« TM 野洲×桃山学院附 | トップページ | 選手権予選トーナメント表 »

2011年9月23日 (金)

野洲フェス 野洲×静岡学園 野洲×山梨学院

残念ながら仕事のために観戦できず(/_;)。

交流戦とはいえ、せっかくのビッグレイクBでの試合なのに…

1試合めは野洲×静岡学園

静学は今年もBでの参加でしょうか。(Aチームはプレミアの試合があったので)

でもBとは言え静学。

去年も野洲フェスで決勝まで進出しています。

層が厚い。

  

この試合での野洲のメンバーはこんな風だったそう。

 

  63(円乗) 46(米田)
    54(玉城)
45(山本)     38(大本)
  55(中村) 66(香川)
    56(橋本)
 67(河北)   42(平田)
     47(小川)

 

先制したのは野洲。
前半3分。

静学のパスミスを橋本くんが拾って、玉城くんへ。
玉城くんがループで前線に送り、受けた円乗くんがシュート。
これが決まり1-0。

その後、玉城くんのFKが直接決まり2-0。

ですが、前半の終盤に2失点し2-2で前半を折り返し。

後半は大きくメンバーを変えて。

  63(円乗) 33(田中)
     57(廣城)
38(大本)     28(黄瀬)
  54(玉城) 66(香川)
     56(橋本)
 67(河北)   42(平田)
     69(佐野)

交代:

後半15分 67(河北)→60(村川)

後半20分、野洲に勝ち越し点。
香川くんのパスを受けた黄瀬くんが決めて3-2。

後半21分、野洲に再び追加点。
黄瀬くんのパスを受け、円乗くんと田中くんがスペースへ走り込み、円乗くん~田中くんと渡ってゴール。
これで4-2。

後半25分、野洲に追加点。
円乗くん、田中くんのシュートはGKに弾かれたものの、こぼれ球を香川くんがループで決めて5-2。

後半29分、Pエリア内で相手を倒してしまいPKを与え、決められて5-3。

試合は5-3で終了。

 

***************************

 

野洲の次の試合は山梨学院と。

野洲のメンバーはこちら。

  31(高野) 44(玉置)
     68(望月)
32(武田)     35(横江)
  73(布施) 43(平山)
     56(松田)
 34(飯田)   66(水野)
     44(細川)

交代:

後半0分 35(横江)→38(大本)
後半25分 31(高野)→45(山本)  32(武田)→67(河北)

 

何と、ボランチに布施くん起用!!

 

前半の野洲の出来はかなり良かったらしいです。

ポゼッションも高くて、きれいな崩しもいっぱいあったとか。

先制は前半20分。
武田くんがバイタルエリアで高野くんとのワンツーで抜け出してゴール。
これで1-0。

後半30分には追加点。
細かいつなぎから、最後は高野くんのボレーシュート。

前半は2-0で折り返し。

  

後半も途中までは野洲のペースだったけれど、終盤運動量が落ちてミスが出て、2点返され2-2で試合終了。

 

« TM 野洲×桃山学院附 | トップページ | 選手権予選トーナメント表 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

なんか情けないですね、いつになったら監督コーチは三年生の力に築くのでしょうか?今のAチームより数段上のような気がします。

試合を観戦しての印象でした

滋賀FC戦以来の観戦でしたが、山梨学院戦おもしろかったですよ。なるほどねぇ思いました。キーパー入れての3バックって感じでしたね。細川君ほとんどエリアから出てプレーしたたような・・・。こんなサッカー考えるチームはあるとは思いますが、実行するのは野洲ぐらいでしょうね。普通に一般的な試合したら普通に勝てるでしょうね。選手の能力は高いので。でもそれをしない野洲、好きですねぇ。ただシュートしてぇ、シュートしな入らへんよぅって感じでした。

>中居さま

コメント返し、遅れに遅れてすみません。
忙しくて週末以外は自分のブログをひらくことすらできない日が多いので(/_;)。

コメントをくださっていることは週の半ばには気付いていたのですが、軽い気持ちでコメント返しできる内容ではなかったので…。


さて、コメントしてくださったメンバー起用についてですが、野洲には3年生にもいい選手が多いので、指導される方が違えば、今とは違うメンバーで違うタイプのサッカーを目指されるかもしれませんね。

個人的にも「この選手を使わない(使えない)のはもったいないよ…」と思う選手が何人もいるわけで。

身体の出来上がり方…フィジカルについては3年生の方が勝っているのは確かで、そういった観点を重視してチーム作りをしても強いチームができるだろうと個人的には思います。
中居さまがおっしゃるように、もしかしてガチでの勝負では、そういったメンバー選考をした方が結果は残せるのかもしれません(今の段階では)

ただ、今のAチームのメンバーの特徴は判断の速さにあると思います。
特にバイタルエリアからの密集の中でのボールの動きや人の動きを追うことはものすごく見ていて難しいです。

今は試合の中でやってはいけないミスも結構あるので、大量失点の試合も多いわけですが、完成度が上がればとんでもないサッカーになるだろうと想像します。(期待込みですが)


多分、目指すサッカーは大きくは変わらないと思うので、判断スピード勝負のパスサッカーの中でいかに強さの部分を組み込んでいけるかという話になってくるのではないかと。

今、負傷離脱している選手にも万全の状態で戻ってきてもらって、いい競争をしてもらいたいですね。

>のりさま

山梨学院戦をご覧になったんですね。
羨ましい…。

「GKを入れての3バック」
かなり的を射た言い方だと思います。

野洲のGKはかなりフィールドプレーヤーの役割を要求されてますね。
今年のチームの場合は特に。

GKが前に出てDFラインも上げ上げ(笑)。
プリンスではDFライン裏やGK裏のスペースをねらってくるチームが多かったですね。
うん、相手チームは勝負に徹してる感じでした。

今回の野洲フェス参加のチームは、まぁ、これは公式戦ではないというのもあると思いますが、中盤省略せず、ちゃんと組み立ててくるチームがほとんどだったので、プリンスよりはやりやすかったというのはあるかもしれません。

野洲のこだわりを好きだというのりさん、かなり重症の野洲ファンだと思います(^.^)。

プリンスで負け続けて「このままじゃダメなのでは…」という気持ちと「この険しい道の先に続くものを見てみたい…」という気持ちの間で揺さぶられてます(笑)。

ただ、「シュートは打て!!」
というのは同感です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/41959734

この記事へのトラックバック一覧です: 野洲フェス 野洲×静岡学園 野洲×山梨学院:

« TM 野洲×桃山学院附 | トップページ | 選手権予選トーナメント表 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ