« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月23日 (金)

野洲フェス 野洲×静岡学園 野洲×山梨学院

残念ながら仕事のために観戦できず(/_;)。

交流戦とはいえ、せっかくのビッグレイクBでの試合なのに…

1試合めは野洲×静岡学園

静学は今年もBでの参加でしょうか。(Aチームはプレミアの試合があったので)

でもBとは言え静学。

去年も野洲フェスで決勝まで進出しています。

層が厚い。

  

この試合での野洲のメンバーはこんな風だったそう。

 

  63(円乗) 46(米田)
    54(玉城)
45(山本)     38(大本)
  55(中村) 66(香川)
    56(橋本)
 67(河北)   42(平田)
     47(小川)

 

先制したのは野洲。
前半3分。

静学のパスミスを橋本くんが拾って、玉城くんへ。
玉城くんがループで前線に送り、受けた円乗くんがシュート。
これが決まり1-0。

その後、玉城くんのFKが直接決まり2-0。

ですが、前半の終盤に2失点し2-2で前半を折り返し。

後半は大きくメンバーを変えて。

  63(円乗) 33(田中)
     57(廣城)
38(大本)     28(黄瀬)
  54(玉城) 66(香川)
     56(橋本)
 67(河北)   42(平田)
     69(佐野)

交代:

後半15分 67(河北)→60(村川)

後半20分、野洲に勝ち越し点。
香川くんのパスを受けた黄瀬くんが決めて3-2。

後半21分、野洲に再び追加点。
黄瀬くんのパスを受け、円乗くんと田中くんがスペースへ走り込み、円乗くん~田中くんと渡ってゴール。
これで4-2。

後半25分、野洲に追加点。
円乗くん、田中くんのシュートはGKに弾かれたものの、こぼれ球を香川くんがループで決めて5-2。

後半29分、Pエリア内で相手を倒してしまいPKを与え、決められて5-3。

試合は5-3で終了。

 

***************************

 

野洲の次の試合は山梨学院と。

野洲のメンバーはこちら。

  31(高野) 44(玉置)
     68(望月)
32(武田)     35(横江)
  73(布施) 43(平山)
     56(松田)
 34(飯田)   66(水野)
     44(細川)

交代:

後半0分 35(横江)→38(大本)
後半25分 31(高野)→45(山本)  32(武田)→67(河北)

 

何と、ボランチに布施くん起用!!

 

前半の野洲の出来はかなり良かったらしいです。

ポゼッションも高くて、きれいな崩しもいっぱいあったとか。

先制は前半20分。
武田くんがバイタルエリアで高野くんとのワンツーで抜け出してゴール。
これで1-0。

後半30分には追加点。
細かいつなぎから、最後は高野くんのボレーシュート。

前半は2-0で折り返し。

  

後半も途中までは野洲のペースだったけれど、終盤運動量が落ちてミスが出て、2点返され2-2で試合終了。

 

TM 野洲×桃山学院附

この日は晴天のサッカー観戦日より。

場所は野洲高グランド。

 

 31(高野) 44(玉置)
     68(望月)
32(武田)     35(横江)
 45(山本) 43(平山)
     56(松田)
 34(飯田)    66(水野)
     44(細川)

交代:

前半15分 31(高野)→63(円乗)
後半26分 63(円乗)→67(河北)
後半35分 68(望月)→54(玉城)
後半37分 35(横江)→38(大本)

 

試合は互角の立ち上がり。

前半7分に野洲が先制。
CK?からの流れで相手GKかDFが跳ね返したボールに玉置くんが詰めて1-0。

先制後も互角の展開。

野洲は細かくつないで崩そうとするけれど、今から攻撃!!というところでボールロストして攻撃のリズムがなかなか作れない感じ。

結局、前半は1-0。

  

後半10分過ぎからいいつなぎが出だして面白くはなったけれど、やっぱりミスは多くて大ピンチも。

後半14分には相手のカウンターからクロスバー直撃のシュートを許すピンチ。

後半途中に交代で入った河北くんがまさかのFWポジションへ。

その河北くんがからんで後半28分に追加点。(細川くんのロングフィードから望月くんが左に展開して、左に流れていた河北くんが中央に折り返し。このボールをファーサイドで横江くんが走り込んで合わせてゴール)
これで2-0。

結局、このスコアのまま試合は終了。

 

ミスが多いのは気になったけれど、久々の無失点試合。

望月くんが少しずつ復活してきている感じなのも嬉しいです。

次の試合は時間の都合で見られなかったのですが、スタメンだけメモ。

 33(田中) 46(米田)
    54(玉城)
38(大本)    28(黄瀬)
 55(中村) 66(香川)
    56(橋本)
 67(河北) 42(平田)
    69(佐野)

プリンスリーグ第13節【野洲×初芝橋本】

毎日忙しすぎ(>_<)

週末にサッカーの試合を見に行く時間は何とか捻出しているけれど、ブログを書く時間が作れない毎日。

あぁ、ストレスがたまる…(/_;)。

今日も仕事だったので試合も見に行けず。ブログも書けず…でしたが、明日から3連休なので、今日は夜更かししてまとめてUPします。

 

まずはプリンスリーグ13節【野洲×初芝橋本】の試合から。

ここまでプリンスリーグ勝利なしの野洲。

ぜひともここらで初勝利が欲しかったところですが・・・

 

 7(布施) 25(玉置)
    10(望月)
20(山本)    14(武田)
 3(平山)   8(高野)
    6(松田)
 22(飯田)  4(水野)
    17(小川)

交代:

前半40分 20(山本)→2(横江)
後半23分 17(小川)→1(細川)
後半33分 7(布施)→15(円乗)  14(武田)→24(大本)
後半40分 10(望月)→16(玉城)

2011年9月11日 (日)

プリンスリーグ第12節【野洲×滝川第二】

この試合は昨日行われたプリンス第12節。

これまた堺での試合。

天気は晴天で暑いくらいの陽気。

日差しが強くて逆光で見ずらいのなんのって(>_<)。

 

  8(高野) 7(布施)
    10(望月)
14(武田)     2(横江)
  3(平山) 13(香川)
    6(松田)
 22(飯田)  4(水野)
    17(小川)

交代:

前半30分 13(香川)→25(玉置)
後半0分 17(小川)→1(細川)
後半26分 10(望月)→24(大本)

 

慎重な雰囲気の立ち上がりではあったのですが…前半3分、ボランチからのサイドを変える長い横パスが通らず相手に渡ってしまい、ドリブルでの独走を許し失点。
これで0-1。

前半18分にはほぼCKに近い位置からのFKにヘッドで合わされ0-2。
何でゴール前でフリーの選手がいたんだろう?

前半30分の交代で玉置くんがFWに入り、高野くんがボランチへ移動。

試合は少しずつ落ち着いては来たけれど、前半35分にオフサイドギリギリで抜け出られ(一旦副審はオフサイドフラッグを上げたけれど、多分後方から別な選手が裏に飛び出してきたんじゃないかな)、ドリブルで持ち込まれてシュート。
これが決まり0-3。

前半終了間際にも失点。
これはGKが止めたように見えたけれど、こぼれてしまい、押しこまれて…(>_<)。
これで0-4。

  

う~ん…しなくてもいい失点が半分くらいあった気がする…。

こういう失点を重ねるとリズムを作りにくいですね。

前半は自滅!?

致命的なミスも多かったし、全体的に悪い意味で考えすぎというか、迷いがあるというか…そんな感じ。

 

後半は前半と比べるとかなり持ち直して、いい形も作っていたけれどゴールはなかなか決まらず。

やっと決まったのが後半22分。
スピードのあるワンタッチパスをバイタルエリアでつないでの美しいゴール。
(平山くん~横江くんとつないで最後は玉置くん)
これで1-4。

後半30分くらいに失点して1-5。

その後もチャンスはあったけれど、相手のシュートがポストを叩くという大ピンチも。

結局、試合は1-5で終了。

  

2試合連続の大量失点負けです。

大阪市長杯からわずか1,2週間でこの変化。

京都橘にしても滝二にしても…多分上海U-18と比べると強くはないと思うんですけどね^_^;。

チームは本当に生ものです。

内容・結果ともに悪いと自信も持てないし悩んで余計に悪い方向に向かいそう(/_;)。

 

一人ひとりは上手い(特にこの試合でも武田くんのプレーぶりには目が釘付けになりました。ほとんどサイドの攻防で勝っていた気がします)し、決して力では劣っていないと思うのだけれど、勝ち試合に結びつけるための試合運びがチーム全体でできていないのは確か。

選手一人ひとりがどれだけ気持ちをプレーに出せるか、チーム全体でファイトできるかというのも…今の野洲には必要かな。

 

プリンスは降格はないけれど、このままだと非常事態。

これからよっぽどいい準備ができないと、選手権予選で滋賀を勝ち抜くのは難しいかも。

とりあえず、今の消化不良状態を何とかしたいですね。

今が一番の頑張り時でしょう。

プリンスリーグ第11節【野洲×京都橘】

古い話ですが9/4(日)に行われた試合について。

 

台風通過直後の強風の中で行われた試合でした。

天気は不安定で小雨のち本降りって感じでした。

会場はまたまたJ-GREEN堺。

ここでの開催が続くのはちょっとしんどい。

遠いのはもちろんだけど、それ以上に見難いのが嫌。

  

この日の布陣は累積警告や天皇杯での退場が影響して変則的な布陣。

 

  8(高野) 7(布施)
     10(望月)
14(武田)    24(大本)
  3(平山) 13(香川)
     2(横江)
  5(河北)   4(水野)
     1(細川)

交代:

後半0分 24(大本)→25(玉置)
後半14分 10(望月)→15(円乗)
後半18分 5(河北)→20(山本)

  

ボールが落ち着かない少し不安な立ち上がり。

試合が動いたのは前半17分。

大本くんがドリブルで侵入しようとしたところを、Pエリアの外で京都橘の選手がファールで止めてFK獲得。

望月くんの蹴ったボールはクロスバーに当たって跳ね返り、そこからカウンターで逆襲され、一旦は相手のシュートを細川くんが弾いたものの、そのボールを蹴り込まれて0-1。

前半24分にはカウンターで追加点を許し、0-2。

前半27分にはロングボールに対し、競り合いで勝てず、ゴール前まで持ち込まれて失点。

 

前半は0-3。

ほとんど野洲にいいところはなかったですね。

全体的に動きが鈍くて、バイタルエリアで足元へのパスをつないでいるうちにボールを奪われてカウンターを食らいピンチという繰り返し。

 

後半はメンバーとポジションを若干変えてスタート。

 

  25(玉置) 7(布施)
     10(望月)
14(武田)    2(横江)
  3(平山) 13(香川)
     8(高野)
 5(河北)   4(水野)
     1(細川)

  

後半は序盤から野洲のパスがよく回るようになったけれど、決め切るところまではいかず。

反対に後半10分に失点。
ロングパスから逆サイドに振られ…野洲の守備が追いつきませんでした。
これで0-4。

後半15分には布施くんがドリブルで持ち込んでシュート。
これが決まり1点返すも…

その1分後に野洲の攻撃の際のパスが通らず、カウンターを受けて失点。
これで1-5。

3分後にはセンターサークル付近での混戦から左サイド(野洲の右サイド)に抜け出られて失点。
これで1-6。

 

終盤には野洲の攻撃シーンがたくさん見られたけれどゴールは見られず1-6で試合終了。

 

*************************

かなり苦しい試合でした。

京都橘は野洲のことをよく知っているって感じの戦い方。

カウンターを決められまくりました。

野洲は…選手の欠けが痛かったのは確かだけど…思った以上にやられちゃいましたね^_^;。

うまく切り替えられるといいのですが。

 

望月くんは…徐々に出場時間を増やしていってる感じですね。
完全復活まではあともう少しかかるのかな?

 

余談ですが、この試合、国体滋賀選抜の宮吉くんが交代出場したのですね。

後で公式記録を見て知りました。

野洲の1年生も頑張れ(^^)。

2011年9月 1日 (木)

大阪市長杯 野洲×上海U-18

本来なら8/27(土)の第4試合に予定されていた1,2位決定戦。

まさかの大阪集中豪雨でこの日の試合は第2試合の途中で中断。

中止が決まり、1,2位決定戦のみ翌日にJ-GREEN堺で行われることになりました。

 8(高野) 7(布施)
    10(望月)
14(武田)    20(横江)
  3(平山) 13(香川)
    6(松田)
 22(飯田)  4(水野)
    1(細川)

交代:

後半0分 10(望月)→25(玉置)

 

 

***************************

【9/11追記】

久々の更新です。

諸事情により超多忙な毎日を過ごしているため、観戦時間を確保するので精いっぱいの状態。

なかなかブログ更新まで手が回らなくて^_^;。

 

どんどん時間が経過するとますます書きにくくなるので、この辺でまとめてUP。

 

さて、2週間も前になりますが、大阪市長杯の1位2位決定戦について書きます。

 

試合は…前半10分に早くも失点。
上海の攻撃はめっちゃ迫力がありました。
ボールを奪うと素早く前につないで浮き球のパスを受けたFWの選手が胸トラップしてそのままボレーシュート。
鮮やかなゴールでした。

前半12分にも左サイドからの斜めのロングパスでDF裏を狙われて…オフサイドに見えたけれどオフサイドにならなくて失点。
これで0-2。

 
前半は0-2で終了したけれど、もっとピンチはありました。

前半はかなり攻守にわたって圧倒されました。

攻守の切り替えの速さやフィジカルの強さ、技術の高さ…どれをとっても日本の高校チームにないスケールの大きさ。

何か社会人か大学生とやっているような錯覚に陥りました。

 

 

後半立ち上がり1分にも自陣ゴールライン際でプレスをかけられ、苦し紛れに出したパスをを奪われ…そこからファーサイドにクロス~ヘッドで合わされ3失点め。

ただ、ここからは野洲の反撃開始。

後半4分に布施くん~武田くんときれいにつないで最後は横江くんが決めて1-3。

後半11分には平山くんから縦パスが玉置くんに渡り、玉置くんから布施くんへ。
布施くんが落ち着いて決めて2-3。

その後はピンチもあるけれどチャンスもあるといった展開。

前半と比べると、武田くん、横江くんが相手陣内の深い位置まで侵入できるようになってきました。

後半の真ん中過ぎからは上海の選手の運動量が落ちてきて、アフターチャージ等、荒いプレーが増えてきた感じがします。

それと露骨な時間稼ぎ。

接触プレーのないところで急に痛がって足を引きずりながら治療に出たかと思えば…すぐに元気に走ってピッチに戻っていくし^_^;。

上海のスローインの時にわざとゆっくり時間を使って…主審に早くするように注意されても「ワタシニホンゴワカリマセン」とばかりにスルーするし^_^;。

終盤は野洲がかなり押し気味に試合を進めていたけれど、結局追いつけず2-3で試合終了。

 

************************

まぁ、いろいろ思うところはあったけれど、素直に上海U-18は強いチームでした。

そして面白い試合でもありました。

タイトルを取れなかったのは残念だけどかなりいい経験になったのではないでしょうか。

大阪市長杯 野洲×桜宮

このところ仕事やらなんやらで忙しすぎ。

PCの電源を家で入れたのも久しぶり。

明日も朝が早いのでサラッと簡単に振り返り。

  

大阪市長杯2戦めは桜宮高校と対戦。

対戦日は8/26(金)。

場所は長居第二競技場。

 

メンバーはこちら。

  8(高野) 7(布施)
    10(望月)
14(武田)    20(横江)
  3(平山) 13(香川)
    6(松田)
 22(飯田)  4(水野)
    17(小川)

交代:

前半24分 10(望月)→25(玉置)
後半22分 20(横江)→11(山口)
後半27分 17(小川)→1(細川)

 

試合は時間とともに野洲ペースに。

先制は前半14分。
香川くんを起点に飯田くん~望月くんを経由して左サイドのスペースの武田くんへ。
武田くんが中央に折り返して最後は高野くんが決めて1-0。
完ぺきに崩しての得点でした。

その後も野洲が試合を支配して時間が進むものの追加点は奪えず。

逆にGKがボール処理しているところを詰められ、ボールを奪われ失点。
これで1-1。

失点してからは息詰まる展開になりそのままのスコアで前半を終了。

 

後半は開始早々に野洲に勝ち越し点。
後半1分、玉置くんを起点に左サイドの武田くんを経由。武田くんがドリブルで切れ込んで真ん中に折り返し…これに高野くんが合わせて2-1。

勝ち越し点からまた野洲ペースになり、そのまま追加点をさらにあげて試合を楽に進めるかと思いきや…後半8分に続き、22分にも平山くんがイエローカードをもらい退場すると、流れは再び緊迫。

後半26分に中盤でボールを失くすと、奪った桜宮の選手が野洲のGKが前に出ているのを見てロングシュート。
何とこれが決まり2-2に。

GKが細川くんに代わってからもGKと一対一のシーンを作られるなど、ピンチは結構あったかな。

そこは細川くんのビッグセーブで失点を免れて、結局試合は2-2で終了。

  

う~ん…試合の感想は…楽に勝てる試合を自ら苦しいものにした…という感じか!?

  

とりあえず、引き分けはしたけれどグループ首位で、最終日の1位決定戦に出場することになりました。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ