« TM 野洲×岐阜工 | トップページ | U-16 日本代表(AFC U-16選手権2010) »

2010年10月17日 (日)

TM 野洲×滝川第二

今日の練習試合の相手は滝川第二。

場所は野洲高グランドではなく滝川第二のグランドです。

昨日の時点では今日の観戦はお休みする予定でしたが、ギリギリに思いなおしてドライブを兼ねて滝川第二まで行ってきました。

試合は10時から。

晴天とは言え肌寒い中で行われました。

      

メンバーはこちら。

   61 48
 32    63
   54 31
54 47 39 43
     33

交代:

後半6分 32→66
後半24分 63→40

 

序盤は押し込まれ気味の展開。

さすがにクレイコートでの試合とあって野洲の選手にとっては勝手が違うようでした。

足元をよく見ていないとボールがイレギュラーに弾むため、ゴロパスやドリブルでは一苦労。

ノールックでのプレーは難しい状態でした。

自然、両チームとも浮玉を使った展開が多め。

いつもはゴロパスを要求されることの多い野洲のベンチからも、スペース裏に大きめにパスを出すように声かけされている場面もあったので、まぁ、ピッチコンディションに合わせた戦い方だったのかもしれません。

 

試合は、序盤の劣勢の時間帯を過ぎるとこう着状態に。

ただ、お互いに選手権予選を前にしているだけあって、「一歩もひかないぞ」という気持ちが伝わってきてなかなか見ごたえのある試合になってました。

滝二の決定機の方が数としては上回っていたけれど、野洲も試合の真ん中過ぎからはいい形を作り…でも、互いにゴールを割ることはできずスコアレスドロー。

 

その後、PK戦の練習もあって、このPK戦も8人目まで回る接戦(-_-;)。

結果的には8-7で滝二の勝利となりました。

 

***************************

 

次の試合はサブ戦。

     64 46
   44(3年) 44(1年)
     32 49
  29 45 76 35
       50

交代:

後半0分 50→44
後半17分 46→40
後半35分 44(3年)→66

 

この試合はFKの流れから失点。

さらに深い位置でのミスが失点につながり0-2のビハインドで前半を折り返し。

後半に相手を崩して1点返したけれど、CKから再び失点し1-3に。

終盤、きれいに崩してゴールし、1点差に詰め寄るもここでタイムアップ。

2-3で試合終了。

相手のセットプレーにやられた感じですね。

それにしても…やっぱり前線の美濃部くんはいいです(^.^)。

« TM 野洲×岐阜工 | トップページ | U-16 日本代表(AFC U-16選手権2010) »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/37278773

この記事へのトラックバック一覧です: TM 野洲×滝川第二:

« TM 野洲×岐阜工 | トップページ | U-16 日本代表(AFC U-16選手権2010) »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ