« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

TM 野洲×大分鶴崎

3/26(土)の大分鶴崎との練習試合について書きます。

実はこの日の午前中に東海大浦安との練習試合が組まれていたようですが、朝から大雪だったため中止。

3月も下旬だというのになんでこんな降るかな~(-"-)。

せっかく遠方から来られていたのに…残念でした。

そんなわけで、出直して12時に再び野洲高グランドへ。

 

大分鶴崎との試合の野洲のメンバーはこちら。

       61(山口) 40(大園)
     57(廣城)     73(布施)
       31(高野) 56(松田)
38(大本) 29(山田) 66(水野) 32(武田)
          44(細川)

交代:

前半18分 38(大本)→34(飯田)

後半0分 40(大園)→63(円乗)  61(山口)→44(玉置)
      57(廣城)→54(玉城) ※玉城くんはボランチへ 高野くんが前線へ。
後半19分 63(円乗)→33(田中)

 

試合は序盤から大分鶴崎ペース。

なかなかハーフラインを越えてキープできない苦しい時間帯が長く続きました。

前半はほとんどシュートを打たせてもらえない、そして逆にシュートを打たれまくる展開。

前半32分に中央を突破され失点。

それ以外にもクロスバーやポストに当たったシュート、細川くんがギリギリで防いだシュートなど多々。

前半は0-1で折り返しますが、前半だけで5失点くらいしていても不思議ではない内容。

  

大分鶴崎はこの時期とは思えないほど完成度が高いチームでした。

特に素晴らしいのがボールやボールホルダーへの寄せの速さ。

複数で素早く守備ブロックを形成してくるので、野洲のボールホルダーはパスコースやドリブルコースを限定されて打つ手なし。

大分鶴崎はボールを奪ってからも攻撃への切り替えが速く、ボランチを経由しての攻撃は正確で脅威でした。(ロングパスも効果的でしたし)

  

後半も全体的には相変わらず大分鶴崎ペース。

ただ、野洲も少しは盛り返し、後半2分に大きなピンチの後、高野くんのシュート。

これは惜しくもはずれたけれど、やっと決定機一つめ…という感じ。

その後も鶴崎のペースではあったけれど、野洲の同点弾がうまれます。

後半10分。左サイドから何人かのパスがつながって、最後に決めたのは高野くん?円乗くん?玉置くん?誰だろう?
オフサイドギリギリだったので、鶴崎の選手もオフサイドだと思った感じで、その場面の時には守備ブロックをしいてませんでした。
これで試合は1-1に。

この後は互角の展開でピンチも多かったけど、野洲もシュートまで持ち込めるようになってきました。

でも後半20分~30分にかけては大分鶴崎の怒涛の攻撃。

細川くんのスーパーセーブがなかったらここでも数点やられても不思議でないほどでした。

相手の攻撃の間隙をぬって野洲も逆襲。

後半33分に左サイドの飯田くんを起点にバイタルエリアで玉置くん~田中くん?とつないでシュート。
これを相手GKが弾いて…ゴール前に詰めていた高野くんが軽くゴールに流し込む感じでシュート。
これが決まり2-1と逆転。

後半39分には松田くんがハーフライン付近で相手の攻撃をスライディングでカット。
これを起点にしてパスを受けた高野くんがGKをつり出させてゴール前で田中くんにパス。
田中くんはフリーで無人のゴールへシュート。

試合は3-1になり間もなく終了。

 

***************************

内容と結果が一致しない試合というのは珍しくはないけれど、ここまでギャップがある試合は珍しいかも。

40分ハーフの試合。
80分のうち70分までは大分鶴崎の思い通りの試合だったと思います。

最後の10分は鶴崎の守備ブロックが緩んだ…それが勝敗の行方を分けたように思います。

守備ブロックを仕掛けられても、そのワナからスルリと野洲の選手が抜け出すことに成功していましたから。

鶴崎の選手同士の声かけでも「(相手がプレスに)かかった(^^)v」という声が多く聞かれた70分間。

そして「(囲い込んだ相手を)逃がすな!(-"-)」という声が多くなった残り10分。

声かけを聞いているだけでも面白かったです。

大分鶴崎が最後までタスクをやり遂げられるようになったら…相当強くて面白いチームになると思います。

   

それにしても…野洲はまたまたけが人アリのようですね。

なかなか頭のいたいことです。

2011年3月26日 (土)

TM 野洲×京都サンガU-18

この試合は3/24に行われたものです。

プリンスリーグも間近ということもあってか45分ハーフの試合でした。

       48(加藤) 40(大園)
     57(廣城)     73(布施)
       56(松田) 31(高野)
38(大本) 45(山本) 66(水野) 32(武田)
          44(細川)

交代:

後半0分 40(大園)→61(山口)  38(大本)→34(飯田)  45(山本)→29(山田)
後半5分 34(飯田)→35(横江)※右サイドバックに入る。武田くんは左サイドへ。
後半26分 57(廣城)→54(玉城)

  

相手はさすがJクラブユース。

身体の大きさが違う(-_-;)。

野洲の選手に比べて身長もがっちりさ加減も…

あと、やっぱり上手いな~と思う場面がしばしば。

 

試合は序盤は互角で、15分過ぎからやや野洲ペースに。

松田くん~大園くん~加藤くんと縦につながったシーンは惜しかったです。

廣城くんが右サイドの武田くんにボールを一旦預けてゴール前に侵入した場面も。

ただ、30分くらいからはサンガペースになり危ないシーンがいっぱいに。

そして前半37分に中央を縦に繋いで破られて失点。
これで0-1。

前半は0-1で折り返し。

 

後半は野洲ペース。

サイドネットにかかったシュートもあり。

山口くんのパスを受けた加藤くんのシュートは惜しくもGK正面に。

やや野洲ペースのまま試合は進み、後半30分には右サイドの横江くん?からのクロスに高野くんがとびこんで合わせて1-1。

その後はチャンスとピンチが交互にくる展開に。

後半37分には山口くん?のシュートが決まって2-1。

試合はこのまま終了。

   

次に行われたのはサブ戦。45分×1本。

 

       33(田中) 40(大園)
     44(玉置)     63(円乗)
       54(玉城) 36(安部)
34(飯田) 42(平田) 45(山本) 66(香川)
          57(上田)

交代:

25分 36(安部)→41(角田)  40(大園)→26(大原)  54(玉城)→45(荒木)

 

序盤は互角の展開でしたが、14分にサイドを上手く使われ失点。

野洲にも惜しいシーンはあったけれど、ゴールは決まらず。

37分にも失点して、0-2で試合終了。

 

この日は望月くんはU-17日本代表のメキシコ遠征で不在。

このまま本大会でも代表に選出されるとプリンスリーグの数試合とインハイ予選の全試合、望月くんを欠いた状態で戦うことになります。

存在感、影響力の大きい選手だけに、頭の痛いことです<(_ _)>。

最終的にどんなメンバー、どんなポジション起用になるのか…まだまだわからず。

ただ、ここにきてケガからの復帰組もいて楽しみですね(^^)。

刈谷フェス【野洲×静岡学園】【徳島商業】

3連休は刈谷スプリングフェスティバルに参加。

私は2日め(3/20)の静岡学園戦と徳島商業戦を観戦しました。

【野洲×静岡学園】

       57(廣城) 48(加藤)
     68(望月)     73(布施)
       56(松田) 54(玉城)
31(高野) 45(山本) 66(水野) 32(武田)
          44(細川)

交代:

前半10分 31(高野)→38(大本)

この試合では久々に布施くんの姿が。

球際での布施くんの強さがよく出ていました。

完全復活も近い感じです。

 

このフェスティバルは静学はBチームで参加しているとのことでしたが、さすがBでも静学。

上手かったです。

どちらも質が高かったので見ていて楽しかったです。

前半、野洲がやや押し気味に試合を進めていましたが、得点はならず。

0-0のまま折り返します。

 

後半はメンバー総入れ替え。

       63(円乗) 40(大園)
     61(山口)    44(玉置)
       33(住吉) 36(安部)
33(田中) 42(平田) 29(山田) 66(香川)
          57(上田)

交代:

後半15分 42(平田)→76(馬場)  33(田中)→34(飯田)
後半20分 76(馬場)→42(平田)
後半22分 61(山口)→31(高野)
後半31分 33(住吉)→38(大本)

 

後半開始早々に大園くんのヘッドで先制。

後半8分にPエリアの外でFKを与え、ヘッドで合わされ失点。
これで1-1。

後半13分にはPエリア内でファールで相手を止めてPKを与え、これを決められ1-2に。

でも後半25分~30分の間に2得点して逆転。

1点は右サイドの香川くんを起点にして中央で細かくつないでのゴール。

もう1点は円乗くんのパスを受けた安部くんがゴール。

結局、3-2で試合終了。

この試合、近くで見ていた中学生くらいの子らがめちゃめちゃ詳しくてビックリ。

野洲が試合前の整列をしている時から「4番目に並んでいる」と望月くんをチェックしていたり。

野洲ユニの黒い(紺?)の数字のを着ているのは新3年というのも知っていたり。

加藤くんがいいプレーを見せると、「加藤臣哉!」とフルネームで指摘。

後半は「メンバー総入れ替え」というのもすぐに気付いてしゃべってました。

静学がBチームで参加しているのも知っていて、「Bでこんな強かったらAはどんだけ強いねん」とも。

静学の選手のことも知っているみたいで感心させられることが多かったです。

 

******************************

【野洲×徳島商業】

何だかこのカードはついこの前に観た気がするんだけど…

       48(加藤) 57(廣城)
     40(大園)     73(布施)
       68(望月) 56(松田)
31(高野) 45(山本) 66(水野) 32(武田)
          44(細川)

交代:

前半11分 45(山本)→29(山田)
前半22分 57(廣城)→36(安部)  31(高野)→38(大本)

  

開始早々、高野くん~望月くん~加藤くんとつないで、最後は角度のないところから大園くんが決めて1-0。

野洲ペースで試合は進んでいたけれど、前半8分に失点。

でも野洲ペースは変わらず、相手の裏をかく(観ている私たちの裏をかく)パスをつないで攻め込んでいきます。

前半15分に速く細かいパスをつないで崩して大園くんが2点めのゴール。
これで2-1。

前半は2-1で折り返し。

 

後半はまた大入れ替え。

 

       63(円乗) 61(山口)
     57(廣城)     44(玉置)
       36(安部) 54(玉城)
34(飯田) 42(平田) 45(山本) 66(香川)
          57(上田)

交代:

後半15分 57(廣城)→33(田中)

  

後半立ち上がりに相手シュートがポストに当たるピンチもあたけれど、時間の経過とともに野洲ペースに。

後半9分に廣城くんから山口くんにつながり、山口くんがドリブル&シュート。なかなか豪快なシュートでした。
これで3-1。

後半30分すぎに田中くんが立て続けにゴールを決めて5-1。

最後に円乗くんが豪快なシュートを放ったけれどこれはクロスバー直撃。
前半にも円乗くんのクロスバー直撃のシュートがあったなぁ…(-_-;)。

 

結局、試合は5-1で終了。

TM 野洲×帝京可児 野洲×興国

これは3/13(日)の分。

もう随分前のことなので、さらっと書きます。

  

【野洲×帝京可児】

  

       48(加藤) 32(武田)
     61(山口)     44(玉置)
       54(玉城) 56(松田)
66(香川) 45(山本) 66(水野) 31(高野)
           44(細川)

  

試合は序盤は互角の展開。

チャンスもあったけれどピンチもあり。

帝京可児はボールを奪うとスムーズにそしてスピィーディーに前線までつないで攻めてきていました。

先制したのは野洲で前半30分ごろ。
中央を縦につないで最後は加藤くんがシュートコースを探してループ気味のシュート。
これが決まって1-0。

 

後半はメンバー総入れ替え。

 

       63(円乗) 40(大園)
     38(大本)     57(廣城)
       36(安部) 54(玉城)
34(飯田) 76(馬場) 42(平田) 66(香川)
           57(上田)

 

後半も互角の展開。

追加点を挙げたのは野洲。
後半15分。
玉城くんのスルーパスを受けた円乗くんが抜け出しシュート。
これが決まり2-0。

   

  

【野洲×興国】

       32(武田) 48(加藤)
            61(山口)    44(玉置)
       31(高野) 56(松田)
34(飯田) 45(山本) 66(水野) 66(香川)
           44(細川)

 

この試合も互角の展開。

先制したのは野洲。
前半13分に玉置くんのパスを受けた加藤くんが落ち着いて決めて1-0。

さらに1分後。
玉置くんを起点に右サイドを駆け上がった香川くんにボールが渡り、香川くんがセンタリング。
最後は真ん中につめていた加藤くんが決めて2-0。

前半は2-0で折り返し。

 

後半はメンバー総入れ替え。

  

       63(円乗) 40(大園)
     38(大本)     57(廣城)
       54(玉城) 36(安部)
45(山本) 76(馬場) 42(平田) 34(飯田)
          57(上田)

 

この頃になると体力の限界(間にB戦も観戦したので)。

仕方なくメンバーだけ書きとめて帰ってきました。

後で聞いたところによると後半は3失点したみたいですね。

2011年3月22日 (火)

2011 プリンスリーグ関西 スケジュール

久々のサッカーネタです。

この10日間、気持ちがどんよりして身も心も沈澱していました(-_-;)。

サッカー観戦はしてはいました(観戦回数は通常の半分くらい)が、ブログは書く気になれず放置。

何かね…サッカーのことを書くのが申し訳ないというか、気がひけるというか…そんな複雑な気分で。

  

でも、みんなで沈み込んでちゃいけないのかな…って、気もしてきました。

 

毎日を精いっぱい生きること。

楽しいことも、自分に課せられたことも…今やらなきゃいけないことを精いっぱいやる、できること、やりたいことを目いっぱいやる。

これが大事なことなんじゃないかと。

被災された方には心からのエールと義援金を送ることくらいしかできないのがもどかしいですが…。

それが今の私にできる精いっぱいかな。

****************************

サッカーのネタを書くと言っていたのに、前回に引き続き、つぶやきからスタートしました(^^ゞ。

今度こそサッカーネタです。

プリンスリーグの日程がいつの間にか出ていました。
(ボーっとしている間に完全に置いていかれてます)

 

一部リーグの日程はこちら

二部リーグの日程はこちら

 

開幕は4月10日(日)。

野洲の試合は…

1節 4/10(日) 14:00 大阪桐蔭@J-GREEN堺 S13

2節 4/16(土) 13:10 ヴィッセル神戸@J-GREEN堺 S4

3節 4/23(土) 13:30 神戸科技@ビッグレイクB

4節 4/29(金) 13:30 京都橘@J-GREEN堺 S5

5節 5/1(日) 13:30 滝川第二@J-GREEN堺 S5

6節 6/12(日) 14:30 初芝橋本@J-GREEN堺 S7

7節 6/18(土) 13:30 ガンバ大阪@ビッグレイクB

8節 7/10(日) 13:30 大阪桐蔭@J-GREEN堺 S2

9節 7/16(土) 13:30 ヴィッセル神戸@J-GREEN堺 S2

10節 7/18(月) 13:30 神戸科技@J-GREEN堺 S2

11節 9/4(日) 13:30 京都橘@J-GREEN堺 S6

12節 9/10(土) 13:30 滝川第二@J-GREEN堺 S5

13節 9/17(土) 13:30 初芝橋本@J-GREEN堺 S2

14節 9/24(土) 13:30 ガンバ大阪@J-GREEN堺 S6

  

J-GREEN堺とは堺ナショナルトレーニングセンターの愛称。

今年はほとんどの試合、J-GREEN堺で試合が行われるので堺に通うことになりそう・・・(-_-;) 

2011年3月12日 (土)

眠れない夜

なんて日なんでしょうか!?

 

東北地方太平洋沖地震。

マグニチュード8.8。

 

数字だけではなかなかピンとこないけれど、大きな地震だったのですね。

滋賀ではほんの少しの揺れだったので、はじめは自分が目まいを起こしているのかと思ったほど。

  

  

でも、家に帰ってテレビを見たら…テレビ画面に次々に映し出される凄まじい映像。

驚きとともに心が痛みました。

被災された方にはお見舞いを申し上げます。

亡くなられた方には心からご冥福をお祈りします。

  

長い夜はまだまだ続きます。

 

被害の拡大が少しでもおさえられることを祈るばかりです。

2011年3月 6日 (日)

TM 野洲×徳島商 野洲×ルネス学園甲賀

今日も野洲高グランドに行ってきました。

で、試合のことを書いてUPしようとしたら…接続が切れてて記事がすべて消えてしまいました。

今、かなり凹んでます(>_<)。

 

こうなると気力との戦い、眠気との戦いです。

とりあえず、書けた分からちょっとずつでもUPしていくことにします。

 

まず書くのは【野洲×徳島商】の試合について。

 

メンバーはこちら。

 

       32(武田) 48(加藤)
     68(望月)     44(玉置)
       56(松田) 54(玉城)
43(平山) 45(山本) 66(水野) 31(高野)
          44(細川)

 

グランドに到着した時には、試合開始から10分ほど経っていたようです。

見始めた頃にはわりと互角の流れに見えました。

が前半の半ば近くに平山くんのミドルシュートで先制、その3分後に望月くんのミドルシュートで追加点を奪うと、完全に試合は野洲のペースに。

細かいつなぎでの崩しもいっぱい。

積極的にシュートを打つようにしていたみたいで、チャンスがあればミドルレンジからもかなり狙ってましたね。

結局、それ以降追加点は奪えず、2-0のまま前半終了。

 

後半はメンバー総入れ替え。

後でルネスとの練習試合も控えていたためだと思います。

 

       63(円乗) 26(大原)
     38(大本)     54(関口)
       75(山田) 50(下村)
55(中村) 42(平田) 29(山田) 66(香川)
          57(上田)

交代:

後半22分 42(平田)→39(尾本)  54(関口)→41(角田)

後半は一進一退。

チャンスもあるけれどピンチもありという展開。

後半32分には、パスカットされてカウンターから失点。
これで2-1。

後半35分には75の山田くんから大本くんにきれいにパスがつながり大きなチャンスをつかむもシュートはギリギリはずれ…

でも直後にも同じく山田くんのパスを受けた大本くんが今度は落ち着いて決め3-1に。

後半37分には徳島商のめちゃめちゃパワフルなシュートを浴び3-2に。

結局、試合は3-2で終了。

 

徳島商の2トップ、身体もしっかりしていてパワーがありました。

全体的にはちょっとラフっぽい気もしましたが、力強いタイプのチームだと思います。

余談ですが、味方のプレーに対する評価をはっきりと表現する姿が印象的でしたね~(^^)。

たとえば、決定的なチャンスではずすと、そこらじゅうから「え~~~~!!」という残念そうな声や怒ってるっぽい声が聞こえてくるのです。

聞いているとちょっと面白かったです。

 

************************

  

続いて行われた【野洲B×徳島商B】。

 

       26(大原) 46(米田)
     45(荒木)     59(三田?)
       33(住吉) 50(下村)
28(小童) 76(馬場) 60(村川) 47(小川)
          49(川北?)

 

交代:いつの間にか前半のうちにメンバーはいっぱい入れ替わってました。(間違っていたらゴメンナサイ)
    前半途中 →57(廣城) 67(溝上) 51(稲舘) 34(飯田?) 56(橋本)

  

後半は全員交代。

   58 29
  49   43
   61 74
64 37 59 53
    39

  

試合の方は、前半は1-1で折り返して、後半立ち上がりに野洲が勝ち越したところまでは覚えているんですが…再三ピンチがあって試合終了後には徳島商の選手が喜んでいたから徳島商の方が勝ったのかな????

**************************

そしてこの日最後に行われた試合。

【野洲×ルネス学園甲賀】。

ここには予想通り徳島商との試合の前半に出てきたメンバーが登場。

 

       32(武田) 48(加藤)
     68(望月)     44(玉置)
       56(松田) 54(玉城)
43(平山) 45(山本) 66(水野) 31(高野)
          44(細川)

交代:

後半0分 45(山本)→29(山田)
後半40分 48(加藤)→63(円乗)

 

相手のルネスには野洲OBの月城くんや佐藤くん、鳥家くんなど、懐かしい顔がチラホラ。

久々に元気そうな姿を見られて嬉しかったです。

 

試合は、前半はルネス学園ペース。

早々に2失点してリードを許します。

月城くん、ミドルシュートもパスも上手かったです。

野洲の攻撃は…ちょっと空回り気味というか、バタバタした感じ。(相手の守備が良かったというのはあるけど)

前半は0-2で折り返し。

    

そして後半。

ちょっと長めのハーフタイムの後、前半とメンバーの入れ替えはほぼナシで後半スタート。

1試合間にB戦を挟んでいるとは言え、すでに徳島商戦で半分(40分間)出場しているメンバーだったので、てっきりまた総替えかと思ったんですが…。

後半は野洲ペース。

開始早々に玉置くんのクロスバー直撃のシュート。

このメモを書いているうちに望月くんのシュートが決まったみたいで1-2。

その直後くらいにも玉城くんのスルーパスを受けた武田くんが落ち着いてゴールに流し込み2-2。

後半13分にCKからの流れで失点し、再びリードを奪われたものの、野洲ペースは変わらず、何本か立て続けに相手ゴールに襲いかかり…

後半29分には高野くんのクロスに武田くんが合わせて3-3の同点。

その後、めちゃくちゃピンチもありチャンスもありの展開。

シュートまで持ち込んで鳥家くんにセーブされた場面が何度もありました。

平山くんのミドルシュートは惜しくもクロスバー直撃。(平山くんのミドルシュートはなかなか威力があります。これからもっともっと磨いていって欲しいですね)

後半38分には望月くんのパスを受けた玉置くんがワンタッチでボールの方向に変化をつけてシュート。
これが決まり4-3と逆転に成功。

このスコアのまま試合は終了しました。

  

さすがに1試合半出ている選手が多かったので、終盤疲れている感じはしましたが、最後までよくボールにくらいついてましたね。

このようなシンドイ試合を重ねていくことでチームも個人も強くなっていくのかもしれません。

選手のみなさん、お疲れ様でした。

       

2011年3月 5日 (土)

TM 野洲×滋賀FC

今日も野洲高グランドに足を運びました。

「週末にはサッカー観戦!!」というのがここ数年の過ごし方になっています。

このところは野洲の試合に完全に偏っていますが、今年はできればいろいろ行きたい気も…

 

多分、野洲の試合中心になるとは思うけれど、大学サッカーやJの試合にももう少し行けるといいかなぁ…なんて思っています。

 

まぁ、今日も野洲高グランドにおじゃましたわけですが(^^ゞ。

今日の練習試合の対戦相手は滋賀FC。

以前見ていた滋賀FCとはメンバーも大変わりして淋しい気もしました。

が、かな~り強かったです。

全体が力強いイメージ。

   

野洲のメンバーはこちら。

 

       32(武田) 48(加藤)
     68(望月)    44(玉置)
       54(玉城) 56(松田)
43(平山) 45(山本) 66(水野) 31(高野)
          44(細川)

 

さっきも書いたけど、滋賀FCは強かったです。

フィジカルの強さ+速さに加えて、ここぞというところではワンタッチで正確にパスをつなぐこともできるし…

でも、そんな相手に前半はやや押し気味に試合を進めていたように見えました。

ただ、最後のところ、ゴール前での強さは相手が数段上だったかな。

試合は前半にサイドを起点にした相手の攻撃から失点。

0-1で折り返し。

 

後半開始間もなくにも失点し、0-2に。

前半は味方のミスに対してもフォローが速かったり、相手の攻撃に対して複数で対応できていたりしたのに、時間の経過とともに野洲の選手の運動量が若干落ちてきたのか、一対一の場面を作られ、押し切られるシーンが増えてきました。

相手のずるがしこい守備にも手を焼いてましたね(^^ゞ。

審判によってはもっとファールを取ってもらえるんだろうけれど…^_^;。

結局、この試合は0-2で終了。

 

    

次の試合はメンバーはこんな感じ。

       63(円乗) 61(山口)
     38(大本)     54(関口)
       36(安部) 75(山田)
55(中村) 42(平田) 29(山田) 66(香川)
          57(上田)

交代:

後半0分 54(関口)→41(角田)  55(中村)→60(北村)  42(平田)→39(尾本)

 

試合は先制したのは野洲で、きれいにパスをつないで最後は山口くん~円乗くん?だったかな?
これで1-0。

  

後半は互角の展開で一旦崩されて失点し1-1の同点に。

後半6分に山口くんのミドルシュートが決まり2-1と突き放したものの、時間の経過とともに滋賀FCペースになってきて中盤でボールを失い失点。
2-2に。

そして試合終了間際に波状攻撃を受けてついに失点し2-3で試合終了。

              

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ