« TM 野洲×大阪朝鮮 | トップページ | 2010 プリンスリーグ関西 »

2010年3月23日 (火)

刈谷フェス 野洲×静岡学園 野洲×浜名

この3連休、何かと忙しかったのですが、やりくりして刈谷フェスに1日だけ観戦に行きました。

行ったのは刈谷フェスの2日め。日曜日の試合。

この日、天気は良かったのですが風が半端な風ではなく、やっている選手たちはちょっと気の毒だったかも。



まずは野洲×静岡学園の試合から振り返ります。  

場所は刈谷ウェーブスタジアム。

この試合のメンバーはこちら。

 
     61(山口)   54(村松)
    73(布施)     38(佐藤)
     35(横江)   54(玉城)
43(平山) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)

交代:
後半0分 54(玉城)→23(松田) 54(村松)→24(武田) 38(佐藤)→25(高野)


試合は徐々に静学ペースに。

その流れの通り、先制したのは静学。
野洲の自陣でのパス回しで、プレスをかけられ段々追い込まれて奪われ、そこから繋がれて失点。

さらにFKから低空ヘッドを決められて0-2。

その後、佐藤くんを起点にして野洲がチャンスを作るも決め切れず。

そして静学の3点目は再びFKから。
クロスバーに当たって、一旦助かったように見えたけれど、結局ヘッドで押し込まれ失点。

前半は0-3で折り返し。


後半野洲は頭から一気に3枚替え。
しかも代わって出たのは全員新1年生。

ボランチの松田くんは、なかなかのファイターで、気持ちのこもったプレーを見せてくれました。

武田くんも上手い選手だと思いました。

高野くんは足元ももちろん上手いけれど、フリーランニングの質も高いなぁと思いました。
山口くんにボールが渡る前のタイミングで前線のスペースにダッシュしていったのは、ちょっとおもしろかったです。山口くんもそれに気づいてボールを送ろうとしていたし。
残念ながら届かなかったのだけれど。

3人とも身体はまだまだ華奢で当たられると負けてしまうこともあるけれど、今後が楽しみですね。


で、試合のことに話を戻すと…

後半の野洲は、細かくパスでつないでボールを運んで行くサッカーという感じでした。

いいテンポでパスがつながる場面もあったけれど、さすがに相手は静学。
チャンスの質では静学の方が上でした。

結局、後半にも1失点して0-4で試合終了。





そして午後から行われた野洲×浜名ですが…

この試合、行われたのはグリーングランド人工芝。

砂嵐の中、セットプレーではボールが止まらないでコロコロと転がっていくし、風にあおられて小砂利が飛んでくるし(>_<)。

もう顔をあげてまともに見ていられない状態でした。


なので、記録がいつも以上に不十分ですが…


     64(美濃部)   48(加藤)
   44(三村)        46(米田)
     63(松田)    62(前田)
52(藤原) 45(山本) 36(奥田) 66(香川) 
          50(冨永)


交代:
後半0分 36(奥田)→42(平田)
後半22分 62(前田)→54(玉城)


この試合、前半は風上から攻めた野洲ですが、どちらかと言えば押し込まれ気味な立ち上がり。

でも、加藤くん?のスーパーミドルがクロスバーに当たって跳ね返ったり…とチャンスもあって、徐々に互角の展開になってきてました。

先制したのは前半30分。
三村くんのいいパスを受けた美濃部くんが上手く走りこんでシュート。
これが決まり1-0。

前半は1-0のまま折り返し。



でも後半は風下に回ったこともあってか劣勢になり、4失点。

結局この試合は1-4で終了したように思います。

« TM 野洲×大阪朝鮮 | トップページ | 2010 プリンスリーグ関西 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/37190441

この記事へのトラックバック一覧です: 刈谷フェス 野洲×静岡学園 野洲×浜名:

« TM 野洲×大阪朝鮮 | トップページ | 2010 プリンスリーグ関西 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ