« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月23日 (木)

最後の試合【野洲×久御山】

今日の試合については書くかどうか迷ったのですが、心の中にとどめておきたい試合だったので書くことにします。

今日のAチームは通常練習。(ちなみにAチームも21日に久御山と練習試合をしています。その試合は2点先行されて2点追いついてドロー決着)

で、午後からタイトルにある『最後の試合』は行われました。

選手権メンバー以外の3年生にとっての高校最後の試合。

言わば大事な引退試合を部外者であるにも関わらず、厚かましく観戦させていただきました。

この試合、久御山にとっても引退試合だったのか、両チームとも応援団つき。

ピッチサイドギリギリまでせり出しての応援に、ピッチの1/3くらい見えない状態でしたが、応援団とピッチの選手たちのつながりみたいなものもストレートに伝わってきて、なかなかいい感じ。

試合展開が見えない(>_<)というのはギャラリーも受け止めていて楽しんでいる…時には笑いあり、時にはジーンと感動する場面あり…と、一言では言い表わしにくい感慨深い試合でした。

 

さっきも書いた通り、試合展開はほとんど見えていなかったので内容は書けませんが、メンバーだけでも書きとめておきます。

(メンバーに間違いがあればご指摘ください。すぐに訂正します。)

【前半】

       27(岩井)  34(村田)
    38(佐藤)       44(三村)
       63(松田)  62(前田)
53(松岡) 39(神農) 52(藤原) 30(佐藤)
          50(冨永)

1点めはスタートした直後、右サイドバックの佐藤くんの抜け出しからクロス~岩井くんのゴール。(多分)

2点めは2列目の佐藤くんがドリブルで突破してそのままゴール。

3点めは村田くん?(ゴールマウス全面が見えない状態になってきたので、自信はありませんが)

4点めは佐藤くんが再びドリブル突破からそのままシュート。これが決まりました。

5点めは岩井くん?

前半の終わりかけに久御山に1点返されて5-1で折り返し。

 

 

【後半】

後半はほぼ全員メンバー入れ替え。

      48(冨永)  58(近藤)
    26(井ノ口)    28(岩田)
      62(前田)  57(家山)
65(夏原) 46(小山) 59(杉山) 56(池川)
          50(神農)

交代:

後半途中 62(前田)→63(松田) 

 

後半は、DFの神農くんがゴールマウスを守り、GKの冨永くんがFWを務めるという驚きの布陣。

後半もいい形は作るもののなかなか両チームともスコアが動かない状態が続き…終盤近くになり野洲が追加点。

6点めは池川くんのクロスに合わせたのは…冨永くん?(間違っていたらすみません)

7点めは再び右サイドの池川くんのクロスに、走り込んで合わせたのは…誰だったのかな?見逃してしまいました(>_<)。

  

結局、試合は7-1で野洲の勝利。

彼らの最後の試合、見届けさせていただきました。

後半、驚きの布陣が披露されるなど、ちょっと遊び心も入った試合で、全体的にリラックスムード。

そんな中でしたが、ドリブルやパスの一つひとつに野洲らしさを感じさせてくれる試合でした。

 

 

このチーム、このメンバーでやる最後の試合、彼らにとっては二度とない試合を見せてもらえて光栄でした。

杉山くんの挨拶にも感動(T_T)。

選手にも選手たちを支えてこられたご家族にも拍手をおくりたいです。

 

高校での最後の試合は終わってしまったけれど、できればこれからもどこかでサッカーを続けていてくれたらいいなぁと思います。

 

 

今日は本当にありがとうございました。

2010年12月19日 (日)

TM 野洲vs広島皆実

今日の野洲高グランドはポカポカのよい天気&相手が強豪の広島皆実ということもあってか、ギャラリーがいつもより多めでした。

試合は出だしはどちらかと言えば野洲ペースだったと思います。

最終ラインから前線までをコンパクトにして、相手陣内に押し込みバイタルエリアで細かいパスを回す展開。

ただ、シュートまではなかなか打たせてもらえず。

試合開始15分くらいになると、野洲のパスミスや連係ミスも出だして徐々に皆実に流れが傾いていき、大きなピンチと大きなチャンスの後に失点。

失点は前半24分。オフサイドっぽいかんじだったけれど、皆実の選手が野洲の最終ライン裏に抜け出してゴール。
これで0-1。

前半31分には村松くんのFK(25mくらいあったかな?)が直接ゴールネットを揺らして1-1に。

前半は1-1のまま折り返し。


後半は野洲ペースの出だしで前半の出だし同様に相手を押し込む展開。

何本か決定機も作り、後半20分までは完全に野洲が流れをつかんでいるように見えました。

後半の折り返しあたりで選手交代があり、少しボールのおさまりが悪くなり皆実のペースに。

なんとかピンチをしのいで終了間際までこぎつけ、このまま引き分けで終わるかと思われたアディショナルタイムに相手FKから失点。(直接狙いのFKで一旦はGKが弾いたものの、跳ね返りが選手に当たってゴールへ)

結局1-2で試合が終了しました。

内容的にはほぼ互角だったと思います。

ポゼッションの高い野洲と裏に抜けるスピードの速い皆実という構図。

野洲は守備ラインをかなり高く保っている分、その裏のスペースは相手にとったら狙いどころなんでしょうね。

今年の野洲は前線~中盤の守備も粘り強くてなかなかのもんだと思いますが、縦のパスを入れさせない守備という面ではあとひと頑張りする必要がありそうです。

 
 

2試合めのサブ戦は点の取り合いになりましたが、最終的に2-3で終了しました。

2010年12月15日 (水)

関西学生サッカーアウォーズ

12/12(日)に2010年度第88回関西サッカーアウォーズが行われたようです。

 

表彰者一覧(1部)

野洲OBでは田中雄大選手(関西大4年)、荒堀謙次選手(同志社大4年)、坂本一輝選手(立命館大2年)が選ばれています。

OBの活躍は嬉しいこおですね。

田中雄大くんや荒堀謙次くんは来期からJへ。

プロの試合のピッチに立つ姿を早く見たいものです。

そして、坂本くんは2年生ながら得点王。

高校時代もすごいプレーを連発していましたが、大学に進んでますます力をつけている見たいですね。
来期以降も楽しみです。


表彰者一覧(2部A)

2部Aからは西口諒選手(京産大2年)が優秀選手に、村田和哉選手(大体大4年)がベストキャプテンに選ばれています。

****************************

OB関連の記事で・・・

今週号(12/28日号)のサッカーダイジェストに大体大サッカー部『2部からJに殴り込む』という記事があり、Jチームに内定した3人のインタビュー記事が載っています。

村田くんももちろん登場しているので野洲ファン必見です。

TM 野洲vs那覇西 野洲×明徳義塾

遅くなりましたが、先週末に行われた練習試合についてささっと触れておきます。

 

まずは、12/11(土)に行われた那覇西戦。

場所はルネス学園の天然芝ピッチ。

以前に社会人リーグで見に来た時は土ボコリがたつピッチだったように記憶しているのですが、いつの間にか天然芝が…

芝状態はちょっとまだらになっているために、ボールの弾み方が不思議な感じ。

そんな中ですが両チームともうまくボールコントロールしていたと思います。

  

試合は、野洲がポゼッションを高くして、相手陣地で細かいつなぎをする場面が多かったです。

結果的には野洲が先制して、那覇西が追いつき1-1で終了しました。

  

  

翌日、12/12(日)は野洲高グランドで明徳義塾戦。

この試合も野洲が相手陣内で細かいパス回しをする場面が多かったです。

結果的には野洲が2点先行した後、ミスがらみもあって同点に追いつかれ、最後は野洲が1点追加して突き放して終了。

本番間近ということもあって、土日とも正式に審判を要請しての試合。

が、野洲はまだチーム作りの真っ最中って感じ。

毎年、他のチームと比べるとチーム作りはゆっくりめかなぁ…と感じることが多いのですが、今年は特にそう感じます。

まぁ、本番でどんなチームに化けてくれているか、楽しみにしたいと思います。

2010年12月 5日 (日)

TM 野洲vs徳島商業

選手権予選が終わって1週間。

全国大会まで残り1カ月を切りました。

今のチームを見ていられるのも、あと1カ月前後。

毎年、この時期になると自分の中でもカウントダウンがスタート。

練習試合もあと何試合見られるかなぁ…(T_T)。

 

今年は滋賀大会の決勝の日程が遅かったせいで、例年以上に全国大会までの準備期間が短いんですよね~。

う~ん<(_ _)>。

  

出来る限りグランドに足を運んで今のチームを目に焼き付けておきたいです。

そんなわけで…週末の練習試合も見てきました。

観戦したのは土曜日に行われた徳島商との練習試合です。

毎年、選手権前のこの時期に練習試合をする相手ですね。

 

この日は2年生が修学旅行で不在。

1年生、3年生の混合チームでした。

 

 

試合は出だしに徳島商業に攻め込まれたものの、徐々に野洲ペースになって、前半6分に武田くんのゴールで1-0。

前半18分には松田くんのゴールで2-0。

流れは概ね野洲が握っていたけれど、徳島商にもチャンスありで、ポストに当たったシュートもありました。

前半は2-0で折り返し…

 

後半も野洲ペースは変わらず。

玉置くんが3点め、武田くんが4点めを決めて、このまま終わるかと思われた展開でしたが、その後カウンターをきれいに決められて失点。

試合は4-1で終了しました。

   

用事があったため、次の試合の途中で帰ったのですが、これも3-0で勝ったようです。

(得点者は岩井くん、村田くん×2?)

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ