« Go For 2018 Cup 【野洲×浦和東】【野洲×前橋育英】 | トップページ | Go For 2018 Cup 【野洲×レッズ】【野洲×藤枝東】 »

2011年12月27日 (火)

Go for 2018 Cup 【野洲×レイソル】【野洲×マリノス】

やっと記事のUPが現実に追いついてきました。

Go for 2018 Cup の2日め。(12/26)

場所は埼玉与野八王子グランドです。

ここも人工芝。

芝の状態は前日のよりは随分良かったかな。

 

 40(大園)  31(高野)
     68(望月)
48(三好)    38(大本)
  44(玉置) 32(武田)
     56(松田)
 34(飯田)   66(水野)
     43(横江)

交代:

立ち上がり、レイソルの選手たちは思ったよりプレスはかけてこなかった感じで、野洲のパスがよく回ってました。

前半6分、望月くんを起点に右サイドのスペースに展開。
大本くんにちょうど渡るくらいの絶妙なパスでした。
これをゴールラインギリギリで受けた大本くんが中央にクロスを入れ、これに大園くんがドンピシャで合わせて1-0。

その後両チームにチャンスがあったものの得点にはならず。

ただ、時間の経過とともにレイソルがチャンスを作り出して、ほぼ互角の展開で試合は進みます。

レイソルもどちらかと言えばボールを大事にするタイプのチームで、野洲がつないでつないで崩しの機会をうかがっていると、逆にボールを奪われた後はつないでつないでつなぎ返される場面も。

互いに相手を引き寄せて裏をかいくぐるような場面が展開されて、プレーがなかなか切れない。
見ていてかなり楽しかったですね~。

前半は一進一退のまま1-0で終了。

  

後半、野洲はメンバーを代えずに臨んだのに対して、レイソルは選手を大幅入れ替え。

ユニ番号が小さくなったところを見ると、レギュラーメンバーが出てきたのかな・・・と、思っていたら・・・やっぱりスピードが前半とはかなり違ってました。

後半のレイソルはパススピード、判断スピード、当たりの強さもパワーUP^^;

後半10分、野洲のビルドアップのパスを奪われると、中盤でのプレスを完全にかわされて崩されて失点。
速い!そして強い!

そこからは互いにテンポが速いプレーの応酬。

野洲がどこにパスを展開しようとも食いついてくるレイソルの選手たち・・・ものすごく見応えがありました。

やや野洲が押され気味の展開の中、次の得点を入れたのはなんと野洲。
後半25分、右斜め45度くらいの角度からのミドルシュート(ミドルかどうかは観戦していた場所が遠すぎて定かではないですが)。これが決まり2-1と勝ち越し。
決めたのは望月くんだったようです。

そこからはレイソルの攻めがさらに激しくなって・・・

後半29分にDFライン裏のスペースにロングボールを入れられ、競って止めようとする飯田くんと前に出て阻止しようとする横江くんと、飛び込んでくるレイソルの選手とで交錯する感じになって・・・

下されたジャッジは飯田くんへのレッドカードとPK。
う~ん・・・判定は微妙な感じでしたが、まぁ、審判の判定は絶対ですからやむなしか・・・

このPKをしっかり決められて2-2の同点に。

残り時間もレイソルの攻撃は激しかったけれど、何とか一人少ないながらもしのいで2-2の同点のまま試合終了。

 

いやぁ~レイソルはいいチームでしたね。

個人的にやっているサッカーもかなり好きです。

2012の野洲には、このレベルのチームの上をいくくらいのチームに成長していって欲しいですね。

  

************************

同じ日に行われたのは、マリノスとの試合。

メンバーはこんな感じで。

 

 40(大園) 38(大本)
     54(関口)
33(住吉)    45(荒木)
 44(玉置) 68(望月)
     32(武田)
 29(山田) 39(尾本)
     43(横江)

交代:

後半0分 33(住吉)→48(三好)  39(尾本)→56(松田)
後半9分 68(望月)→31(高野)
後半30分 45(荒木)→66(水野)

 

立ち上がり、荒木くんを起点に右サイドの大本くんを経由して関口くんが決定的なチャンスを迎えるも決めきれず。

流れ的には悪くない立ち上がりだったと思うのですが、前半7分にPKの判定でこれを決められて0-1。

その後2,3分後に中盤でドリブルで仕掛けようとしていたところをカットされ、そのままボールを運ばれ失点。
0-2。

このまま淡々と失点を重ねる試合になるような予感はあったのですが、前半12分に関口くんからのパスを受けた大本くんが相手DFに競られながらもねばってシュート。
これが決まり1-2。

前半16分には相手の守備陣のミスで高い位置で大園くんがマイボールにし、Pエリア内をドリブルで仕掛けGKをかわしてマイナスのパス。
そこに関口くんが飛び込んできてシュート。
これで2-2。
なんだか失点もあっけなかったけれど、得点も拍子抜けするほど簡単に入った感じ。

前半27分には望月くんからのパスを受けた大本くんが角度のないところからシュート。
二アサイドのポストに当たったボールはそのままゴールラインぎりぎりを横断してファーのポストに当たってゴールの外へ。
めちゃくちゃ惜しいシュートでした。

その後、マリノスに決定機を作られてシュートを許しますが、横江くんがナイスセーブを続け何とか守りきります。

で、次に得点が動いたのは前半32分。
山田くん~大本くん~住吉くんと左サイドをパスで縦につないでマリノス陣内の深い位置に侵入しようとしたところを住吉くんが倒されてPエリアのすぐ外でのFKを獲得。
角度のない位置からのFKでしたが、望月くんの蹴ったボールはコース、威力とも絶妙で、何とかマリノスのGKがパンチングで弾いたものの、このボールをゴール前に詰めていた大園くんが蹴りこんでゴール。
これで3-2と逆転に成功。

前半は3-2のまま終了。

後半は野洲ペースで試合が進み、後半9分には武田くんを起点に三好くん~大本くんへ縦に素早くつなぎ、大本くんが左サイドの角度のないところからシュート。
これが決まり4-2に。

後半16分には玉置くんを起点に右サイドの荒木くんが密集地帯をドリブルで仕掛けて、よく見えなかったんですが、そのままシュートまで持ち込んで決まったみたい。
これで5-2に。

楽に進められる時間帯も結構続いていたけれど、後半23分には一転してピンチの連続。
何とか数回はしのげたけれど、結局悪い流れは止められずサイドを破られて失点。
これで5-3に。

後半は選手の交代のたびにポジションを入れ替え・・・終盤はこんな布陣に。

  32(武田) 40(大園)
     54(関口)
48(三好)     38(大本)
  44(玉置) 31(高野)
     56(松田)
  29(山田) 66(水野)
     43(横江)

 

終盤は悪い流れをたて直し、何とか5-3のまま逃げ切りに成功。

 

************************ 

この大会、野洲はかなり少数で参加しているので、選手の疲労度は半端ないと思います。

野洲の戦い方も運動量をかなり要するものなので、なおさらかと。

ただ、選手たちは楽しそうでしたね~

強い相手と対戦できる楽しさはたまらないようです。

そしてその中で感じられる手応えや見えてくる課題・・・外から見ているだけでもそれぞれの選手の成長が伝わってきます。

前チームからレギュラーの選手たちは流石のプレー。

それに加えて新チームでレギュラー入りを目指す選手たちの頑張りにも目を奪われました。

これからがますます楽しみです。

« Go For 2018 Cup 【野洲×浦和東】【野洲×前橋育英】 | トップページ | Go For 2018 Cup 【野洲×レッズ】【野洲×藤枝東】 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/43523719

この記事へのトラックバック一覧です: Go for 2018 Cup 【野洲×レイソル】【野洲×マリノス】:

« Go For 2018 Cup 【野洲×浦和東】【野洲×前橋育英】 | トップページ | Go For 2018 Cup 【野洲×レッズ】【野洲×藤枝東】 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ