« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

プリンスリーグ4節【野洲×京都橘】

ゴールデンウィークに入り、試合の間隔が短くなって、昨日試合があったばかりなのに、次は明日という慌ただしさ。

明日の試合までに昨日の試合について振り返っておこうと思います。

 

  3(平山) 9(加藤) 8(高野)
     10(望月) 16(玉城) 
14(武田)            7(布施)
         6(松田)
   4(水野)      22(飯田)
         1(細川)

交代:

後半11分 9(加藤)→19(山本)
後半26分 3(平山)→15(円乗)
後半32分 16(玉城)→11(山口)

  

試合は野洲ペースでスタート。

野洲が丁寧につないでバイタルエリアに持ち込みパスを回し、シュートを伺い…京都橘の選手がそれをカットして大きく野洲陣内に蹴り返すという展開。

先制したのは野洲で前半12分。
FKに合わせたのは高野くんだったと思います。
(J-GREEN堺は見づらくて困ります。公式記録もまだUPされていませんし(>_<)。間違っていたらすみません)

その後もいい流れではあったのですが…前半24分に中盤での横パスを奪われて、そこから攻め込まれ失点。
これで1-1。

ただ、前半30分には右サイドを布施くん~加藤くんとつなぎ、最後にゴールを決めたのは高野くんでした。

前半の終盤には少し流れが悪くなって、立て続けにピンチ。

偶然、ボールが細川くんの正面に当たって止まったり、相手シュートがポストを直撃したり。

ここの時間帯は何とかしのいで2-1で前半を折り返し。

  

後半は互角の展開でスタートしたものの、後半8分、中盤でのパスミスから相手ボールになりカウンターを受けピンチに。

このピンチにPエリア内で飯田くんが相手を倒しレッドカードで退場。しかもPK献上。
このPKを決められ2-2に。

この後、しばらくは攻撃の形が作れず苦しい時間帯に。

まぁ、京都橘のプレーの精度があまり高くなかったのに助けられ、このまま2-2で終わりそうな雰囲気もあったのですが…

後半38分にCKを与えてしまい、これをニアでヘッドで合わせられ失点。
終盤に来て逆転を許し苦しい展開に。

ただ、ここからの野洲の攻撃は見応えがありました。

1人少ないにも関わらず、パスを回す回す。
相変わらずバイタルエリアで回している途中で奪われてショートカウンターを受ける場面はあったのですが、根気強くパスを回して…後半43分についに同点に。

山口くんのヒールパス?を受けた高野くん?が決めて3-3。

結局、このまま試合は終了。

 

****************************

今回も勝てなかったけれど初めての勝ち点。

まぁ、多分結果以上に内容が大事なのかもしれませんが。

良かった点はバイタルエリアで思い通りのパス回しが出来たことと、そこからゴールが決まったこと。

課題は中盤でミスが出てボールを失い、失点につながったことでしょうか。
これはボールホルダーだけの問題じゃなく、ボールの受け手の課題でもあるのかもしれません。
ボールの受け手の動きの質をもっと高め、パスコースを増やすことで、ボールホルダーが窮地に陥ることもずっと減っていくと思うので。

2011年4月24日 (日)

プリンスリーグ3節【野洲×神戸科技】

またまた今回も遅くなりましたが、昨日の試合について振り返ります。

いや~昨日はすごい雨でしたね。

朝のうちは小雨だったのに野洲の試合の頃はしっかり本降り。

しかも後半は風まで吹いてきて…
(しかも前から)

なので傘を前に向けて隙間から覗き込むように前かがみになって観戦。

おかげで腰は痛いし寒いし…最悪に近いコンディションでした。

 

前置きはこのくらいにして…昨日の試合についてですが、野洲のメンバーはこんな感じ!?

  

  3(平山) 8(高野) 9(加藤)
     16(玉城) 25(玉置)
14(武田)            7(布施)
         6(松田)
   4(水野)      22(飯田)
         1(細川)

交代:

後半0分 25(玉置)→11(山口)
後半39分 7(布施)→18(田中)  9(加藤)→15(円乗)

 

試合の序盤は野洲がやや押し気味でスタート。

ポゼッションは野洲だけれど時々ボールを失ってカウンターを浴びるという展開。

バイタルエリアでの崩しから平山くんが立て続けにチャンスをつかむもシュートは枠の外へ。

…今日はいい感じか!?…と思った矢先、前半25分、中盤でのボールロストから競り合いになり失点。
これで0-1。

でもその2分後、玉城くんからのスルーパスに抜け出した高野くんがGKの位置をよく見て、ファーサイドのネットにゴールを突きさす。
これで1-1の同点。

その後も何本か惜しいシーンが続いたけれど、これは決め切れず。

流れはやや野洲が握ったまま前半を終了。

 

そして後半。

う~ん、後半は立ち上がりから良くなかったですね。

かなりバタついてました。

その流れ通り、後半7分には野洲の右サイドを抜かれ、失点。
これで1-2。

失点してからちょっと気落ちしたのか押し込まれる時間帯に突入。

でも、そこを何とかしのぐと流れはまた互角になって、後半20分過ぎにはCKから立て続けにチャンスを迎え、同点か!?というシーンも。

流れからも左サイドからのいい形の崩しがあり、いいリズムになってきたと思ったら…後半27分、自陣深い位置でのパス交換でミスが出て失点。
これで1-3。

結局、試合は1-3で終了。

 

**************************

これで3連敗(T_T)。

例のフォメ継続中。

バイタルエリアでの細かいパスでの崩し、続行中。

勝てないことは選手たちにとっては辛いところでしょうね。

試合後の挨拶での選手たちの辛そうな顔を見ると、ファンとしても辛いのだけれど…

野洲は戦い方を変えてこないでしょうね。

このフォメはものすごいリスキーで勝つ確率を高めたいなら…サイドバックの上がりを自重させる(今の野洲は基本サイドバックがめちゃめちゃ高い位置取りをしている)とか、中盤にディフェンシブな選手を増やすとか…そんなことサッカーど素人の私でもわかること。

そして攻撃では手数をかけずにシンプルに。
一般的に見て、相手の守備が整う前に攻めきった方が得点率がUPするのは明らか。

 

でも、野洲は目先の勝ちを拾いにはこないでしょう。多分。

どこかの時点までは徹底的にバイタルエリアでの勝負にこだわって、一対一やグループでの裏を獲る動きを磨いてくるのでは…と予想。

こんな壮大な育成計画が実行できるなんて…プリンスリーグっていいなぁ(^^)。

 

あっ、昨日の敗戦でそれなりに私も落ち込んでいたのに、能天気な締めで終わっちゃった(^^ゞ。

2011年4月17日 (日)

プリンスリーグ2節【野洲×ヴィッセル神戸】

昨日のプリンスリーグ、堺まで足を運びましたが、帰ってきたらブログを書くどころではないほど疲れて昏々と眠りました。

車で出かけるのは嫌いじゃないですが、街を走るのは疲れます。

野洲のプリンスは堺がやたら多いのですが…全部行けるかな?
ちょっと不安になります。

 

…と、前置きはこれくらいにしておいて…

まずは昨日のメンバーから。

先週に退場になったセンターバックの2人は出場停止。

代わりに入ったのは山本くんと河北くん。

あと、前線にケガ明けの平山くん。

ケガ前まではサイドバックで起用されることが多かった選手だけに、ちょっとビックリ。

 

   9(加藤) 8(高野) 3(平山)
     10(望月) 16(玉城)
14(武田)            7(布施)
         6(松田)
   19(山本)      5(河北)
         1(細川)

交代:

後半13分 16(玉城)→11(山口)
後半21分 5(河北)→22(飯田)
後半25分 11(山口)→25(玉置)

  

試合は序盤からヴィッセルのペース。

9分、19分と相手シュートを細川くんが一旦はブロックしたものの、こぼれ球を押し込まれて失点。

36分にはCKからの流れでゴールを許し、0-3に。

野洲は劣勢に回っていたのでなかなかチャンスを作れず。

手数をかけてバイタルエリアまでボールを運んできても、わずかに互いのイメージが合わず相手ボールにしてしまう場面が結構ありました。

前半の野洲の唯一のチャンスは41分の加藤くんのシュートくらいでした。
これも丁寧にボールをつないで最後は高野くんから加藤くんへ。
シュートはGKの正面をつき無得点で前半を折り返し。

  

後半はわりと互角の展開でスタート。

後半5分には布施くんのサイドから細かくつないでゴールをこじ開けることに成功。(細かくて追いきれませんでしたが、高野くん~加藤くんと繋がって最後は平山くんの強烈なシュート)
これで1-3。

でも、その1分後に失点。

その1分後にまたまたCKからの流れで失点。これで1-5に。

後半20分にも早いリスタートから失点して1-6。

野洲の得点にはすごいエネルギーが必要なのに、失点はたやすく…という感じ。

 

ただ、終盤は野洲ペースになり、きれいなつなぎでの崩しが何度か見られました。

そして後半37分には細かいつなぎからバイタルエリアでボールを受けた平山くんがドリブルでシュートコースを作ってシュート。
これが決まり2-6。

ロスタイムにはまたまた細かいつなぎから混戦状態になり、最後は高野くんが決めて3-6で終了。

 

***************************

野洲は前節に続いての敗戦。

細かいつなぎからの崩しにこだわった戦い方を貫いてますね~^_^;。

失点が多いのは気になりますが、今は目指すサッカーの途中形態という感じを受けます。

スタイルの完成までにはもう少し気長に待つ必要がありそうです。

2011年4月11日 (月)

プリンスリーグ1節【野洲×大阪桐蔭】

楽しみにしていたプリンスリーグが昨日開幕しました。

野洲の初戦の相手は大阪桐蔭。

大阪桐蔭は毎年強いいいチームを作ってくるので、全く安心はしてませんでしたが…不安的中!の試合になってしまいました。

 

今更なので振り返りたくないような…でも振り返っておこうかな。

 

野洲のメンバーはこちら。

 

   9(加藤) 8(高野) 11(山口)
     10(望月) 16(玉城)
14(武田)            7(布施)
         6(松田)
   21(山田)      4(水野)
         1(細川)

交代:

後半12分 11(山口)→5(河北)
後半20分 14(武田)→12(飯田)
後半29分 16(玉城)→13(香川)
後半30分 7(布施)→24(大本)

  

今回はフォーメーションの書き方を変えてみました。

実際に意図されていたものとは違うかもしれないけれど、外目にはこう見えました。

両サイドバックはDF登録ながらかなり高めの位置にいることが多かったです。

生粋のDFは2人?
山田くんと水野くんでやや開き気味に位置して中央のフォーローにはボランチの松田くんが入るという感じ。

 

試合の立ち上がりは大阪桐蔭ペース。

野洲は完全に受けに回ってしまいました。

自陣に押し込まれ続ける苦しい展開。

その流れのままに前半10分に失点。そして19分には大阪桐蔭の2点めが決まります。
これで早くも0-2。

ただ、大阪桐蔭の勢いは次第に落ちていき、20分過ぎからは野洲にもチャンスが生まれてきます。

そして野洲のゴールが生まれたのは前半26分。
左サイドの武田くんからのセンタリングに合わせたのは加藤くんだったようです。

これで勢いは完全に野洲に傾き、30分にはバイタルエリアでの細かいパスから最後は加藤くんが決めて2-2に。

この後にも惜しいシーンはあったけれど、追加点は奪えないまま同点で折り返し。

 

後半立ち上がりは大阪桐蔭ペース。

前半と同じような展開。

ここをしのげれば前半と同じように野洲の時間帯がやってきたと思うのですが…。

この時間帯にとてつもなく困難な事態が訪れてしまいます。

まずは後半3分と後半10分に水野くんがイエローカードを受けて退場。

そして後半12分、守備の柱を失って浮足立っている間に怒涛の攻めを受け、Pエリア内で山田くんが相手を倒し一発退場。

これで与えたPKも決められ、わずが数分間のうちに1点ビハインド、2人欠けという事態に。

この後メンバーチェンジとポジションの修正を行って果敢に戦い、加藤くん~布施くんで崩してまさかの同点弾か!?というシーンもありましたが、相手GKのセーブにあい無得点。

逆に後半24分に失点。

さらに後半38分にも失点し、2-5で試合終了。

 

************************** 

 

スコアは2-5と開きましたが、両チームの力差は点差ほどはなかったと思います。

というのも、大阪桐蔭はずっと流れを自分たちに引き寄せておけるほど抜き出た感はなかったので。(24番の田中選手の縦のスピードや鋭さは目を引きましたが)

野洲の選手の退場がなかったら、流れを手放していたことは容易に想像できます。

ただ、野洲の選手の退場はタラレバで語るよりは、もう少し必然性の高いものだったように思います。

ミズノカップIN高知でも松田くんが退場になっていたのも合わせて考えると…野洲の今の戦い方は守備陣にものすごい負担をかけるリスキーな戦い方なのではないかと思います。

完成度が上がれば相手を攻守ともに圧倒できる戦い方になるのかもしれませんが、現段階ではそこまでの完成度はないので、これからも苦しい戦いは続きそうです。

現時点では、攻撃において相手の裏を取りきれていなかったり、ボールをしっかり落ち着かせられていなかったり、守備でも相手に縦に速い攻撃を許すシーンが結構あったり…。

特に守備においては、大阪桐蔭のライン裏へのロングパスと縦の高速ドリブルに悩まされました。
これを守備陣だけでどうにかするのは困難でしょう。
縦にボールを入れさせないボールホルダーへのチェックと縦のドリブルのコースを消すようなポジション取りといった守備面での役割をオフェンシブの選手もしっかり果たしていく必要があります。

対戦チームとの相性、審判との相性、野洲の戦術の熟成度…等をトータルすると昨日の敗戦は残念ながら必然性があったと思います。

  

で、今週末は…ヴィッセル神戸戦です。

DF陣にけが人が多く、さらに大阪桐蔭戦で2人も退場になって次戦に出場できないという非常事態。

苦しい試合になることは間違いないだろうけれど、総力戦で粘り強くどろくさく戦ってもらいたいです。

2011年4月 4日 (月)

ミズノカップIN高知【野洲×明徳義塾】

ミズノカップ2日め、グループリーグの最後、明徳義塾との試合について書きます。

(昨日は高知から帰ってきて眠気に負けてブログ更新できませんでした)

 

試合会場は春野球技場。

すっかりお気に入りの場所になりました。

 

この試合での野洲のメンバーは次の通り。

  

   48(加藤) 31(高野) 44(玉置)
       73(布施) 54(玉城)
          56(松田)
66(香川) 29(山田) 66(水野) 32(武田)
          44(細川)

交代:

前半29分 54(玉城)→61(山口)
後半7分 66(香川)→34(飯田)
後半11分 44(玉置)→57(廣城)
後半17分 73(布施)→33(田中)
後半30分 66(水野)→42(平田)

  

試合は序盤からポゼッションでは野洲が上回っていたけれど、バイタルエリアに持ち込んでからのボール回しが今一つかみ合っていないというか、いいリズムでないというか…しっくりいっていない感じでした。

ベンチからの指示もとびまくり(-_-;)。

前線の選手や中盤のオフェンシブの選手に対しての注文が多く出されていたようでした。

前半32分に武田くんが高野くんとのワンツーで抜け出し鮮やかに先制。

野洲の攻撃のリズムがやや良くなってきたように見えたのですが、前半36分に同点に追いつかれ1-1で前半を終了。

  

後半になり、少しずつ攻撃のテンポが良くなりだし、後半16分には高野くんのパスを受けた加藤くんがしっかり決めて2-1と勝ち越し。

後半20分にはゴール前の混戦を最後野洲の選手が蹴り込んで3-1。
※混戦だったので誰の得点かは見落としました。
山田くんだったかも。

結局、試合は3-1のまま終了。

プリンスリーグを1週間後に控え、結構課題の多かった高知遠征だったんじゃないかと思います。

初戦の大阪桐蔭は強豪なので楽な戦いにはならないでしょうね。多分。

**************************

この後、九国大附属と3位対決があったようですが、全部見ると帰り時間が遅くなるため観戦を断念。

帰りは渋滞にしっかりつかまって帰ってきました。

しっかり1000円高速の恩恵に預かり、意外とリーズナブルな旅になったのですが、渋滞は困りものですね(>_<)。

2011年4月 3日 (日)

ミズノカップIN高知【野洲×広島観音】

春野で行われた昨日の2試合め。

場所は春野陸上競技場。

立派なスタンドのあるよい競技場です。

トラックや幅跳びのエリアがある分、ピッチが遠いのが難点ですが。

※佐賀北戦は春野球技場で行われました。見やすさも◎で大好きになりました。

 

さて、この試合【野洲×広島観音】でのメンバーはこちら。

  

    31(高野) 48(加藤) 40(大園)
       61(山口) 73(布施) 
          56(松田)  
66(香川) 76(馬場) 66(水野) 32(武田)
          44(細川)

交代:

前半14分 76(馬場)→29(山田)
前半25分 66(香川)→34(飯田)  48(加藤)→33(田中)  40(大園)→54(玉置)
後半0分 44(細川)→57(上田)
後半21分 33(田中)→46(米田)  73(布施)→44(玉置)
 

 

試合は互角の展開でスタートしますが、前半8分に中央自陣寄りの位置でのバックパスを相手に奪われ、最後にはDFもかわされ失点。
これで0-1に。

その後も互角の展開が続きますが、なかなかゴールは奪えず。

ゴールネットを揺らしたシーンもあったのですが、これは惜しくもオフサイド。

で、結局前半は0-1で折り返し。

 

後半は野洲も前半以上に攻めに出て…後半20分には玉城くんからのパスを受けた田中くんが豪快に決めて1-1に。

その後も米田くんのシュートがクロスバーをたたくなど、惜しいシーンがありましたがゴールは奪えず。

逆に後半25分にサイドを破られクロスボールにヘッドで合わされ失点。
これで1-2に。

最後まで攻めこみはしたけれど、追いつくことはできず1-2で試合終了。

 

内容的には互角で、両チームに力の差はなかったけれど…野洲にとっては佐賀北戦と同じような反省材料が出てきていたのではないかと思います。

ミズノカップIN高知【野洲×佐賀北】

今年も高知にやってきました。

昨年は野市会場から抜け出せず(グループリーグで勝てなかったため)「春野に行きたかったなぁ…」と思いつつ帰ってきたわけですが、今年はグループリーグから春野会場。

素直に嬉しい。

初めて足を踏み入れた春野運動公園はよいところでした。

*******************************

時間がないので早速試合について。

まず昨日の初戦の相手は佐賀北。

メンバーは次の通り。

 

    48(加藤) 31(高野) 44(玉置)
       73(布施) 54(玉城)
          56(松田)  
66(香川) 29(山田) 66(水野) 32(武田)
          44(細川)

交代:

後半5分 29(山田)→42(平田)  66(香川)→34(飯田)
後半16分 32(武田)→46(米田)
後半20分 73(布施)→33(田中)  54(玉城)→61(山口)
後半22分 56(松田)→57(廣城) 
       ※松田くんはカードによる退場。それに伴い高野くんがボランチへ

出だしは圧倒的に野洲ペース。

佐賀北の選手が2人がかりでプレスをかけにきても野洲の選手がギリギリのタイミングで味方にボールを渡したり、自力ですり抜けたり。

いいテンポでボールを運んで、前半3分にはバイタルエリアでボールを受けた加藤くんが倒されてPK獲得。
このPKを加藤くん自身が決めて1-0。

前半7分には野洲の追加点。
CKを加藤くんがファーサイドでヘッドで折り返し、水野くんがヘッドで合わせて2-0。

早々に2点のリードを奪った野洲ですが、10分過ぎあたりから徐々に悪い流れに。

前半22分に中央やや自陣寄りの位置でドリブルをカットされ逆襲を受け失点。
これで2-1。

前半25分には自陣バイタルエリア付近で2、3人に囲まれボールを失い失点。
これで2-2。

ボールの落ち着きどころがなくて苦しい展開。

相手ボールになった時に松田くんが献身的な動きで何度もチームを救ってました。

前半はこのまま2-2で折り返し。

 

後半も佐賀北の高い位置からのプレスに苦しみ、後半5分に最終ラインでボールを失い失点。
これで2-3。

後半25分には相手のセットプレーからの流れで失点。
これで2-4。

野洲にもチャンスっぽいのはあったのはあったけれど、ゴールはならず、2-4で試合は終了。

 

前線からの激しいプレスにこられるとツライものがありますね~<(_ _)>。

まぁ、当然、相手はそれをねらってくるわけで…

 

あわてない

早めの判断

常にパスコースを作っておく

 

課題がいっぱい現れ出た試合になりました(-_-;)。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ