« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

引退試合

話はちょっと前のことになってしまいましたが…日曜日に野洲高3年生の引退試合に行ってきました。

試合は3年生対1,2年生。

30分×3本。

 

Dscf8392

1本めのメンバーは…

<3年生チーム>

加藤くん、円乗くん、山口くん、平山くん、布施くん、玉城くん、橋本くん、中村くん、河北くん、横江くん、細川くん。

 

<1,2年生チーム>

高野くん、大園くん、望月くん、三好くん、尾崎くん、住吉くん、安部くん、水野くん、山田くん、飯田くん、横江くん。

 

試合は布施くんのゴールで3年生チームが先制するも1,2年生チームが高野くんのゴールで追いつき…両チームで攻め合う展開。

結局は3年生チームが山口くんのゴールで突き放し、3年生チームの勝利で終了。

Dscf8398

Dscf8400

Dscf8404

Dscf8405

Dscf8411  

************************** 

 

2本めのメンバーは…

<3年生チーム>

田中くん、米田くん、三田くん、廣城くん、香川くん、山田くん、下村くん、村川くん、平田くん、黄瀬くん、佐野くん。

 

<1,2年生チーム>

柿本くん?(漢字があっているかがわからない(>_<))、大本くん、関口くん、北村くん、菅野くん、武田くん、玉置くん、尾本くん、馬場くん、吉村くん、上田くん。

 

試合は…田中くんのゴールで1-0かな?3年生チームの勝利でした。

Dscf8413

Dscf8415

Dscf8421

 

**************************

 

3本めのメンバーは

<3年生チーム>

小川くん、中村くん、川北くん、角田くん、田井中くん、平山くん、山田くん、松田くん、平田くん、内堀くん、河北くん。+黄瀬くん、佐野くん、北浦くん?、山本くん、マネさん、マネさん。

※名前間違っていたらゴメンナサイm(__)m

  

<1,2年生チーム>

中尾くん、溝上くん、…+横江くん。

ゴメンナサイ、メモしきれませんでした(-_-;)。

 

試合は…スコアはどうだったっけ?

**************************

Dscf8428  

楽しい試合でした。

笑った笑った(^^)。めちゃめちゃ笑わせてもらいました。

3年生は緊張感も抜けて終始明るくて…サッカーを思い切り楽しんでいる感じが伝わってきました。

きっと1週間前の悔しさは消えてないとは思いますが、そこはひとまずはおいておいて…。

自分たちの高校サッカーの終わりを全力をあげて楽しんでいる姿がありました。

  

3年生が勢ぞろいして一緒のピッチに立つのを見るのもこれが最後。

私もしっかり目に焼き付けました。

 

  

3本めの残り5分のところでマネさんたちと、ケガあけの山本くん(ケガあけといってもまだ完治はしていないみたいです)も投入。

笑いもあるけれど、同時にしみじみともしました。

いい学年だったんだね~(/_;)。

 

3年生の選手のみなさん、マネさん、保護者のみなさま…今までありがとうございました。

  

これからもサッカーをどこかで続けるのかなぁ…続けて欲しいなぁ。

でも…たとえサッカーを続けなくても、野洲高で知り合った仲間の存在と積み重ねてきた努力はこれからも宝物であり続けるはず。

今後のご活躍を心から願っています。

Dscf8436

※試合が進むにつれて薄暗くなってきて写真が撮れなくなってきました。

最後の集合写真も撮影モードの切り替えを忘れて失敗(>_<)。ちょっとショック(;O;)。

 

2011年11月28日 (月)

感謝をこめて

今から3年前の2008年。

当時の私は滋賀のサッカーにはまりかけて間がない頃だったこともあって時間があれば社会人やジュニアユースの試合にも足を運んでいました。

今は体力的なこととか、自分の環境の変化等により、いろいろな世代、いろいろなカテゴリーの試合の観戦に行くことは難しくなったのですが。

 

で、出かけて行った先でお気に入りの選手を見つけたり。

楽しかったですね~。

 

U-15クラブ選手権や高円宮杯U-15で見かけた選手を後に野洲高グランドで見つけた時にはものすごく嬉しかったなぁ。

 

これからまだまだ楽しい時間が続くんだ…と、ワクワクしました。

 

 

でも、時の経つのは早いもの。

あれから2年半あまり。

春の野洲高グランドで出会った彼らももう引退の時を迎えてしまいました。

  

あっと言う間の2年半でした。

結果は残せなかったけれど、

すごく上手い選手がいっぱいいたこと、チームのために頑張れる選手がいたこと、ずっと忘れません。

そしてもちろん魅せてくれたサッカーも。

 

感謝の気持ちを込めて、ありがとうの言葉を贈りたいと思います。

 

P1010077_4

2008 ウィンターカップ

   

P1030269_2

2008 クラブ選手権U-15

 

P1050482_4

P1050487_3

P1050495_3

P1050503_2

P1050606_3

P1050517_3

P1050688_2

P1050693_3

P1050727_3

P1050730_3

P1050739_2

P1050741

2008 高円宮杯

2011年11月21日 (月)

つぶやき

出勤間際のギリギリの時間に書いてます。

 

今回はなかなか眠れなかったこともあって、たっぷりと時間はあったのですが、ぐるぐると頭の中をいろいろなことが巡って言葉にならず。

まだめぐっている最中です。

 

目の前で展開されているサッカーはサッカーと呼べるものではなかった。

 

でもこれもサッカー。

あのひどい雨の降りしきる中、両チームにとっては敵はピッチコンディションでした。

そしてより上手くそれを攻略したのは守山北だった。

それは紛れもない事実。

受け入れるしかない。

(守山北のみなさん、優勝おめでとうございます)

 

でも…

よりによって野洲の2011チームの最後の舞台…それにあんな舞台が用意されることになるとは。

野洲の武器である足元の技術もドリブルもパスも予測に基づく判断スピードや攻守の切り替えの速さ…等々、ほぼすべての野洲の武器を奪い去っての勝負。

天気が恨めしい。

昨日晴れたことさえ恨めしかったです。

なんでよりによって…って。

 

 

野洲は新チームスタートですね。

1,2年生はこの悔しさを糧にさらに強くなっていってくれると信じています。

絶対にこの悔しさを無駄にしてはいけない。

それは新たな道を踏み出す3年生も同じ。

きっと力強く一歩を踏み出してくれることでしょう。

  

私の方は…切り替えはおいおい。

時間はいっぱいあるのでゆっくり切り替えていきたいと思います。

また、2011チームの振り返りもブログでできたらいいな。

 

では今から出勤します。

行ってきます。

2011年11月15日 (火)

選手権予選準決勝【野洲×水口】

では、早速、先週土曜日に行われた滋賀予選準決勝【野洲×水口】の試合について振り返ります。

さて、メンバーですが…

テレビ放送もあったことですし、ここはちょっと詳しめに書いていきたいと思います。

 

【スタメン】

GK 1 細川隼人(3年)
DF 5 飯田貴敬(2年)
   18 中村大輝(3年)
MF 3  平山晃大(3年)
    6  松田恵夢(2年)
   10 望月嶺臣(2年)
   14 武田侑也(2年)
   25 玉置裕大(2年)
    7  布施俊樹(3年)
FW  8 高野登志基(2年)
   11 山口凌太(3年)

 

【リザーブ】

GK 17 佐野大河(3年)
DF 4 水野隼人(2年)
   12 河北拓馬(3年)
MF 16 廣城モイセス(3年)
   21 橋本亮(3年)
   24 大本祐槻(2年)
   2  横江惇(3年)
FW 9 加藤臣哉(3年)
   15 円乗健介(3年)

 

なぜ、今さらこんなメンバー紹介のところまで詳しく載せたかと言うと…

「今年の野洲は2バック」とここまで言われてはきたけれど、プリンスリーグの公式記録等を見てみると、スタメンにはDFが4人登録されてきていたんです。

つまり、どう見ても中盤のサイドの選手も記録上はサイドバック扱いだったわけで。

それが今回はDFは2名登録^_^;。

名実ともに2バックとなったんですよね~。

何を今さら…と言われそうですが、これにはちょっと驚きました。

Dscf8239   

で、スタメンの布陣はこんな感じかな。

  

  8(高野) 11(山口)
     25(玉置)
14(武田)     7(布施)
  3(平山) 10(望月)
     6(松田)
 5(飯田)   18(中村)
     1(細川)

交代:

後半17分 25(玉置)→9(加藤)
後半25分 18(中村)→4(水野)
後半32分 5(飯田)→12(河北)  

 

この試合ではこのところトップ下に入ることが多かった望月くんをボランチに、そしてボランチに定着していた布施くんを右に配置。

まぁ、この辺りはこれから変わっていきそうな気がしますが…

 

試合は出だしからポゼッションを高くし、野洲がペースを握ろうとしますが、立ち上がりは硬さが目についた気がします。

ボールはそこそ回るけれど、ミスも時々あってヒヤリとするシーンも。

そんな不安定な中でしたが、野洲が先制したのは前半17分。
望月くんを起点に右に展開。
右サイドでボールを受けた布施くんがドリブルで仕掛けて相手守備陣の間を縫って山口くんへパス。
山口くんもフェイントで相手のマークを上手くはずしてグランダーのシュート。
これが決まって1-0。
二人の技術が生きたゴールでした。

そして追加点は前半30分。
バイタルエリアでボールを回して回して…徐々に水口の選手がマークしきれなくなってきたところで…望月くんから浮き球でDFライン裏のスペースへのパス。
そのパスにすでに動き出していた高野くんが合わせてゴール。
これで2-0。
高野くんの動き出しが抜群でした。
GKが触るギリギリ前のタイミングでのハーフボレー。
これも難しい体勢でのシュートでしたがお見事でした。

Dscf8270

その4分後にも決定的なシーンがあったけれど、これは決められず。

また、水口にも何度かチャンスを作られたけれど、ゴールは許さず2-0で前半を終了。

Dscf8279  

後半も立ち上がりこそ水口が前からプレスをかけてきてチャンスを作られかけたけれど、その時間をしのぐと徐々に野洲がパスを回す展開に。

野洲がパスを回して回して…水口が縦に早い攻撃を仕掛けて…でも両チームとも決定機を作れないまま時間が経過。

後半の真ん中過ぎには野洲の2バックの2人が相次いで足をつって交代。(やっぱり守備の負担はかなり大きいのでしょうね)

ボールは回るけれど崩しきれない時間が結構続いたので、試合はこのまま終わるかと思えたのですが…試合終盤に野洲が突き放しにかかります。

後半34分、左サイドの武田くんからのクロスをゴールを背に向けて受けた加藤くん、ここはさすがストライカーというところを見せてくれました。
相手DFを背負いながらも反転してシュート。
これで3-0。

Dscf8298

この3点めは水口にとってダメージがあった様子。

前半からずっと野洲にボールを回され続けて走らされてきた疲労も手伝ってか、完全に野洲のペースに。

加藤くんが絡んでさらに二度決定機を作った後の後半終了間際(アディショナルタイム1分)、野洲に4点めが入ります。
山口くんが左サイドをドリブルで駆け上がり、一人かわしてサイドを変えるパス。
これを受けた望月くんが右サイドの布施くんにパスを送り、布施くんが中央に折り返します。
そこに走り込んで合わせたのが加藤くん。
完全に水口の守備を崩してのゴールでした。

試合は4-0で終了。

Dscf8307  

*********************************

 

野洲高校、決勝進出です。

ボール支配率のわりにシュート数は多くない(野洲の場合、安易に打ってボールを失うことを嫌う傾向にあるので、どうしてもそうなるのかもしれないけれど)試合で、終盤の2点が入るまでは結構拮抗していたかなぁという印象が残りました。

決まったゴールは4つともとてもきれいな技ありの得点でした。

山口くん、テレビで改めて見るとやっぱり上手い!

高野くんの動き出しも抜群でした。

あと加藤くんの2ゴールも嬉しかったです。
泥臭くゴールに向かう加藤くんの存在は野洲にとって貴重。
完全復活を心待ちにしています。

守備では2バックと松田くんの奮闘が目につきました。
特に松田くんはスゴイ選手ですね。
次々にピンチの芽を摘んでいく様子は見ていて頼もしかったです。
野洲の絶対的な司令塔は望月くんだけど、野洲のサッカーの生命線を握っているのは松田くんかもしれないなぁ…と改めて再認識。

 

滋賀県予選、残るは決勝のみ。

相手は守山北。

どんな試合になるでしょうね~。

内容も期待しているけれど、ここまできたら何よりも結果が欲しいです。

そして今年も勝って全国に連れて行ってもらいたいです。

2011年11月 6日 (日)

選手権予選準々決勝【野洲×立命館守山】

ちょっと遅くなりましたが昨日の試合について振り返ります。

 

準々決勝の相手は立命館守山。

このところジワリジワリと力をつけてきている私立高校。

これまでに対戦したことは…なかったような…(間違っていたらゴメンナサイm(__)m)

 

で、昨日の野洲のメンバーはこんな感じでした。

 

  9(加藤) 15(円乗)
     11(山口)
24(大本)      2(横江)
  13(香川) 16(玉城)
     21(橋本)
 12(河北)   18(中村)
     17(佐野)

交代:

後半17分 12(河北)→5(飯田)
後半23分 13(香川)→14(武田)
後半27分 16(玉城)→3(平山)
後半32分 24(大本)→8(高野)
後半40分 2(横江)→7(布施)

Dscf8068  

スタートは3年生+大本くんという布陣。

試合序盤から野洲がペースを握っていいリズムで仕掛けていたように思います。

前半5分には香川くん?からのパスを受けた円乗くん?のシュートが右ポストをたたく場面も。

セカンドボールはほとんど野洲の選手が拾って、ラインを押し上げてコンパクトにしているので、立命館守山はボールを奪っても出しどころがなく、ロングボールを蹴るしかない感じの展開でした。

時々、野洲の自陣深い位置でのミスからちょっとしたピンチを招くことはありましたが、最初の感じからしたらもっと楽に試合を進められるかな…という印象だったのですが。

時間の経過とともに段々リズムが悪くなってきて…ポゼッションでは勝っていてチャンスもそれなりに作っているけれど、閉塞感がジワリジワリ。

ちょっといやなパターンにはまりかけてましたが、それを救ったのは山口くんでした。

前半終了間際、玉城くんのスペースへのパスを左サイドに流れて受けた加藤くんが大本くんに預け、大本くんがファーサイドにクロスを上げます。
これを一旦、立命館守山の選手がヘッドでクリアしようとしますが、クリアしきれず。
浮いたボールを円乗くんがヘッドで折り返すと、そこに走り込んできたのは山口くんでした。
山口くんはヘッドで難なく押し込みゴール。
これで1-0。 

前半はこのスコアのまま折り返しました。

 

後半もメンバーチェンジなしでスタート。
(横江くんがボランチ、香川くんが右サイドにポジションチェンジしてましたが)

後半の立ち上がりは互角だったかな。

単発な攻撃ではあったけれど、立命館守山にシュートを許す場面もあったかな。

そんな悪い流れになりかけた時、またこの選手に助けられます。

後半11分、横江くんからのサイドチェンジのパスを受けた大本くんが前線にスルーパス。
これにいいタイミングで抜け出した山口くんがグランダーのシュート。
これが決まり2-0に。
山口くん、2ゴールめです。

ここからは安心して見ていられました。

特に選手交代で野洲がフレッシュな選手(しかもレギュラーをはっている選手たち)を投入しだしてからは完全に野洲のペースになったように思います。

試合終了間際には平山くんからのパスを円乗くんが前線で受けてワンタッチで変化をつけてゴール方向に流すと…そこにとびこんできたのは高野くん。
ホントに高野くんの動き出しはピカイチです。
簡単にフリーになってみせる技というか…そういうものを持っていますね(^^)。
(簡単なことではないですね。でも簡単にやっているように見えちゃうんです)
結局、ゴールも難なくゴールマウスに流し込むような感じでした。
これで3-0とし、間もなく試合終了。

****************************

準決勝進出おめでとうございます。

途中、ちょっと閉塞感は感じたけれど、終わってみれば望月くんも松田くんも完全に温存しての勝利でした。

この試合、けが人が徐々に戻ってきたところを見られたのも嬉しかったです。

 

次戦からは皇子山。  

この先、楽な試合はないと思います。

全国への道は楽々と進めるものではありません。

(そのことを昨日の綾羽、草津東の敗退で思い知らされました。)

(それに今日は滝二や東福岡や瀬戸内が敗れる波乱…)

優勝候補の一角と噂されていた綾羽や草津東が敗退したとは言え、次にあたるチームはその優勝候補を倒してあがってきているのですから…ここからは総力戦かな?

Dscf8098  

1試合でもこのチームの試合が多く見られますように…。

次も横江キャプテンの安堵の表情が見たいです。

  

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ