« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

選手権予選3回戦【野洲×北大津】

昨日行われた選手権予選3回戦。

VS北大津@水口スポーツの森。

あいにくの雨でした。

 

雨という天気にも、水口スポーツの森という会場にもあまりいい思い出がない私。

時々、フッとネガティブな思い出が蘇りました。

でも野洲のベンチはあくまでも強気でした(-_-;)。

まさかまさかの…今回もA1の選手は登場せず。

先制点が入るまでや2点めが入るまで、結構時間がかかったので、わりとドキドキでした。

サッカーの試合なんて何が起こるかわからないんですから。

 

前置きが長くなりましたが、昨日の試合について簡単に振り返ります。

メンバーはこんな感じ?

14(軽墓) 20(古川) 15(柿本)
   25(三崎) 16(安部)
       2(住吉)
19(荒木)        23(西村)
   12(馬場) 24(尾崎)
       17(尾本)

交代:

後半6分 20(古川)→22(高森)

 

試合は序盤から野洲の方がやや押し込み気味ではあったけれど、なかなか決定的な場面までは作れず。

逆にミスからヒヤリとする場面もあり、先が読めない展開。

開始10分過ぎくらいから、いい感じのつなぎもできてきて…

安倍くんを経由して決定的なチャンスも作り出せるようになってきました。

前日の2回戦も大活躍の安倍くんでしたが、この日はさらにすごかったように思います。

前半29分、大きなピンチもあったけれど、大きなチャンスもあり。
安倍くんのスルーパスを受けた三崎くんが、前に出てきていたGKの位置をよく見てループシュート。
これが決まり、野洲が先制。

三崎くんと言えば、このところはめっきりアンカー、ボランチ、センターバック…と守備の比重の高い位置でプレーすることが多かったけれど、この日はかなり前めの位置取りでした。
前めもなかなか良かったんじゃないかと思います。
ボールを失った後の守備への切り替えの速さがいいですね。
ガシッと当たりに行くような泥臭いプレーもできるし、足元も上手いし…バランスのいい選手だなぁと思います。

前半はやや野洲が押し気味のまま1-0で終了。

 

 

後半もメンバーを変えずにスタート。

後半途中はちょっと嫌~な雰囲気だったかな。
雨の日ということもあって、相手のセットプレーになるとちょっと不安な感じになりました。
何せここまで1点差ですからね。
事故のような失点だってサッカーにはあり得るのですから。

まぁ、嫌な時間帯はそう長くはなかったんですけどね。

待望の追加点が入ったのは後半33分。
Pエリア付近でのパス交換で、軽墓くんが逆サイドに振って最後は柿本くんが蹴り込んで2-0。

アディショナルタイムには高森くんがきれいに決めて3-0。

この直後に試合は終了。

*************************

 

3-0で勝ちはしたけれど、スコアほど楽な試合ではなかったような…

本当はもっとコンパクトにしてパスをつないで崩したかったんだろうけれど、前線とその後ろの選手の距離が開き気味だったかなぁ。

なので、一か八かのキラーパスを狙ってボールロストする場面が結構ありました。

まぁ、この辺りは修正箇所にあがってくるだろうと思います。

 

ともあれ、次は準々決勝。

相手は水口。場所は水口スポーツの森。

仕事で見に行くことはできませんが、勝ってくれることを願ってます。

 

草津東は守山との対戦なんですね。

因縁の…ですね。

これも結果が楽しみ。

順当にいったら草津東の勝利なんでしょうが、不思議と守山には何度も煮え湯を飲まされてますからね。

2012年10月27日 (土)

選手権予選2回戦【野洲×近江】

今日は滋賀の選手権予選2回戦が行われました。

野洲の初戦を観に野洲高グランドに行ってきました。

ここはホントにもう観にくい~~~~~。

けど、高校のグランドに勝手にお邪魔しているわけですから贅沢は言えませんね…(-_-;)。

 

今日の試合は、かなり新鮮なメンバーだったと思います。

顔と名前とポジションが間違っているかもしれないけど、こんな感じ!?

 

11(三好) 14(軽墓) 9(稲舘)
   19(荒木) 16(安部)
       2(住吉)
18(北村)        13(松下)
   12(馬場) 15(小童)
       17(尾本)

交代:

後半20分 2(住吉)→25(三崎)  14(軽墓)→20(古川)
後半25分 16(安部)→21(中村)  12(馬場)→23(西村)
後半30分 19(荒木)→22(高森)

前半は座っている所からは遠いところで展開されていたので、ずっと双眼鏡したまま観戦。

開始からずっと野洲が押し込んでいたので、1/3コートゲームくらいの感じ。

先制は開始5分。三好くんがPエリアで倒されたのかな?
これで得たPKを三好くん自身が決めて1-0。

追加点は前半18分。
軽墓くんがクロスにヘッドで合わせて2-0。

前半24分には稲舘くんからのパスを受けた松下くんがドリブル&シュート。
これが決まり3-0。

この辺りまでは必死についてきていた近江の守備も、ついてこられなくなり野洲のゴールラッシュがスタート。

前半24分には密集の中、安倍くんがドリブルでかわしてシュート。
これで4-0。
やっぱり安倍くん、上手い。

前半28分には速いグランダーの長めのパスを受けた軽墓くんが、きっちり決めて5-0。

前半30分には安倍くんからのサイドチェンジのパスを受けた松下くんが中央に折り返して荒木くんがシュート。
これで6-0。

前半は6-0で終了。

後半もメンバーチェンジなしでスタート。

後半も野洲のペースで試合が進み…

後半2分には住吉くんを起点に三好くん、稲舘くんと中央を縦につないで、稲舘くんが決めて7-0。

後半6分にはCKから最後に触って入れたのは稲舘くんかな?
これで8-0。

後半9分には三好くんからのパスを受けた稲舘くんがしっかり決めて9-0。

後半12分には荒木くんからの縦パスに稲舘くんが抜け出して決めて10-0。

同じく後半12分には軽墓くんが決めて11-0。

後半17分には荒木くんのロングシュートが決まり12-0。
これはあまりに見事に決まったので、会場にどよめきが起こってました。

後半20分以降は続々と選手交代。

後半23分安倍くんからパスを受けた古川くんが決めて13-0。

後半31分には高森くんが決めて14-0。

後半32分には稲舘くんがドリブルで持ち込んでシュート。
これが決まり15-0。

後半32分にはゴール前密集の中、中村くんが決めて16-0。

後半38分には左サイド寄りでパスを受けた高森くんがドリブルで中央に運んでそのままシュート。
これが決まって17-0。
高森くんのボールタッチは見ていて美しいなぁと何度も思います。

後半アディショナルタイムに三好くん~中村くん~高森くんときれいにつないで、高森くんが決めて18-0。

で、18-0で試合終了。

************************

野洲、2回戦突破です。

大差のついた試合でしたが、大味になりすぎることなく、出場した選手みんながそれぞれにしっかり役割を果たしていた感じです。

安倍くん、住吉くんはさすがでしたね。
チームをうまくまとめていたし、チーム内のミスも大事になる前にフォローしてるところがいっぱいありました。

いいスタートになったんじゃないでしょうか。

対戦相手の近江も、最後の方は足がつっている選手もいましたが、ボールを最後まで追おうという気持ちは伝わってきました。

改めて拍手。

 

さて、明日は3回戦。

場所は水口スポーツの森です。相手はどこかな?北大津?

天気が心配されますが、勝ってくれると信じています。

今年は絶対に全国へ行って欲しいです!!

 

 

2012年10月 7日 (日)

プリンスリーグ最終節【野洲×京都橘】

今日でプリンスリーグ2012も終了。

最後の対戦相手は京都橘。

京都橘といえば、滋賀出身の選手もいて、ジュニアユースからユース世代に移る際の進路選択の1つになってきているようですね。

なので選手同士が顔なじみ…ということもあったのでは。

 

今日の野洲はかなりメンバーを代えての試合となりました。

選手権予選に向けていろいろな選手を使いたいというのがあったのかもしれませんね。

出場している選手たちにとっては、いいパフォーマンスを見せることができたら、選手権予選に向けてメンバー入りするチャンスが広がるわけで…大事な試合だったと思います。

 

メンバーについてはこちら。

 

14(軽墓) 22(高森) 12(荒木)
   18(安部) 21(中村)
       25(三崎)
9(大園)         23(西村)
   3(飯田) 24(尾崎)
       1(尾本)

交代:

後半10分 22(高森)→19(井ノ口?)

 

試合は立ち上がり野洲が攻勢に出て、開始3分に軽墓くんのゴールで1-0。

でも流れは時間とともに京都橘に傾いて…

前半14分には京都橘の10番の選手が縦パスを胸トラップで落として抜け出すと、GKと一対一に。
これを決められて1-1。

前半27分には野洲陣内の深めの位置でボールを失い、ショートカウンターを受けて1-2。

その後は互角な流れで試合は進み、野洲にも何度かチャンスらしい形も見られました。

特に軽墓くんのプレーは、何かを起こしてくれそうな期待感が持てました。

 

後半はピンチから始まり、それをしのぐと流れ的には落ち着いたけれど、後半19分に京都橘に追加点。
これで1-3。

この後は京都橘のペースで試合が進み、さらに追加点を奪われそうな雰囲気だったのですが、最後の10分くらいは野洲にもいい形が作れるようになってきて、終了間際にはFWの位置にポジションを変えていた大園くんのゴールが決まって2-3に。

この直後に終了のホイッスル。

 

 

個人としてもチームとしても課題が結構あったかな。

パスが上手くつながらないのは理由はいろいろありそうです。

受け手の動き、判断スピード…特に1度ボールを触った後の動きが少ないかなぁ…なので、攻撃も単発になることが多かったし、ボールを奪われた後の守備も後手後手になることが多かったし。

いい時間帯もあったので、全体としてめちゃめちゃ悪かったという感じはしなかったんですけどね。

今日の試合、勝ってほしかったけど…何か得るところがあったのであればOKでしょう。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ