« TM 野洲×福知山成美 | トップページ | TM 野洲×久御山 »

2010年4月18日 (日)

プリンスリーグ【野洲×京都橘】

今日、ビッグレイクで行われたプリンスリーグ第2戦。


まずは【草津東×近代附属】の試合。

見始めたのは開始10分くらいからでしたが、どちらかと言えば近代附属ペースだったように思います。
が、草津東にもビッグチャンスが何度か訪れて、どちらに勝敗の行方が転んでもおかしくない展開。

そんな読めない展開どおり、やや押され気味だった草津東が先制します。

ラッキーな先制点の後、草津東がやや押し気味に試合を進めて、このまま前半を終わるかと思われた前半41分、近代附属に崩されてゴールを許してしまいます。

このまま1-1で前半を折り返し。



後半の出だしは草津東ペース。

まぁ、決定的ピンチもあったけど。

後半12分には草津東の選手がめちゃめちゃきれいに裏に抜け出して、GKと一対一のチャンス!
…でも、狙い済ましたシュートはゴール左にそれていってしまいました。

決めておくべきところで決められないと…と、サッカーではよく言われるけれど、まさにその通りの展開が待っていました。

このシュートを外した1分後、崩されて失点。
これで1-2に。

結局、この1点が決勝点となって、草津東は2戦目を落としてしまいました。

う~ん・・・残念。




そして次の【野洲×京都橘】の試合。


スタメンは次の通り。


      46(米田)  64(美濃部)
    38(佐藤)     73(布施)
     32(中川)   54(玉城)
42(平田) 47(竹内) 36(奥田) 35(横江)
         33(松原)


あぁ、違う違う。
これは昨日の練習試合、福知山成美戦の1本目のメンバーでした。


      24(米田)  11(美濃部)
    7(佐藤)      10(布施)
      5(中川)   23(玉城)
21(平田) 2(竹内) 4(奥田) 13(横江)
         1(松原)

交代:
後半0分 11(美濃部)→25(加藤)
後半30分 21(平田)→18(香川)
後半36分 7(佐藤)→9(村松)



結局、昨日の1本目が今日のスタメンだったんだ~!
ちょっとビックリ。

毎週見ているけれど、奥が深いわぁ(-_-;)。




試合の方は1試合目も思ったんだけど、芝のコンディションが悪すぎ。

芝がめくれて土が見えているところもあるし、芝のあるところでも砂がまいているっぽい。
選手たちは足を取られるわ、滑るわ(>_<)。
ビーチサッカーみたい(-_-;)。

そのためもあってか、パスがなかなかつながらず、蹴りあいの展開になることが多かったです。

特にセンターサークル付近は目も当てられないほど状態が悪く、ボランチや2列目の選手は普段の力も出せない感じでsた。

大事な育成のためのゲーム、仮にも関西のトップリーグの試合にふさわしいコートであるかと言えば…残念ながらNO…。

大好きなビッグレイクがこんな状態なのは悲しいことです。

このピッチであと2試合もあるのかぁ…(-_-;)。

勇気ある会場変更…なんてことは無理だろうなぁ。



試合のことに話を戻すと…前半は京都橘のペース。

ピッチコンディションが悪いなりに、つなげるところはつなぐなど、京都橘の方がやりたいサッカーができていたと思います。

前半はそれでも粘り強く我慢して0-0で折り返し。



後半は互角の出だしから徐々に野洲にもいい形が見られるようになります。

加藤くんの前への意識、どろくささが野洲に勢いを持ってきたという部分もあると思います。


その勢いのままに後半3分に、野洲に待望の先制点。
横江くんからのパスを受けた玉城くんが前線にループパス。
相手GKが補給するかに見えたボールでした(実際にGKも「OK(自分が防げる」と言っていた)が、相手GKが触るよりも一瞬早くとび込んできたのが加藤くんでした。
これぞFWという感じのゴールでしたね。

この後、野洲のいい流れが続いたのですが…

後半21分にFKを与え、このボールを一旦は松原くんが弾き返したものの、こぼれ球を押し込まれて失点。
同点にされてしまいます。

この同点弾で勝負の行方は全くわからなくなりますが、試合終了間際の後半44分に野洲にゴールが生まれます。

村松くんのシュートは相手選手に当たってゴールまでは届かなかったのですが、ゴール前でこぼれ球をひろった布施くんが振り向きざまにシュート。

このシュートは左にそれていきますが、このボールに詰めていた野洲の選手が2人いました。

中央でスライディングで詰めた加藤くんには惜しくも届きませんでしたが、ファーサイドから走りこんできた米田くんには届いて、そのまま蹴りこんでゴール。

結局、このゴールが決勝点となり2-1で勝利。



内容的にはやりたいサッカーができたかと言えば、多分そうではないだろうし、渋い勝利だったのではないかと思います。

ただ、何より勝ち点3を取れたことは良かったです。

あの悪コンディションの中、選手たちはよく頑張ったと思います。

« TM 野洲×福知山成美 | トップページ | TM 野洲×久御山 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

おっ 久々に先に記事アップできたぞ。ビデオ見直したらあのコンディションの中でよくやっていたと再認識しました。

〉dotchyさま

今回はどっちぃさんの方が早かったですね(^^)。
動画も堪能させていただきました。

選手たち、あの悪条件の中でよく頑張ってましたね(^-^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/37195111

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ【野洲×京都橘】:

« TM 野洲×福知山成美 | トップページ | TM 野洲×久御山 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ