« プリンスリーグ1節【野洲×大阪桐蔭】 | トップページ | プリンスリーグ3節【野洲×神戸科技】 »

2011年4月17日 (日)

プリンスリーグ2節【野洲×ヴィッセル神戸】

昨日のプリンスリーグ、堺まで足を運びましたが、帰ってきたらブログを書くどころではないほど疲れて昏々と眠りました。

車で出かけるのは嫌いじゃないですが、街を走るのは疲れます。

野洲のプリンスは堺がやたら多いのですが…全部行けるかな?
ちょっと不安になります。

 

…と、前置きはこれくらいにしておいて…

まずは昨日のメンバーから。

先週に退場になったセンターバックの2人は出場停止。

代わりに入ったのは山本くんと河北くん。

あと、前線にケガ明けの平山くん。

ケガ前まではサイドバックで起用されることが多かった選手だけに、ちょっとビックリ。

 

   9(加藤) 8(高野) 3(平山)
     10(望月) 16(玉城)
14(武田)            7(布施)
         6(松田)
   19(山本)      5(河北)
         1(細川)

交代:

後半13分 16(玉城)→11(山口)
後半21分 5(河北)→22(飯田)
後半25分 11(山口)→25(玉置)

  

試合は序盤からヴィッセルのペース。

9分、19分と相手シュートを細川くんが一旦はブロックしたものの、こぼれ球を押し込まれて失点。

36分にはCKからの流れでゴールを許し、0-3に。

野洲は劣勢に回っていたのでなかなかチャンスを作れず。

手数をかけてバイタルエリアまでボールを運んできても、わずかに互いのイメージが合わず相手ボールにしてしまう場面が結構ありました。

前半の野洲の唯一のチャンスは41分の加藤くんのシュートくらいでした。
これも丁寧にボールをつないで最後は高野くんから加藤くんへ。
シュートはGKの正面をつき無得点で前半を折り返し。

  

後半はわりと互角の展開でスタート。

後半5分には布施くんのサイドから細かくつないでゴールをこじ開けることに成功。(細かくて追いきれませんでしたが、高野くん~加藤くんと繋がって最後は平山くんの強烈なシュート)
これで1-3。

でも、その1分後に失点。

その1分後にまたまたCKからの流れで失点。これで1-5に。

後半20分にも早いリスタートから失点して1-6。

野洲の得点にはすごいエネルギーが必要なのに、失点はたやすく…という感じ。

 

ただ、終盤は野洲ペースになり、きれいなつなぎでの崩しが何度か見られました。

そして後半37分には細かいつなぎからバイタルエリアでボールを受けた平山くんがドリブルでシュートコースを作ってシュート。
これが決まり2-6。

ロスタイムにはまたまた細かいつなぎから混戦状態になり、最後は高野くんが決めて3-6で終了。

 

***************************

野洲は前節に続いての敗戦。

細かいつなぎからの崩しにこだわった戦い方を貫いてますね~^_^;。

失点が多いのは気になりますが、今は目指すサッカーの途中形態という感じを受けます。

スタイルの完成までにはもう少し気長に待つ必要がありそうです。

« プリンスリーグ1節【野洲×大阪桐蔭】 | トップページ | プリンスリーグ3節【野洲×神戸科技】 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/39646306

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ2節【野洲×ヴィッセル神戸】:

« プリンスリーグ1節【野洲×大阪桐蔭】 | トップページ | プリンスリーグ3節【野洲×神戸科技】 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ