« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

TM 野洲×八幡 野洲×三重

昨日は、またまた野洲高グランドにおじゃましました。

昨日は2試合観戦。

 

まず1試合めは【野洲×八幡】

メンバーはこんな感じ?

       61(山口) 40(大園)
     66(香川)     54(関口)
       36(安部) 75(山田)
33(田中) 42(平田) 29(山田) 60(北村)
          57(上田)

交代:

後半0分 42(平田)→39(尾本)  66(香川)→38(大本)  60(北村)→55(中村)

 

試合は前半はほぼ互角。互いにそれほど決定機を作らせない時間帯が続きました。

が、そんな中、先制したのは野洲。

前半終了間際に左サイドをワンツーで抜け出した田中くんのクロスに山口くんが合わせて1-0に。

 

後半はやや八幡ペースで始まったものの、野洲に追加点。

後半9分に左からのクロスをフリーで受けた関口くんが落ち着いて決めて2-0。

ただ、それ以降が良くなかった…

中盤で悪い形でボールを失う場面が続き、後半12分、26分、35分に失点し、2-3で終了。

 

************************

次に行われたのが【野洲×三重】

ここも毎年練習試合で見かけるお馴染さんですね(^.^)。

梅の形のエンブレムが印象的なチームです。

 

       63(円乗) 48(加藤)
     32(武田)     44(玉置)
       54(玉城) 56(松田)
43(平山) 45(山本) 66(水野) 31(高野)
           44(細川)

交代:

後半20分 63(円乗)→38(大本)
後半29分 44(玉置)→41(角田)

 

前半2分に野洲が先制。

玉城くんを起点に加藤くんを経由して最後は武田くんが決めて1-0。

その後も野洲ペースで試合は進み、決定機も数多く作っていましたが、追加点が奪えないまま時間は進み…

前半33分、三重のCKからハイボールでの混戦となり押し切られて失点。
これで1-1に。

前半を1-1で折り返し。

 

後半は少しこう着した展開が続き…野洲のチャンスもあったけれど、ミスから決定機を与えるシーンもあり、勝負の行方はわからなくなってきました。

そんな中、後半22分に野洲に待望の追加点。
玉置くんのミドルレンジからのループ気味のシュートが決まり2-1。

後半27分にはさらに野洲に追加点。
PKを平山くんが決めて3-1。

この辺りから三重の選手の集中力も切れてしまったのか、野洲のワンサイドゲームになってしまいました。

後半31分には平山くんからのサイドチェンジのパスを受けた高野くんがドリブル&シュート。
やや角度のない位置からでしたが強烈なシュートが決まり4-1。

後半33分にはCBの水野くんが加藤くんとのワンツーで右サイドを駆け上がり、右サイドを深くえぐってセンタリング。
これに合わせたのは角田くんだったと思います。

後半34分には高野くんのロングパスを受けた武田くんが決めて6-1。

終了間際には平山くんのアーリークロスが誰か(加藤くんかな?)に当たってゴールに吸い込まれて行きました。
これで7-1。

 

途中まではこんなに大差がつくとは思ってなかったんですけどね(-_-;)。

わからないもんです。

  

この試合での大きな驚きは高野くんのサイドバック起用ですね。

サイドでの相手とのかけ引き、縦に抜けるスピード、パスの精度、ロングキックの精度等々、どれも見ごたえ十分。
途中から見とれてました(^.^)。

ホントにユーティリティーな選手ですね。

ボランチで観るよりも前目で観たい選手だとは思っていましたが…サイドバックでもかなりのもの。

次はどこで起用されるのか楽しみです。

     

        

2011年2月25日 (金)

内野選手、京都サンガ入り決定!

昨日、京都サンガのオフィシャルにて正式に発表がありました。

サンガに練習参加し、いいアピールができているとのニュースは目にすることがあったので、期待はしていたのですが…

嬉しいことです。

私は選手権優勝後から野洲のサッカーを見るようになったので、残念ながら内野選手の野洲でのプレーは見たことがないんですよね^_^;。

でも、BSCロサージュやびわこ成蹊スポーツ大での活躍は見させてもらってました。

チームに安心感を与えることのできるCBだと思います。

イメージ的にはクレバーなDF。

サンガでの活躍を期待しています。

P1120031

野洲のOBが次々にJ入りするので、Jリーグを見る楽しみも増します。

現役の野洲の試合も見たいし、OBの出るJの試合も見たいし…で、迷いに迷う週末が増えるかもしれませんね。

2011年2月23日 (水)

TM 野洲×久御山 野洲×海星(三重)

遅ればせながら…ですが、日曜日の練習試合のことについて書きます。

(B戦もはさまっていたので3試合も連続観戦。さすがにヘロヘロになって日曜日は帰ってからダウンしてました(>_<))。

 

まず1試合めは【野洲×久御山】

メンバーはこちら。

 

       32(武田) 48(加藤)
     61(山口)     44(玉置)
       31(高野) 56(松田)
43(平山) 66(水野) 60(村川) 66(香川)
           44(細川)

交代:

後半0分 61(山口)→54(玉城)  60(村川)→29(山田)
後半8分 48(加藤)→40(大園)
後半14分 43(平山)→33(田中)

 

試合は序盤から拮抗し、両チーム似たところがあるせいか密集地帯で混戦状態になるシーンが多かったです。

混戦状態でどちらのボールになっているのか分かりにくい…というフラストレーションのたまる展開(-_-;)。

そんな中先制したのは野洲。
前半33分に山口くんからパスを受けた玉置くんが決めて1-0。
(誰を経由してゴールまで到達したかは間違っているかもしれません。何しろ練習着の背番号が白抜き文字になってからかなり見え辛くなったので。何で練習着のデザインを変えちゃったんでしょうね(-_-;))。

前半は1-0で折り返し。

  

後半もこう着した状態が続き…どちらにもゴールが生まれる気配がないまま時間が経過。

後半24分にやっとスコアが動きました。
Pエリア内で野洲の選手のファールがあったようで、PK献上。
これをしっかり決められて1-1に。

でも試合終盤はやや野洲ペースで進み、後半のラストプレー、玉城くんのFKをGKが弾き、そのボールを松田くんがヘッドで押し込み2-1で試合終了。

************************

【野洲×久御山】

次に行われたのはB戦。

  

       26(大原) 46(米田)
     45(荒木)     54(関口)
       33(住吉) 50(下村)
60(北村) 28(小童) 39(尾本) 28(黄瀬)
           69(佐野)

交代:

いっぱい交代したのでわかりません。

後半はこんな感じだったけど、途中でさらに選手交代があったので頭がついていきませんでした。

  

       26(大原) 28(黄瀬)
     46(米田)     67(溝上)
       33(住吉) 49(  )
45(荒木) 56(橋本) 35(馬場) 34(飯田)
          49(川北)

 

得点は…前半13分に関口くん?

前半18分にも関口くん?

前半30分に大原くん。

前半34分に関口くん?

…と、前半は4-0。

 

後半は…後半7分に細かく美しい崩しから大原くん?のゴール。

一方的な展開でしたが、後半18分に失点して5-1に。

でもその後も野洲ペースで試合が進み、後半29分に溝上くん?のゴールで6-1にして試合終了。

**********************

3試合めに行われたのは【野洲×海星】

海星は久御山や野洲とは全く違う持ち味のチームで縦のスピードが速い印象が強かったです。

中盤でボールを奪うと迷わず縦に入れてきて、数人が走り込んでくるという徹底ぶり。

1昨年の関大一高みたいな力強さを感じました。

 

この試合のメンバーはこちら。

1試合めの久御山戦に出場しなかった選手や、途中交代した選手が中心になっていました。

       63(円乗) 40(大園)
     61(山口)    38(大本)
           54(玉城) 36(安部)
33(田中) 45(山本) 29(山田) 55(中村)
          57(上田)

交代:

後半0分 61(山口)→57(廣城)  29(山田)→76(馬場)
後半27分 54(玉城)→75(山田)  38(大本)→41(角田)

 

試合は…前半13分に野洲が先制。
誰かのシュートを相手GKが弾きこぼれ球を円乗くんが蹴り込んで1-0。

前半22分にはゴール前のハイボールに競り勝ってゴール。得点者はわかりません。
これで2-0。

でも前半36分にはバックラインでの横パスが相手に渡り失点。

前半は2-1で折り返しました。

   

後半は海星のペースでスタート。

ギリギリでGKが防いだり、ポスト直撃弾があったり…で、いつゴールを決められてもおかしくない展開。

その流れ通りに後半5分にきれいにカウンターを決められて失点。
これで2-2に。

海星の鋭いカウンターに手をやきながらも、次に得点したのは野洲。
後半18分、CKからこぼれ球が山田くんの前に転がり、山田くんがシュート。
このシュートはクロスバーに阻まれるも、跳ね返りを大園くんが押し込んで3-2に。

勝ち越したものの流れは海星ペースで、クロスバーに当てられたシュートも…

で、やっぱり後半32分にカウンターから失点して3-3。

このまま引き分けで終わりそうな雰囲気でしたが、後半のラストプレーで左サイドからのクロスに円乗くんが合わせてゴール。

4-3で試合終了。

2011年2月19日 (土)

TM 野洲vsびわこ成蹊スポーツ大

今日はびわこ成蹊スポーツ大まで行ってきました。

ポカポカした陽気は春を思わせるものがありましたが、雪を抱いた比良の山から流れてくる空気は冷たく、冬と春が同居したような感じ。

さすが湖西はちょっと気候が違いますね(^^ゞ。

Dscf5978   

さて、今日の試合ですが、野洲的に言うと40分ハーフの試合を1本+40分の試合を試合を1本という感じでしたが、びわこ成蹊の方はメンバーを大替えしていたので40分×3本って感じだったのかも。(びわこ成蹊スポーツ大は1,2本めは現2年生チーム、3本めは現1年生を中心に新1年生も混ぜたチームだったようです) 

びわ湖成蹊には端山くん、五十嵐くんといった懐かしい顔も(^^)。

  

       32(武田) 48(加藤)
     63(円乗)     44(玉置)
       31(高野) 56(松田)
43(平山) 66(水野) 42(平田) 66(香川)
           44(細川)

交代:

後半0分 63(円乗)→54(玉城)  42(平田)→29(山田)

 

試合は序盤、びわこ成蹊のペース。

素早いチェックと強い当たりで思うようにプレーさせてもらえず押し込まれる形に。

でも野洲もピンチをしのぐとサイドを使って早い攻めを見せチャンスを作ってました。

先制したのは野洲。
前半14分。
前線でのチェックからボールを奪い、決めたのは玉置くんでした。

24分には加藤くんがPエリア内でファールを受けPK獲得。
これを加藤くん自身が決めて2-0。

25分にはボレーシュートを決められ2-1になったものの、31分には突き放しに成功。
サイドバックの香川くんが粘ってボールキープし、玉置くんへパス、玉置くんから加藤くんにボールが渡って、最後はフリーに近い形で加藤くんが落ち着いて決めて3-1に。

前半終了間際には円乗くんから加藤くんに渡って、加藤くん、この日3点めのゴール(^^)。

4-1で折り返しました。

 

前半を終えたところでの感想は…面白い!でした。

試合の序盤こそ押し込まれていたけれど、それ以降は互角の勝負。

強さとスピードのあるびわこ成蹊の選手たちに対して早いパス交換できれいにゴール前までボールを運んでいく野洲の選手たち。

前半だけでこんなに走って後半大丈夫?って感じでしたが。

 

後半も互角の展開。

ややびわこペース。

何度も「今度こそやられた」と思いました。

が、決定的なピンチも細川くんのナイスセーブや相手のシュートミスに助けられ…

後半30分に高野くん~玉城くんと渡って、決定的なパスが武田くんへ。
武田くんがこれをしっかり決めて5-1。

このまま試合は終了。

 

 

不思議な試合でしたね~。

決定機はびわこの方が多かったと思うのですが。

予想外のスコアに。

びわ湖成蹊はさすがに大学生だけあって強くて速かったです。

一緒に「よ~いドン」したら絶対負ける相手でしたが、判断の速さと上手さで対抗。

隙をついての5得点。

  

個人的には…加藤くんの強さは光ってましたね。

水野くん、高野くん、松田くんの上手さはさすが。

そして前半は玉置くん、後半は玉城くんが効いていたかな…と思いました。

平山くんのドリブルでの見せ場もかなりありました。

  

あと、端山くんの美しいロングパスも見られたし、満足満足(^^)。

****************************

最後の1本。

メンバーはこんな感じでした。

 

       61(山口) 40(大園)
     38(大本)     57(廣城)
       75(山田) 36(安部)
33(田中) 45(山本) 60(村川) 55(中村)
           57(上田)

交代:

23分 57(廣城)→41(角田?)  45(山本)→76(馬場)

 

試合は13分に中村くんからの縦パスを受けた大園くんが決めて1-0。

27分にCKから失点して1-1。

結局、この試合は1-1で終了。

 

*****************************         

びわこ成蹊スポーツ大で試合見学をさせてもらう時には、いつもはゴール裏ベンチにいるのですが、今日はセンターに近いところで見学させていただきました。

すごく厚かましい見学者だったのに、そんな私たちのためにわざわざ椅子を持ってきてくださり、ありがとうございました。(片付けまでしていただいて恐縮…)

リーグ戦ではぜひ頑張ってください。

応援していますm(__)m。

2011年2月13日 (日)

コパ エスペランサ2011(U-17釜本邦茂杯)結果

<決勝トーナメント>

◆準々決勝
 流経柏 1-0 野洲
 滝二 0-0(PK9-10) 東福岡

◆決勝
 流経柏 3-1 東福岡

◆3位決定戦
 滝二 4-2 野洲

1位 流経柏
2位 東福岡
3位 滝二
4位 野洲

 

<5位~8位決定戦>

 静学 1-0 汎愛
 四中工 3-3(PK1-0) エストレラ姫路

 

<9位~12位決定戦>

 ヴァンフォーレ甲府 2-1 帝京可児
 ヴィッセル神戸 3-0 玉野光南

  

<13位~20位決定戦>

 科学技術 ? 大産大付
 サンフレッチェ広島 ? 京都橘 

 広島観音 6-0 昌平
 奈良育英 3-2 センアーノ

 広島観音 3-0 奈良育英 

 

<21位~24位決定戦>

 滝川 1-1(PK3-5) 米子北
 香芝 1-0 高知 

全体がわからないのですが、わかっている分だけUP

間違っていたらすみませんm(__)m。 

コパ エスペランサ 2011 3日め

今日も神戸まで行ってきました。

3日連続の早朝出発と長距離ドライブで、さすがに寝不足で帰ってから4時間近く爆睡。

おかげで今は目も頭も冴え冴え(^^)。

*****************************

準決勝【野洲×流経大柏】
  

今日のスタートは会場間違いからスタート。

会場予定だったいぶきの森に相当迷ってやっと到着したかと思ったら、野洲バスはないし(T_T)。

会場変更になっているのを聞いて、大急ぎでユニバー記念競技場に移動。

補助グランドに到着したのは前半の真ん中過ぎでした(/_;)。

とりあえず、前半の残り10分ほどはコーナーフラグ付近で見て、ハーフタイムに観客席の方に移動。

(私が見始めてからは両方にチャンスがあり攻め合っているという印象でした)

前半から見ておられた方にお聞きしたら、開始間もなくの時間帯にCKから失点して0-1で負けているとのことでした。
(くわしく教えていただき感謝です)

   

では、ここからいつものようにメンバーを書いていきます。

  

    26(大原) 32(武田)
38(大本) 68(望月) 44(玉置)
    56(松田) 31(高野)
76(馬場) 66(水野) 29(山田)
       57(上田)

交代:

前半25分 26(大原)→40(大園)
後半10分 44(安部)→36(安部)

  

 
試合展開は互角か、やや野洲が押している感じ。

ピンチの場面もあったけれど、攻撃の形をよりしっかり作っていたのは野洲の方だったと思います。

大園くんが何度か決定的なチャンスをつかむも決め切れず。

後半開始10分にはボランチの安部くんを投入して、それまでボランチをやっていた高野くんをトップにあげて3トップ気味の超攻撃的布陣で臨みます。

FWの高野くんを見るのは久々。

ボランチもいいけど、個人的には前目で見る方が好きですね~。

一気にテンションが上がりました(^^ゞ。

超攻撃的にいった分、ピンチもありましたが…

  

でも、結局最後まで流経のゴールをこじ開けることはできず0-1で負けてしまいました。

 

選手たち、かなり悔しそうでした。

この悔しさは次に生かしていって欲しいです。

個人的には流経大柏との試合を見られるチャンスってあまりないので、貴重な経験でした。

相手はサブかBチームなのだと思いますが、それでも流経大柏。

決して弱い相手ではありません。

そんな中、野洲の中盤の強みを堪能できた40分でした。
(30分ハーフの試合ですが、前半は10分ほどしか観戦できなかったので)

それにしても…強い相手と試合すると、望月くんのパスの質の高さがきわだちますね。

 

******************************

 

3位決定戦【野洲×滝川第二】

 

3位決定戦のこのカード…あまり新鮮味がなくて、その点ではちょっと残念(>_<)。

春からのプリンスリーグでも当たりますしね。

この試合では1試合目に出なかった選手たちが数多く出場。
(滝二もおそらくそうだったのだと思います)

   

       48(三好) 26(大原)
      51(稲舘)   67(溝上)
       33(住吉) 36(安部)
60(北村) 28(小童) 39(尾本) 45(荒木)
          50(伊藤)

交代:

後半0分 67(溝上)→44(玉置)  26(大原)→40(大園)
後半12分 44(玉置)→38(大本)

  

この試合では何度か大原くんが決定的なチャンスをつかんでましたが決め切れず。

先制点は意外な形で入ります。
前半21分。安部くんのミドルシュートが決まり1-0。

でも滝二もミドルシュートで逆襲。これが決まって1-1

そして前半終了間際にポッカリとスルーパスを通され逆転を許して前半終了。

  

後半4分には大園くんのパスを受けた三好くんが落ち着いてシュートを決め2-2に。

しばらく互角の展開が続いていましたが、後半21分に相手にスーパーミドルを決められ2-3。

終了間際にCKから失点して2-4になりタイムアップ。

    

これでこの大会、野洲の4位が決まりました。

  

3日間、早朝出発の遠征、お疲れ様でした。

 

**************************

 

この3連休の間、2年生チームは野洲に残って連日練習試合を行っていたようですね。

11日(金)は大阪朝鮮と対戦して5-2?

12日(土)はルネス学園甲賀と対戦して4-0

13日(日)は境と対戦して6-0?か7-0?
柏原と対戦して2-0だったらしい。

 

こちらも見たかったです。

身体が2つあればいいのに…という心境です。

     

2011年2月12日 (土)

コパ エスペランサ 2011 2日め

2日めも行ってきました。

連日の早起きがこたえて…なので、1試合だけ観て帰ってきました。

 

場所は関西国際大学のグランド。

観戦したのはDブロックの1位2位決定戦です。

 

【野洲×エストレラ姫路】

試合終盤には雪~雨が降ってきましたが、昨日と比べるとピッチコンディションは格段に良かったです。

試合メンバーについてはこちら。

   32(武田) 40(大園)
38(大本) 68(望月) 44(玉置)
   31(高野) 56(松田)
76(馬場) 66(水野) 29(山田)
       57(上田)

交代:

後半22分 40(大園)→26(大原)  44(玉置)→48(三好)  56(松田)→36(安部)

 

試合は野洲が押し気味に進め、前半19分に水野くんを起点に縦に速い攻撃でワンタッチパスを送ったのは…高野くん?(すみません見逃しました)
そのパスを受けた武田くんが抜け出しシュート。
これが決まり1-0。

でも、その3分後に嫌なボールの失くし方をして、自陣から抜け出せないままGKがつりだされていたところにループシュートを決められ1-1に。

流れ的には嫌な感じになりかけたところでしたが、前半25分にロングパスを受けた武田くんが望月くん?にパスして、望月くんが落ち着いてシュート。
これが決まり、2-1。

前半は2-1で折り返します。

 

後半も野洲のペースで後半17分には武田くんが決めて3-1。

後半26分にも1点加えて(実は観ていたのに、ゴールが決まったことさえわからなかった(/_;))4-1として終了。

 

Dブロック1位で明日の決勝トーナメント進出が決まりました。

 

**************************

オール1年生で臨んでいる今回のチーム。

「まだまだこれから」という部分とかなり完成度の高い部分が同居している印象。

望月くん、高野くん、松田くんはレギュラーをはっているだけあって、判断の速さやプレーの正確さはさすが。
予想外のボールの動きにも難なく合わせて、ミスへのフォローも早かったです。

あと、武田くん、大本くんは伸び盛りという感じですね。

どんどん良くなってきている気がします。

楽しみ楽しみ(^.^)。

 

2011年2月11日 (金)

コパ エスペランサ 2011 1日め

今年も行ってきました。

早朝に滋賀を出発した時には全く雪は降っていなかったのに、京都に入った辺りから天気予報通りの雪。

「こりゃあ、積もったらもしかして中止になるかも…」と思いつつ、車を走らせました。

途中の道もちょっと白くなっててスリリング^_^;。

  

行きの高速道は結構スムーズに流れていて余裕を持ってユニバー到着。

ユニバー記念競技場の補助グランドのピッチの上には結構な積雪があって、ギリギリまで雪どけ作業が行われていました。

でも、間に合わず部分的に雪を残したままスタート。

(ごくろうさまでした。こういう天候は運営側は余計に大変ですね。)

 

さて、今日の試合観戦は2試合。

1試合めは【野洲×センアーノ】

野洲のメンバーは多分こんな感じ?

 

       40(大園) 32(武田)
      68(望月)   44(玉置)
       31(高野) 56(松田)
38(大本) 66(水野) 29(山田) 45(荒木)
          57(上田)

交代:

後半0分 38(大本)→48(三好)  45(荒木)→76(馬場)
 

 

はじめにお断りしておくと…ユニバー補助はトラック3つ分くらいの距離からの観戦、降りしきる雪の中、野洲は白抜きの背番号…と悪条件が重なりすぎて、しっかりは見られていません。

なので、試合の印象だけ書いておきます。

試合前半はポゼッションで上回る野洲と少ないチャンスを虎視眈々と狙うセンアーノといった感じの展開。

野洲が相手陣内に押し込む時間帯は長かったけれど、チャンスの質としてはそれほど変わらない印象を受けました。

 

後半は序盤はセンアーノのペースで、いい形を何度も作っていましたが、時間の経過とともに流れはイーブンに。

そして後半14分に野洲が先制。
大園くんからのパスを右サイドに流れて受けた望月くんが相手GKとDFとのちょうど間くらいに絶妙のクロスを上げ、そこに走り込んだ武田くん?がゴールに流し込んで1-0。

先制してからは野洲のペースになり、そのまま試合が進みタイムアップ。

1-0で勝利しました。

 

見ていて歯がゆさの残る試合でしたね~。

両チームとも選手が滑る滑る(-_-;)。

時々、スケーティングのように立ったまま横滑りしたり…

まぁ、互いにやりたいサッカーができ切れなかったんじゃないでしょうか。

********************************

2試合めは【野洲×京都橘】

メンバーはこちら。

 

       40(大園) 32(武田)
      68(望月)   26(大原)
       56(松田) 36(安部)
38(大本) 76(馬場) 66(水野) 29(山田) 
          57(上田)

交代:

前半13分 32(武田)→67(  )
前半22分 40(大園)→48(三好)  56(松田)→31(高野)
前半28分 68(望月)→44(玉置)

後半0分 67(  )→34(  )  26(大原)→54(  )  36(安部)→33(  )
      66(水野)→28(  )  29(山田)→35(  )
後半10分 44(玉置)→45(荒木)
後半17分 76(馬場)→37(  )  38(大本)→51(  )  31(高野)→61(  )

   

始まった時は意外でした。

1試合めに出場していた選手が多かったので。

でも、試合が進むにつれて大替え。最終的には総入れ替え以上(^^ゞ。

メンバー交代の人数制限はなかったみたいですね。

 

試合は…前半6分にCKから得点。決めたのは大原くんかな?
これで1-0。

その3分後に追加点。
大本くんを起点にした攻撃で望月くんがシュート。これを一旦は相手GKが弾き、こぼれたボールを押し込んだのは大原くん?
これで2-0。

前半17分にはミドルシュートが決まり3-0。
決めたのは松田くんかな?

前半25分には相手FKに合わせたヘディングシュートがクロスバーをたたいた場面はあったけれど、それ以外はほぼ野洲ペースで試合が進み…

前半27分には大本くんのクロスにヘッドで誰かがきれいに合わせて4-0。
(見えていませんでした)

 

前半は4-0で折り返し…後半は大きくメンバーを替えて時々バランスを崩しそうになりながらも何とか持ちこたえて4-0のまま試合終了。

初めて見る選手も多かったのですが、みんな上手かったです。

 

実は3試合め、フレスカグランドで静学とB戦が行われるのは知っていたのですが、体力の限界に近かったのでおとなしく帰ってきました。

 

途中、凍結による通行止めで大渋滞に引っ掛かりながら…

  

2011年2月10日 (木)

コパ エスペランサ 2011

今年もやってきました。

コパエスペランサの時期が。

 

なかなか参加校や日程等、詳しいことがわからなかったのですが、エストレラ姫路さんのHPに詳細をのせていただいていたのでお借りしてきました。

詳しい対戦表等はこちら

 

 

参加チーム

<Aブロック>

滝川第二 ヴァンフォーレ甲府 広島観音 
滝川 サンフレッチェ広島 静岡学園

<Bブロック>

ヴィッセル神戸 流通経済大柏 米子北
四日市中央工業 前橋育英 香芝

<Cブロック>

東福岡 帝京可児 奈良育英 
科学技術 昌平 汎愛

<Dブロック>

野洲 センアーノ 京都橘
高知 エストレラ姫路 玉野光南

 

昨年、初めてコパエスペランサを観に行ったけれど、楽しかったのでまた行けたらいいなぁ…と思いつつ…雪が…

どうでしょうね?

 

今年も野洲は1年生チームでいくようですね。

2011年2月 5日 (土)

TM 野洲×一条

今日は近県のお馴染さん奈良の一条との練習試合でした。

35分ハーフの試合が2試合分。

 

まず1試合目のメンバーはこんな感じでした。

 

       61(山口) 48(加藤)
      68(望月)   44(玉置)
       31(高野) 56(松田)
43(平山) 66(水野) 67(河北) 35(横江)
          44(細川)

<交代>

後半0分 61(山口)→63(円乗) 44(玉置)→32(武田) 35(横江)→66(香川)

後半23分 31(高野)→54(玉城)

 

ちょっと遅刻して野洲高Gに到着したのですが、すでに野洲が押し込んでいる状態でした。

前半14分にPエリアで加藤くんがファールを受けてPK獲得。
これを加藤くん自身で決めて1-0。

前半は押し込みながらもこの1点のみで折り返し。

 

後半も野洲ペースでスタート。

後半4分、円乗くん~望月くん~高野くんとパスをスピーディにつなぎながらゴールに迫っていき、最後はゴール前でボールを受けた武田くんが反転してシュート。
これがゴール右上に決まって2-0に。

後半6分には武田くんからのパスを受けた円乗くんがゴール前を左方向にシュートコースを探しながらドリブルしてシュート。
これが決まって3-0。

同じく後半6分には決定的なチャンスだったけれど、武田くんの強烈なシュートはクロスバー直撃。

この後も野洲のチャンスの山。

後半25分には玉城くんがここしかないというところにスルーパスを通し、それを受けた加藤くんがドリブル&シュート。
これが決まり4-0。

後半28分には武田くんのドリブル&シュートが決まり5-0。

後半31分には松田くんのスルーパスを受けた円乗くんが決めて6-0。

最終的に6-0で試合終了。

  

かなり面白い試合でした。

あっという間の70分。

もっと観ていたかったです。

 

野洲が終始押していたので、攻撃陣がどうしても目立ってしまいますが…

特に目を引いたのは武田くんかな。
ドリブルもシュートもキレキレでした。
一条の選手たちはずいぶん対応に苦労したと思います。

円乗くんもいい選手ですね(^.^)。
特にゴールやや左よりからのシュートはかなり得意なようですね。
自分の得点スタイルを持っているのは強いと思います。

 

***************************

 

続いて行われたもう1試合。

メンバーはこちら。

       57(廣城) 40(大園)
      38(大本)   41(金谷?)
       36(安部) 54(玉城)
33(田中) 42(平田) 60(村川) 55(中村)
          57(上田)

<交代>

後半0分 40(大園)→48(三好) 54(玉城)→50(下村) 33(田中)→45(山本) 
      42(平田)→76(馬場) 60(村川)→29(山田) 55(中村)→47(小川)

 

この試合も野洲ペースで試合は進みますが、前半10分に中盤でボールを奪われピンチに。

ここでのシュートからCKまでのピンチをしのぐと再び野洲ペースになり…

前半11分に左サイドを起点にした攻撃で最後は廣城くんが決めて1-0。

前半はこのまま折り返し。

後半も野洲ペースで試合は進み、後半6分には三好くんがGKとの一対一を落ち着いて決めて2-0。

後半16分には下村くんの強烈なミドルシュートが決まり3-0。

後半17分には左サイドに流れていた金谷くん?からのクロスを受けた三好くんがDFを背負いながらも反転してシュート。
これが決まり4-0。

後半18分には廣城くんが決めて5-0。

後半?分には大本くんがゴールラインギリギリまで侵入しドリブルで相手をかわしてクロス。
これを三好くんがヘッドで合わせて6-0。

この試合も6-0で終了しました。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ