« お久しぶりです。 | トップページ | TM 野洲×マリノスユース »

2011年7月24日 (日)

プリンスリーグ10節【野洲×神戸科技】

遅ればせながらですが、7/18(月)に行われたプリンスリーグの試合について書きます。

場所はJ-GREEN堺。天気は雨。強風。

 

野洲のメンバーはこちら。

24(大本) 9(加藤) 7(布施)
      16(玉城)
    6(松田) 8(高野)
14(武田)       2(横江)
   12(山本) 23(飯田)
       1(細川)

交代:

後半11分 2(横江)→13(香川)
後半20分 12(山本)→5(河北)
後半23分 24(大本)→15(円乗)
後半35分 16(玉城)→11(山口)

  

前半の出だしはやや科技ペースだったかも。

科技のフォアチェックが効いてた感じ。

野洲のDFがボールを持つと全速力で寄せにやってくる…で、あわててボールを失いそうになる場面が何度かありました。

徐々に互角の展開になってきて、野洲がボールを持つ時間が長くなってきていましたが、バイタルエリアの周辺でボールは回るけれど、なかなかそこから切り崩せない感じでした。

でもまぁ、セカンドは拾えているし、そこからの鋭い攻めも時々見られ、これまでのプリンスと比べると安心して見ていられました。

う~ん…やっぱりボランチを2枚にしているのは大きいかも^_^;。

前半は0-0のまま終了。

 

後半は科技ペースでスタート。

押し込まれる苦しい展開。

その流れのままに、後半8分にペナルティエリアで相手を倒してしまいPKを与えてしまいます。

これを決められ0-1。

その後はチャンスもあったけれど、かなり危ない場面もあり、細川くんのナイスセーブに助けられ追加点は許さず終盤へ。

試合の流れが大きく変わったのは後半40分。

右サイドを駆け上がった香川くんがボールを受け、ドリブルからセンタリング。

中央では加藤くんがきれいに相手DFの裏に抜け出し流し込んでゴール。

これで1-1。

ここからは野洲の怒涛の攻め。

Pエリア内でのパス交換から、円乗くんがシュートを放つもポストに阻まれゴールならず。

最後まで攻め続けたけれど、ゴールは生まれず1-1のまま試合終了。

 

ミスも結構あって前半は攻めあぐねたけれど、後半同点に追いついてからの流れは良かったです。

今回も勝てなかったことは残念ですが、最後の締めくくり方は悪くなかったかなぁと思います。

次は…次こそは勝てそうな…そんな手ごたえの感じられる終わり方でした。

« お久しぶりです。 | トップページ | TM 野洲×マリノスユース »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/40958596

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ10節【野洲×神戸科技】:

« お久しぶりです。 | トップページ | TM 野洲×マリノスユース »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ