« プリンスリーグ第13節【野洲×ガンバ大阪】 | トップページ | プリンスリーグ第15節【野洲×近大附属】 »

2012年9月 8日 (土)

プリンスリーグ第14節【野洲×大阪桐蔭】

大阪桐蔭と戦った前半戦は野洲の絶不調期。

あの時は1-8の完敗でした。

 

今回の会場は奈良フットボールセンター。

数年前に来た時には立ってではあったけれど、高い位置から見られた記憶があるので、期待していたんですけどね~。

残念ながら上は一般観客は立ち入り禁止になってました。

 

この試合でのメンバーはこちら。

 

15(関口) 6(玉置) 7(武田)
   8(高野) 18(安部)
       13(住吉)
9(大園)        11(大本)
   3(飯田) 4(水野)
       20(山田)

交代:

前半18分 18(安部)→21(中村)
後半?分 15(関口)→14(軽墓)
後半18分 13(住吉)→23(西村)

 

試合序盤はやや大阪桐蔭が押していたかな?

野洲のボールホルダーへの寄せが早~い(+_+)。

そのため思い通りのボール回しをさせてもらえない感じでした。

そんな中でしたが、先制したのは野洲。

バイタルエリアできれいにつないで、最後に決めたのは高野くん。
これで1-0。

でも、1分後に大阪桐蔭のロングパスを前線の選手が胸でゴール方向に落として、そのまま野洲のDFをちぎってシュート。

ものすごく鮮やかな同点弾でした。
これで1-1。

その5分後には野洲が大園くん~高野くんとつないで武田くんがシュートを放つもポストに弾かれ…

後半31分には危険地帯でボールを失くし、ショートカウンターでゴールを決められて1-2。

そこからは大阪桐蔭ペースで試合は進み、野洲が耐える時間が続きました。

何とかしのいで前半を1-2で折り返し。

 

後半も大阪桐蔭ペース。

後半2分にはミスがらみで失点。
これで1-3。

その1分後にオフサイドぎりぎりで抜け出られてゴールを決められ1-4。

このままズルズルと大量失点しそうな空気も漂っていたのですが…

後半5分には大本くんがドリブルで右サイドを突破してシュート。
これが決まり2-4。

ただ、流れは大阪桐蔭に傾いたまま。

野洲の前がかりのポジションをついて、攻守の切り替えを早くしてどんどん攻め上がってきてました。

その中の1本、中盤でボールを失い、ドリブルで運ばれて失点。
これでスコアは2-5。

大阪桐蔭がこのまま流れを手放さず逃げ切るかと思ったんですけどね~。

試合は終わってみないとわからないものです。

後半36分。
GK~高野くん~玉置くんと縦につないで、抜け出た中村くんが最後は決めて3-5。

後半42分には玉置くんを起点にパスを回し、最後に決めたのは、この試合初出場の軽墓くん。
これで4-5。

直後の後半42分には、軽墓くんが高い位置で相手ボールを奪い、ショートカウンター。
最後に決めたのは高野くん。
これで5-5。

何と追いついてしまいました。

試合終了間際には野洲に決定的なチャンスがやってきました。
西村くんのスルーパスを受けた高野くんが抜け出しドリブルでGKと一対一に。

ここではシュートを打たず、ゴール前に走り込んできた軽墓くんにパス。

慎重に切り返しているうちにシュートチャンスがなくなって…残念(>_<)。

結局、5-5のまま試合は終了。

 

最後は押せ押せだったので、もう少しで勝てたのにとも思うけど、途中までのやられ方を思い出すと、負けなくて良かったとも思う…

まぁ、大阪桐蔭は強かったですね。

印象ではガンバより強かったかも。

でも、最後の崩れ方は…やっぱり高校生だなぁ…なんてことを感じました。

 

« プリンスリーグ第13節【野洲×ガンバ大阪】 | トップページ | プリンスリーグ第15節【野洲×近大附属】 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/47099544

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ第14節【野洲×大阪桐蔭】:

« プリンスリーグ第13節【野洲×ガンバ大阪】 | トップページ | プリンスリーグ第15節【野洲×近大附属】 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ