カテゴリー「A代表」の記事

2010年8月28日 (土)

U-16 日本代表候補&日本代表選出

ちょっと前に発表されてましたね。

望月くん、今回も代表候補に選出されキャンプ(9/1~9/5)に参加です。

U-16日本代表候補トレーニングキャンプメンバー

そして遠征メンバーにも選ばれました。

U-16日本代表 ウズベキスタン遠征メンバー


期間は9/5~9/16

…ってことは…キャンプ期間も含めると半月くらい不在ということか

そして昨日発表された日本代表メンバーに乾くんが選出されています。

キリンチャレンジカップ2010日本代表メンバー



お馴染の代表メンバーの中に知っている名前を見つけるのはとてもうれしいことですね。

またまた発表になってました。

2010年1月20日 (水)

乾くん日本代表追加選出!

乾くん、日本代表追加招集

とても嬉しいことです。



年が明けてからも何度か野洲高グランドでボールを蹴る姿を見ました。

努力し続ける才能を持っている選手だと思います。

P1120089_convert_20100121001225.jpg


P1120172_convert_20100121001046.jpg



その努力がもっともっと大きな実を結びますように…

2008年12月24日 (水)

乾くん、代表初選出!!

乾くんA代表選出!

びっくり!!
だけど、むっちゃ嬉しいニュースです。

日本サッカー協会

***************************

GK
川口 能活    ジュビロ磐田/1975.08.15 180cm 77kg

都築 龍太    浦和レッズ/1978.04.18 185cm 81kg

川島 永嗣     川崎フロンターレ/1983.03.20 185cm 80kg

DF
寺田 周平     川崎フロンターレ/1975.06.23 189cm 80kg

高木 和道     清水エスパルス/1980.11.21 188cm 75kg

駒野 友一     ジュビロ磐田/1981.07.25 172cm 76kg 

阿部 勇樹     浦和レッズ/1981.09.06 177cm 77kg

※石櫃 洋祐  ヴィッセル神戸/1983.07.23 178cm 73kg

水本 裕貴     京都サンガF.C./1985.09.12 183cm 72kg

森重 真人     大分トリニータ/1987.05.21 179cm 72kg

内田 篤人     鹿島アントラーズ/1988.03.27 176cm 62kg 

MF
中村 憲剛     川崎フロンターレ/1980.10.31 175cm 67kg

青木 剛        鹿島アントラーズ/1982.09.28 183cm 75kg

工藤 浩平     ジェフユナイテッド千葉/1984.08.28 166cm 63kg

※谷口 博之  川崎フロンターレ/1985.06.27 182cm 73kg

※乾 貴士     セレッソ大阪/1988.06.02 169cm 59kg

金崎 夢生    大分トリニータ/1989.02.16 180cm 70kg

香川 真司    セレッソ大阪/1989.03.17 172cm 63kg 

FW
巻 誠一郎     ジェフユナイテッド千葉/1980.08.07 184cm 81kg 

大久保 嘉人  ヴィッセル神戸/1982.06.09 170cm 73kg 

田中 達也     浦和レッズ/1982.11.27 167cm 63kg

岡崎 慎司     清水エスパルス/1986.04.16 173cm 70kg

興梠 慎三     鹿島アントラーズ/1986.07.31 175cm 67kg

※は初選出

****************************

今回の日本代表は、AFCアジアカップ2011カタール予選(1/20vsイエメン代表@熊本)に向けて選出されたようですね。

指宿合宿 (1/10~@鹿児島)が組まれるため、現時点で天皇杯を残しているG大阪、名古屋、横浜FM、FC東京、柏レイソルからは選出されてません。
極端にオフが短くなって新シーズンに向けての調整が難しくなるからでしょうね。

それもあって結構若手がたくさん選ばれてます。でも、チャンスはチャンス。頑張ってほしいです。

それにしても嬉しいですね~。
活躍したらちゃんと代表入りのチャンスがもらえるんだ!!というのは選手に勇気とやる気を与えます(^^)。

******************************

<おまけ>

乾選手の記者会見での様子はこちら

23日に野洲高Gに姿を見せてたけれど、その時にはA代表入りはわかってたんですね(^^)。

Q:1月の日本代表合宿に招集されたことで、準備のために、オフの過ごし方は変わりますか?
「あまりゆっくりはできないというのはあるんですが、でも、体をいつも動かそうと思っていたので、そんなに変わらないかなと思っています」

そうですよね~、プロになってからも休みの日にはたびたび野洲高Gに来てボールを蹴ってるイメージがあります。仕事もサッカー、趣味もサッカーって感じ。

何というか…ボールを触っているのが今だに楽しくて仕方ないって感じで…すごい努力をしているんだと思うんだけど、自分に強いているというよりはもっと自然な…ある意味、努力の天才!?

2007年10月18日 (木)

明暗くっきり・・・A代表&U-22オリンピック代表

昨日は久々にテレビでサッカーを見ました。

・・・と言ってもあまりじっくりとは見られてはいないのだけれど。

AFCアジア・アフリカチャレンジカップ【日本代表vsエジプト代表】。

若手を出してきたとは言え、強豪エジプト代表を相手に4-1での勝利はなかなかのものだと思います。

A代表は、昨日のが今年最後の試合だったそうな。いい締めくくりになったね。

FWも得点を決めたし。全部いいゴールでした(^^)。

昔のイメージが強烈だったため、どちらかと言えば好きでない選手ですが・・・大久保のゴールは良かったです。相手に寄せられてもゴールの方を向く、シュートを打つといった強い気持ち、スキル・・・やっぱりFWにはこれが必要です。

あと、前田遼一の代表初ゴールも嬉しかったです。「あの前田がよくぞここまで・・・」という気持ちと、「やっとここまで来たか・・・」という気持ちがあって感慨深いものがあります。

「あの前田がよくぞここまで・・・」というのは、ルーキーの頃、異様に足元の技術が高かったのに、ピッチではどう動けばいいかわからず、一人迷子になっていた・・・そんな時代を思い出すからです。

「やっとここまで・・・」というのは、けがによる長期離脱さえなければ、もっと早く代表にも手が届いていたはずという思いが強いためです。ここ5年ほどは、はっきり言って磐田は前田抜きでは考えられないチームでした。今でも前田がいるのといないのとではまるっきり違うチームになってしまいます。ここまで特別な選手は他チームにはそういないと思います。

前田の場合、怖いのは怪我だけです。どうかこのまま順調に続けられますように・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A代表の快勝を『明』とするなら、オリンピック代表は間違いなく『暗』。

不思議とこの2つの代表はどちらかが浮かべば、もう一方が沈むことが多い。

【U-22日本代表vsU-22カタール代表】。

この試合は日本時間の深夜に行われたため、途中まで見ていたのですが、いつの間にか寝てしまってました。

私が覚えているのは・・・結構、いい感じで展開していたという印象と前半終了間際にセットプレーからの流れで日本が先制した・・・それだけ。

・・・どうやらハーフタイムで眠ってしまったらしい。

で、次に目が覚めたら朝になっていて、つけっ放しになったテレビから『ドーハの悲劇、再び』・・・みたいな感じでニュースが流れていました。

眠りこけている間にとんでもないことが起こったらしい(>_<)。この空白の45分を埋めるためには念のためにと録っておいた録画を見るしかないのだけれど、今のところその気力が・・・ない(>_<)!

カタール戦の敗戦でグループ2位に落ちてしまったので、かなりピンチ!?得失点を稼ぎながら残り2試合勝ち点をしっかり積み上げれば自力でのオリンピック出場切符獲得も十分可能性はあるわけですが。

2007年7月29日 (日)

結果以上に憂鬱な内容

昨夜、久々にA代表の試合を見ました。アジアカップの3位決定戦【日本代表vs韓国代表】。

結果は120分の間に決着がつかず、PK戦に突入し敗戦。まぁ、PK戦は運みたいなものなので、それで負けてしまったことは仕方なし。それよりは、問題は後半途中から数的有利にありながら試合を決められなかったことですね。

1人少なくて、しかも自分たち以上に疲れている相手に対して押される展開ってどうよ(-"-)。

気持ちの問題?

・・・確かにそれもある。韓国の選手の精神力は尋常ではなかったですから。

でも、精神力勝負の展開に持ち込まれる以前のところで何とかして欲しかったかな。

この試合で活躍できたかどうかは置いておいて、やっぱり中村俊輔と高原がボールを持った時にはゴールにつながる可能性を感じました。(可能性というよりは期待といってもいいかもしれませんが)。それは彼らがこのレベルの相手に対しても自分の持ち味を生かして優位に立ったり、裏を取ったりすることができると思える選手だからです。

日本代表はJではトップレベルの選手の集まりですが、全体としてはまだまだ・・・プレーの精度も発想も平凡に見えました(T_T)。※中沢復活はうれしい事ですが。

これは今後Jのレベルを相当上げていかないとキツイかな・・・なんてことを思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試合の終盤の選手交代も???でした。疲れているのはわかるけれど、アーリークロスばかりで戦い方に工夫がなかったです。単調で、韓国にしたら守るのが楽だっただろうな。相手が疲れているからこそドリブルでかき回して欲しかった気がするのですが・・・。個人的には水野とかを投入しても面白かったんじゃないかと思います。

2007年3月25日 (日)

日本代表vsペルー代表~海外移籍について思うこと

この試合、前半は爆睡していたために半分くらいしか見ていないのですが、久々に面白い試合でした。

オシムジャパンの試合で面白いと思ったのはこれがはじめてなので(ちなみにジーコジャパンでは面白いと思ったのはほとんどない)、また時間がある時にじっくり見てみようと思います。

全体の印象としては・・・個々の素材の良さがよく出ていた試合という感じ。気持ちも前面に出ていましたし。

中でも海外組と呼ばれる中村俊輔と高原は流石だったかな。ボールが彼らを経由することで落ち着いたし、周りの選手の良さをひきだしていたと思います。連携としてはまだまだこれからってところがあるんですが、それを差し引いても日本代表ならいきなり合わせてもこれくらいやれるんだよっていうところを見せてもらえました。

日本の中心選手が海外に移籍をするケースが増え、海外組と国内組の融合が課題と頻繁に言われるようになったけれど、個人的にはこれまではそんな苦労してまで海外組を融合する価値を感じませんでした。

というのも、日本を出たはいいけど移籍先で出番が回ってこず、出場機会を求めてレベルの高いとは言えないリーグに流れていく・・・本人にとっては厳しい環境に身を置いてサッカーができる喜びや充実感はあるんだろうけれど、そんな選手をわざわざ呼んで一からチーム作りをするなんてナンセンス。日本代表の戦力といった狭い意味で考えると、中心選手が次々と試合勘をなくしたり、伸び悩んでしまう状況は歓迎できるものではありませんでした。

海外移籍することがアガリではない。高いレベルの戦いに出続けることこそに価値があるのだと、中村と高原の姿を見て改めて思いました。特に高原はジュビロで何度も見ていたので、さらに強く鋭くなったプレーを見てそんなことを感じました。

試合の終盤には初招集の若手も続々と使われました。

藤本、矢野、家長、水野・・・どの選手ものびのびとやっている感じでした。そういった使い方ができたのも、この試合の良かったところですね。

2007年2月15日 (木)

日本代表候補発表

昨日発表になってて、今更・・・って感じですが・・・。

自分用のメモとしてアップしておきます。

 

■GK:
川口 能活  1975.08.15 180cm/77kg ジュビロ磐田

山岸 範宏  1978.05.17 185cm/84kg 浦和レッズ

※川島 永嗣  1983.03.20 185cm/80kg 川崎フロンターレ

※林 彰洋  1987.05.07 192cm/83kg 流通経済大学


■DF:
中澤 佑二  1978.02.25 187cm/78kg 横浜F・マリノス

坪井 慶介  1979.09.16 179cm/67kg 浦和レッズ

田中 マルクス 闘莉王  1981.04.24 185cm/82kg 浦和レッズ

阿部 勇樹  1981.09.06 177cm/77kg 浦和レッズ

今野 泰幸  1983.01.25 178cm/73kg FC東京

■MF:
※橋本 英郎  1979.05.21 173cm/68kg ガンバ大阪

羽生 直剛  1979.12.22 167cm/63kg ジェフユナイテッド千葉

加地 亮  1980.01.13 177cm/73kg ガンバ大阪

遠藤 保仁  1980.01.28 178cm/75kg ガンバ大阪

中村 憲剛  1980.10.31 175cm/66kg 川崎フロンターレ

鈴木 啓太  1981.07.08 177cm/67kg 浦和レッズ

駒野 友一  1981.07.25 172cm/76kg サンフレッチェ広島

野沢 拓也  1981.08.12 176cm/70kg 鹿島アントラーズ

※相馬 崇人  1981.12.10 176cm/74kg 浦和レッズ

佐藤 勇人  1982.03.12 170cm/67kg ジェフユナイテッド千葉

田中 隼磨  1982.07.31 174cm/64kg 横浜F・マリノス

山岸 智  1983.05.03 181cm/77kg ジェフユナイテッド千葉

※藤本 淳吾  1984.03.24 173cm/69kg 清水エスパルス

■FW:
播戸 竜二  1979.08.02 171cm/65kg ガンバ大阪

巻 誠一郎  1980.08.07 184cm/81kg ジェフユナイテッド千葉

我那覇 和樹  1980.09.26 182cm/77kg 川崎フロンターレ

高松 大樹  1981.09.08 183cm/75kg 大分トリニータ

佐藤 寿人  1982.03.12 170cm/67kg サンフレッチェ広島

※矢野 貴章  1984.04.05 185cm/74kg アルビレックス新潟

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

う~ん・・・私的にはちょっと微妙な感じ。

前回から引き続き選ばれた選手の中には、選ばれるのは当然だと思える選手や、選ばれて良かったなぁ・・・と思う選手がいるものの、まだこの選手を選ぶのか!!とついつい思っちゃう選手もいたりする。(誰とは言いませんが)。

新しく選ばれた選手の中にも、ここ最近の活躍から、ぜひ代表でも見てみたいと思える選手もいるかわりに、この選手が代表か(まだ力不足なんじゃない?)・・・と、ついつい思えてしまう選手もいたりする。

まぁ、選ぶ基準は、Jでの活躍度ではなく、オシムさんのやりたいサッカーをちゃんと表現してくれる選手かどうか・・・なので、いいんですけどね。

ただ、年代別代表ならともかく、A代表は育成の場ではないと思ってるので、ここまでサプライズを連発されると何だかな~・・・。う~ん・・・私ってもしかしてA代表というものに幻想を抱きすぎてるのかもしれないなぁ。

 

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ