« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

インターハイ1回戦【野洲×神村学園】

前日からのゲリラ豪雨で心配された試合。

鶴岡では雨だったものの車を走らせているうちに雨は上がり、現地到着の9:00には曇り空。

第一試合開始前には夏らしい痛いくらいの日差しが戻ってきました。

風は強めでしたけどね。

  

秋田総合スポーツセンターサッカー場は芝の状態は良好だったものの観戦には不向きな作りで、ゴール裏観戦してると隣の試合の様子まで目に入ってくるという良く言えばお得なような、悪く言えば集中しにくいという環境。

ゴール裏観戦ということで遠い方のゴール前でのプレーは本当に見難かったのと遠近間隔がつかめないのと…。

なので、見えていない部分についてはご容赦を。

 

7(布施) 9(加藤) 16(玉置)
      10(望月)
   8(高野)  6(松田)
14(武田)       5(横江)
   3(平山)  4(水野)
      1(細川)

交代:

後半0分 8(高野)→2(香川)
後半15分 5(横江)→13(飯田)
後半33分 9(加藤)→15(円乗)

 

試合のスタートは意外なものに。

やや神村学園の勢いが勝っているか…と思った矢先、野洲がバイタルエリアまでボールを運ぶと、中央でボールを受けた望月くんの思い切りのよいシュート。
これが何とゴール上隅に決まります。(クロスバーに当たりか当たらないかのギリギリのところ)

野洲、幸先良く1-0と先制。

まさかこんな早い時間にこんな形で入るとは思ってもみなかったのか、ゴールした瞬間、神村の選手も野洲の選手も「え!?」って感じで止まっているように見えました。   
     

ただ、その後、神村学園の選手の出足が良く、自陣深くに押し込められなかなか脱出できない時間帯もありました。

相手も野洲が蹴ってこないことはよくわかっていてボールホルダーに鋭く寄せて、ボール奪取をはかったり、パスコースを上手く限定したり。

自陣深いところで相手ボールになってしまう場面が結構あっていつ失点してもおかしくない展開。

細川くんのセーブや神村学園の選手のフィニッシュでのミスに助けられました。

ただ、何度かは野洲にいい形もあり、バイタルエリアでパスを回して相手のマークを外すことには成功していました。

う~ん、もっとシュートするという選択肢もあって良かったと思うんだけど…パスを回しちゃうんだよなぁ…^_^;

前半27分には望月くんから右の横江くんの前スペースに展開。
そこからのパスを受けた加藤くんがGKと一対一になるも、シュートはGKに阻まれ追加点ならず。

前半は神村の方が押し気味に試合を進めていたけれど1-0と野洲リードのまま折り返し。

   

後半はほぼ互角の展開。

後半、野洲が風上にたったせいもあるのか目に見えるミスは減って一方的に押し込まれることはなくなったけれど、神村学園の選手の運動量は落ちず、セカンドボールの奪取率は相手の方が上だったと思います。

そしてボールを奪うと徹底して野洲のDFラインの裏をついてくる。

何度か裏のスペースへの抜け出しを許してGKと一対一の場面を作られていました。

そして後半26分にとうとうルーズボールを奪われ失点。
これで1-1。

後半29分には望月くんからゴール前の加藤くんに渡り、シュートまで持ち込むもボールはポストの右にそれてゴールならず。

後半31分には玉置くんがファールを受けてFK獲得。
これは惜しくも左ポスト直撃。

この後、野洲が怒涛の攻めで決定機がかなりあったけれど、ゴールはならず。

逆にロスタイムに入ってから、中盤でのルーズボールを奪われ、DFライン裏を狙われ…GKの細川くんがフォローしようと前に出てきたけれど、防ぎきれずにつり出された状態でシュートを許し失点。

間もなく終了のホイッスル。

  

試合は1-2。

負けてしまいました。

 

*************************

 

悔しい(>_<)。

苦しい展開ではあったけれど、「あれをちゃんと決めていれば…」というシーンも数回あったので、なおさら悔しい。
 

この試合、神村学園の戦いぶりはお見事でした。

野洲のウィークポイントをこれでもかと、ついてくるのを見ていると、よく研究されているなぁ…なんて思ってしまいました。

それと、その戦法を可能にする運動量の豊富さ。

結局、70分を通して足が止まることはなかったですね。

終盤、さすがにヘロヘロになりかけたように見えたのですが、その時間帯の勝ち越し弾ですから…。

  

野洲としては、高いポゼッションと細かいパスワークで相手を崩しにかかるサッカーを目指すのであれば、相手以上に動きの質と量を高めないと苦しいですね。

あと、シュートの意識をもっと高めてもいいと思います。

 

これで野洲のインハイが終わってしまいましたが、しっかり課題を克服してまた全国の舞台に戻ってきてほしいと思います。

強化の夏がスタートします。

今回はけがで万全じゃない選手も多かったようですが、 まずはしっかりけがを治して…。

秋までの時間は短いので大事に使ってほしいですね。

2011年7月25日 (月)

TM 野洲×マリノスユース

7/23(土)。インハイまでの最後の練習試合。

公式審判に来てもらっての試合でした。

快晴の野洲高グランドにて。

  

相手はマリノスユース。

クラブユース選手権の最中のはずなのに何でマリノスユースが関西遠征しているんだろう?と思ったら、マリノスユースは予選で敗退してしまってたんですね(/_;)。

プリンス関東でもやや苦戦中!?

  

まぁ、野洲はもっと苦戦中と周りからは思われていると思うけれど^_^;。

 

前置きはこのくらいにして…

 

メンバーはこちら。

 

38(大本) 48(加藤) 73(布施)
       68(望月)
   31(高野) 56(松田) 
32(武田)        66(香川)
   43(平山) 66(水野)
       44(細川)

交代:

前半12分 31(高野)→34(飯田)
後半0分 38(大本)→44(玉置)
後半29分 68(望月)→61(山口)
後半34分 66(水野)→63(円乗)

  

インハイ直前とあってか、かなりハイテンションな出だしでした。

動き出しが良く、パスも回る。

マリノスの当たりも激しいけれど、それ以上に動き出しがいい感じ。

ただ、前半12分に高野くんが傷んで交代。

代わりに入った飯田くんがサイドに入り、香川くんがボランチに入ってリスタート。

相変わらずマリノスの選手の当たりは激しいけれど、徐々に野洲の方が試合をコントロールしだしていたように見えました。

望月くんからサイドの飯田くんや武田くんのスピードを殺さない絶妙な強さのボールがタイミングよく出てくるのが見ていてかなり面白かったです。

望月くんのプレーを見るのは久々でしたが流石。

マリノスもロングパスの精度が高くて、きっちりとポストの選手に当ててくるのが、すごかったです。

アーリークロスを前の選手がきっちりと胸トラップで落として…という展開は敵ながら美しかったです。       

でも、そこからの攻撃はセンターバックの水野くんと平山くんが上手く摘んでました。

野洲のセンターバックの2人は高さはないけれど、めちゃめちゃ足元の技術が高いです。

 

前半も真ん中過ぎ辺りからはやや野洲ペースになり0-0のまま前半終了。

  

後半は前半以上に野洲のやりたいサッカーができていたんじゃないでしょうか。

加藤くんや布施くんの前線からのプレスが効きまくりでした。

高い位置でボールを奪えるものだからチャンスもいっぱい。

望月くんから布施くんに渡ったシーンや武田くんから加藤くんに渡ったシーン。

ゴールまであと少しという場面が続きました。

後半34分のGKのフィードを加藤くんが詰めてカットした場面なんか大チャンスだったんですけどね…

なかなかゴールをわることだけができずに試合は進みましたが…終了3分前にやっと得点。

長めのボールを受けた円乗くんが山口くんにパス。山口くんがワンタッチかツータッチくらいでファーサイドにいた布施くんにパス。これを受けた布施くんがゴール。
これで1-0。

その後も山口くんを中心に波状攻撃をしかけ、押し気味のままタイムアップ。

1-0で勝利しました。

  

久々に勝つところを見たかも~(^^)。

インハイに向けていい感じで秋田入りできますね。

それにしても…これがプリンスで1勝もできていないチームとは思えないのですが…^_^;

前からの守備。これまでベンチからしきりに指示がとんでいたけど、ここまできれいにハマったのは久々に見ました。

インハイでもぜひぜひ頑張ってほしいです。

ただ、この試合、練習試合とは思えないほど激しいもので、何人か傷んでいたのが気になるところ。

インハイまでに回復するといいのですが。

 

*************************

 

もう1試合40分ハーフの試合があって、その試合のメンバーはこんな感じ。

 

33(田中) 57(廣城) 63(円乗)
        54(玉城)
   36(安部)  39(尾本)
42(平田)        28(黄瀬)
   45(山本)  67(河北)
       69(佐野)

  

前半17分に円乗くんがゴールラインぎりぎりでねばり、角度のないところからシュート。
これが決まり1-0。

でもその2分後にパスをカットされ、カウンターを受け失点。
これで1-1。

この後、円乗くんに大チャンスがあったけれど、これは決め切れず。

結局、前半は1-1。

  

後半はメンバーを入れ替えて。

  

57(廣城) 61(山口) 40(大園)
        54(玉城)
    34(中村) 39(尾本)  
33(田中)        28(黄瀬)
    45(山本) 67(河北)
       43(横江)

交代:

後半8分 61(山口)→36(安部)

 

後半7分に玉城くんからサイドに走り込んだ黄瀬くんへパス。これを受けた黄瀬くんがゴールラインぎりぎりで折り返して、ゴール前で廣城くんが合わせてゴール。
これで2-1。

でも、その1分後に返されて2-2に。

後半15分にはCK(キッカーは廣城くん)に山本くんがボレーで合わせて3-2に。

ここからは拮抗した展開の中、得点も動かず…でしたが、終了間際にパスカットされて、そこから運ばれて失点。

結局、3-3で試合は終了しました。

 

黄瀬くんのプレーはメリハリが効いていて見てて面白いですね。

スピードに乗った攻撃は見応え充分です。

あと、この試合には1年生が2人出場していました。

GKの横江くんとボランチの34番(中村くん?)。

これからの活躍が楽しみです。

2011年7月24日 (日)

プリンスリーグ10節【野洲×神戸科技】

遅ればせながらですが、7/18(月)に行われたプリンスリーグの試合について書きます。

場所はJ-GREEN堺。天気は雨。強風。

 

野洲のメンバーはこちら。

24(大本) 9(加藤) 7(布施)
      16(玉城)
    6(松田) 8(高野)
14(武田)       2(横江)
   12(山本) 23(飯田)
       1(細川)

交代:

後半11分 2(横江)→13(香川)
後半20分 12(山本)→5(河北)
後半23分 24(大本)→15(円乗)
後半35分 16(玉城)→11(山口)

  

前半の出だしはやや科技ペースだったかも。

科技のフォアチェックが効いてた感じ。

野洲のDFがボールを持つと全速力で寄せにやってくる…で、あわててボールを失いそうになる場面が何度かありました。

徐々に互角の展開になってきて、野洲がボールを持つ時間が長くなってきていましたが、バイタルエリアの周辺でボールは回るけれど、なかなかそこから切り崩せない感じでした。

でもまぁ、セカンドは拾えているし、そこからの鋭い攻めも時々見られ、これまでのプリンスと比べると安心して見ていられました。

う~ん…やっぱりボランチを2枚にしているのは大きいかも^_^;。

前半は0-0のまま終了。

 

後半は科技ペースでスタート。

押し込まれる苦しい展開。

その流れのままに、後半8分にペナルティエリアで相手を倒してしまいPKを与えてしまいます。

これを決められ0-1。

その後はチャンスもあったけれど、かなり危ない場面もあり、細川くんのナイスセーブに助けられ追加点は許さず終盤へ。

試合の流れが大きく変わったのは後半40分。

右サイドを駆け上がった香川くんがボールを受け、ドリブルからセンタリング。

中央では加藤くんがきれいに相手DFの裏に抜け出し流し込んでゴール。

これで1-1。

ここからは野洲の怒涛の攻め。

Pエリア内でのパス交換から、円乗くんがシュートを放つもポストに阻まれゴールならず。

最後まで攻め続けたけれど、ゴールは生まれず1-1のまま試合終了。

 

ミスも結構あって前半は攻めあぐねたけれど、後半同点に追いついてからの流れは良かったです。

今回も勝てなかったことは残念ですが、最後の締めくくり方は悪くなかったかなぁと思います。

次は…次こそは勝てそうな…そんな手ごたえの感じられる終わり方でした。

2011年7月23日 (土)

お久しぶりです。

暑中お見舞い申しあげます。


しばらく更新をサボってました。

ただ今、野洲高グランドで野洲×マリノスユースの練習試合を観戦中です。

1試合めは45分ハーフの試合で1‐0。
なかなか見応えのある面白い試合でした。


内容、メンバーについてはインハイ直前でもあるので、今は書かないでおきます。


また、インハイが終わったら記録用にUPしようと思ってます。


ではでは(^O^)。

2011年7月16日 (土)

プリンスリーグ9節【野洲×ヴィッセル神戸】

今日も堺までプリンスリーグの試合を見に行ってきました。

後半戦はすべて堺での試合なんだけど早くもしんどくなってきたかも。

J-GREEN堺は一度に多くの試合をこなすことができていいのかもしれないけど、観戦には向いていない競技場。

平地での網越し観戦はありがたくない。

しかも今年は同じ相手と2戦やるということで、ホーム&アウェイであるべきなのに、ホームもアウェイも同じ場所っていうのがどうも…^_^;

で、今日は多分野洲のホームの試合だったはずなんだけど、思い切りアウェイの洗礼を受けたような…

 

まぁ、その話はおいおいするとして。

まずは野洲のメンバーから。

24(大本) 7(布施) 9(加藤)
      25(玉置)
   8(高野)  13(香川)
14(武田)       2(横江)
   3(平山)  23(飯田)
      1(細川)

交代:

後半0分 25(玉置)→15(円乗)
後半24分 24(大本)→18(田中)
後半25分 2(横江)→16(玉城)
後半36分 13(香川)→12(山本)

序盤からややヴィッセルのペースで試合が進んだものの最初の決定機を迎えたのは野洲。

前半7分に玉置くんからのパスを受けた布施くんがドリブルでエリア内に侵入してシュート。
これは惜しくもクロスバー直撃。

ただ、全体の流れはヴィッセルが握っていて、ピンチもたびたび。

そしてその流れのまま前半16分にボールを運ばれ、ヴィッセルの11番がきれいにGKの頭上を越えるシュート。これを決められ0-1。

前半28分にはヴィッセルの左サイドのスペースから中央に折り返され、そこからのシュートを決められ0-2。
めずらしくカウンターじゃない形からやられてしまいました。
守備の数もある程度揃っていたのに、相手をつかまえるべきところでつかまえきれず、この瞬間はボールウォッチャーになってしまってましたね(>_<)。

この後もヴィッセルペースであわやGKと一対一か!?というシーンがありましたが、間一髪、今日はボランチに入っていた高野くんが身体を入れて防いでいました。

高野くんのボランチ起用は久々でしたが、かなり攻守に効いてました。

前半は0-2で終了。

まぁ、2失点だけど、決定機はもう何回かあったので、相手のフィニッシュの際のミスに助けられた感じの前半。

 

後半はまぁまぁ互角の展開。

円乗くんのボレーとか布施くんのヒールパスを受けた田中くんのシュートとか、いい攻撃も見られました。

ただ、終盤は審判に試合を壊された感あり。

全体的にカードを気軽に出す審判ではあったのですが、問題はカードを出す基準がぶれること。

中盤でくさびのボールを受けた加藤くんが相手の後ろからのチャージでボールを奪われ…多分、それはファールだったと思うのだけれど、そこでは笛は吹かずに流し…そのプレーで奪ったボールをカウンターで運ばれ、平山くんがファールで止めて2枚目のイエローで退場(>_<)。

これまでのジャッジの基準から考えると、加藤くんへのチャージは当然ファールで、野洲ボールになっていたはず。

そうなっていれば平山くんの2枚目のカードもなかったわけで…思い出すだけでモヤモヤしてくる(-"-)。

結局、1人少なくなった中、果敢に攻めたものの、相手のカウンターをPエリア内でファールで止めたとしてPKを与え、これを決められて0-3。

試合終了間際には、加藤くんの抜け出しをファールで止めたヴィッセルのプレー(身体を当てて阻止したプレーとPエリアにドリで侵入した時にユニを思い切り引っ張っていた)に対してカードは出ず。

もう試合の終わりの方は野洲ベンチも騒然としてました。

試合そのものは結構面白いところもあったのだけれど、基準のブレたジャッジのおかげで、後味の悪いものになってしまい残念(/_;)。

 

今日の試合は水野くんも望月くんも松田くんもいないとあって、久々のダブルボランチ。

主軸の選手がいないということでの布陣だったんだと思うけれど、やっぱりこの方が見ていて落ち着くかも。

次の試合がどうなっているか見ものです。

 

今日はケガ明けの横江くんと飯田くんが復帰。

特に横江くんは長期離脱の後の復帰だけに感慨深いものがありました。

プレーは長いブランクを感じさせないくらい良かったと思います。

前線への抜け出しのタイミング、守備への戻りのタイミング等、安心して見ていられました。

リバウンドがないことを祈るばかりです。

 

あと、前にも書いたかもしれないけれど、布施くんの強さは頼もしいです。

2人に挟まれてライン際に追い込まれてもボールを失わない。
強さ、技術の確かさで、相手に寄せられてもスルリとかわして気がつけば前を向いてボールを持っている…ホントにいい選手です。

次のプリンスリーグは月曜日。

相手は神戸科技。

野洲は相変わらず主軸の選手たちを複数欠いた状態にありますが、どんなフォーメーションでくるのか、チャンスをもらった選手たちのプレーぶりなど、見どころは満載。

楽しみです。

2011年7月15日 (金)

プリンスリーグ8節【野洲×大阪桐蔭】

どうも。お久しぶりです。

次のプリンスリーグの試合を明日にひかえ…やっと前節の試合についてUP…

「どんだけ遅いんや!」と自分でもツッコミつつUP…

  

7(布施) 8(高野) 9(加藤)
  16(玉城) 25(玉置)
      6(松田)
14(武田)      13(香川)
  3(平山)  4(水野)
      20(小川)

交代:

前半17分 25(玉置)→23(安部)
後半2分 4(水野)→5(河北)
後半11分 13(香川)→24(大本)
後半33分 9(加藤)→11(山口) 

今回はいつもにも増して驚きの布陣でした。

これまでFWかサイドでしか見たことがなかった平山くんが何とセンターバック。

そして極めつけが、フィールドプレーヤーの小川くんのGK起用。

もう野洲を見始めて5年以上たつので、たいがいのことには驚かなくなっているんですが、さうがにこれにはビックリです。

ゲームはいつもと比べると守備重視だったのかな?

(この布陣で守備重視というのも変な感じですが)

両サイドの上がりがいつもに比べると控えめな感じでした。

(サイドバックとウィングの間くらい?)

 

試合の流れについて触れると…

試合は野洲のいい形もあったけれど、全体の流れは大阪桐蔭が握っていたかな。

前半29分にCKからゴールネットを揺らされるも、これはオフサイドで助かり。

でも37分にFKからの流れで失点。これで0-1。

前半はこのままのスコアで終了。

後半まもなく水野くん交代。

水野くんのいない2バック…^_^;

で、後半5分と8分に連続して失点。

その間もその後も野洲のいい形はあって、スルーパスからGKと一対一の場面や布施くんのドリブルでの独走等、見どころはあったけれど、なかなかゴールにはつながらず。

後半37分に布施くんのドリブル独走で1点返すも、そこで力尽きた感じ。

ロスタイムに連続失点して5-1で試合終了。

 

う~ん…

そろそろ勝てるといいんだけど…

ここにきて選手のポジションを大きくコンバートさせたり、中心選手のコンディションが万全じゃなかったり…で、ちょっとバタバタした感じ…かな。

あくまでも印象ですが。

 

明日のヴィッセル戦もかなり苦しいゲームになりそうな予感。

苦しい中でも次につながるものがあるといいのですが…。

     

2011年7月 7日 (木)

滋賀FAカップ組み合わせ

今年も滋賀FAカップの季節がやってきます。

昨日、滋賀県サッカー協会のHPに要項と組み合わせがUPされていました。

詳しくはhttp://www.shigafa.com/11/cate1/games/1-1116.pdf

  

出場するのは…

JFLの SAGAWA SHIGA FC と MIOびわこ草津、

関西社会人一部の TOJITSU 滋賀 FC

関西社会人二部の B,S,C HIRA  と ルネス学園甲賀

大学代表の びわこ成蹊スポーツ大

社会人滋賀一部の 守山侍2000

そして高校代表の 野洲高校

…の8チーム。

 

 

日程・組み合わせについて簡単に書くと…

 

1回戦は8/7(日)。場所はルネスグリーンフィールド。

11:00 ルネス学園甲賀×B.S.C HIRA…①

14:00 野洲高校×守山侍…②

 

2回戦は8/13(土)。場所はビッグレイクB。

11:00 ①の勝者×びわこ成蹊スポーツ大…③ 

14:00 ②の勝者×TOJITSU 滋賀 FC…④

 

準決勝は8/15(月)。場所は皇子山陸上競技場。

11:00 ③の勝者×SAGAWA SHIGA FC…⑤

14:00 ④の勝者×MIOびわこ草津…⑥

 

決勝は8/28(日)。場所は皇子山陸上競技場。

13:10 ⑤の勝者×⑥の勝者

 

 

このFAカップで優勝すると天皇杯出場!!ということになるんだけれど、ものすごい険しい山…^_^;

でも違うカテゴリーのチームとの公式戦って、これくらいなので貴重な場です。

楽しみ楽しみ(^^)。

2011年7月 3日 (日)

インターハイ組み合わせ

夏に行われるインターハイの組み合わせが発表になりました。

詳しくはこちら

野洲はなかなか厳しい山に入りましたね^_^;。

1回戦は…何と神村学園と。

7/28(木) 12:00~ TDK秋田総合スポーツセンターサッカー場A

ま、要は、相手がどこであろうと野洲は自分たちのサッカーがどこまでできるか…ですよね(^^)。 

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ