カテゴリー「国体」の記事

2011年8月20日 (土)

国体近畿ブロック・少年男子【滋賀×大阪】

今度はわりと新しい話題です。

昨日、ミニ国体を観戦しに三木総合防災公園に行ってきました。

今年は国体メンバーがわからず、ギリギリまで行くかどうか迷ったのですが…。

一度、国体選抜×野洲Bの練習試合を見たのですが、選手はさっぱりわからず(>_<)。

初めて行った『みきぼう』は、かなりいい施設でした。

何より駐車場無料が気に入りました(^^)。

残念なのはアナウンスの音が小さくて聞こえにくいこと…ですかね。

なので、選手名は不確定なまま。そこがちょっとストレスと言えばストレス。

ここで書く選手名も多分間違っているところがあると思いますがご容赦を。

知っている方がおられたら遠慮なく訂正してください。(そうしてもらえると嬉しいです)

  

国体滋賀

  

     9(中村) 10(宮吉)
  15(上野)     19(三﨑)
     6(西村) 13(山本)
5(今野) 7(前田?) 11(番度) 3(山田)
        12(横江)

 

う~ん、フォメも自信ない<(_ _)>。

交代:

後半13分 19(三﨑)→20(北橋?)
後半24分 9(中村)→2(間島?)
後半34分 20(北橋?)→16(林?)

  

交代は余計に自信ない<(_ _)>。

試合の立ち上がりは大阪ペース。

さすがにガンバユース、セレッソユースを中心としたチーム。

やっぱり強い。

でもちょっとプレーは荒めかな。

危ないタックルも結構あったように思います。 

試合は大阪が優勢に試合を進めて行きますが、先制したのは何と滋賀。

前半30分、相手陣内で得たFKを宮吉くんが蹴って、それに上野くんが走りこんで合わせてゴール。
これで1-0。

このまま前半を終えたかったのですが、前半のロスタイムにPエリアの外左45度くらいの位置でFKを与え、これを直接決められてしまいます。
前半は1-1で終了。

 

後半は、立ち上がりに痛い失点。

後半3分、簡単にGKとの一対一の場面を作られてしまい、一旦は横江くんがシュートを弾いたものの、こぼれ球を押し込まれ1-2。

その後、大阪の時間帯が続き、後半10分にアーリークロスにピンポイントヘッドで合わされ失点。
これで1-3。

その1分後にパスを奪われ、そこから失点し、1-4に。

その後は何とか踏みとどまって、悪すぎる流れは断ち切ったものの、反撃からの得点はならず1-4のまま試合終了。

*************************

国体少年男子の近畿ブロック大会を見るようになって、今年で4年になりますが、今年も全国への道が阻まれてしまいました。

なかなか険しい道です。

昨日、国体選抜で悔しい思いをした選手たちですが、まだまだサッカーは続きます。

今日からはそれぞれの所属チームに戻って頑張ってくれることでしょう。

公式戦でその姿が早く見られることを願っています。  

2010年8月23日 (月)

国体近畿ブロック大会【滋賀×京都】

3戦連続観戦に行ってきました。
山城総合運動公園。

この3日間、晴れ続きで黒こげに日焼けしてしまいました。


さて、千葉国体の近畿代表の3枠目の代表権をかけた試合が日曜日に行われました。

相手は京都。

全国でも有数のタレントぞろいという噂の京都サンガU-18の選手が多く含まれていると思われる強豪チーム。

前日の大阪に引き続き厳しい相手との対戦が続きます。



この日の滋賀国体選抜、前2戦とはフォーメーションを変えてきました。


   15(玉置) 16(大園) 
18(大本) 10(望月) 14(高野)
   11(武田) 7(松田) 
17(山田) 4(水野) 5(馬場)
      12(山崎)

交代:
交代 後半16分 18(大本)→13(金谷)
交代 後半26分 16(大園)→8(三好)



3バック!!
武田くんのボランチ起用!

かなり驚かされました。
望月くんを前目で使いたいんだろうなというのは伝わってきましたが…


序盤の滋賀はバタバタの出だし。
全く守備の連係が取れないまま、京都に好きなようにやられまくります。

そして前半2分にPエリアで相手を倒してPKを与えてしまって早々に失点。


その後も混乱状態は続き、前半12分にも相手の大きなサイドチェンジからDFと一対一の場面を作られ、最後は切り返しでかわされゴールを許してしまいます。
これで0-2。

この後も混乱状態が続き、ズルズル失点を積み重ねていくのか…と思われたのですが、滋賀も徐々に落ち着いてきて、前半の真ん中近くからはいい形も作り出せるようになってきます。

前半33分にはバイタルエリア内でショートパスを回して相手を崩しゴール。
得点者は玉置くん、アシストは高野くんだったそうです。
(目で追い切れなかったので、場内アナウンス頼み(-_-;))
これで1-2。

追い上げムードの中、前半を折り返し。



後半は結構互角の展開だったかな。

攻められるシーンもあったけれど、決定的なシーンもありました。
バイタルエリア内での相手のハンドがあったり、Pエリア内で高野くんが倒されたり…主審の笛が吹かれたかもしれない場面もあったと思います。
(笛を吹く吹かないは主審の判断なので仕方ないですが)


結局、あと1点が届かないまま時間が経過し、終盤は京都にうまく時間を使われてタイムアップ。



1-2で試合は終わり、滋賀国体選抜チームの今年の全国への挑戦は幕を閉じました。





毎年、3戦目までもつれこみ、あと少しのところで全国に届かない…そんな状況が続いています。

う~ん…悔しいですね。


選手たちはもっともっと悔しい思いをしていると思います。
この悔しい気持ちを自分の(チームの)財産にして所属チームに帰ってもらいたいです。


大会は違えど、次こそは全国を目指して…

2010年8月22日 (日)

国体近畿ブロック大会【滋賀×大阪】

前日に引き続き行ってきました。
山城総合運動公園陸上競技場。


この日のスタメンは前日と大きく変えてスタート。



     14(高野) 16(大園)
   11(武田)      15(玉置)
    7(松田)    10(望月)
2(山本) 4(水野) 17(山田) 3(横江)
        12(山崎)


交代:
後半0分 3(横江)→6(荒木)
後半12分 2(山本)→20(平山)
後半26分 15(玉置)→8(三好)
後半30分 10(望月)→18(大本)
後半31分 7(松田)→9(村上)


試合の序盤はまずまずいい出だしだったように思います。

開始2分の武田くんのシュートはゴール右にそれて行ったけれど、決定的な形でした。

5分ごろまでは滋賀が押していたけれど、徐々に大阪も流れを引き戻してきます。

そして7分には大阪が先制。

左サイドからのクロスに対してクリアミス。
オウンゴールとなってしまいました。
これで0-1に。

その後、滋賀も流れを再度引き戻すのに成功してチャンスを作り始めたように見えたのですが、前半22分に追加点を許します。

中盤でボールを奪われ、最後は南野くん(確か世代別代表の選手ですよね)にやられてしまいました。
これで0-2。

ただ、2失点したとは言えここまでの流れはそれほど悪くなかったと思います。

望月くんを中心にいい形は作れていました。

前半終了間際にはクロスバー直撃のシュートや、それに詰めていく攻撃が見られ、かなり決定的なシーンを作り出していました。

そしてクロスバーを叩いた決定機の1分後、玉置くんから望月くんにボールが入り、そこから決定的なパスが出ます。
これを決めたのが大園くん。
これで1-2。




後半は大阪が押し気味に試合を展開。

滋賀は耐えながら、何とかチャンスを作り出そうとする時間帯が続いてました。
GKのナイスセーブも連発。

でも後半22分に南野くんにゴール前で反転してのシュートでゴールを許し1-3とされると、そこからは踏ん張りがきかなくなった感じでズルズルと失点。

後半24分に失点。これで1-4。

後半28分に失点。
後半29分に失点。

大阪はサイドを使った攻撃で優位にたって、滋賀のミドルゾーンの負担を大きくすることに成功。
最後の方は前線~中盤での守備が効かなくなってきて、簡単に中央を破られ続けてしまいました。

大阪の強さを見せつけられた感じです。


滋賀の選手たち、かなり悔しそうでした。
ひいて守り固めをするのでなく、自分たちの持ち味を出そうとしての大敗。

1年生の選手が多いだけに、この悔しい経験はきっとこれからの糧になると思います。


大会は3日めまでもつれこみ、近畿代表の3枠目を争って今日も試合。
相手は京都?兵庫?


どちらにしても強いですが、頑張ってもらいたいです。

2010年8月20日 (金)

国体近畿ブロック大会【滋賀×和歌山】

今日は国体近畿ブロック大会を見に行きました。

場所は京都の山城総合運動公園陸上競技場。

今日はかなりの日差しの強さで日傘ナシが辛かった辛かった…(>_<)。
1試合見ただけで黒こげ状態。

いつになったらこの暑さは遠のくんでしょうね(-_-;)。



今日の滋賀選抜の相手は和歌山。

近畿では大阪、京都、兵庫が力的に抜け出た存在ですが、その壁を越えるためには負けられない試合です。

今日の滋賀選抜のメンバーはこんな感じだったと思います。


     9(村上)  8(三好)
   6(荒木)      13(金谷)
    7(松田)    18(大本) 
2(山本) 4(水野) 17(山田) 3(横江)
        12(山崎)

交代:
後半12分 8(三好)→16(大園)
後半19分 6(荒木)→19(溝口)
後半34分 4(水野)→5(馬場)




今年は滋賀県サッカー協会のHPにメンバー表がUPされなかったので、場内アナウンスが頼りです。
漢字が間違っていたらすみません。
あとフォーメーションも自信ないかも(-_-;)。



試合は11:00スタート。

序盤は滋賀が押し気味だったけれど、決定的な形までは作れずに最初の10分は経過。

10分過ぎから山本くん~三好くんにつないでCKを獲得したり、ロングで前線の村上くんにいいボールが入ったり…で、少しずつゴールに近づいてきた感じ…。

そして先制は前半18分。
左サイド、荒木くんからオーバーラップした山本くんにボールが通り、山本くんのクロスに金谷くんが合わせてゴール。
これで1-0。

それ以降は両サイドを上手く使った攻撃でチャンスを何度も作れるようになって…
そうなってくると、勢いは完全に滋賀に傾いて。

前半20分には追加点が入ります。
センターでボールを受けた松田くんが、相手が寄せてこないのを見てドリブルでするすると上がり、ロングシュート。
何とこれがGKの頭上を越えてゴールネットを揺らしました。
これで2-0。

ピンチらしいピンチと言えば、前半31分。
相手に守備ラインを抜け出されシュートされたシーンがありましたが、これはオフサイド。

あと前半終了間際に和歌山のFKがあって、かなり距離があったけれど、ゴールマウスを捕えていて、ギリギリGKがはじき出したシーンくらいだったと思います。

対する滋賀はこの流れならもう1,2点欲しかったところ。

結局2-0で前半を折り返し。




後半はメンバーチェンジなしでスタート。

序盤押し込まれ気味で、ボールの落ち着きどころが見つからない感じでした。
マイボールになっても周りの動き出しが少ないため、出しどころに困り、いい形で次につながらないという場面が多々。

このまま1点返されたら、試合の行方もわからなかったと思いますが、どうにか耐えて…

後半4分に滋賀が相手陣内に攻め込んで、大本くんから右サイドを駆け上がる横江くんにパスが渡って…横江くんがクロスボールを上げるのですが…それが何と直接ゴールイン。
ファーサイドのネットを揺らしました。
本人はセンタリングのつもりだったと思うので…いわゆるシュータリング!?

何はともあれ、劣勢の中のこの得点は大きかったです。

ここから流れが随分落ちつきました。


が、横江くんのゴールから2分後にPエリアの少し外でFKを与えてしまい、これを直接決められて3-1に。

(あぁ、横江くんのシュートが決まってて良かったよ~(-_-;))


3-1になってからは互角の戦いに。


滋賀も動きが少なくなってきて、セカンドボールが拾えなくなってきていたし…和歌山の選手も疲れてきていたし…。
お互い疲れている中、我慢比べのような感じになってきてました。


滋賀は攻撃力の高い選手を何人も残していたので、我慢しきれず誰か投入してくるかなぁと思ったのですが、ベンチは最後まで我慢しきりました^_^;。


我慢した甲斐があって後半21分には追加点。
ゴール前で何本ものパスを細かくつないで、相手を振り回し滋賀がゴールを決めたところで勝負アリ。
ゴールを決めたのは村上くんで、アシストは大園くんだって。
(細かくて目では追い切れなかった<(_ _)>)


あとは無理をせずボールを回してチャンスがあれば攻めるといった感じで、滋賀が優位にたったまま試合終了。




トーナメント1回戦。
滋賀が和歌山を破り、明日は大阪と対戦することに。

大阪は堺NTCであったトレセンリーグで見たけれど、ものすご~く強かったです。

間違いなく全国でも上位クラスでしょうね。


明日がコワイような…でも楽しみだ~ヽ(^o^)丿。


2010年8月18日 (水)

TM 国体滋賀×国見

神村戦の2日後、8/16(月)の練習試合。

場所は野洲高グランド。相手は国見。

国体滋賀U-16のメンバーの全容は知らない(今年は滋賀県サッカー協会のHPにUPされていないため)のですが、20人の登録メンバーのうち16~17人くらいが野洲の選手みたい。

この日集まった選手たちもトレセンのユニでなく、野洲ユニを着ている選手がほとんどで、試合は野洲ユニで行うことになったみたいです。
ユニのない選手は借りて出場していました。


2日前に対戦した神村学園もそうですが、バスに乗っての長期遠征。練習試合や各地域のフェスティバルや合同練習会等を梯子して回っているようですね。

体力だけでなくメンタルも相当鍛えられそうです。



さて、この日の試合ですが、1試合めのメンバーはこんな感じでした。


  高野   大園 
 武田     玉置
  望月   松田
平山 山田 水野 横江
    (  )

※GKは草津東の選手みたい。




試合は開始5分で武田くんが相手と競りながら粘り強くドリブルで前線に運んで望月くんにパス。
そこから望月くんが落ち着いて決めて1-0。

その後も速いパス回しで国見の守備網をかきまわしてチャンスをたくさん作ってました。

前半21分には2点め。
松田くんが相手のパスをインターセプトし、素早く望月くんに預け、望月くんは高野くんへパス。
高野くんはGKの位置を確かめながらゴール前を横切るようにドリブルしシュート。
これが決まり2-0。

前半26分には右サイドを横江くん~玉置くん?~と縦に速くつないで最後は大園くん?が決めて3-0。




後半はメンバーを大幅に変えて…こんな感じ?


    大園 村上
  金谷     三好
   大本   松田
馬場? 山本 水野 荒木
     (  )

交代:
後半12分 水野→山田 松田→望月



全体的にはちょっとバタついてる感じで押され気味に見えたけれど、後半6分には大本くん~大園くんとつないで最後は村上くんが決めたみたい。
これで4-0。

あと無人のゴールのポストに当たって弾かれたのや、三好くんの惜しいシュートがあった後、右サイドを金谷くん大園くんと渡ってゴール。
これで5-0。

試合は後半32分に国見が鮮やかなロングシュートを決めて5-1として終了。

2010年7月19日 (月)

またまた久々更新3(7/4 野洲国体選抜×高知国体選抜 野洲×和歌山北)

まず、1試合め。
この試合は9時からスタートの結構早い試合でした。


滋賀国体選抜の野洲メンバーと高知国体選抜との試合。

ちょっとめずらしいマッチアップ?


野洲の方のメンバーはこんな感じかな?
(どうでもいいけど、新ユニの背中の番号が白抜き文字になってめちゃめた見難くなりました。なんで変えちゃったんでしょう<(_ _)>)



      40(大園)  48(三好?)
    32(武田)     45(荒木)
     44(玉置)   56(松田)
66(水野) 45(山本) 29(山田) 35(横江)
        57(  )

途中交代
45(荒木)→41(金谷)
66(水野)→45(荒木)
56(松田)→38(大本)
29(山田)→76(山田?)


※間違っているところに気付かれた方は訂正お願いします。



試合は到着した時にはすでに1-1。
で、前半のうちに野洲の48番の選手が決めて2-1に。

後半追いつかれて2-2になったものの、その後左アーリークロスに48番がヘッドで合わせて3-2にして、そのまま終了。



国体選抜の試合はもう1本あって
そのメンバーはこんな感じ。


      40(大園)  48(三好) 
    46(米田)      44(玉置)     
     41(金谷)   36(安部?阿部?)
38(大本) 29(山田) 76(山田?) 60(北村)
        57(  )


このメンバーに米田くんが入ってるのは不思議と言えば不思議。




そして11時過ぎからは、野洲A×和歌山北の試合。



       48(加藤)  28(黄瀬)
     61(山口)      73(布施)
      32(中川)    54(玉城)
64(美濃部) 36(奥田) 60(村川) 42(平田)
          44(細川)



交代:
後半0分 28(黄瀬)→54(村松) 44(細川)→33(松原)
後半21分 64(美濃部)→66(水野)


この試合、前半は特にチグハグな感じ。
なかなかボールがおさまらず、押し込まれる展開。

常に手抜きなしの美濃部くんも、どこか故障しているようで走る時に表情が苦しそうでした。


前半は良いところはあまりなくて0-0のまま折り返し。



後半は少しいい流れになったものの、早い時間帯に失点。0-1に。

でもその4分後に玉城くんから右サイドに流れていた布施くんに渡り、そこからドリブルで布施くんが相手DFを抜き去ってクロス。
ゴール前にポジションをとっていた山口くんのシュートは一旦はGKに弾かれたものの、自分でこぼれ球をひろって今度はループシュートで落ち着いて決めました。 
これで1-1。

これ以降は野洲のペースになり、惜しいシーンが満載。


守備でのミスが出て1-2になった後も野洲ペースは続き、村松くんのドリブル&強烈なシュートは一旦GKに弾かれたものの、そのこぼれ球を拾った加藤くんが難なく押し込んで2-2。

流れ的には野洲が握ってはいたけれど、終盤にPKを与えてしまい、これを決められ2-3に。

結局、試合はこのまま終わったように記憶しています。



今の野洲は1年生がAチームに多く上がってきている状態なので、1年生が国体や1年生大会で別動隊となる夏の強化は例年になく複雑なものになるような気がします。

う~ん、どんなスケジュールで動くんでしょうね?

2009年8月16日 (日)

ミニ国体【滋賀×京都】

昨日、兵庫に負けて残り1枠を京都と争うことになった滋賀選抜。
今日は負けられない試合でした。


今日の滋賀のメンバーは次の通り。

 

  11(田中) 10(布施)
15(甲斐) 6(山口) 9(米田)
  13(小出) 14(望月)
5(山本) 3(八里) 2(横江)
     1(望主)

交代:
前半25分 11(田中)→12(鷲塚)
後半0分 6(山口)→8(平山)
後半24分 9(米田)→20(高野)


 

試合の序盤~水分補給までの間は、ほぼ互角の展開。

甲斐くんや布施くんが決定的なチャンスを迎えるものの、決めきれず。

望主くんが決定的なシュートを防いだ…というのもありました。

でも…水分補給による中断以降、流れは京都に傾いてしまいました。

21分に滋賀の右サイドを二人でケアしていたのに、その間を抜かれ中央にドリで切れ込まれてバイタルエリア内でパスを繋がれ…

滋賀の選手も身体を寄せに行って遅らせることには成功したものの、最後はシュートまでもって行かれてしまいました。
これが決まり0-1。

そして得点によって勢いづいた京都が、スーパーミドルを決めて0-2に。

京都は昨日対戦した兵庫ほどは怖さを感じないものの、じわじわとやられてるといった印象。

前半を0-2で折り返して後半へ。



後半はやや滋賀のペースでスタート。

後半2分に小出くんのアシストから布施くんのゴール。

これで1-2に。


望月くん~甲斐くんが起点になっていい形を作ってましたがゴールならず。

布施くんのドリブル&シュートもすごく良かったけれど相手GKに止められ…


チャンスとピンチが交互にやってくるような展開で後の給水タイムへ。

で、この給水タイムの後、また流れが京都に傾いて…

後半の19分には相手CKの流れからミドルシュートを打たれ、それはクロスバーが弾いてくれたものの、その2分後には失点。

ボールホルダーに対して2人ついていたけれどシュートを許してしまい…これで1-3。
再び2点のビハインド。

でも…ここから滋賀は粘りました。

後半28分には再び布施くんのゴール。
(アシストは高野くん)
これで2-3に。


その後も布施くんがドリブルで持ち込んでチャンスを作ったり…と、終盤は完全に滋賀のペース。


だけど…1点が届かないままタイムアップ。


 

ホイッスルの直後に倒れこむ選手たち…

試合に負けた後のこういう姿って何度見ても見慣れません。


もっと見ていたかったな。


09滋賀選抜U-16はここで解散。

今日までチームメイトだった選手たちは、次はライバルとして顔を合わせることになります。

それぞれのチームに戻って…そしてサッカーは続いていく…

次に顔を合わせるのは1年生大会でしょうかね。

選手たちの今後の活躍に期待したいです。

2009年8月15日 (土)

ミニ国体【滋賀×兵庫】

ミニ国体第2戦目は昨日以上に強い日差しの中で行われました。

今日の滋賀の対戦相手は兵庫。

かなり強いチームのはず。

 

今日のスタメンはこんな感じでした。

  11(田中)  10(布施)
8(平山)  6(山口)  20(高野)
   7(玉城)   13(小出) 
5(山本)  3(八里)  2(横江)
       1(望主)

 

試合の方は時間の経過とともに兵庫のペースになってきます。

兵庫はこちらのボールホルダーへのチェックが徹底してましたね。

開始5分に中盤でボールを奪われ、その流れからスーパーミドルシュート。

その後も21分、31分と続いて失点。

兵庫のゴールはかなり美しかったです。

崩しきるところまでいってなくてもバイタルエリアまで運んだらシュートチャンスを逃さない姿勢が徹底してました。

放ったシュートの精度も高く、しかも力強い。お見事というしかなかったです。

結局、前半は3-0で折り返し。

滋賀選抜は後半大きくメンバーを代えて臨みました。

 

  12(鷲塚)   11(田中)
8(平山)  7(玉城)  20(高野)
   18(岩澤)  19(村田)
17(中村)  3(八里)  4(村川)
       1(望主)

後半に入ってわりと早い時間帯に兵庫に4点目。

これもミドルシュートだった気がします。

後半の真ん中あたりからは、兵庫も最初ほどはガチガチにプレスをかけてこなくなって、滋賀にもチャンスが出てきました。

高野くん、玉城くん、平山くんは上手いなぁと思いました。

そして後半28分に高野くんが技アリパスを田中くんにつないで、そこからゴール前の平山くんへ。

最後は平山くんが落ち着いて決め、4-1。

結局最終的に4-1で試合終了。

****************************

やっぱり兵庫は強かったです。

これで兵庫は本大会出場決定。続く第2試合では大阪が勝ち、こちらも本大会出場を決めたようです。

残る1枠を明日京都と争うことになりました。

京都もかなり強い相手ですが、何とか頑張ってもらいたいです。

2009年8月14日 (金)

ミニ国体【滋賀×奈良】

今日は高槻スポーツセンターまで国体ブロック予選少年の部【滋賀×奈良】を見に行きました。

天気は快晴!痛いくらいの日差しでした。

試合開始30分前からピッチでの練習が始まったんだけど、全員がピッチサイドに一列に並んで、掛け声とともに全員が前転してピッチに入って行きましたヽ(^o^)丿。

何だか元気でしかも楽しそうでいい感じ(^^)。

この試合のスタメンはこんな感じだったかと思います。

   11(田中)  10(布施)
8(平山)  6(山口)  9(米田)
   13(小出)  14(望月)
5(山本)  3(八里)  2(横江)
       1(望主)

交代:(見落としていたらゴメンナサイ)

後半19分 8(平山)→15(甲斐)
   21分 9(米田)→20(高野)
   29分 2(横江)→17(中村)
   30分 6(山口)→18(岩澤)
   33分 11(田中)→12(鷲塚)

試合は…

開始早々、滋賀が先制。

布施くんがシュートして跳ね返ってきたボールを山口くんが押し込んで1-0。

前半は一進一退という感じ。

どちらにもチャンスはあったけれど決め切れず。

 

後半は奈良ペースでスタート。

奈良の選手のミドルシュートがクロスバーに当たったり、合わせさえすれば1点ものという危険なクロスを入れられたり…。

セカンドボールも結構拾われていたので、波状攻撃とまではいかないけれど、ちょっとヒヤヒヤの時間帯でした。

まぁ、その劣勢の間でも滋賀にもチャンスはあったんですが。
山口くんのシュートがサイドネットにかかったり、オフサイド判定されたけれど田中くんのシュートがネットを揺らしたり…。

全体的には奈良が押していて、滋賀が何とか踏みとどまっているっていう雰囲気で後半の真ん中近くまできて…

滋賀はここから選手を次々に交代。(平山くんは出血による交代で、最初から予定に入っていた交代だったのかはわかりませんが)

そして次の得点は押されていた滋賀に入ります。
交代で入ったばかりの甲斐くんがドリブルで持ち込んで田中くんにパス。
それを受けた田中くんはゴール前の布施くんへ。
このパスを受けた布施くんが落ち着いてシュートを決め、2-0にリードを広げました。

でも、このゴールの後も奈良はしっかり食らいついてチャンスを作ってきて、GKの望主くんがナイスセーブを連発していたけれど、後半25分にとうとうゴールを決められ2-1に。

1点差にしてさらに奈良の勢いが増してきたけれど、試合の行方は意外な方向に向かいました。

何と、押されていた滋賀に追加点。後半28分。
バイタルエリアでの細かいパス回しから、布施くんか田中くんのシュートのこぼれ球を最後は甲斐くんが押し込んで3-1。

この辺りで奈良も気持ちが落ちてしまったのか、この後、滋賀の連続得点。

甲斐くんが左サイドをドリブルで駆け上がってクロスを上げ、相手のオウンゴールを誘い4-1に。
クロスを上げた甲斐くんも上手かったけれど、しっかりゴール前まで駆け上がっていた岩澤くんのランも良かったです。2人の走りが生んだオウンゴールだと思います。

後半34分には布施くんのパスを受けた鷲塚くんがゴール。これで5-1。

で、このスコアのまま試合は終了。

滋賀が初戦を突破しました。

******************************

試合結果は5-1と大差がつきましたが、後半途中までは互角か、やや奈良の方が押し気味なゲームでした。

決め手となったのは選手交代でしょうかね。

交代した選手がしっかり得点に絡んでます。

滋賀は前半は細かくつないで相手守備を崩しておいて…後半に運動量が落ちて中盤が間延びしてきたのを見はからって選手交代。

また、相手の寄せが甘くなってきたところでスピードのある選手を次々に投入。
高速ドリブル+ロングパスも織り交ぜて、スペースに飛び出していくといった攻撃パターンに変えていたように思いました。

 

普段、野洲の試合を見ることが断然に多い私ですが、野洲以外にもいい選手がたくさんいるなぁ…。

1年生大会が楽しみ楽しみ。

あと、セゾンの2人のプレーも見られたし。

ミニ国体はいろいろ楽しみどころの多い大会です。

*****************************

 
 
明日は兵庫選抜とですね。

間違いなく強いでしょう。

昨年の全国大会で近畿代表は3チームともかなりいい成績だったように記憶しています。

近畿ブロックを突破するのは容易ではない^_^;。

出場枠を増やしてくれたらいいのに…なんて思ったりして。

2008年8月17日 (日)

国体近畿ブロック【滋賀×京都】

実は昨日もビッグレイクに【滋賀×大阪】を見に行ってましたが、書く時間がなくって…(^^ゞ。

一緒に書いちゃおうと思いましたが、ややこしくなりそうなので昨日のは省略。

ちなみに昨日の大阪選抜との試合は、滋賀が前半に先制するも、逆転負け(>_<)。

結構セットプレーでやられたってイメージがあります。

滋賀選抜は全体的に小柄な選手が多かったからなぁ。

得点でリードを許した後はパス回しでも随分余裕を持たれてしまいました(>_<)。

 

で、結局、今日、もう一つの山の敗者である京都と残りの一枠を争うことに。

それにしても・・・今年も真夏の3連荘(>_<)。

こんなの絶対不利だと思うけど・・・。

相手の強さにももちろん関係はあるけど、滋賀の選手自身の動きも断然初日が良かったし・・・。

と、グチグチ言っても仕方ないので、試合の中身について少し書き留めておきます。

まず滋賀のスタメンは次の通り。

 

      10(佐藤) 9(橘)   
  18(望月)       12(三村)    
     6(戸田)   8(関)        
20(端) 3(一井) 13(小川) 2(神農) 
         1(松原)

交代:

後半0分  13(小川)→17(中西)

後半15分  9(橘)→14(吉川)

試合の序盤は佐藤くんを中心に積極的にドリブルで仕掛けてチャンスを作っていた滋賀選抜ですが、京都の選手の飛び出しの鋭さ、スピード、ドリブルに翻弄される場面も・・・(>_<)。

開始3分に京都の18番の選手に一気に抜け出されPエリアでファールで止めて、PKを与えてしまいました。

このPKはGKの松原くんが止めてノーゴール。

前半は滋賀は追い風(結構強風)なのに、全体的には押されてたかな~。

単発では佐藤くんのドリブルや橘くんのシュートなど、惜しい場面はあったけど。

押されながらも何とか0-0で終わるかと思われた前半終了間際に、自陣の深い位置でボールを奪われ失点(>_<)。

時間帯的に痛すぎ。

後半は滋賀のよい形がいくつか見られたものの、次第に互角の展開に。

後半14分に追加点を許してからは、集中力切れ?

ミスが目立つようになってきて、ここでも松原くんが一対一を止めるなど、大活躍。

でも、滋賀選抜には得点は入らず0-2で試合終了。

**************************

はぁ~・・・

終わっちゃったな(-_-;)。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ