« プリンスリーグ4節【野洲×京都橘】 | トップページ | TM 野洲vs済美 »

2011年5月 2日 (月)

プリンスリーグ5節【野洲×滝川第二】

日付は変わりましたが、昨日のプリンスリーグについて振り返っておこうと思います。

  3(平山) 9(加藤) 8(高野)
     16(玉城) 10(望月)
14(武田)            7(布施)
        6(松田)
   4(水野)      19(山本)
        1(細川)

交代:

後半0分 16(玉城)→25(玉置)
後半10分 3(平山)→21(山田)
後半13分 25(玉置)→13(香川)
後半37分 21(山田)→12(平田)
後半39分 14(武田)→11(山口)

 

試合は…前半はわりと互角だったのかな。

パスをつないでつないでつないで…の野洲とDF裏のスペースにロングボールを多めに蹴ってくる滝二という構図。

パズルのような複雑かつ繊細な、そしてリスキーな野洲に対してシンプル&セーフティーな滝二といった印象。

(まぁ、野洲に比べるとどんなチームもシンプル&セーフティーに見えますが^_^;)

前半は「バイタルエリアで何本のパスを回すんや?」と言いたくなるほどパスをつないだかと思えば、そこからボールを失ってカウンターを受けるなんてシーンも。

結局、前半は0-0。

 

後半もすべりだしは悪くなかったと思いますが、後半3分に相手のカウンターをファールで止めてFKを与え…そのFKを一旦、GKの細川くんが弾き返したのですがこぼれ球を詰められ失点。
これで0-1。

そしてこの4分後に相手のリスタートをディレイさせたと見なされて何と山本くんが2枚目のイエローカードで退場に。

このシーン、遠いサイドでの出来事だったのでよくわかりませんが、わざわざ2枚目のイエローカードを出して選手を退場させるほどの悪質なものには見えませんでしたが…。

まぁでも、これでこの試合でもDFを一人欠く状態になり3トップから2トップにシフトチェンジ。

ここからの戦いは当然よりリスキーになりはしましたが、攻撃に関しては数的不利を感じさせませんでした。

そして後半13分、同点に追いつきます。
松田くん?が右サイドギリギリにロングパスを加藤くんにつなぐと、加藤くんはドリブルで少し駆け上がり、相手GKとDFの間へ絶妙のクロス。
このグランダーのクロスにゴール前に走り込んできた高野くんが相手DFに詰められる手前のギリギリのタイミングで合わせてゴール。

ただ、この2分後に滝二の札場くん?のスピードにのったドリで左サイドを突破され、角度のないところからシュート…これを決められ1-2に。

その後も野洲は果敢に攻め、逆襲を受けを何度か繰り返し、タイムアップ。

(終盤、布施くんが傷んでピッチサイドに退いてからはフィールドプレーヤーは8人になってしまいましたが、それでも攻めの姿勢は持ち続けてました。)

 

***************************

また負けてしまいましたが…

なかなか面白い試合でした。

結果は出なかったけれど、やりたいサッカーの片鱗は見えてきたのかな…と。

 

『相手に考える隙を与えないくらい速い判断でボールを動かすサッカー』

 

上手くいっている時には滝二の選手もついてこれてはいなかったですから。

ただ、ちょっとでも一息つくとボールカットされていたので、速い判断でのプレーの継続は課題でしょうが。

   

あと、この試合で良かったのは…個々の能力の高さがちゃんと発揮されていたところ。

例えば、サイドの一対一の場面で武田くんがほとんど毎回といっていいほど相手の裏をかいて前を向きドリを成功させていたのなんかは、見ていてかなり面白かったです。

逆サイドの布施くんもしっかり持ち味を出してました。(ケガがひどくないことを願っています)

バイタルエリアでのつなぎは見応え十分。

望月くんはやっぱり上手い。

あとはシュートにつなぐための崩しの場面を増やしていってほしいですね(^^)。

特に3トップのフォメを採用しているので、しっかり役割を決めてそれぞれの個性が生きる形になるといいなぁ。

ここのところの連携はまだまだこれから…という感じなので、連携を高めていくことでチャンスも増えていくのではないかと思います。

  

と、簡単に書きましたが、とてつもなく難しいサッカーであることは確か。

負けが続いていて選手たちも精神的にきついとは思いますが頑張ってほしいです。

« プリンスリーグ4節【野洲×京都橘】 | トップページ | TM 野洲vs済美 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

プロパガンダファクトリーにも試合の内容が書いてありましたね。

http://blog.livedoor.jp/augustoparty/archives/51675736.html

いつも観戦記、ありがとうございます。
楽しく読ませていただいてます。
滝二戦の観戦記で、プロパガンダファクトリーの党首は、野洲の試行、リスキーを顧みず、果敢に攻める野洲スタイルを評価していますね。
いつも注目してくれて評価をくれるのは、ありがたいですね。
それから、乾選手、パルマ移籍案浮上とかどこかの書き込みに出ていたけれど、情報おもちでしょうか。
もしご存知なら教えてください。
よろしくお願いします。

>ヒロさま

プロパガンダファクトリーの紹介ありがとうございますm(__)m。
毎年、野洲には注目されているみたいですね。
嬉しいことです。

>うはうはさま

本当にプロパガンダファクトリーの党首さんは毎年野洲をチェックされているようで…ありがたいことですね(^^)。
ぜひ夏か秋ごろ、きっと大きく成長しているだろう野洲をもう一度見てもらいたいもんです。

あと、乾選手の移籍については全く知りません。
まぁ、はっきりするまでは周りが騒いでもしょうがないですし^_^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/39828632

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ5節【野洲×滝川第二】:

« プリンスリーグ4節【野洲×京都橘】 | トップページ | TM 野洲vs済美 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ