カテゴリー「天皇杯」の記事

2011年7月 7日 (木)

滋賀FAカップ組み合わせ

今年も滋賀FAカップの季節がやってきます。

昨日、滋賀県サッカー協会のHPに要項と組み合わせがUPされていました。

詳しくはhttp://www.shigafa.com/11/cate1/games/1-1116.pdf

  

出場するのは…

JFLの SAGAWA SHIGA FC と MIOびわこ草津、

関西社会人一部の TOJITSU 滋賀 FC

関西社会人二部の B,S,C HIRA  と ルネス学園甲賀

大学代表の びわこ成蹊スポーツ大

社会人滋賀一部の 守山侍2000

そして高校代表の 野洲高校

…の8チーム。

 

 

日程・組み合わせについて簡単に書くと…

 

1回戦は8/7(日)。場所はルネスグリーンフィールド。

11:00 ルネス学園甲賀×B.S.C HIRA…①

14:00 野洲高校×守山侍…②

 

2回戦は8/13(土)。場所はビッグレイクB。

11:00 ①の勝者×びわこ成蹊スポーツ大…③ 

14:00 ②の勝者×TOJITSU 滋賀 FC…④

 

準決勝は8/15(月)。場所は皇子山陸上競技場。

11:00 ③の勝者×SAGAWA SHIGA FC…⑤

14:00 ④の勝者×MIOびわこ草津…⑥

 

決勝は8/28(日)。場所は皇子山陸上競技場。

13:10 ⑤の勝者×⑥の勝者

 

 

このFAカップで優勝すると天皇杯出場!!ということになるんだけれど、ものすごい険しい山…^_^;

でも違うカテゴリーのチームとの公式戦って、これくらいなので貴重な場です。

楽しみ楽しみ(^^)。

2008年8月10日 (日)

滋賀FAカップ2回戦

PCの動作がとんでもなく重たくて再起動かけている間に爆睡してました。

やはり90ハーフの試合を2試合も観戦すると身体にこたえます。

 

昨日のFAカップ2回戦では【野洲×滋賀FC】と【BSC.HIRA×びわこ成蹊スポーツ大】の2試合が行われました。

キックオフは1試合目も15:00ということもあって、一昨日と比べ幾分日差しの強さがましだったような…

やはり、真夏の昼間にはサッカーはやるもんじゃないです。

*******************************

さて、昨日の試合ですが・・・

【野洲×滋賀FC】のスタメンはこちら。

<野洲>

         10(坂本)   
11(松永)  25(卯田) 8(潮入) 7(藤野)
     12(中川)    5(冨田)        
  2(松原)  3(西口)  16(端山) 
          1(横江)

交代:

前半34分 25(卯田)→6(上田)  

後半20分? 8(潮入)→9(倉田)

後半30分? 2(松原)→19(染川)

後半30分? 16(端山)→13(高階)

後半40分  5(冨田)→22(梅村崇)

  

<滋賀FC>

      9(梅辻) 11(岩田)   
14(西崎)   24(北口)   20(保田)
     6(前川)    15(奥田)        
  4(角岩)  5(谷口)  7(上田) 
         1(松岡)

※滋賀FCの交代については省略

 

結果から言うと、1-4での野洲の敗戦。

でも、見ていて面白い試合でした。

両チームとも手抜きなしの本気勝負。

一つひとつのマッチアップもとても見応えがありました。

西口くんvs岩田選手とか、藤野くんvs西崎選手とか…あと、野洲のOBであるボランチコンビとのマッチアップも見ごたえ十分。

それらでは決して負けてはいませんでしたが・・・チーム状態、勢い、完成度、決定力といったあたりでは滋賀FCが勝っていた感じです。

 

流れとしては…前半の25分にCKからの流れで失点。これで0-1。

そして終了間際にPエリアでPKを取られ(松永くんが退場)、これを決められて0-2。

後半は1人少ないということで、ガクッと動きが落ちてやられまくるかと思いきや…一人ひとりが運動量をあげて互角以上の展開。

でも、何度かいい形を作るも最後のフィニッシュが決まらず(-.-)。

逆に、サイドを侵入されそのままうまくゴールを決められ0-3。

その後、滋賀FCも西崎選手が2枚目のイエローカードを出され退場。

10人対10人の戦いに。

互角の展開の中、野洲に待望のゴールが生まれます。

相手CKの跳ね返りを倉田くんがひろい、カウンター。倉田くんのドリブルから右サイドを駆け上がっていく上田くんにパス。最後は上田くんが落ち着いてシュートを決め、1-3に。

でも、試合の終盤にCKから失点して、結局1-4で試合終了。

 

滋賀FCは春先~関西リーグ序盤に見た頃とは別チームのようにいいチームになっていました。特に守備のバランスがよくなった感じです。

そういった強いチームとの真剣な試合は、たとえ負け試合であったとしてもグダグダの勝ち試合を10試合やるより10倍は価値があります。

「結果がすべて」という言葉もあり、それは目先のタイトルのことを考えると正しい言葉ではありますが、成長途中の彼らにとってはあまり意味のない言葉のような気がします。

少なくとも実際に試合を見ているとそう思えました。私には。

 

とてもいい試合だったと思うのですが・・・残念だったのは審判のジャッジですかね。

う~ん、これはあまり言いたくないのですが・・・(-.-)

前半の滋賀FCの西崎選手がシュミレーションでもらった1枚目のカード。よくは見えませんでしたが本当にシュミレーションだったのでしょうか?

あと、西崎選手がもう1枚もらったイエローカードも…イエローを出すほどのファールだったのでしょうか?

野洲サイドで言うと、松永くんが退場になったシーンも…ファールというより、並走していたら足がもつれただけだったような…

カードを出す基準が全体的に緩めで、それが面白い試合に水を差してしまった気もしないでもない。

 

今年の野洲の天皇杯予選は残念ながらこれで終了。

今日から休む間もなくミズノカップin大阪に参加。明日にはバレンシア戦もあります。

天皇杯予選で社会人チーム相手に90分ハーフの試合を2連戦やった後のTMとなるので、疲れは半端のない状態だと思います。くれぐれもケガのないように帰ってきてほしいです。

  

滋賀FCは次はmi-oとの対戦。

できれば、西畑、西崎のマッチアップが見たかったところですが、それもかなわなくなりました。

今のチームの中で西崎選手はかなり効いているので、その彼を欠いての戦いはかなりキツクなると思います。が、がんばってほしいです。

****************************

続いて行われた【BSC.HIRA×びわこ成蹊スポーツ大】の試合も観戦しました。

母体が同じ兄弟チームだけあってタイプは似ていて拮抗した展開でしたが、わずかにパスやフィニッシュの精度、判断の速さでびわこ成蹊スポーツ大の方が勝っていて、前半から順調にびわこ成蹊の方が得点を積み重ねていきました。

1-0、2-0、3-0・・・ここまできたらさらに差がひらいていくのかと思っていたら…HIRAが反撃。うまく中央のここしかないというところにパスを通して1点返します。

このゴールが決まった時、スタンドはかなり盛り上がってました(^^)。

ここからはHIRAの時間帯。後半の29分にPエリア内での相手のハンドでPKを得て、それを決め1点差とすると、試合の行方はわからなくなってきました。

…結局はロスタイムにびわこ成蹊スポーツ大が試合を決定づける4点目を入れて勝負アリ。4-2で終了しました。

この試合もかなり見ごたえのある試合でした。

互いによく知っている、わかりすぎている相手だけに互いの意地がぶつかりあったような気持の見える試合。

90分ハーフの試合を2試合連続で観戦するのは、ちょっときつかったのですが、いい試合が見られて後悔ナシです(^^)。

2008年8月 9日 (土)

滋賀FAカップ1回戦

見に行ってきました。

大会期間中なので、あまり詳しいことは書かない方がいいのかなぁ!?

・・・なんて、今さら思ったりして。

まぁ、今さら・・・ですね。

まずスタメン・・・

 

         10(坂本)   
11(松永)  8(潮入) 7(藤野)  6(上田)
     12(中川)    5(冨田)        
  3(西口)  2(松原)  16(端山) 
          1(横江)

交代:

後半0分  10(坂本)→22(梅村崇)   7(藤野)→25(卯田)   5(冨田)→24(久岡)

後半26分? 2(松原)→13(高階)

後半40分? 11(松永)→14(中野)

 

守山侍2000は野洲高のOBも多いらしく、そのためか野洲とサッカーが少し似ている印象を受けました。

さすがに社会人なので身体は野洲の選手よりも一回り大きい感じでしたが、フィジカルの強さを前面に押し出して…とか、運動量で勝負して…というよりも、足もとの技術の高さを生かして、丁寧につないでいくタイプに見えました。

試合は出だしこそ、やや守山侍の方が押している感じでしたが、徐々に野洲のパスもつながりだし、18分には坂本くんが左サイドでボールを受け、オーバーラップした藤野くんにパス。藤野くんからのクロスを上田くんがヘッドで合わせてゴール。これで1-0。

前半の真ん中過ぎには野洲に追加点。冨田くん?から右サイドの上田くんを経て逆サイドへ。流れ的には藤野くんも絡んでいたとは思うけれどシュートのこぼれ?を松永くんが思いきり足を振りぬいてシュート。これが決まり2-0に。

この後も野洲らしいつなぎで崩す場面や坂本くんの思い切りのよいシュートがあったけれど得点ならず。

逆に攻め込まれてあわや失点という場面もあって、横江くんが2失点分くらい防いでました。本当にいいキーパーです。

野洲には潮入くんがクロスバーにあてたシュートとかもあったので、前半の決定機は4:2くらいだったかも。

まだ試合の行方はわからないなぁ…って雰囲気のまま前半は2-0で終了。

 

野洲は後半の最初からメンバーを大きく変えてきました。

何と、ボランチと2列目とトップの選手を交代。

ちょっとしたピンチとチャンスが訪れるものの、決定的な場面までは至らず。

後半の26分に細かいつなぎから梅村崇くんが抜け出し、シュートするものの、クロスバーに直撃。

その後もこう着した状態は続き、どちらかと言えば守山侍の方がいい形を作りかけていた矢先に、野洲に3点目が入ります。梅村崇くんが相手DFの裏に抜け出し、シュート。一度はGKに止められたものの、弾かれたボールに自分で追いつき押し込んでゴール。これで3-0。

最後の方は守山侍の複数の選手の足がつってしまい、勝負あり。

結局、天皇杯予選の初戦を3-0で勝利しました。

****************************

せっかくなので次のルネス学園甲賀vsBSC.HIRAの試合も観戦しました。

試合は前半にルネス学園が先制すると、ルネスのペースで試合は進み、2-0で折り返し。

後半途中にHIRAが1点返したものの、2-1のまま試合が終了するかと思われた後半ロスタイムに、何とHIRAの同点弾が決まり、試合は延長戦へ。

延長戦にはいってからはHIRAのペース。延長前半のうちに勝ち越し弾と追加点を決め、勝負あり。結局、4-2でHIRAが2回戦進出を決めました。

ルネスにしたら「あと3分我慢していたら」とか「後半終了間際のチャンスをちゃんと得点につなげられていたら…」と、ついつい「タラレバ」を言いたくなるような試合でした。

****************************

明日の2回戦はビッグレイクBで

3:00~  野洲vs滋賀FC

5:30~  HIRAvsびわこ成蹊スポーツ大

の試合が行われます。

滋賀FCは今年野洲とも何度かTMを行っている相手。

その時には野洲が優勢に試合を進めていた印象があるけれど、今の滋賀FCと春先の滋賀FCは全く違うチームだと思った方がいいみたいです。

この前の全社の近畿予選では関西一部リーグの3位のチームとやって快勝をおさめています。

つまり現在ものすごく調子がいいと考えてよさそう。

要注意は西崎選手かなぁ。自由に走られるとひどい目に合うでしょうね。

2008年8月 8日 (金)

明日は滋賀FAカップです。

明日は滋賀FAカップです。

・・・と言うとわかりにくいけれど、天皇杯滋賀県代表決定戦と言うとわかりやすい!?

 

野洲高校(高校代表)

びわこ成蹊スポーツ大(大学代表)

守山侍2000(県リーグ代表)

滋賀FC(関西二部リーグ)

BSC.HIRA(関西二部リーグ)

ルネス学園甲賀(関西二部リーグ)

FC mi-o びわこ kusatsu(JFL)

SAGAWA SHIGA FC(JFL)

以上8チームが天皇杯滋賀県代表の1枠を争います。

 

ここ2年ほどで滋賀県のサッカー界は大きく変わってきているので、この1枠を獲得するのは並大抵なことではないです。

ちょっと前までは、JFLのチームがない県でしたからね。

**************************

とりあえず、明日の対戦は・・・ビッグレイクCで行われます。

10:00~  野洲 vs 守山侍2000 ・・・①

13:00~  BSC.HIRA vs ルネス学園甲賀 ・・・②

 

明後日にはビッグレイクBにて 

15:00~ ①の勝者 vs 滋賀FC

17:30~ ②の勝者 vs びわこ成蹊スポーツ大 

の試合が行われます。

*************************

試合は45分ハーフ。

90分で試合が決しない場合は、15分ハーフの延長。

それでも勝負がつかなければPK戦です。

この暑い中、45分ハーフは大人でもキツイ。

5人まで使える交代枠も勝負の大きな鍵になりそうです。 

2007年11月 5日 (月)

ジャイアントキリングを目指して・・・天皇杯4回戦

実は昨日は久々に磐田まで行ってきました。

お目当ては天皇杯4回戦【磐田vs順天堂大】の観戦。

それにしても・・・磐田に行くのは本当に久しぶり。(今年まだ2回目)

最近どこに行くのも大抵は車なんで、昨日も車で行くつもりだったのですが、出発する時間が遅くなってしまったので新幹線利用に変更。

新幹線を使うと磐田はかなり近くに感じます。京都を10:30過ぎに出ても磐田駅に12:00過ぎには着けるという手軽さ(^^)。

久々のヤマハスタジアム・・・やっぱりいいスタでした。少々古いけれど、コンパクトで何より観客席とピッチがすごく近い。(ボールを蹴る音や選手の声なんかもよく聞こえます)。

それでいてバックスタンドはそこそこ傾斜があるのでとても見やすいし。

こんな中規模のスタジアムを関西にも作ってほしいなぁ。

今回、久しぶりということでジュビサポの友だちにも会うことができました。再会をすごく喜んでくれた・・・私も会えて嬉しかったですヽ(^o^)丿。

あと・・・野洲高のサッカー部のファンということで知り合ったMさんもこの試合の応援に来られていたので、Mさんにも久々にお会いできました。短い時間でしたが話ができて嬉しかったです。

 

この試合の(ジュビファンとしての)見所は・・・①『磐田が天皇杯の初戦をちゃんと乗り切れるか。』っていうのと、②『順大の岡本くんがどんなプレーをするのか』という大きくはこの2点。

①については・・・ジュビロは毎年初戦は突っ込みどころの多い試合をするので。

いや、ジュビロだけではないです。他のカテゴリーとの対戦もありうる天皇杯。

Jのチームにとれば『決して負けられない戦い』であり、下のカテのチームにとれば『失うものは何もない戦い』。そんな心理的な違いや試合に向けての準備の差によるのか、天皇杯でジャイアント キリングが見られるのはそうめずらしいことではないです。

Jのサポは普段のリーグ戦以上に神経をすり減らしていると思います。負けたらお祭りの的になりますから。

 

②については・・・昨年までジュビロにいた岡本選手のプレーがヤマハスタジアムで見られるチャンスですからね~。磐田vs順大という対戦カードは偶然にしては出来すぎ。

岡本選手はユースから大量昇格した年の選手の一人で、上田康太と同期。元々地元の子でジュビロの下部組織から上がってきた生え抜き中の生え抜きの選手だったので、サポの期待もかなり高かったと思います。昨日は岡本選手の姿を見るために足を運んだ観客も結構いるんじゃないかな。

 

実際の試合の大まかな流れとしては・・・出だしは順大のきついマークに苦しめられたものの、一瞬、ゴール前の前田がフリーになり、そこを逃さずゴール。

でも、その後、セットプレーで何と岡本にゴールラインぎりぎりの角度のないところからヘッドで決められ1-1。GKはゴールラインをわるだろうと思ったんだろうな。GKのプレーが中途半端だったこともあるけれど、相変わらずギリギリまで諦めない岡本のプレーは健在でした。このゴールが決まった時のリアクションにちょっと困りました。・・・嬉しいけれど困る・・・っていう複雑な心境(>_<)。

前半は太田のゴールが決まり、何とか2-1で折り返し。大学生相手に2-1。

このスコアと内容をどう評価するかは微妙なところ。・・・そんなことを考えているうちに、ハーフタイムの他会場の試合経過がスクリーンに映し出されました。会場にどよめきが起こります。

「あ・・・苦しんでいるのはうちだけじゃないんだ」と安堵したり、強いチームが苦しんでいたりすると面白がってたり・・・と、結構微妙な空気。

う~ん・・・こういうのも含めて、天皇杯だなぁ・・・って、つくづく思います。空気が独特。

後半は足が止まってきた相手に対し4得点(カレン、茶野、成岡、カレン)して危なげなく逃げ切り。

 

試合前にMさんに聞いたところによると、順大はけが人とか世代別代表召集でベストメンバーが組めない状態だったとか。それに加えてリーグ戦を直前にこなす等のハードスケジュール。「ベストな状態で対戦させてあげたかった」と試合後も言っておられました。

うん、ホントに。

関東大学リーグは佳境に入ってきていて大事な時期。故障離脱者が多くて大変ですが、ぜひぜひインカレ出場圏内を目指して頑張ってもらいたいです。

 

[おまけ]

試合後の挨拶では、順大の選手たちがホームゴール裏、バックスタンドホーム側まで含めてグルリと挨拶に来てくれました。なんて丁寧な!

そして全員が引き揚げた後、ホーム側から岡本コールと拍手が。(手作りの弾幕も出てました)。それに応えるように岡本選手が再びホームゴール裏に挨拶にきてました。何かジュビサポに挨拶してたみたいですが、私が座っているところまでは声は聞こえず。最後の「応援お願いします」のところだけ聞こえました。

大学を卒業した時に再び戻ってきてくれたら・・・こんな嬉しいことはないです(^^)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他の天皇杯4回戦の結果は次の通りです。

千葉 1-3 大分

清水 3(5PK4)3 明治大  この試合は得点経過を見ているだけで楽しい(^^)。明治大、勝利まであと一歩でした。清水サポにとってはめちゃめちゃ精神衛生に悪い試合だったと思います。

横浜FM 4-1 佐川急便  「天皇杯と言えば佐川急便」っていうくらい、毎年Jのチームにとっては嫌な相手。今年は合併後初めての天皇杯でしたが、Fマリ相手にひと波乱とはいかなかったようです。

新潟 2‐3 鳥栖

FC東京 2‐1 TDK SC

磐田 6‐1 順天堂大

広島 3‐0 湘南

大宮 0‐2 横浜FC

神戸 2‐0 福岡

鹿島 2‐0 水戸

甲府 3‐1 徳島

柏 2‐3 Honda FC  これぞジャイアントキリング!3回戦の東京V戦に続いてJチームを撃破。

名古屋 3‐1 草津

※G大阪‐山形 川崎‐C大阪 は11/7     浦和‐愛媛 は11/28に行われます。

2007年8月26日 (日)

天皇杯滋賀予選【滋賀FC vs FC mi-o】

試合が終わって先ほど帰ってきました。

天皇杯の滋賀予選、残念ながら滋賀FCは負けてしまいました(T_T)。昨年に続いてmi-oを撃破とはいかなかった。。。いい試合だったと思うんですけどね~。0-0で延長までいきながらも・・・そして2度も数的優位に立ちながらも試合を決め切れなかった。。。残念。。。

選手はめちゃめちゃがんばっていたと思います。2つも上のカテのチームに対して互角の展開にまで持ち込んだのは拍手ものでした。それだけに勝たせてやりたかった・・・という気持ちになりました。

いつもは滋賀FCのスタメンとかは書かないけど、久々に書いてみます。

       34(岩田)   9(川越)        
   14
(西畑)          25(西崎)
      27(奥田)     6(前川)
  32(奥村) 5(谷口) 17(木村) 7(上田)

           23(杉本)

交代:27(奥田)→18(梅辻)  17(木村)→26(古川)

mi-oは上のカテで揉まれながらも上位にいるだけのことはあります。寄せの速さは流石でした。ちょっと粗いところもありましたが・・・。セカンドボール、特に浮きだまはほとんどmi-oのボールになっていた気がします。ただ、セカンドボールを取られても、そこからの守備は滋賀FCの方も粘り強くいけてたかな。まったくつかみきれていない危ない場面も数回はありましたが、それも何とかしのぎ0-0。GKの杉本選手は今年も神がかってました(^.^)。

後半、相手に退場者が出て数的優位になったもののあまり生かせず、終盤には滋賀FCの川越選手が2枚目のカードをもらい退場。これでフィールドプレーヤーは9対9の同数に。そしてどちらにもゴールが生まれないまま延長に突入。

延長前半にmi-oの8番の選手にドリブルで上がられ、ミドルシュートを決められ0-1。すごいドリブルする選手やなぁ・・・なんて思ってたら・・・内林選手やった(>_<)。

その後mi-oに再び退場者が出て、数的優位になるも追いつけず。逆に延長後半ロスタイムのラストプレーでGKまで上がって攻撃参加した状態から逆襲を受け、追加点を許してしまいました。まぁ、これは仕方のない失点ですけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで、今年の滋賀FCの天皇杯への挑戦は終了。負けたのはとても残念ですが、天皇杯以上に大事なことが控えているので・・・秋に喜べればいいですよね。

試合を見ていて、やはり早く関西リーグに昇格してほしいな。しなくちゃいけないな・・・と、思いました。関西一部リーグのチームとここまでいい試合ができるんだから・・・という気持ちと、mi-oに及ばない部分は強い相手に揉まれてもっと強くなるしかないかな・・・という気持ちとが混ざってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試合の結果は置いといて・・・スタンドの雰囲気は今年も良かったです。ビッグレイクのスタンドがほぼ埋まるくらいのお客さん。何人くらい来てたんだろう?できればこんな場でいっぱい試合をさせてあげたいよね~。いいプレーを見せたいと思うことって、強くなることと無関係じゃないだろうから。

スタンドには野洲やクサヒガのタオマフをしている方も何人かおられました。「決勝点を決めたのはクサヒガの出身選手や」なんて声も聞こえてきました。これもなかなかいい感じなんじゃないでしょうか。すごく身近なところに引き寄せてサッカーを見られるのは幸せなことです。ゆくゆくは滋賀FCというチーム自体が身近な存在になっていくのがベストですが。

2007年8月12日 (日)

天皇杯滋賀予選【滋賀FCvsルネス学園甲賀】

昨日の【野洲vs東福岡】の試合が面白かったために、ついつい今日も見に行きそうになりましたが、どうにか踏みとどまりました(^^ゞ。まぁ、いろいやることがろあったので。

午前中に運転免許の更新に行って、買い物に行って、夕方からは天皇杯滋賀県予選を見にビッグレイクへ。

Fc_vs_2 Aコートでは【草津東vsBSC HIRA】も同時刻にキックオフされたのですが、私はBコートの【滋賀FCvsルネス学園甲賀】の方を観戦しました。昨年からひそかに滋賀FCのことは応援しているので。それに滋賀FCにもルネス学園甲賀にも野洲っこOBがいるし。現在所属するカテが違う彼らが公式戦で対戦することはあまりないので、それを見られるのは貴重といえば貴重。かなり楽しみにしていました。

※本当は草津東も気に入っているので、そちらの試合も大いに気になったのですが・・・。時間さえずれていたら2試合とも見られたのに・・・(T_T)。

で、久々の滋賀FCです。細かい試合内容は置いといて・・・2-1の逆転勝利は嬉しい!岩田選手のゴールは美しかったです。あと、印象に残ったのは前川選手。誰よりも気迫がプレーに出てました。鋭いチェイシングで次々にボールを奪う姿はすごかったです。

2007年7月20日 (金)

滋賀FAカップ決勝トーナメント組み合わせ

天皇杯出場をかけたトーナメントが8/12から始まります。

トーナメントの組み合わせは、滋賀県サッカー協会のHPで少し前に発表になっていて、もちろんそのことは知っていたわけですが、なかなか記事にする余裕がなくて(>_<)。

このところめちゃめちゃ忙しいので、野洲の試合を見に行く+試合の記事を書くだけで終わってるなぁ・・・。

でもまぁ、実際の試合まではあと3週間ほどあるので、遅ればせながらですがトーナメントについて触れておきたいと思います。

まずは、1回戦。8/12(日)の試合。

①社会人2位のBSC HIRA vs 高校1位の草津  (ビッグレイクA 17:00)

これは結構楽しみ。高校1位の草津東がHIRAに対してどのような戦いを見せるのかというだけでも大いに興味をひかれます。多分、草津東はインターハイの後なのでコンディション的にはきついのかもしれないけれど・・・。草津東の平田くんや北川くんの面白いプレーが見られるといいなぁ。

そしてもう1試合。

②社会人1位の滋賀FC vs 関西2部のルネス学園甲賀 (ビッグレイクB 17:00)

かなり嬉しい組み合わせです\(^o^)/。国領くん、小林くん、志水くん、奥田くん、土井くん、前川くんなどなど、両チームとも野洲っ子OBがいるので、野洲好きにとっては見逃せないカードです。社会人リーグで首位を追走中の滋賀FCと今年は好調なルネス学園との試合なので、内容も面白いんじゃないかと期待しています。

・・・それにしても日曜日の5時開始というこの日程は!「やめてよ!」って感じです(-_-;)。そして何より・・・1回戦の2試合は同時刻にスタートじゃないですか!じゃぁ、どちらか1方の試合は見られないんだぁぁぁぁ!!!!!!しょっく(T_T)。

ちなみに2回戦は8/26(日)に開催されます。

①の勝者vs大学1位のびわこ成蹊スポーツ大(ビッグレイクB 14:30)

②の勝者vs 関西1部の FC mi-o(ビッグレイクB 17:00)

そして、決勝は9/2(日)守山佐川グランド(13:10)で行われます。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ