« ミズノカップIN高知【野洲×明徳義塾】 | トップページ | プリンスリーグ2節【野洲×ヴィッセル神戸】 »

2011年4月11日 (月)

プリンスリーグ1節【野洲×大阪桐蔭】

楽しみにしていたプリンスリーグが昨日開幕しました。

野洲の初戦の相手は大阪桐蔭。

大阪桐蔭は毎年強いいいチームを作ってくるので、全く安心はしてませんでしたが…不安的中!の試合になってしまいました。

 

今更なので振り返りたくないような…でも振り返っておこうかな。

 

野洲のメンバーはこちら。

 

   9(加藤) 8(高野) 11(山口)
     10(望月) 16(玉城)
14(武田)            7(布施)
         6(松田)
   21(山田)      4(水野)
         1(細川)

交代:

後半12分 11(山口)→5(河北)
後半20分 14(武田)→12(飯田)
後半29分 16(玉城)→13(香川)
後半30分 7(布施)→24(大本)

  

今回はフォーメーションの書き方を変えてみました。

実際に意図されていたものとは違うかもしれないけれど、外目にはこう見えました。

両サイドバックはDF登録ながらかなり高めの位置にいることが多かったです。

生粋のDFは2人?
山田くんと水野くんでやや開き気味に位置して中央のフォーローにはボランチの松田くんが入るという感じ。

 

試合の立ち上がりは大阪桐蔭ペース。

野洲は完全に受けに回ってしまいました。

自陣に押し込まれ続ける苦しい展開。

その流れのままに前半10分に失点。そして19分には大阪桐蔭の2点めが決まります。
これで早くも0-2。

ただ、大阪桐蔭の勢いは次第に落ちていき、20分過ぎからは野洲にもチャンスが生まれてきます。

そして野洲のゴールが生まれたのは前半26分。
左サイドの武田くんからのセンタリングに合わせたのは加藤くんだったようです。

これで勢いは完全に野洲に傾き、30分にはバイタルエリアでの細かいパスから最後は加藤くんが決めて2-2に。

この後にも惜しいシーンはあったけれど、追加点は奪えないまま同点で折り返し。

 

後半立ち上がりは大阪桐蔭ペース。

前半と同じような展開。

ここをしのげれば前半と同じように野洲の時間帯がやってきたと思うのですが…。

この時間帯にとてつもなく困難な事態が訪れてしまいます。

まずは後半3分と後半10分に水野くんがイエローカードを受けて退場。

そして後半12分、守備の柱を失って浮足立っている間に怒涛の攻めを受け、Pエリア内で山田くんが相手を倒し一発退場。

これで与えたPKも決められ、わずが数分間のうちに1点ビハインド、2人欠けという事態に。

この後メンバーチェンジとポジションの修正を行って果敢に戦い、加藤くん~布施くんで崩してまさかの同点弾か!?というシーンもありましたが、相手GKのセーブにあい無得点。

逆に後半24分に失点。

さらに後半38分にも失点し、2-5で試合終了。

 

************************** 

 

スコアは2-5と開きましたが、両チームの力差は点差ほどはなかったと思います。

というのも、大阪桐蔭はずっと流れを自分たちに引き寄せておけるほど抜き出た感はなかったので。(24番の田中選手の縦のスピードや鋭さは目を引きましたが)

野洲の選手の退場がなかったら、流れを手放していたことは容易に想像できます。

ただ、野洲の選手の退場はタラレバで語るよりは、もう少し必然性の高いものだったように思います。

ミズノカップIN高知でも松田くんが退場になっていたのも合わせて考えると…野洲の今の戦い方は守備陣にものすごい負担をかけるリスキーな戦い方なのではないかと思います。

完成度が上がれば相手を攻守ともに圧倒できる戦い方になるのかもしれませんが、現段階ではそこまでの完成度はないので、これからも苦しい戦いは続きそうです。

現時点では、攻撃において相手の裏を取りきれていなかったり、ボールをしっかり落ち着かせられていなかったり、守備でも相手に縦に速い攻撃を許すシーンが結構あったり…。

特に守備においては、大阪桐蔭のライン裏へのロングパスと縦の高速ドリブルに悩まされました。
これを守備陣だけでどうにかするのは困難でしょう。
縦にボールを入れさせないボールホルダーへのチェックと縦のドリブルのコースを消すようなポジション取りといった守備面での役割をオフェンシブの選手もしっかり果たしていく必要があります。

対戦チームとの相性、審判との相性、野洲の戦術の熟成度…等をトータルすると昨日の敗戦は残念ながら必然性があったと思います。

  

で、今週末は…ヴィッセル神戸戦です。

DF陣にけが人が多く、さらに大阪桐蔭戦で2人も退場になって次戦に出場できないという非常事態。

苦しい試合になることは間違いないだろうけれど、総力戦で粘り強くどろくさく戦ってもらいたいです。

« ミズノカップIN高知【野洲×明徳義塾】 | トップページ | プリンスリーグ2節【野洲×ヴィッセル神戸】 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/39569628

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ1節【野洲×大阪桐蔭】:

« ミズノカップIN高知【野洲×明徳義塾】 | トップページ | プリンスリーグ2節【野洲×ヴィッセル神戸】 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ