« ミズノカップU-18 高知 2010 | トップページ | TM 野洲×桂 野洲×保善 »

2010年3月27日 (土)

TM 野洲×名古屋グランパス

今日はトヨタスポーツセンターまで行ってきました。

トヨタスポーツセンターではジュニア世代のカップ戦をやっていたみたいで、駐車場が結構いっぱいでした。

今日はユースではなく、トップ&サテライトとの試合ということで、グランパスの練習場の方もかなり人が入ってました。
練習見学のスペースやファンサービスをする通路なんかがあって、色紙やサイン帳、レプリカユニ持参のファンがぞろぞろ。
今までユースとやったのは何度も見たけど、プロとユースとでは別世界なのだと実感しました。


…と、前置きはこの辺にして…

試合の話に入ります。


今日の野洲のスタメンはこんな感じでした。


     64(美濃部)  54(村松)
   24(武田)       38(佐藤)
     22(望月)   23(松田)
35(横江) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)

交代:
前半38分 55(中村)→43(平山)



グランパスのスタメンは…
フォーメーションが今一つわからないけれど…こんな感じ?


   17(巻) 9(ブルザノビッチ) 10(小川)
      8(マギヌン)   7(中村)
           20(ダニルソン)
38(三都主) 5(増川) 3(千代反田) 2(竹内)
          21(西村)


楢崎や玉田、闘莉王といった代表組こそいないけれど、普通に試合に出てるメンバーだと思うんですけど…^_^;
そんな相手との試合って、めったにやれるもんじゃないです。


試合は序盤野洲の集中した守備で最初の10分を無失点で乗り切りますが、前半11分に失点。
相手の抜け出すスピードはやはり速い!
余裕で中央にパスを通され、どフリーで決められました。これで0-1。

その後もピンチは結構あったけれど、松原くんのセーブが光ってました。

前半の真ん中あたりは野洲もいい形を作れるようになって、村松くんからのパスを受けた美濃部くんの惜しいシュート(ギリギリゴール右にそれた)や佐藤くん~横江くん~村松くんとつないで、村松くんの惜しいクロス?シュート?がゴール前を横切ったり…っていうのもありました。

でも前半33分に相手スローインから混戦になって、結局最後は相手ボールになって押し込まれて失点。これで0-2。

そしてその1分後に相手クロスからのゴール前での競り合いでPエリア内で相手を倒してしまいPK。
これを三都主が決めて0-3。

そして前半ロスタイムにも失点して0-4で折り返し。




後半はこんな感じでメンバーチェンジ。


     61(山口)   73(布施)
   24(武田)       22(望月)
     54(玉城)   23(松田)
35(横江) 47(竹内) 67(河北) 43(平山)
         33(松原)

交代:
後半20分 24(武田)→54(村松) 54(玉城)→38(佐藤)
後半39分 23(松田)→32(中川)
後半43分 67(河北)→45(山本)



ついでに名古屋のメンバーはこんな感じでした。
※フォメはめちゃくちゃです。^_^;


    17(巻) 25(金崎) 14(吉村)
     8(マギヌン)   7(中村)
          20(ダニルソン)
6(阿部) 27(花井) 3(千代反田) 2(竹内)
          50(高木)

交代:
後半25分     →22(橋本)
         →29(久場)
         →26(新井)


後半は野洲がかなり疲れてきたのもあるけれど、きれいに抜け出されて…とか、ゴール前で美しくパスを回されて失点を重ねていき、後半20分の時点で0-7。

でもそこからまた形が作れるようになってきて、後半28分には1点を返すことに成功。
望月くんから右のオープンスペースに開いた佐藤くんにスルーパスが通り、佐藤くんのクロスにゴール前で合わせたのは山口くんでした。
これで1-7。

ここからはまたグランパスの怒涛の攻めが始まって…最終的には1-11で終了。




大差のついたゲームでしたが、かなり楽しい試合でした。
予想ではもっと苦しい試合になると思っていたんですけどね。

全体の守備の頑張りと、松原くんの神セーブも見られたし。
松原くんの神がかり的なセーブに観客席がどよめくシーンも結構ありました。

そして意外だったのは思った以上に攻撃の形も作れていたこと。
中盤の望月くん、松田くん、武田くんの1年生トリオ+佐藤くんの細かいタッチでのパス交換はかなり魅力的だと思いました。
絶妙の距離感と常に数人が動き出してボールをもらいに顔を出すのが小気味良かったですね。
さらにフランス遠征組の高野くん、水野くんも加わったら、これまで以上にチーム内の競争は激しいものになりそうです^_^;。


最後に当然と言えば当然なのですが、名古屋グランパスは強かったです。
「速さと高さと強さ」
さすがプロ。
完全に裏をとったかに見えたナイスパスでも通らなかったり、足元の競り合いでどうしても勝てなかったり。
いいタイミングで抜け出されると、ある程度動きを読んでいてもDFが置いていかれるし…(>_<)。

プロを目指そうと思っている選手にはいい刺激になったんじゃないかと思います。


« ミズノカップU-18 高知 2010 | トップページ | TM 野洲×桂 野洲×保善 »

野洲高校」カテゴリの記事

Jリーグ」カテゴリの記事

コメント

豊田まで観戦に行かれたのですね。グランパスのトップとゲームができるなんて、野洲高の選手には、いい経験になったと思います。プロ相手に自分たちの持てる力をぶつけて1点取れたのも収穫ですね。昨年の秋に神村学園が確かグランパストップと1-9とかかわら版に載っていました。この時期にこれだけやれれば、今年のチームも期待できそうですね。プリンスが楽しみです。観戦記、楽しく読ませて頂きました。

>うはうはさま

豊田まで行ってしまいました(^^ゞ。
当分、野洲好きはやめられそうにありません。

選手たちには本当にいい経験になったと思います。
プリンス初戦までにまだまだ変わりそうな気が…。
今年も目がはなせませんよ。

マッチの詳細ありがとうございました。
 愛知在住高校サッカーファンです。
先日の刈谷フェスで生野洲を3日間直に拝見しパス回しの美しさに感動。
 またピッチやスタンドでの礼儀正しさに流石は強豪高と感心しました。
今季のご活躍をお祈りしています

>みそかつさま

刈谷フェス、3日間ともご覧になったんですね。
野洲は新1年生が入ってきたことであの頃とは随分感じが変わってきています。
またどこかで野洲を見られたら、その変化に驚かれるかもしれません。
機会があればぜひどうぞ(^^)。

野洲とは個人的には縁も所縁もないんですが、ついつい宣伝しちゃいました(^^ゞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/37190876

この記事へのトラックバック一覧です: TM 野洲×名古屋グランパス:

« ミズノカップU-18 高知 2010 | トップページ | TM 野洲×桂 野洲×保善 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ