は謎^_^;。


このゲームは…


     63(円乗)   48(加藤)
   44(三村)       46(米田)
     54(玉城)   62(前田)
52(藤原) 45(山本) 36(奥田) 39(神農)
         50(冨永)


この試合、序盤はやや攻めこまれていたけれど、苦しみながらも野洲がゴールを重ねて行ったという印象の試合でした。

前半34分に野洲が先制。
このゴールは三村くんのドリでの左サイド突破が効いていました。
三村くんがそのままゴールライン沿いをドリブルで中に切れ込んでクロスを送り、ゴール前で米田くんが流し込んで1-0。

前半は1-0で折り返し。


後半は大幅にメンバー交代。


     46(米田)   48(加藤)
   44(三村)       27(岩井)
     54(玉城)   43(平山)
45(山本) 36(奥田) 63(松田) 31(田附)  
         44(細川)



後半17分にまたまた大幅にメンバー交代。

     
     65(夏原)   40(高田)
   57(廣城)       27(岩井)
     43(平山)   54(玉城)
68(河島?) 42(平田) 63(松田) 31(田附)
         44(細川)

※その後 GKも44(細川)→51(杉田)に交代



後半18分に右サイドの田附くんのクロスをヘッドでつないで、最後は夏原くんのヘディングシュート。
これが決まり、2-0に。

後半24分には、平山くんからのパスを受けた夏原くんが前線に抜け出し、GKの頭上を越すループシュート。
これが決まり3-0。

終盤は野洲ペースで試合が進み、終了前には夏原くんが上手く抜け出し強烈なシュート。
これに高田くんが触って角度を変えてゴール…かな?

多分、4-0で野洲が勝ちました。       

2010年3月 6日 (土)

TM 野洲×FC MI-O

いよいよ3月突入。

これまで新チームが始動して2カ月になりますが、これまではずっと学年別編成チームがとられていた野洲。
3月に入ってようやく本格的にチーム作りに向けて新展開が見られました。

1,2年ミックスのチーム…

今日は冷たい雨の中、しかも午後から用事があったので、見られたのはわずかな間だったのですが節目となる試合を見られて良かったです。


今日の練習試合の相手はJFLのMI-O。

かなり力のあるチームとの対戦だったのですが、なかなか見応えのある試合でした。
ピッチコンディションが悪くて残念でしたが…



今日も10分ほど遅刻して野洲高グランドに到着。

その時にピッチにいたのは…


     61(山口)   64(美濃部)
    73(布施)     38(佐藤)
     32(中川)   35(横江)
66(香川) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)


交代:
前半35分 64(美濃部)→44(三村)
後半15分 38(佐藤)→54(村松) 73(布施)→57(廣城)


最初の10分を見逃しているのでわからないけれど、見始めてから10分ほどで失点。

後半1分にも失点。
後半35分に廣城くん?のクロス?が直接入って1点返したものの、その直後にカウンターで失点。
間もなく試合終了。


両チームに力の差はありました。
フィジカルの差。
一対一になると高い確率で負けてしまうし、いいパスも相手の鋭い読みでカットされる場面も多々。

でも試合全体を見ると一方的な展開というわけではありませんでした。
速い判断でショートパスをつないでいくサッカー。
結構ワクワクする展開を見せてくれました。


まだ始まったばかりでメンバーもまだ固まっていなさそう。
これからどんなチームになっていくか楽しみです。



MI-Oとの試合は1試合のみで終了。
続いて行われたのは和歌山北との練習試合。

この試合は時間の都合で見られなかったのですが…
スタメンだけ載せておきます。



    63(円乗)  40(高田)
  46(米田)      27(岩井)
    43(平山)  62(前田)
52(藤原) 45(山本) 36(奥田) 39(神農)
        50(冨永)   

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ