« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

野洲高校6連覇おめでとう!

今日、皇子山陸上競技場で滋賀大会の決勝戦が行われました。

BBCで放送されたので、レポはいらないかと思いましたが、やっぱり自分の記録用にとどめることにしました。

      4(美濃部) 9(加藤)
    10(望月)     7(布施)
      16(高野) 8(松田)
13(平山) 5(竹内) 12(水野) 2(横江)
          1(松原)

交代:

後半7分 4(美濃部)→3(村松)
後半17分 13(平山)→24(山本)

試合の立ち上がりはやや綾羽のペース。

ただ、時間の経過とともに野洲も盛り返してきて、野洲らしいつなぎが見られだしました。

が、先制をしたのは綾羽。前半15分。

綾羽の左サイドを使った攻撃で、10番をつけた1年生FWがドリブル&味方とのワンツーで野洲陣内に深く攻め込みクロス。
これに中央でギリギリ合わせたのが草津東戦でも大当たりしていた9番の山田選手。

この失点からしばらくは綾羽ペース。

GKと一対一の場面を作られ、松原くんがブロックして防ぐようなシーンもありました。

 

野洲の反撃は20分過ぎ。

前半23分に分厚い攻めから最後には味方のドリブルしたボールが加藤くんに渡り、やや角度のないところからシュート。
足元にボールが入りすぎたかに見えたのによく打ちました。
これが決まり1-1の振り出しに。

ここからまた互角の展開。

野洲のいいところもあったけれど、綾羽の攻めも鋭くて全く気の抜けない状態。ボールを奪った後の攻めのスピードがものすごく早かったです。

試合がこう着しかけたところで、野洲に待望の逆転弾。
前半34分に中盤でねばってマイボールにすると、すばやく望月くんに渡します。
ボールを受けた望月くんは相手が寄せてこないのを見るとドリブルで相手をうかがい、ミドルシュート。
このボールはGKを越え、クロスバーに当たって跳ね返り、ゴールマウスの天井に突き刺さりました。
いいものを見せてもらいました。

この得点で一気に野洲が元気になったのが目に見えてわかりました。

望月くんの逆転弾の3分後に追加点。
前半37分。
加藤くんが左サイドでボールを受けて、そこから何度か切り返して相手をかわし、センタリング。
これにゴール前でフリーになっていた美濃部くんがうまくヘッドで合わせて3-1。

前半は3-1のまま終了。

決定機の数では綾羽の方が上回っていたけれど、決定力の差でこのスコアという感じ。

 

後半も互角の展開。

ただ、決定機という点では綾羽の方が多かったように思います。

特に後半10分過ぎには立て続けの大ピンチ。

その後、野洲にもチャンスはあったものの、後半20分にはとうとう1点を返されてしまいました。

この後は両チームに決定的チャンスと大ピンチが交互に訪れるような展開。

野洲のチャンスは36分に布施くん、37分に村松くんのシュートがポストをたたくというついてなさ(>_<)。

アディショナルタイムには相手CKから決定的なピンチがあったけれど、松原くんがスーパーセーブ。

何とか失点を免れ、逃げ切りに成功しました。

***************************

綾羽は強かったですね~。

特にサイドを使った攻撃にはかなり苦しめられました。

綾羽は前線にスピードのある選手を配置していて、何度も抜け出られました。

何度、松原くんの神セーブに助けられたことか。

ボールを奪うと素早く左サイドへ。左サイドから中央へ・・・という流れの完成度の高さは敵ながら見事でした。

綾羽のシュートの精度も悪くなかったと思います。

松原くんの大当たりと全員の粘り強い守備が効いていたため2失点で済んだ感じです。

攻撃では、加藤くんの強さが光ってましたね。

1ゴール1アシストの場面以外にも、チャンスに多くからんでいました。

滋賀県大会は野洲の6連覇で幕を閉じました。

勝負の行方がわからないほどの接戦にも必ず終止符が打たれ、終了のホイッスルとともに勝者と敗者とに分かれる…。

毎年、この明暗を見て心が痛くなります。

綾羽はとても強いチームでした。

野洲には綾羽の分も全国で暴れてほしいですね。

そのためには、あと1カ月。

いい準備をしてもらいたいです。

2010年11月26日 (金)

いよいよ明日

いよいよ明日、滋賀県予選の決勝。

今の気分は、早く試合を見たいような、そうでないような複雑な気分。

選手たちが自分の力をだせますように…

勝利を信じてます。

2010年11月23日 (火)

全国選手権組み合わせ決定!

第89回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ が決まりました。

滋賀代表はまだ決定ではありませんが、第1戦は12月31日(金)、松商学園とフクアリで対戦します。

また千葉会場か~(-_-;)

でもフクアリは結構好きかも…ヽ(^o^)丿

などなど、ついつい気持ちは全国大会にとんでいってしまうのですが、とりあえずは目の前の試合に集中!

土曜日に勝って出場が決まったら、それからいろいろ予定調整などを始めたいと思います。

滋賀以外の対戦カードを見ると…

1回戦からかなり楽しみというか見応えたっぷりな試合が組まれています。

 

前橋育英×神村学園

静岡学園×米子北

広島皆実×青森山田

決勝のカードと言っても差し障りのないほど豪華^_^;。

特に静岡学園×米子北なんかは、1回戦から当たるのはもったいないですね。

2010年11月20日 (土)

久々のJリーグ観戦

今日は野洲高グランドで野洲×TOJITSU滋賀FCの練習試合の前半だけ見て大阪長居のキンチョウスタジアムへ。

※野洲高グランドでの練習試合のメンバーは、決勝前なので一応伏せておきます。

結果は前半1-0、後半1-0で野洲が勝ったようです。

前半を見た感じではなかなかいい感じだったのではないかと思います。

 

 

で、キンチョウスタジアム。

収容人数は1万5千人くらいかな?

ピッチとスタンドが近くてなかなかいい感じのスタジアムでした。

結構、スタンドの傾斜がきつめで、距離は近いのにピッチ全体を俯瞰して見ることができるので、選手の動きがよくわかりました。

滋賀にもサッカー専用グランドが欲しいですね。

試合は2-0でセレッソの勝利。

アドリアーノがたくさんあったチャンスのうち1本でも決めていたら、もっと楽な試合になったと思うのですが…。

  

でもまぁ、勝利の余韻も楽しめ、久々のJ観戦は有意義なものとなりました。

帰る前に7番のタオマフを買いました。

満足満足(^^)。

席もとても見やすいところで、チケットを譲ってくださった方には感謝感謝です。

  

 

マッチデープログラムや小冊子のことは明日触れようと思います。

ではでは。

2010年11月14日 (日)

選手権予選準決勝【野洲×八幡】

続いて行われた【野洲×八幡】の試合。

八幡はここ数年で頭角を現してきたチーム。

3年前の滋賀の高円宮杯U-15を制したFC湖東の選手たちがまとまって八幡に進学。

(実際に当時のFC湖東の試合も見ましたが、相当にタレントぞろいで穴のないチームといった印象でした)

そのFC湖東から加入した選手たちが1年の時からレギュラーとして経験を積み…3年め。今年は言わば八幡サッカーの集大成の年。

その期待通り冬の新人戦のタイトルを獲り、直接対決でも野洲を下しています。

 

野洲にとっては選手権予選連覇がかかった大会ではありますが、今年の県内の公式戦の実績だけを見ると八幡の方が上。

選手の経験の平均値やチームの完成度も八幡の方が上。

そんな力関係の中で行われた試合でした。

  

*************************

試合については…テレビ放送があったので、それを見たら十分!

って感じなので、簡単に記録として残すために記しておきます。

       9(加藤) 4(美濃部)
     14(武田)    7(布施)
             16(高野) 8(松田)
13(平山) 5(竹内) 12(水野) 2(横江)
          1(松原)

交代:

後半19分 7(布施)→19(円乗)
後半32分 12(水野)→25(奥田)
後半39分 5(竹内)→24(山本)

 

試合は、両チームとも中盤をコンパクトにしてボールをつないで崩していこうといった展開に。

両チームとも集中を持続したまま最初の15分を経過。

先制は野洲。前半16分。美濃部くんの直接FKが左下のポストに当たって右に跳ね返りゴールネットを揺らしました。

テレビで見たら、無回転でストンと落ちたように見えました。

その後も流れは一進一退。

互いにいい形を作り作られ…。

やや八幡ペースになりつつあるかと思えた頃…追加点が野洲に入りました。

前半32分、またまた決めたのは美濃部くん。
やや攻めあぐねていたところでしたが、布施くんからのパスをゴールを背にして受けた加藤くんが前を向いてスルーパス。
これを受けた美濃部くんが相手DFやGKが寄せてくるよりも早く右足を振りぬき、グランダーのシュート。これが決まり2-0に。

この後も一進一退のまま終盤へ。

決定的な形を作られつつも、何とか無失点のまま前半終了。

 

後半立ち上がりは、八普の波状攻撃。

かなり危ない場面でした。

身体をはった全員守備の末、何とか失点を食い止めると、流れはまたイーブンに。

後半10分の相手CKからの流れは大ピンチだったけど、何とかしのいで…。

そして野洲が待望の3点め。

後半17分。またもや決めたのは美濃部くん。

中盤でのボールの奪い合いの末、高野くんがパスカット。素早く武田くん~美濃部くんとつないで、美濃部くんが遠めの位置からミドルシュート。

これが決まり3-0。

3点めが入ってからは、相変わらず八幡にいい形を作れれてはいましたが、試合は少し落ち着いてきたように感じました。

結局3-0のまま試合終了。

  

************************

 

3-0というスコアでしたが、ほぼ互角の80分だったと思います。

決め切れたか、決め切れなかったかの差。

守り切れたか、守り切れなかったかの差。

ただ、それだけ。

 

この試合での美濃部くんは神がかってました。

大事な試合で起用され、しっかり結果を出してみせた美濃部くんには大きな拍手を送りたいです。

そして守備では守備陣を中心に全員の守備が光ってましたね。

 

八幡は強かったです。

そして面白いサッカーでした。

滋賀県民としては、滋賀に八幡アリということを全国の人に知ってもらいたい気持ちもするのですが、県で出られるのは1チームだけですから仕方ないです。
(できればプリンスリーグとかに出てもらいたかったのですが)

************************

さて、次はいよいよ決勝です。

野洲×綾羽。

2週間、いい準備をして勝ち抜いてもらいたいです。

今年も関東に連れて行ってくれることを信じてます。

2010年11月13日 (土)

選手権予選準決勝【草津東×綾羽】

今日は選手権予選準決勝が皇子山競技場で行われました。

今日は2試合とも観戦したので、第一試合についても少しふりかえっておこうと思います。

 

【草津東×綾羽】

勝手に草津東有利との予想をたてて観戦したこの試合。

内容的には互角。

内容通りに前半はスコアも0-0。

拮抗した中で、時折、綾羽が草津東の守備網を突破する場面もあったけれど、草津東のGKの村上くんのミラクルな守りもあり、今大会無失点を続けるクサヒガのゴールを割るのは簡単なことではないように見えました。

また、同様に綾羽もすごい集中力で応戦してくる。
準々決勝の時に見た綾羽とは少し違って見えました。

そんな中、後半序盤にはクサヒガがセットプレーで先制…で、草津東がわずかに有利に試合を進めているように見えたのですがね…途中までは。


試合のターニングポイントとなったのは後半13分の綾羽のゴール。

綾羽の9番の山田くんのサイドからのドリブルでのかわしは上手かったです。

同点弾からは綾羽ペースだったかな。

山田くんのプレーも冴えていました。
コワイ選手です。

そして綾羽の逆転弾はロスタイムにとびだします。

CKに合わせたのは、またまた山田くんのヘッド。

ニアサイドで合わせたボールはGKとニアポストの間の狭いスペースに吸い込まれるように入り、勝負アリ。

決勝進出1チームめは綾羽高校に決まりました。

綾羽の山田くんも次に見たい選手ではありますが、クサヒガの石黒くんとGK村上くんのプレーももっと見たかったです。

2010年11月 9日 (火)

荒堀選手、横浜FC入団内定

私用で忙しくしていたので、ちょっぴり世間の情報の波から乗り遅れています^_^;

野洲OBの荒堀選手の横浜FC入団内定が発表されたようです。

 

横浜FCオフィシャルサイト

詳しい経歴については【こちょうのゆめ】でも書かれています。

高校選手権での活躍や同志社大学での活躍など、ご存じの方も多いと思います。

プレーのイメージは柔軟でしなやか。

野洲に限らず、どのチームに入ってもスーッと周りに馴染んでしまう選手…それが高校選抜や同志社大学でプレーしている姿を見た感想です。

とある雑誌(06-07ユース&Jrユースサッカー・パーフェクトレポート)に載っていた青柳舞子さんの文章が印象的だったので、引用させていただきます。

****************************

 やわらかい言葉の中に強い意志を感じる。

迷いながら確かめながら、でも確実に自分の道を歩いている。

荒堀謙次。18才。06年、日本一になった野洲のボランチ。

 どこかつかみどころのない彼は、何色にも染まり、何色にも染まらない、無色透明のよう。

「相手を読むのは得意やからね。サッカーもそうかな」

真剣に彼と向き合おうとして、いつもはぐらかされる。

「そのまま(のオレを)書いたらいいんちゃう?」

ふっと笑って下を向く。自分を話すのは得意ではない。

大きく見られるのも、上に見られるのも好きじゃない。

「上に見られたらダメやね。すごい選手じゃないから」

それでも聞きたいことがある。野洲に入ってからの荒堀は7つのポジションを経由して、高校最後の大会に“誰にも真似できひんサッカー”のハンドルを握っていた。

「どこ(の位置)もイヤじゃない。流れやねんな」


 変化を求められたとき、それを受け入れるのは容易ではない。

ましてや高校3年生には。

けれど荒堀は何事もなかったようにサラッとそれを受け入れる。

「これといった武器がないからな」と、自然に呼吸をするようにその場所に染まる。そこで強い“個”を見せて。

「野洲は攻撃で魅せられる。だからオレはその攻撃につながる2つ3つ前のプレーをして、あいつらにつなげる。そこで魅せたい」

 ゆっくりと流されながらも自分を忘れない強さ。

その時の自分を楽しんで、ピッチの上で心を解き放つ。

本当は「人と一緒は嫌やねんな」。

 自分の存在を知らせるかのように光を放つ選手としての彼と、目の前で、はにかみながら話をしている18才の彼。

そのどちらも自然体の荒堀だと知る。

「今までこうして生きてきた。これからもそうやろね」

 流されながら、でも流れきらずに彼はこのまま歩き続けていく。

たぶん変わらないまま。

きっと、ずっと。

*********************

Jリーグ入りは一つの節目ではあるけれど、スタートでもゴールでもない。

多分、道の途中なんじゃないでしょうか。

その歩みをJという舞台で見られるのはファンとしては幸せなことですね。

2010年11月 3日 (水)

選手権予選準々決勝【野洲×水口】

水口スポーツの森で行われた第2試合。

【野洲×水口】。

ここ数年、水口は結果を残せない年が続きましたが、今年の選手権予選では守山を破りベスト8へ。

ここまでの水口の試合は観ていなかったけれど、「強い」「上手い」と聞いていたので、野洲にとっては難しい試合になるだろうと思っていました。

その予想通り、試合は緊迫したものに。

これからその試合について振り返っていきたいと思います。


まずはメンバーから。

      9(加藤)  11(山口)
    14(武田)     7(布施)
      16(高野) 8(松田)
13(平山) 5(竹内) 15(神農) 2(横江)
           1(松原)

交代:

後半0分  15(神農)→12(水野)
後半12分  13(平山)→3(村松)  
後半25分  11(山口)→10(岩井)  14(武田)→19(円乗)
後半29分  16(高野)→6(中川)
後半35分  2(横江)→24(山本)

試合の序盤は野洲の選手たちの動きは少しかため。やや水口ペースの立ち上がりに見えました。

時間の経過とともに、かたさも取れてきて、いいパスがつながりだして…前半8分に先制。
ちょっと遠めだったのと副審のかげで見えなかったのですが、山口くんが粘ってバイタルエリアでボールキープし、それが加藤くんにつながり、最後は布施くんが落ち着いてゴールに流し込んだ…という流れだったように思います。
これで1-0。

ただ、先制はしたものの、決して楽な展開になったわけではなく、互角かやや水口よりの時間帯もありました。

前半24分には水口の右サイドを起点に攻め込まれ、竹内くんがスライディングでギリギリカットして防ぐシーンも。

前半終了間際にもCKからの流れで野洲のゴールネットを揺らされ、同点にされたと覚悟したのですが、これはどうもオフサイドだったようで、ノーゴール。
助かりました。

結局、前半は1-0で折り返し。




後半も水口が立ち上がりから攻勢に出ようとしますが、何とか踏みとどまり、徐々に野洲ペースに。

後半8分には待望の追加点。

高野くんの右CKに合わせたのは加藤くんだったと思います。
これで2-0。

その後、高野くん~横江くん~布施くんのつなぎや、松田くん~加藤くんのつなぎなど面白い展開はありましたが、ノーゴール。

…と、野洲のいい形もできてきたけれど、水口もまだまだあきらめるはずもなく、何度も逆襲を仕掛けてきます。

一度はゴールネットを揺らされたけれど、これはノーゴール。

そしてもう一度は至近距離でのシュートを許したけれど松原くんが間一髪でブロック。

次の1点をどちらが入れるかによって試合の行方が決まりそうな雰囲気でした。

幸いなことに次の1点は野洲に入ります。
後半17分、Pエリアに侵入した布施くんが倒されてPK獲得。
このPKを村松くんが決めて3-0に。

この後はしばらくは野洲ペース。

でも、終盤にバイタルエリアでボールを回され失点。
ここまで無失点できていただけに、惜しい失点でした。

試合終了間際には水野くんのドリブルでのあがりからCK獲得。
このCKを村松くんが蹴って、低めのボールに走りこんできて合わせたのは中川くん。
これが決まり、試合は4-1で終了。

***********************

水口はやはり強かったです。

野洲はかなり苦労させられた試合でした。

ただ、野洲のよいところもたくさん見えた試合でした。

えてして野洲の選手は試合中も静かだったりする場合が多く、松原くんの声だけが響いていることが多いのですが、今日の試合では多くの選手の声が聞こえてきました。

「きりかえよう」

「もっともりあげよう」

「サッカーを楽しもう」

負けたところで今年のチームは終わってしまう選手権。

選手たちは両チームともギリギリのところで戦っています。

特別な大会なのです。

 

『選手権は選手を大人にする』

これはここ数年選手権予選や選手権を見てきた個人的な感想です。

1試合でも多く、この選手権という大会の試合を経験してもらいたいです。

その中で、チームとして、そして個人としても大きく成長してくれるのでは…と思っています。

最後に…書きたくはないけれど、水口の応援・観戦マナーはどうかと思いました。

ピッチサイドの前の方まで出ての応援は感心しませんでした。

おかげでコーナーキックはほとんど見えませんでした。

何より、サイドラインに近いエリアは、プレーゾーンだと思うのですが…あれでは選手に邪魔でしょう。

運営サイドから注意してもらうか、学校サイドで指導するか…今後に向けて改善していってほしいところです。

選手権予選準々決勝【八幡商業×綾羽】

今日の水口スポーツの森で行われた1試合目。

【八幡商業×綾羽】の試合。

 

最近、2試合気合いを入れて観戦するのは体力的に難しいので、1試合目は流して観ようと思っていたのですが、ついつい真剣に見入ってしまいました。

 

試合は、八幡商業が先制して綾羽が追いつき、綾羽が追加点をあげて逆転したかと思うと、八幡商業が追いつき…という白熱した内容。

かなり見ごたえがありました。

途中、綾羽がPKを獲得して試合を決めるかと思えた瞬間もあったのですが、なんとPK失敗。

2-2のまま延長戦に入り、均衡を保ったまま終盤へ。

このままいけばPK戦突入?と思われた延長後半のロスタイムに綾羽の決勝点。

100分に及ぶ長い試合は終わりを告げました。

力の差は多分あったと思います。

綾羽の選手の上手さは八幡商業の力を上回っているようには感じました。

ただ、それだけでは語れないものがサッカーにはあります。

今日は天八魂を十分に見せてもらいました。

強い相手にもあきらめない、恐れない、ねばりのサッカー。

本当にいいチームだと思いました。

 

あと、応援も力強く、選手の後押しをしていたと思います。

応援・観戦マナーの良さも印象的でした。

ナビスコカップ決勝

今日はナビスコカップ決勝の日でした。

高校選手権予選準々決勝と日が被っていなければ、国立競技場まで足を運びたかったほど楽しみにしていた試合なのに…

見事にテレビ録画を忘れていました(/_;)。

かなり久しぶりにジュビロ磐田がタイトルを手にした試合。

CSの再放送待ちです。

船谷のゴール…前田の2ゴール…ヽ(^o^)丿

 

それと…山崎のゴール。

どんなのだったのかな?

準決勝のフロンターレ戦に続くゴール。

野洲ファンなら多分覚えているはずの八千代OBの米倉・山崎の山崎。

Jの中ではこっそりと応援している選手の一人なので嬉しかったりして・・・

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ