« TM 野洲×FC MI-O | トップページ | TM 野洲×一条 野洲×帝京可児 »

2010年3月 7日 (日)

TM 野洲×梅村学園三重高 野洲×Athpegas FC

土曜日に続いて雨の野洲高グランドに行ってきました。

相変わらず雨雲は分厚いけれど、土曜日ほど雨脚は強くなくて、ピッチ上の水のはけ具合もまずまずといったところでした。

最初に行われたのは、梅村学園三重高校との試合。
昨年も野洲高グランドで見たことあるなぁ。
ユニの胸のところに梅の花をかたどったエンブレムがあって、ちょっとカワイイ(^^)。

この三重高校、今年はプリンスリーグ東海2部に参加するらしい。

ちなみにプリンスリーグ東海2部のチームの顔ぶれはこんな感じ。

県立藤枝東高等学校(1部9位)
磐田東高等学校(1部10位)
県立岐阜工業高校(3位)
加藤学園暁秀高等学校(4位)
岡崎城西高等学校(愛知県リーグ1位)
飛龍高等学校(静岡県リーグ1位)
三重高等学校(三重県リーグ1位)
帝京大学可児高等学校(岐阜県リーグ1位)

う~ん、2部とはいえ、なかなか強敵ぞろいだわ。


野洲グランドで行われた練習試合に話を戻します。


この試合の野洲のメンバーは次の通りです。
(ポジションは自信がありませんのであしからず)

   
     61(山口)   64(美濃部)
    73(布施)     38(佐藤)
     32(中川)   35(横江)
66(香川) 47(竹内) 67(河北) 55(中村)
         33(松原)

交代:
後半10分 64(美濃部)→54(村松)
後半 分 66(香川)→45(山本)


前半はなかなか思い通りの試合をさせてもらえなかった感じで、しきりとベンチから速さを要求する掛け声がとんでました。

判断の速さ、タイミングの速さ、ボールの速さなどなど。

徐々にかみ合いだして、前半31分に先制。
最終ラインの河北くんから縦にパスが出て、山口くんを経由して最後は佐藤くんがシュートコースを探しながらドリブル&シュート。これが決まりました。

前半は拮抗した流れのまま1-0で折り返し。


三重高校は前に見た時よりも強い印象を持ちました。
まぁ、県リーグ1位のチームですからね。


後半は開始3分で相手のスーパーミドルシュートが決まり同点になります。

一旦嫌な流れになりかけますが、後半21分にゴール前の密集の隙間を通すようなコースに村松くんの重いシュートが決まります。これで2-1。

後半28分には相手陣内の深い位置で村松くんが相手ボールをかっさらい、後ろに相手DFを3人ほどひきつれながらも、そのままシュート。これが決まり3-1。

このあと佐藤くんのスーパーミドルが相手ゴールに突き刺さり4-1。

ここら辺りから、相手の運動量も落ち始め、一気に野洲が攻勢に出て…

村松くんが相手に3人くらいつかれながらも前線にスルーパスを出すと、抜け出した山口くんがGKが触るギリギリ前にちょこんと触ってシュート。これが決まり5-1。

最後の締めくくりに、中村くん、村松くんのワンツーで右サイドを突破し、中村くんがグランダーのクロス。
これを何人かがゴール前でスルーして、最後に決めたのはファーに詰めていた佐藤くんだったと思います。
これで6-1。

この後にも惜しいシーンがあったけれど、これは決まらず6-1のまま試合は終了。


この試合、6-1と大差がつきはしたものの、力差はそれほどないように感じました。
野洲もまだチーム作りがはじまったばかりという印象です。
ただ、いい展開が見え出すとどんどんいいリズムになって面白い流れからのゴールも見ることができました。
まだまだ強くなる可能性を感じました。

山口くん、佐藤くんあたりが本領発揮となったら…面白いチームになりそうです。




そしてもう1試合はAthpegas FCとの試合。

Athpegas FCってよくは知らなかったのですが、奈良の社会人チームらしいです。
でも、ググってみたらジュニア・ジュニアユースのチームは出てきたけれど…社会人は謎^_^;。


このゲームは…


     63(円乗)   48(加藤)
   44(三村)       46(米田)
     54(玉城)   62(前田)
52(藤原) 45(山本) 36(奥田) 39(神農)
         50(冨永)


この試合、序盤はやや攻めこまれていたけれど、苦しみながらも野洲がゴールを重ねて行ったという印象の試合でした。

前半34分に野洲が先制。
このゴールは三村くんのドリでの左サイド突破が効いていました。
三村くんがそのままゴールライン沿いをドリブルで中に切れ込んでクロスを送り、ゴール前で米田くんが流し込んで1-0。

前半は1-0で折り返し。


後半は大幅にメンバー交代。


     46(米田)   48(加藤)
   44(三村)       27(岩井)
     54(玉城)   43(平山)
45(山本) 36(奥田) 63(松田) 31(田附)  
         44(細川)



後半17分にまたまた大幅にメンバー交代。

     
     65(夏原)   40(高田)
   57(廣城)       27(岩井)
     43(平山)   54(玉城)
68(河島?) 42(平田) 63(松田) 31(田附)
         44(細川)

※その後 GKも44(細川)→51(杉田)に交代



後半18分に右サイドの田附くんのクロスをヘッドでつないで、最後は夏原くんのヘディングシュート。
これが決まり、2-0に。

後半24分には、平山くんからのパスを受けた夏原くんが前線に抜け出し、GKの頭上を越すループシュート。
これが決まり3-0。

終盤は野洲ペースで試合が進み、終了前には夏原くんが上手く抜け出し強烈なシュート。
これに高田くんが触って角度を変えてゴール…かな?

多分、4-0で野洲が勝ちました。       

« TM 野洲×FC MI-O | トップページ | TM 野洲×一条 野洲×帝京可児 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/37190232

この記事へのトラックバック一覧です: TM 野洲×梅村学園三重高 野洲×Athpegas FC:

« TM 野洲×FC MI-O | トップページ | TM 野洲×一条 野洲×帝京可児 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ