« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

選手権予選3回戦【野洲×八幡】

今日はちょっと早めのUP…できるかな?

頑張ります(^.^)。

 

今日は選手権予選3回戦。

せっかくのビッグレイクでしたがあいにくの雨…

でも、大雨にならずに良かった。

  

野洲は今日は八幡と対戦。

今年の八幡はどんなかな??

…と、楽しみにしてました。

 

野洲のメンバーはこんな感じだったかな。

 

 15(円乗) 9(加藤)
    10(望月)
14(武田)    16(荒木)
  7(布施) 3(平山)
          6 (松田)
 12(河北) 18(中村)
    1(細川)

交代:

後半0分 16(荒木)→2(横江)  7(布施)→11(山口)
後半13分 6(松田)→21(橋本)  10(望月)→13(香川)
後半26分 1(細川)→17(佐野)

 

スタメンの選手の顔ぶれを見て驚きました。

右サイドに荒木くん!!

初の公式戦出場(1年生大会を除く)じゃないでしょうか。

けが人やまだコンディションが万全でない選手が多数いる中、やりくりが大変と言えば大変…でも考えようによっては選手層を厚くするいい機会かも。

チャンスをもらった選手にはいい経験を積んでもらいたいですね。

  

さて、試合の内容について触れていくことにします。

試合は序盤から野洲がラインを高く上げて中盤をコンパクトにしリズムよくパスをつないで主導権を握りにいきました。

何度かチャンスらしい形を作った後の前半17分、望月くんを起点にボールは右サイドの荒木くんへ。
荒木くんはゴールラインぎりぎりのところをねばって何とか折り返し…これをファーで受けた加藤くんが折り返して中央の円乗くんへ。
円乗くんが難なくゴールに流し込んで1-0。

前半28分にも望月くんを起点に右サイドの荒木くんに展開して、そこからのクロスで円乗くんが決定機を作るもこれは決められず(>_<)。

そして追加点は前半30分。
これまた望月くんから今度は左サイドの武田くんにパス。
武田くんのグランダーのクロスを八幡のDFがクリアミス。
ボールはGKと加藤くんの間くらいに転がって…結局、加藤くんが押し込んでゴール。
これで2-0。

この後も望月くんを起点にした攻撃で相手を振り回し、完全に流れをつかんでました。

前半終了間際には河北くんのロングパスを受けて抜け出した武田くんがクロスを上げて円乗くんがヘッドで合わせ決定機を迎えましたがゴールはならず。

前半は2-0で終了。

 

前半は望月くんのすごさを見せつけられた感じです。

望月くんを抑え込まなければ野洲の思い通りの試合になってしまう…それは八幡の選手もわかっていて、ちゃんとマークには行ってるのだけれど…時間の経過とともにプレスは無力化してました。

八幡の選手のマークを鋭い切り返しではずしたり、身体と視線の向きからは考えられない方向にパスを通したり、いとも簡単に裏をとって、タイミングを見計らって絶妙な左右のスペースへのパスを通したり…ちょっと手がつけられない感じでしたね。

 

 

後半2分には山口くんのパスを受けた円乗くんがこの日2点めのゴールを決めて3-0。

後半13分には山口くんのめちゃめちゃ惜しいシュートがあったけれどゴールの右にコロコロとそれて行って…

後半途中からちょっとこう着状態になったけれど、後半39分に自らもらったFKを平山くんが蹴って、ゴールネットを揺らして4-0。
平山くんは結構強いボールを蹴れるのでキャノンシュートで行くかと思ったのですが、意表をついたコース狙いの技ありシュートでした。

結局、試合は4-0のまま終了。

***************************

この試合も勝てて良かったです。

選手権予選って、負けたら終わっちゃうので、「とにかく勝ってくれ~」ってな気持ちになります。

1試合でも多く、1分でも長く今年のチームを見ていられますように…

 

<今日の結果>


野洲 4-0 八幡

立命館守山 1-0 膳所

水口 2-1 水口東

綾羽 4-0 堅田

守山北 6-0 国際情報

高島 3-0 八幡工

守山 1-0 大津

草津東 3-1 比叡山

 

 

<準々決勝の予定>

野洲ー立命館守山

水口ー綾羽

守山北ー高島

守山ー草津東

2011年10月27日 (木)

選手権予選2回戦【野洲×八幡商】

今日の選手権予選2回戦は仕事があって見に行けてません。

が、結果を知らせてくださる方がいたので、それのみUPしておきます。

 

野洲のメンバーはこんな感じだったそうです。

スタメンはオール3年。

 

   15(円乗) 9(加藤)
      11(山口)
19(田中)      2(横江)
   7(布施) 16(玉城)
       21(橋本)
  12(河北)  18(中村)
      1(細川)
 

交代:

後半22分 19(田中)→20(米田)  2(横江)→13(香川)
後半35分 16(玉城)→8(高野)  7(布施)→10(望月)

 

前半38分 加藤くんのゴール

後半13分 山口くんのゴール

後半28分 玉城くんのゴール

3-0で野洲の勝利。

う~ん…いったいどんな試合だったんでしょうね…

 

 

**************************

3回戦の野洲の対戦相手は八普です。

この試合は観戦できそうなので楽しみです。

2011年10月24日 (月)

TM 野洲×玉野光南

この試合は10/23(日)に行われたものです。

野洲はAサブの選手中心。

選手権初戦に向けてのメンバーに近いのかも。

試合は前半13分に米田くんがサイドラインぎりぎりをドリブルで駆け上がり、山口くんへ。
山口くんから円乗くんに渡り、円乗くんが決めて1-0。

その後もだいたいは野洲が攻めていたけれど、前半31分には相手のシュートがクロスバーに当たるピンチも。

前半36分には野洲のDF裏のスペースをカバーしに前に出たGKがマイボールにし切れず、距離のあるところから素早くシュートを打たれ、これが決まり1-1に。

でもその2分後に河北くんからのロングパスを受けた米田くんがクロスをあげ、中央で加藤くんが低空のダイビングヘッドを決めて2-1に。

前半は2-1で折り返し、後半は両チームともゴールなしで終了。

試合は2-1で野洲が勝利したけれど、選手権予選仕様でその後PK戦があって、このPK戦は4-2で玉野光南が勝ちました。

TM 野洲×グランパスU-18

この試合は10/22(土)のもの。

相手はグランパスU-18。

野洲高グランドでこんないいカードが見られるなんて、とても贅沢。

メンバー、ポジションはあえて書きませんが、とても面白いゲームでした。

何が面白いって…グランパスがとても強くて、やりごたえがあったこと。

特に前半のグランパスは凄味がありました。

鬼プレスというほどではないけれど、どの選手も読みとボールへの反応が抜群に良い感じでした。

そして体格差。

ハーフナー・マイクの弟…笑えるほど身長が高かったです。

マッチアップしている野洲のFWの選手…ハーフナー・ニッキの胸の辺りまでしかなかったかも。

セットプレーでは河北くんのマークについていることも多かったけれど、180㎝以上ある河北くんが小柄に見えるほど高かったです。

試合は序盤からグランパスペース。

野洲に攻撃の形を作らせない完璧さでした。

前半14分に素早いスローインでのリスタートから野洲陣内深くに侵入するとドリブル&シュート。
これが決まり0-1。

そして前半20分には野洲の守備陣がビルドアップの方向を探ってパス交換をしているところを詰められて、ボールを奪われ失点。
これで0-2。

前半25分にはきれいに崩され3失点目。

前半の終盤辺りになると、野洲も相手陣内でパスを回せるようにはなってきたけれど、なかなかシュートまでは打たせてもらえないという展開でした。

前半は0-3のまま終了。

 

後半はグランパスの方がペースを落としてきたこともあったかもしれないけれど、わりと互角の展開。

高野くんや武田くんが決定機に絡んでました。

でも結局、ゴールは決まらず0-3のまま試合終了。

 

 

この後、野洲Aサブ×グランパスU-18の練習試合があって…開始直後にループシュートを決められて0-1とされるも、右サイドの黄瀬くん~山口くんとつないで最後は円乗くんが決めて1-1に追いつき、そのままのスコアで試合終了。

TM 野洲×柏原 野洲×近大和歌山

この試合は10/16(日)に行われたものです。

観戦した試合をすぐにUPできないので、どんどんたまっていきます^_^;。

柏原との試合は前半Aサブ、後半A中心のメンバーでした。

前半は遅刻したために見られなかったのですが、円乗くんの得点で1-0の折り返しだったようです。

後半はかなり野洲が押し気味に試合を進めていましたが、ゴールはなかなか決まらず。

この試合はクロスを上げる練習をしていたのかな?という印象。

いつもならバイタルエリアでも、これでもか!!というくらいパスをつなぐのに、この日はクロスを上げられる状況になればあえて上げる場面が目立ってました。

まぁ、ちょっと珍しい光景でしたね(^.^)。

でも、タイミングが合わなかったり、コースが微妙にずれたり…。

後半27分に武田くんのクロスに加藤くんが合わせてやっと追加点。
これで2-0。

試合は2-0で終了。

 

この後に行われた近大和歌山戦ではサブメンバー中心の構成。

サブのメンバーは、柏原戦と合わせて、この日1試合半出場している選手も多かったです。

試合は後半7分に右サイドの黄瀬くんが起点になって中央で円乗くんがヘッドで合わせてゴール。
これで1-0。

結局、試合は1-0で終了。

  

  

選手権予選も近くなり、メンバー選考の真っただ中といった感じの日でした。

みんなの努力が報われるといいのに…と思うのですが、メンバー入りする選手の人数は決まっているので厳しい世界です。

ここにきてけが人が多いのも気になるし…

2011年10月16日 (日)

TM 野洲×岐阜工 野洲×高川学園

この週末は2本立て。

10/15(土)は岐阜工と高川学園が野洲高グランドにやってきました。

選手権予選も近いので、ここからは詳細を書かずにUPします。

まずは野洲Aサブ×岐阜工の試合。

前半は2-1。

得点は米田くんと円乗くん。

失点はトラップの際にボールの落とし所を狙われて、ボールを奪われ…。

後半はサイドチェンジからの折り返しを合わせられ失点。
これで2-2。

その1分後にも失点して逆転されたもののその後米田くんのゴールで追いついて3-3で終了。

 

 

そして同じ日に行われた野洲A×高川学園の試合。

大本くんが右サイドをドリブルで駆け上がりセンタリング。
これを中央で山口くんが合わせて1-0。

その後守備の甘さをつかれて失点。1-1。

全体に野洲ペースで進んでいたものの、バタついた展開になって失点。
これで1-2。

前半は1-2で終了。

後半も野洲ペースでは進んだけれど、サイドの角度のないところから狙われて失点。
これで1-3。

ここから点の取り合い。

大本くんのループシュートで1点返すと2-3に。

その2分後に大本くんが望月くんとのワンツーで抜け出し、クロスに武田くんが合わせて3-3。

その2分後に守備の甘さをつかれて3-4。

その3分後に望月くんのパスを受けて抜け出した円乗くんのシュートがクロスバーに当たり、その跳ね返りを武田くんが蹴り込んで4-4。

そして最後は望月くんのパスを受けた大本くんのシュートを相手GKが弾き、それを押し込んだ玉置くんが決めて5-4と逆転。

試合は5-4で終了。

 

2011年10月14日 (金)

TM 野洲×久御山

タイトルだけUPして放置してました。

すみませんm(__)m。

 

この試合は10/10(月)のもの。

この日は午前中に用事があったため、午後のみの観戦。

相手は久御山。

毎年、何度かは対戦するお馴染さんです。

到着した時にはB戦をやっていて、相変わらずのゆる~い雰囲気だなぁ・・・と思っていたのですが…。

  

  31(高野) 44(玉置)
     68(望月)
32(武田)     38(大本)
  73(布施) 43(平山)
     56(松田)
 34(飯田)  55(中村)
     44(細川)

交代:

後半19分 38(大本)→66(香川)
後半39分 44(玉置)→63(円乗)

序盤はどちらも決定的な場面を作れずに経過。

相手の出方を見ているような、ゆっくりとした立ち上がりでした。

徐々に野洲がチャンスを作り始めるけれど、時々ミスからピンチもあるといった展開。

先制したのは野洲で、前半28分。
バイタルエリアでのパスが細かすぎて・・・というか、スピードについていけず見落としました。
気がつくと高野くんがゴールネットを揺らしてました^_^;。

この後、野洲が何度かチャンスを迎え、押し気味に進めていたけれど、前半の終了間際に失点し、1-1で折り返し。

後半がスタートする前、久御山の選手たちが「鬼プレスするぞ(笑)」しゃべっているのが聞こえて、ちょっと笑えたのですが…試合が始まると、冗談抜きでマジプレスしてきました。

立ち上がりこそ互角の展開でしたが、この強烈なプレスを受けて徐々に野洲は苦しい展開に。

後半8分、野洲の守備陣がパス交換しながらパスの出しどころを探しているところを狙われて、ボールを奪われ失点につながってしまいました。
これで1-2。

この失点辺りから、野洲の選手の動きが落ちてきて(多分、体力的な問題ではなく、久御山のプレスの前に思考が停止してきたのではないかと思います)、かなり押し込まれました。

久御山ペースで試合が進み、いつ追加点を奪われてもおかしくない感じでした。

野洲も反撃には転じるけれども、どれも単発。

こうなると相手の裏をとるプレーも不発になることが多くなり、打つ手なしといった様子。

結局、試合は1-2のまま終了しました。

 

いや~、久御山は強かったです。

元々の足元の上手さには定評はありましたが、これに強烈なプレスが加わってかなり強いチームになってました。

野洲が1勝もできなかった、今シーズンのプリンスリーグを全試合見ましたが、その対戦相手のどこよりも強かったかも。

何より、ピッチにいる選手たちが、今はどういう試合の流れで、どういったプレーが必要であるのか、どういう動きが効果的であるのかが、わかって行動に移せている感じがして…大人のチームという印象を受けました。

両チームの選手とも上手くて見応えがあり、試合としてはとても面白かったけれど、見事にしてやられて悔しさもいっぱい。

まぁ、強いチームとやって、選手権に向けてチームの雰囲気が引き締まっていくのは歓迎すべきことなんですけどね^_^;。

TM 野洲×和歌山北 野洲×境

これは10/9(日)に行われた練習試合。

  

まずは和歌山北戦。

 

  63(円乗) 33(田中)
     61(山口)
45(山本)     28(黄瀬)
  33(住吉) 36(安部)
     56(橋本)
 67(河北)   42(平田)
     69(佐野)

交代:

後半0分 28(黄瀬)→45(荒木)  42(平田)→60(村川)  33(住吉)→35(西村)  63(円乗)→57(廣城)
後半20分 33(田中)→40(大園)

 

この試合は遅刻したので前半の真ん中過ぎから観戦。

すでにその時点で2-0で野洲がリードしていたみたいです。※2点とも田中くんのゴール。

前半32分に円乗くんのゴールが決まって3-0。

終了間際にもきれいな崩しから黄瀬くんのシュートがゴールネットを揺らしたけれど、これは惜しくもオフサイド。

結局、前半は3-0で折り返し。

 

後半も圧倒的に野洲のペースでスタート。

後半2分には田中くんのゴールで4-0。

後半7分には山口くんのミドルシュートが決まり5-0。

後半14分には安部くんが起点になって右サイドの荒木くんに展開、荒木くんのクロスに廣城くんが合わせて6-0。

…と、ここまでは一方的な野洲の試合でしたが、ここからがまさかの展開。

次々にカウンターを浴びて失点を重ね、最終的に同点に追いつかれたところで試合終了。

6得点の後の6失点って…^_^;

  

  

で、次は午後から行われた境との試合。

米子北との時も思ったけれど、練習試合とはいえ試合前の気合いの入った掛け声は迫力がありました。そういう地域性なんでしょうか。

 

  31(高野) 44(玉置)
     54(玉城)
32(武田)     38(大本)
  73(布施) 68(望月)
     56(松田)
 34(飯田)   55(中村)
     69(佐野)

交代:

後半22分 44(玉置)→63(円乗)  
後半30分 54(玉城)→36(安部)

  

試合の立ち上がりは拮抗していたかな。

細かくつないで崩そうとする野洲に対して境はボールを奪ったら素早く野洲の守備陣の裏のスペースを狙ってきて…。

野洲にとったらやりにくい相手かな…という感じ。

ただ、野洲のボールのつなぎ方は面白くって見応えはありました。

時間の経過とともに野洲のボールを支配する時間が長くなっていきました。

そして先制したのは前半36分。
望月くんのスルーパスにゴール前のスペースに抜け出した武田くんが合わせて1-0。

前半は1-0で折り返し。

 

後半も野洲がポゼッションで圧倒し、境は自陣に引いて5バックシフトをとったり、流れの中で1人を残して全員がPエリア内に張り付く場面も多々あり、ハーフコートゲームの様相。

密集地帯でもパスがよく回る野洲でしたが、境の選手もほぼ全員が守備に専念していたので、さすがにゴールを陥れるには困難な感じでした。

そんな中での追加点は後半31分。
望月くんがFKを直接決めて2-0。

その2分後には、これまた望月くんのミドルが決まり3-0に。

望月くんの2発は自陣に引いて守る相手に対してとても有効だったと思います。

結局、試合は3-0で野洲が勝利しました。

  

はっきり言って、かなり面白い試合でした。

望月くんのすごさを見せつけられたというか…^_^;

数か月ぶりの完全復活!!って感じでしょうか。

TM 野洲×興国 野洲×富山工

やっと週末。

今週もなかなか忙しかったです。

自分の自由になる時間が限られているのでブログを書くのも滞りがちです。

こんな状態だったらブログをやめちゃうってことも考えないでもないけれど、ダラダラ続けてしまってます^_^;。

今やめちゃうのは区切りが悪いので。

 

てなわけで、1週間前のブログを今UP。

自分にプレッシャーをかけるつもりで、タイトルだけ先に打ち込んでしまいました。

まぁ、時間も経過していることですし、ごくごく簡単に振り返りたいと思います。

 

まずは10/8(土)の午前中に行われた野洲×興国の練習試合から。

 

   31(高野) 44(玉置)
      68(望月)
32(武田)      38(大本)
   73(布施) 43(平山)
      56(松田)
  34(飯田)   55(中村)
      44(細川)

交代:
後半17分 73(布施)→54(玉城)  44(玉置)→63(円乗)

 

立ち上がり10分間は両チームとも決定的な場面は作ることができず経過。

時間の経過とともに野洲のポゼッションが高くなって何度かいい形を作るもののゴールには至らず。

前半終了間際に相手のすごいミドルシュートがあったけれど、これを細川くんが横っとびになりながらキャッチし、決定的なピンチを防いでました。

前半は0-0のまま折り返し。

 

後半は興国のペースでスタートしたけれど、先制したのは野洲。
後半15分。
大本くんが相手ボールをカットして望月くんへパス。
これを望月くんがドリブルで持ち込んでミドルシュートを放ちます。
このシュートがファーサイドのポストに当たって跳ね返りゴールネットに吸い込まれていきました。
これで1-0。

後半の選手交代で玉城くんが2列目に入り、望月くんがボランチへ。

望月くんから上手くサイドのフリーの選手にボールが渡る場面が増えてきて、後半22分に追加点。
望月くんからのサイドチェンジのパスを受けた大本くんが相手陣内にドリブルで深く切れ込んでクロス。
これをゴール前中央で円乗くんが合わせて2-0。

その2分後にさらに追加点。
玉城くんとのワンツーで抜け出した高野くんがシュート性のクロス(もしかしてシュートだったかも)に円乗くんが合わせて3-0。

後半28分には玉城くんのミドルシュートがクロスバーに当たって下に跳ね返ったシーンがあったけれど、これは惜しくもゴールラインをわらず。

試合はこの後も野洲が押し気味のまま3-0で終了。

 

 

次も興国との試合。

 

スタートの時のメンバーはこんな感じでした。

 

 40(大園) 33(高森)
    35(西村)
48(三好)   45(荒木)
 33(住吉) 36(安部)
    39(尾本)
 29(山田) 67(   )
    57(上田)

 

 

で、午後からは富山工との練習試合。

この試合のメンバーはこちら。

  63(円乗) 46(米田)
     61(山口)
45(山本)     28(黄瀬)
  54(玉城) 66(香川)
     56(橋本)
 67(河北)   42(平田)
     69(佐野)

交代:

後半0分 69(佐野)→47(小川)  42(平田)→60(村川)  63(円乗)→33(田中)  46(米田)→57(廣城)

 

試合序盤は両チームともボールが落ち着かず。

でもそんな中、先制したのは野洲。
前半7分。
玉城くんからのパスを受けた円乗くんが決めて1-0。

その後は圧倒的に野洲が攻めて、決定機を量産。

追加点は前半17分。
玉城くんのループ気味のパスを受けた米田くんが決めて2-0。

前半25分にはサイドを駆けあがった山本くんが角度のないところから豪快に決めて3-0。

前半32分には山口くんのパスを受けた米田くんが決めて4-0。

 

後半も野洲ペースで試合が進み、後半2分には廣城くんのゴールが決まり5-0。

後半19分にも香川くんの縦パスを受けた廣城くんがゴールを決めて6-0。

でもその直後に単純なミスから失点。これで6-1。

後半28分には香川くんのマイナスのパスを受けた山口くんが決めて7-1。

後半32分にはきれいにサイドを崩されて失点。これで7-2。

後半39分には廣城くんが決めて8-2。

 

試合は8-2で終了。 

2011年10月 2日 (日)

TM 野洲×帝京可児 野洲×神戸国際

今日は野洲高グランドに到着するのがかなり遅くて、すでに野洲×帝京可児の試合の前半の終わりかけでした。

観戦していた方にお聞きしたところ、その時には2-0になっていたそうです。(2ゴールとも武田くんの得点だったらしいです)

この試合のメンバーはこちら。
※前半途中で交代があったかどうかは定かではありません。

 

 31(高野) 44(玉置)
     68(望月)
32(武田)    66(香川)
 73(布施) 43(平山)
   56(松田)
 34(飯田) 66(水野)
   44(細川)

交代:

後半0分 66(香川)→38(大本)
後半12分 44(玉置)→54(玉城)
後半30分 32(武田)→67(河北)

 

試合は前半は多分2-0で折り返し。

そして後半6分、野洲に追加点。
望月くんが左サイドのスペースに展開。
抜け出た武田くんがこのパスを受けてドリブルで相手陣内深くをえぐって中央に折り返し、あとはゴール前に詰めていた高野くんが流し込むだけ…という完全に崩しきったゴールでした。
これで3-0。

後半12分には望月くんを起点に高野くんを経由して右サイドの大本くんへ。
これを受けた大本くんがドリブルで深くえぐろうとしたところを倒されてPK獲得。
このPKを交代で入ったばかりの玉城くんが決めて4-0。

後半18分には望月くんを起点に左サイドの前のスペースへ。
このパスを受けた武田くんが中央に折り返して…それに高野くんが走りこんで合わせてゴール。
5-0。

それ以外にも完全に崩し切ってGKと一対一の場面が何度もあったけれど、決め切れず。

終盤はこのところ恒例のパワープレーの練習をして試合終了。

 

何だかここにきて急にバランスがよくなったなぁという印象。

ボランチに布施くんが入ってチーム全体に落ち着きが出てきた感じです。

それと望月くんの復活は大きい。

両サイドのスペースの使い方や、機を見ての中央へのスルーパス…等々、見てて上手いなぁと感嘆する場面がいっぱい。

あと、今日の試合では武田くんのとびだしやドリブル突破、高野くんのオフザボールの動きの良さも光ってました。

昨日、今日の2日間、かなり面白い試合を見せてもらいました(^.^)。

 

 

次の試合は…B戦だったのかな?

メンバーは次の通り。

 

 40(大園) 33(高森)
    67(溝上)
48(三好)    45(荒木)
 33(住吉) 36(安部)
    35(西村)
 29(山田) 39(尾本)
    57(上田)

 

試合は前半14分に右サイドの角度のないところから荒木くんが決めて1‐0。

前半はこのまま折り返して…後半は大幅にメンバーチェンジ。

後半は1年生もたくさん出場していたようです。※前半に出ていた高森くんと西村くんも1年生ですが。

後半のメンバーはこちら。

 

 54(関口) 37(白谷?)
    34(中村)
56(尾崎?)   41(三崎)
 27(  )  60(北村)
    67(  )
 76(馬場) 40(  )
    43(横江)

1年生のプレーを見る絶好の機会だったのですが、後半が始まって間もなくアクシデントが。

三崎くんがサイドに出たボールを追って相手と競り合いながら全速力で走ってきて…勢い余ってピッチサイドに置いてある椅子(ひな壇?)に激突。

その際に一瞬椅子の下にもぐるような形になり左手首負傷。

ものすごく腫れていて痛そうでした。

ひどいケガでないといいのですが…

早く治って復帰できますように…

 

…と、気持ちがけが人の方に向いている間に何点か失点したみたいです。

なので最終スコアは不明(-_-;)。

 

  

そして今日最後に見た試合は、野洲×神戸国際?

メンバーはこちら。

 

 63(円乗) 46(米田)
    61(山口)
38(大本)    28(黄瀬)
 54(玉城) 66(香川)
    56(橋本)
 67(河北) 55(中村)
    47(小川)

試合の序盤は互角。

前半15分には相手に上手く抜け出られて失点。
これで0-1。

その4分後にもシュートをクロスバーに当てられヒヤヒヤの展開に。

でも前半24分にバイタルエリアでの細かいパス回しから最後に大本くんがゴールを決めて1-1とすると、そこからは完全に野洲ペースに。

ただ、ポゼッションでは圧倒するもののゴールは決まらず1-1で前半を折り返し。

後半は一気に4人替え。

ポジションも変わった選手がいるので、フォメを書いておきます。

 63(円乗) 48(加藤)
    61(山口)
38(大本)    57(廣城)
 54(玉城) 55(中村)
    56(橋本)
 42(平田) 60(村川)
    47(小川)

後半からは何と加藤くんが出場。

今日は長丁場だったけれど、帰らないで良かった…。

久々にピッチの上で姿を見られて嬉しかったです。

試合の方は、後半も前半に引き続きポゼッションで圧倒しますが、後半8分にカウンターをくらって失点。
これで1-2。

ただ、4分後に同点に追い付きます。
バイタルエリア、円乗くん~廣城くんとつないで、最後は多分加藤くんのゴール。
これで2-2。

同点に追いついてからは野洲のゴールラッシュ。

後半17分に大本くんが左サイドを抜け出しシュート。
これが決まり3-2。

後半18分に廣城くんからの折り返しに円乗くんが合わせて4-2。

後半19分に大本くんが左サイドを抜け出しクロス。
これに円乗くんが合わせて5-2。

後半27分には山口くん?のゴールが決まって6-2。

後半35分には廣城くんからオーバーラップをかけた中村くんにボールが渡り、中村くんは相手陣内に深く侵入して中央に折り返し。
これに山口くん?が合わせて7-2。

後半終了間際に失点はあったけれど、試合は7-3で終了。

 

う~ん…このチームも面白いサッカーを見せてくれます。

正直、もっと見ていたかったです。

選手権予選も出場枠が限られているので、全員が出場できるわけではないというのが、もったいないというか、せつないというか…複雑な気分です。

毎年この時期はこんな気持ちになるんですけどね(/_;)。

TM 野洲×郡山 野洲×米子北

この練習試合は10/1(土)に行われたもの。

なお、試合結果について某掲示板等に転記するのはできればご遠慮ください。

結果を受けて煽られるのも叩かれるのもうんざりしているので。

このブログは、あくまでも野洲のサッカーが好きな方だけに見ていただけたらいいと思っています。

そこのところヨロシクです(^^)。

 

まず、野洲×郡山から。

この試合は遅刻して行ったので、着いた時にはすでに円乗くんのゴールで1-0になってました。

 

 63(円乗) 46(米田)
    61(山口)
45(山本)    38(大本)
  55(中村) 66(香川)
    56(橋本)
  67(河北) 42(平田)
    69(佐野)

交代:

後半0分 46(米田)→57(廣城)  38(大本)→28(黄瀬)  42(平田)→60(村川)  69(佐野)→47(小川)

  

試合は完全に野洲ペースで前半20分過ぎに円乗くんのゴールで2-0。

前半30分に1点返されるも前半終了間際に米田くんのゴールで3-1として折り返し。

 

後半はもしかしてオール3年生!?

やっぱりみんな身体がしっかりしているなぁ。

試合は後半も野洲ペースで進み、黄瀬くんのパスにタイミングよくとびだした中村くんが中央に折り返し、円乗くんが合わせて4-1。

後半29分には村川くんが決めて5-1。

他にもクロスバーに弾かれたのとかあったけれど、それは決まらず5-1のまま終了。

  

 

午後から行われたのが野洲×米子北の練習試合。

メンバーはこちら。

 

 31(高野) 44(玉置)
    68(望月)
32(武田)   35(横江)
 73(布施) 43(平山)
    56(松田)
 34(飯田) 66(水野)
    44(細川)

交代:

後半0分 44(玉置)→54(玉城)
後半22分 31(高野)→67(河北)  
後半25分 35(横江)→38(大本)

 

試合はお互い慎重な立ち上がり。

米子北は思ったほどプレスをきつくかけてこなくて、徐々に野洲ペースに。

前半8分に望月くん?を起点に武田くんが決めて1-0。

その後も高野くんの惜しいシュートが何本かあって…野洲の追加点は前半28分。
野洲の左サイドを起点に中央の平山くんを経由して最後に決めたのは高野くん。
これで2-0。

さらに追加点は前半29分。
このゴールは武田くんだったよう。
これで3-0。

 

後半も野洲ペースで始まり、追加点は後半2分。
バイタルエリアでの細かいパス回しでゴールに迫るもシュートは打ち切れず、一旦後ろに下げ…これを受けた平山くんが強烈なミドルシュート。
これで4-0。

試合終盤は選手交代して、パワープレーの練習。

みんなが河北くんの頭をねらう…^_^;

結局、河北くんの高さを生かしたヘディングでのゴールはなかったけれど、玉城くんからのパスを受けた河北くんの強烈シュート。
これが決まり5-0。

5-0のまま試合終了。

 

 

あぁ、無失点の勝利だぁ。

練習試合とは言え、嬉しいことです。

このまま調子を上げて行って、選手権にいい状態で臨んでもらいたいです。

野洲フェス交流戦 野洲×神村学園

決勝の後に行われた試合がこれ。

神村学園とは年に何回かは対戦しているような…

ま、最近ではインハイ1回戦であたったわけですが^_^;。

 

この試合のメンバーはこちら。

 

 46(米田)  63(円乗)
    61(山口)
57(廣城)    28(黄瀬)
 55(中村) 36(安部)
    56(橋本)
 45(山本) 42(平田)
    69(佐野)

交代:

後半0分 61(山口)→54(関口)  42(平田)→60(村川)  69(佐野)→47(小川)
後半?分 57(廣城)→29(山田)  36(安部)→33(住吉)  46(米田)→40(大園)  63(円乗)→67(河北)
後半?分 45(山本)→48(三好)  28(黄瀬)→60(北村)  

 

試合は開始1分、廣城くんのねばりから米田くんがゴール。
これで1-0。

ピンチもありチャンスもありの時間帯がしばらくあって…追加点は野洲。
前半32分。
山口くんを起点に円乗くんを経由して、シュートの跳ね返りを米田くん?が押し込み2-0。

でも、前半ロスタイムにPエリア内で神村の選手を倒してしまいPK献上。
これを決められて2-1で前半を折り返し。

 

試合は後半もやや野洲ペースで進み、後半25分に神村のGKのミスパスを拾った関口くんがループシュートを決めて3-1に。

その1分後には山本くんが関口くんとのワンツーで抜け出し、ゴール前にパス。
これを受けた大園くんが落ち着いて決めて4-1

試合は4-1で終了だったかな?

 

先に行われた試合と比べると、テンポは少しゆっくりめに感じましたが、野洲の選手の良いところがたくさん出ていて、見ていて楽しめました(^^)。

野洲フェス決勝 野洲×広島皆実

これもまた1週間前の話。

ミズノフェスの決勝、広島皆実戦。

広島皆実は3連休の初日にプリンスリーグを戦ってから滋賀に移動。

疲れている中での決勝進出はスゴイですね。

  

対する野洲も前日にプリンスリーグでガンバユースと戦って、その翌日の決勝。

まぁ、お互い疲れた状態での試合だったと思うのですが、試合内容はかなり面白かったです。

特に広島皆実はいいチームだと思いました。

労を惜しまないプレッシングが効いていて…最後までもつのかな?と思ってたのですが、見事最後まで走りきってました。

 

この試合のメンバーは次の通り。

 

 31(高野) 44(玉置)
    68(望月)
32(武田)   66(香川)
 73(布施) 43(平山)
    56(松田)
 34(飯田) 66(水野)
    44(細川)

交代:

後半0分 68(望月)→38(大本)
後半29分 31(高野)→61(山口)
後半31分 44(玉置)→67(河北)

 

試合は前半5分に望月がFKを直接決めて1-0とするも、その4分後にミスから失点で1-1。

その3分後にサイドを起点にクロスを上げられヘッドで合わされて逆転され…

広島皆実の素早いプレスの中、何とか野洲もチャンスを作ろうとするけれど、ゴールには結びつかず(>_<)。

前半は1-2で折り返し。

    

試合は後半開始早々に3失点目を喫して1-3に。

後半は望月くんを交代させて、いろいろ試していた感じでした。

香川くんが2列目にいることもあったし、玉置くんが2列目で武田くんがFWの時もあったし…最後には河北くんがFW…^_^;。

  

結局、試合は1-3で終了し、野洲フェスは広島皆実が優勝。

 

個人的には望月くんをもっと見たかたんですけどね…。 

2011年10月 1日 (土)

プリンスリーグ第14節【野洲×ガンバ大阪ユース】

やっと1週間前の試合についての日記が書けます。

ものすごく速報性に欠けてて、それでいて深みもない…どうしようもないブログになりつつあります。

ちょっと自己嫌悪<(_ _)>。

 

まぁ、ブログを書く時間と心のゆとりはなかなか捻出できないけれど、試合観戦は相変わらず野洲三昧しております。

仕事と野洲のサッカーに癒される毎日です。

 

さて、前置きが長くなりましたが、試合の話に入っていきたいと思います。

 

この試合のメンバーはこちら。

 

 8(高野)  25(玉置)
    10(望月)
14(武田)    2(横江)
  7(布施) 3(平山)
     6(松田)
 22(飯田)  4(水野)
     1(細川)

交代:

後半23分 2(横江)→20(山本)
後半32分 8(高野)→15(円乗)  10(望月)→5(河北)  7(布施)→24(大本)

  

この試合、昨日の野洲フェス交流戦に続いて、布施くんをボランチで起用。

私としては初めて見るのでかなり楽しみにしてました。

試合は両チームとも集中した立ち上がり。

野洲もワンプレー、ワンプレー、確かめるように慎重にボールをつないでいく…前節と比べると出来はまずまずといった感じ。 

両チームとも決定的な形というのはなかったけれど…前半16分に失点。
ガンバのGKのロングフィードが右サイドラインギリギリに。
飯田くんとの競り合いでマイボールにしたガンバの11番の選手(全体を通してすごく上手かったように思いました)が、そこからスーパーミドル。
ボールはGKの細川くんの頭上を越え、ファーサイドのポストに当たって跳ね返りゴールネットを揺らしました。

これはどうしようもない失点という感じ。

相手のシュートを褒めるしかないでしょう。

その後の展開は互角に近かったかなぁ。

野洲も細かくパスをつないでいいリズムで攻めていたし…。

もちろんガンバの時間帯の時もありました。

何度かスルーパスを通されかけて、ギリギリでオフサイドのジャッジに助けられたのとかもありましたし。

前半は0-1のまま折り返し。

  

後半も互角の展開で試合は進み…野洲が同点に追いついたのは、後半8分。

望月くんが右に展開して、深い位置でボールを受けた横江くんが相手との競り合いで上手く身体を入れて絶妙のクロス。
これにゴール前でヘッドで合わせたのが高野くんでした。
これで1-1。

でも、ここからガンバにエンジンがかかった感じで…勝ち越されたのが後半13分。
中央をきれいに崩された感じで…
これで1-2。

この後はチャンスもあるけどピンチもあるといった展開。

   

驚いたのは終盤の選手交代。

3人一度にというのも驚いたけれど、退いた選手というのがパスサッカーの中核を担っている面子だったこと。

ここから戦い方をガラリと変えてきて…「あぁ、野洲もこういうサッカーをするんだぁ」と、目からウロコ。

一言で言うと…パワープレーを試みる野洲。

前線のターゲットの選手をめがけて蹴る蹴る^_^;。

 

ここでの布陣はこんな感じ。

  

 5(河北) 15(円乗)
    25(玉置)
24(大本)   14(武田)
 20(山本) 3(平山)
    6(松田)
 22(飯田) 4(水野)
    1(細川)

 

結局、ゴールは生まれることはなかったけれど…なんかちょっと面白かった…かも。

 

プリンスは残念ながら1勝もできずに終わってしまったけれど、ここにきてまた節目の時期を迎えているのかも。

次の公式戦が選手権予選っていうのが、残念…。

ぜひ真剣勝負の公式戦でもっと布施くんのボランチや最後のパワープレーも磨いて欲しかったのですが。

残すは一発勝負の選手権予選~選手権ですからね…(/_;)。

選手権予選トーナメント表

少し前に組み合わせは発表になってましたが、今滋賀県サッカー協会のHPをのぞいてきたら、試合時間と会場もUPされていました。

詳細はこちら

 

野洲の初戦は、10/27(木)9:30~八幡商と。@野洲高校

シードで初戦、八幡商って…ちょっとキツめ?

ただでさえ、トーナメントの初戦の入り方って難しいのに。

 

これに勝ったら3回戦は10/30(日)10:00~@ビッグレイクB

大好き。ビッグレイクBヽ(^o^)丿。

 

で、これにも勝てれば、準々決勝。11/5(土)11:00~@ビッグレイクB

ビッグレイクBヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿。

頼むからここまでで負けないでね^_^;。

 

そしてこれに勝てれば、次は準決勝。11/12(土)12:05~@皇子山

やっぱし恒例の皇子山か~。

まぁ、交通の便がいいしね。

個人的には東近江の新しい競技場(あれ!?名前を忘れちゃった)が好きなんだけど。

 

あっ、ここまで勝ち進んでいれば…という仮定のもとに話を進めているけど、順当にいけばここで綾羽とあたるんだ。

なかなか厳しい組み合わせ(>_<)。

 

この山を見事越えられたら、決勝は11/19(土)12:10~@皇子山

 

ここまでの公式戦、苦しい試合が多かったけれど、次は結果が欲しいですね。

選手権予選に向けていい準備をして、目指せ7連覇(合ってる?)。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ