« プリンスリーグ第15節【野洲×近大附属】 | トップページ | プリンスリーグ第17節【野洲×神戸科学技術】 »

2012年9月17日 (月)

プリンスリーグ第16節【野洲×洛北】

遅ればせながらですが、ここ最近に観戦したプリンスリーグの試合について書きます。

相手は洛北。

前の試合では負けたんだっけ?

(もう遠い昔のようで忘れている)

この試合のメンバーはこちら。

15(関口) 6(玉置) 7(武田)
   10(望月) 8(高野)
       13(住吉)
9(大園)        11(大本)
   3(飯田)  4(水野)
       20(山田)

交代:

後半0分 15(関口)→23(西村)  10(望月)→18(安部)
後半21分 11(大本)→14(軽墓)  13(住吉)→25(三崎)
後半34分 4(水野)→16(馬場)

 

試合は序盤から野洲ペース。

ハーフコートゲームになりそうな気配がしたので、相手ゴールに近いところに移動することにしました。

そして、その移動中、前半3分に野洲のゴールが決まりました。

はっきり見てなかったけど、武田くんのゴールらしい。

これで1-0。

前半11分には相手ゴール前でパスを回しまくって、武田くんがドリブルでゴールをうかがい、隙を見つけてシュート。
このシュートは相手GKが弾いたものの、跳ね返りを詰めていた関口くんが押し込んで2-0。

前半17分にはPエリアの少し外で高野くんが倒されてFKを獲得。
これを望月くんが直接入れて3-0。

前半34分には望月くんを起点にゴール前細かくつないで、最後は関口くんのヒールパスを受けた大本くんが決めて4-0。

その後も圧倒的に野洲ペースで試合が進み、高野くんのポスト直撃のシュートあり、波状攻撃アリの展開。

前半43分には細かいパスをバイタルエリアでつなぎまくって、最後は望月くんのパスに合わせてゴール前に抜け出した武田くんが決めて5-0。

前半は5-0で折り返し。

 

後半は少しペースダウン。

追加点が奪えないまま時間が経過。

後半25分には、右サイドの崩しから中央で回し、最後は高野くんが鮮やかなシュートを決めて、6-0。

その後めちゃくちゃ惜しいシュートが何本もあったけれど決めきれず、6-0のまま試合終了。

 

**********************

う~ん、面白いねぇ。

特に前半は秀逸。

ポゼッションは以前から相手に負けることはなかったけれど、今はパスを回して回して…その先にシュートって場面が増えましたね。

シュートが打てなければ仕切り直しで、またパスを回しまくる。

相手にしたら嫌でしょうね。

得点が増えたことで、攻撃が注目されるけれど、一番変わったのは守備かな。

全体の守備がよくなってセカンドボールも拾いまくれるようになりました。

後半は…ボールを持てる望月くんが退いたこともあるだろうけれど、それ以上に全体の動きが落ちてセカンドボールの奪取率が落ちて苦しくなる…というパターンになっちゃうのかな。

前後半では戦い方がかなり変わります。

 

« プリンスリーグ第15節【野洲×近大附属】 | トップページ | プリンスリーグ第17節【野洲×神戸科学技術】 »

野洲高校」カテゴリの記事

高校・ユース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197690/47246383

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ第16節【野洲×洛北】:

« プリンスリーグ第15節【野洲×近大附属】 | トップページ | プリンスリーグ第17節【野洲×神戸科学技術】 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ