« 2013年3月 | トップページ | 2015年3月 »

2013年6月

2013年6月 8日 (土)

インハイ予選決勝【野洲×比叡山】

今日はインハイ予選決勝を観に行ってきました。

快晴でほとんど風もなく、試合会場である布引グリーンスタジアムの芝の状態も◎。

(布引の芝はいつ見てもキレイですね~)

心配なのは天気が良すぎて気温が上がりすぎることくらいでしょうか。

Dscf6344

 

今日の野洲の選手の顔ぶれはこんな感じ?

 

   22(田畑) 10(中村) 18(藤浦)
       6(平石) 8(西村)
          4(三崎)
9(菅野) 3(尾崎) 21(松本) 15(平田)
          1(小倉)

交代:

後半16分 22(田畑)→25(村上)
後半26分 6(平石)→24(林)
後半35分 18(藤浦)→11(古川)

 

試合は…いきなり野洲の鮮やかなゴールで幕開け。

前半2分。
右サイドでボールを受けた中村くんがヒールパスで西村くんに渡します。
中村くんのヒールパスも鮮やかだったし、西村くんのオーバーラップのタイミングもバッチリでした。
西村くんがゴールライン近くで速いタイミングでセンターに折り返すと…そこに合わせてきたのは田畑くん。
いくつものいいプレーが積み重なったワクワクする展開。
田畑くんのゴールが決まり、野洲が幸先よく先制。1-0。

でも!
さすがに比叡山も決勝まできただけあるいいチームでした。

前半6分には野洲の左サイドの深いところまで侵入され、そこから折り返されます。
ゴールに背を向けた状態でボールを受けた比叡山の選手でしたが、上手く反転されてしまいます。
(ここはもう少し厳しい守備が必要だったかも)
思い切って振りぬいたシュートは左上の隅に突き刺さり…あっという間の同点弾。

失点した直後は流れが悪くバタついた時間が数分。

そこを何とか耐えると流れはイーブンに。

前半16分には相手陣内のPエリア近くで細かくパスを回し、その流れからボールを受けた藤浦くんがドリブルでPエリアに侵入。
相手を抜き去ろうとしたところでファールを受けてPK獲得。
このPKを西村くんがしっかり決めて2-1と勝ち越しに成功。

ここからしばらく野洲のリズムで試合が進んでいたように思うのですが…

前半22分。
ちょっと信じられない展開に。

左サイド(比叡山から見たら右サイド)、野洲陣内に少し入ったところでFKを与え…
まぁ、ゴールからもかなり遠いところなので、緊張感もなく見ていたら…
何とこのFKが…
GKの頭上を越え、ゴール左隅に決まってしまうのです(>_<)

あれを決められたら、どうしようもないですね…。
30~40メートルくらいあったと思うんですけどね…。

これでスコアは2-2に。

ただ、この失点の後の野洲は落ち着いていたんじゃないかと思います。

藤浦くん、菅野くんの惜しいシュートもあったし、細かいパス回しからの崩しもあったし…。

特に中村くんの今日のプレーはかなり見ていてワクワクしましたね(^^)。

前半は結局2-2のまま終了。

 

後半もやや野洲ペースだったかな。

野洲がドリブルとショートパス、ロングパスで相手陣内に攻め込むのに対して、比叡山はロングパスで応戦。

比叡山の縦に速い攻撃は、単に放り込みじゃなく、ボールを奪うと同時に味方に預けて、その間に前線の受けてがいいタイミングで動き出す…といった感じで、とても効率がよいというか…よく訓練されているなぁという印象。

あと、比叡山のセットプレーは脅威でしたね(-_-;)。

ロングキックとロングスロー。

ゴールの予感を抱かせるのに十分な武器となってました。

まぁ、そんな緊張感のある時間がしばらく続きましたが…

次のゴールをあげたのは野洲でした。

後半8分。
バイタルエリアで細かくボールを回して、相手のマークをはずし、最後は西村くんが完全にフリーで抜け出してシュート。
これが決まり3-2に。
このゴールは鮮やかでしたね。
(動画で見たいものです)

後半も真ん中近くになってくると、両チームとも運動量も落ちてきて、あと一歩が出ない場面が増えてきました。

両チームとも惜しいチャンスがありながらも決めきれず。

野洲は村上くんのドリブル。
比叡山は後半31分の惜しいヘディングシュートなど、見せ場はありましたが、スコアは動くことなく3-2で試合終了。

**************************

野洲高校の選手および関係者のみなさま

優勝おめでとうございます。

Dscf6353

良い試合を見せていただいた比叡山の選手のみなさまにも感謝!です。

草津東や膳所を破って決勝にあがってきた実力を見せつけられた感じです。

秋の選手権予選は今大会よりももっと厳しい大会になるかもしれませんね。

Dscf6355_4


Dscf6358


さて、野洲は全国大会進出ですね~。

何年も野洲高校のサッカーを見せていただいてますが、インハイで全国進出というのは、そうないことだったので、なんだか感慨深いです。

インハイまでの間にいい準備をして臨んでもらいたいです。

2013年6月 6日 (木)

インハイ予選準決勝【野洲×北大津】

今日はインハイ予選準決勝を観戦しに布引グリーンスタジアムに行ってきました。

1試合目は【野洲×北大津】

メンバーはこんな感じ?

覚えていない選手も多いので、間違ってたりしたらゴメンナサイ<m(__)m>

 

  22(田畑) 10(中村) 18(藤浦)
     8(西村)  6(平石)
         4(三崎)
9(菅野) 3(尾崎) 21(松本?) 15(平田)
         1(小倉)

交代:

後半0分 6(平石)→24(林)
後半6分 18(藤浦)→7(高森)
後半22分 9(菅野)→16(濱田?)
後半27分 22(田畑)→19(   )

 

前半立ち上がりは北大津にいい形を作られることが数回。

そこを乗り切ると流れ的には落ち着いてきて…。

前半9分に意外な形で野洲が先制。
CKに西村くんがヘッドで合わせて1-0。

前半13分には右サイドで藤浦くんがボールカットして西村くんにパス。
西村くんが逆サイドのフリーのスペースに展開。
このボールを受けた田畑くんがドリブルでゴール前に迫って、そのままシュート。
これが決まり2-0。

前半17分には西村くん藤浦くん中村くんとつないで…中村くんがシュート。
このボールに相手GKが反応して触るも、その手を弾いてゴール。
これで3-0。

前半18分にはゴール前で平石くんからのパスを受けた田畑くんがシュート。
これが決まって4-0。

この時間帯は野洲の攻撃が面白いようにハマッテました。

相手ボールになっても、いい読みといい動き出しですぐに奪い返すことができてました

やりたい放題の時間が終わってからも野洲ペースはかわらず、4-0のまま前半終了。

 

後半に入ると、北大津が再び流れを引き寄せようと攻めに出てきますが、それを断ち切ったのが後半2分の得点。
北大津のゴール前での混戦から…最後は中村くんのパスを受けた林くん?(見てた時は藤浦くんかと思ったのですが)が決めて5-0。

後半13分には高森くんがゴール前でボールを持って冷静にゴール隅をループ気味に狙って決めました。
これで6-0。

後半15分には中央を西村くん~高森くんと速いテンポでつないで最後は抜け出した林くんが決めて7-0。

かなり一方的な展開が続いたのですが、後半16分に何故か失点。
ちょうど野洲の7点目をメモしている時のことだったので、この失点は見てません(>_<)。
これで7-1。

後半25分には中央を簡単に破られて2失点目。
これで7-2。

この辺りの流れは良くなかったですね~。
でも試合終盤に再び野洲ペースになって…後半30分には林くんが一人で相手選手の間を縫うようにドリブルで持ち上がり、そのままシュート。
これで8-2。

終了間際の37分には尾崎くんがドリブルで持ち上がってそのままシュート。
結構深い位置からドリブルをスタートしたのですが、それを止める力が北大津の選手に残っていない感じでした。
結局、このシュートも決まって9-2で試合終了。

***************************

久々の野洲の試合観戦ですが、大味な試合ながら「やっぱり野洲ってちょっと面白いかも」と思わせてくれるものはありました。

昨年チームのような緻密さはないけれど、その分個人の特徴がよく出た戦いぶりになってます。

自分で行けると思ったら行っちゃえ!的なやんちゃさを感じさせる選手も数人。

まぁ、自爆することも結構あるんですけどね。

全国レベルのチームとやる時にはやんちゃなだけでは通用しないわけで、個々のスキルアップが必要ですが…

今後どんな選手になっていくか楽しみではあります。

 

そしてチームとしてどんなイメージをもって絵を描くかは…中村くん、西村くん、三崎くん辺りが中心に引っ張っていくことになるのかな?

まぁ、これも楽しみです。

気持ちの整理

お久しぶりです。

ホントに長い間放置状態が続きました。

この間(かん)、野洲は新チームで新人戦を優勝し、プリンスリーグが始まり、インハイ予選も始まって…

新しい野洲がすっかりスタートしていて、何試合かは観戦したのですが、ブログにはついつい書きそびれてました。

 

気持ちの上でまだ昨年のチームをひきずっていたので。

 

う~ん、やっぱり特別なチームでしたね…

あんなサッカーはこれまでにもどこにもないし、多分これからもお目にかかれないだろうと思います。

叶わない夢なのですが、あのチームの続きが見たいという気持ちが強くて・・・

気持ちの整理に時間がかかりました。

 

そろそろ切り替えないとね…(>_<)

前チームの選手たちの次のステージでの活躍を願いつつ、現チームのことも応援していこうと思います。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ